[ゲーム]星のカービィ スーパーデラックス


ほしのかーびぃすーぱーでらっくす / Kirby Super Star
  • 楽しい
  • 面白い
  • 可愛い
RSS
ゲーム総合点=平均点x評価数6位5,722作品中総合点455 / 偏差値190.66
ゲーム平均点6位919作品中平均点2.66=最高/171評価
1996年ゲーム総合点1位210作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
ゲーム性2.44(とても良い)16
音楽2.20(とても良い)15
キャラ・設定2.19(とても良い)16
映像2.06(とても良い)16
ストーリー1.44(良い)16
難しさ-0.53(簡単)15
楽しい94%15人/16人中
面白い81%13人/16人中
可愛い69%11人/16人中
可笑しく笑える38%6人/16人中
交友に役立つ31%5人/16人中
もっと見る
属性投票する
制作:HAL研究所 発売:任天堂 機種:スーパーファミコン
製作監督:桜井政博
日本 発売日:1996/03/21(木)
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
1小ネタ+コピー能力リストSHUNIA 2008/03/029,118文字
2小ネタ遊戯 2014/03/20449文字
3おたからとかセリフとかプレイ夜界アキナ 2011/02/2214,869文字
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
攻略サイト
1. http://www4.synapse.ne.jp/holy/kirby/index.htm
2. http://www.interq.or.jp/cute/aka-wdd/kirby/title/kirbydx/dx-000.html

攻略サイトの登録は階位5000位以内の論客の方はこちらから、それ以下の論客の方はこちらから情報提供して下さい。
公式サイト
1. http://www.nintendo.co.jp/n02/shvc/p_akfj/index.html
128,849207172
最近の閲覧数
10443575105
6人の方がこの作品がゲームとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2008/05/16 / 最終変更者:ダイゼンガ- / その他更新者: 石鯉 / 提案者:スターシャイン (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/04/21 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 16368 ホスト:16162 ブラウザ: 9382
カービィシリーズ最高傑作にしてスーファミソフト最高傑作
思い出補正を含めると下手したら全てのゲームにおいての最高傑作です

【総プレイ時間】
データが消える度にプレイしたので・・・
多分相当

【良い点】
遊び易いゲーム構成に多彩なプレイスタイル
カービィシリーズ初の2Pプレイ可能な仕様のおかげで友達と親戚と家族と数え切れないほどプレイしました
コピー能力は一つ一つが個性的な上に簡単なコマンド操作で色んな技が出せるので新鮮でした

【悪い点】
データが消えやすい
ただでさえ消えやすいスーファミソフトの中でも特に消えやすい
でもそれ故に何回もプレイする
それが苦になりません
むしろ楽しい
なので悪い点などありませんね

【総合評価】
今プレイしても面白いまさに不朽の名作です
評価は文句無しの最高で

2016/11/19 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:66(90%) 普通:7(10%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 5676 ホスト:5767 ブラウザ: 5819
【総プレイ時間】
相当な時間プレイしましたので覚えていません。

【良い点】
・オムニバス形式にした7種類のゲーム、2種類のサブゲームがいずれも魅力的初心者から上級者まで幅広くで気軽にプレイ出来る点。
・マリオシリーズ等に先駆ける形で実現出来た横スクロールアクションゲームので2人同時プレイ。
・豊富なコピー能力に加えて、格闘ゲームさながらのコマンドを入力する事で必殺技が出せるようになり更に多彩なアクションが出来るようになった点。
・今作からボスバトルでコピー能力で十分にダメージを与える事が出来るようになったのでボス攻略の幅が広がった点。
・カービィ(+ヘルパー)、ボスのライフがゲージ制になったり↑で挙げたような必殺技を出したりガードで敵の攻撃を防いでダメージをゼロもしくは軽減したりと格闘ゲームのような楽しみ方が出来るようになった点。
・SFCでリリースされただけあってファミコンよりもグラフィックが向上された点。
・石川淳氏、安藤浩和氏等が作曲を手掛けたBGM、過去のBGMのアレンジが素晴らしいだけでなく、一見いつものカービィらしくないシリアスで格好良いBGM(主にメタナイトの逆襲や機械ステージで流れていたりしている)も雰囲気に合っていて素晴らしい点。
・タイムアタックや特定のコピー能力だけでクリアする等といった柔軟性のあるやり込みプレイ。

【悪い点】
・ヘルパーのAIが勝手に敵に特攻して自滅するといったようにあまり良いとは言い難い点。
・確かにコピー能力のアクションが多彩になったもののコピー能力によって使い易いものや使い辛いものがあったりとやや極端な所が少し目立ちました。

【総合評価】
カービィシリーズ4作品目として現在も最高傑作として名高いゲームで、この流れを受け継いだ「ウルトラスーパーデラックス」を初めとして「Wii」「トリプルデラックス」「ロボボプラネット」といった最高傑作もリリースされたのですが、個人的には最高傑作のきっかけとなった「スーパーデラックス」がカービィシリーズの中では一番好きなゲームです!

2016/11/06 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 17611 ホスト:17723 ブラウザ: 7460
【良い点】
豊富な種類のオムニバス形式のストーリー
多彩なコピー
ヘルパー及び2人プレイの導入
スライディング等のアクション

【悪い点】
勿論データが非常に消えやすい。おかげでタイトルのBGMとその場に現れるデータの選択がトラウマ。

【総合評価】
後のスマブラに影響を与えた一作。当時兄弟と一緒にプレイして笑った頃が今も鮮明に蘇る。
難易度もバランスが良いし、違った角度からゲームをプレイできて良い意味で中毒になりやすい。
言うまでもなくこのゲームの短所はクオリティを上げるためにチップを導入し、デリケートなおかげですぐにデータが削除される。
しかし何度もプレイし始めると新鮮味が味わえる。
同年に発売されたマリオRPGやポケモン、2年後に発売されたゼルダの伝説 時のオカリナ同様全てにおいて料理しきっていて完成度が高いカービィシリーズ最高傑作。

2016/05/10 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:93(63%) 普通:19(13%) 悪い:36(24%)] / プロバイダ: 1320 ホスト:1065 ブラウザ: 4701
【総プレイ時間】
1周でたぶん4~5時間程度
格闘王は1回やってみたけどクリアしてない

【良い点】
音楽
特に終盤はいい曲ばっかりだった

【悪い点】
特にはないんだけど、うーん

【総合評価】
星のカービィwiiと同系統のシリーズになるんでしょうね、これ
wiiのやつを知っていると全体的に物足りなさを感じました

wiiと比べると悪い意味で複雑なのがダメですね
コピー能力が無駄に種類が多くて扱いづらい物が多かったり、能力を使って味方を増やせるけどイマイチ楽しくなかったり
wiiの方だと無駄なコピー能力がなくて、どれを動かしてても楽しいんですよね
もっと増やすこともできたはずだけど、それをせずに一つ一つのクオリティを上げている感じ
スーパーデラックスはその逆で、増やしたはいいけどその分練り込みが甘いと感じる
時代を考えれば十分なんだけど、wiiを知ってしまっているとかなり見劣りしてしまう
まあ私がやり込めていないというのもあるかもしれないが・・・

wiiの方のストーリーが物凄く良かったのでアクションよりもそっちの方を期待してやったんだけど、それも普通
あとは、ゲームとして簡単過ぎて手応えがない、とか
異常なほどの高評価を受けているけど、どうしてなのかイマイチ分からない

SFCのアクションとしては問題ない出来で、面白いと思う部分もあったので評価は 良い としておきます
カービィwiiより先にプレイしていたらもう一段階評価が上がっていたかもしれない
カービィwiiを先にプレイしていたら誰もが物足りなく感じるでしょう
最近のカービィをやったことのある人は、評価が高いという理由からわざわざやってみるほどの物ではないのではないかと

[推薦数:1] 2016/03/21 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:73(86%) 普通:9(11%) 悪い:3(4%)] / プロバイダ: 45932 ホスト:45790 ブラウザ: 10033
「人間の欲望を無視して娯楽を作ることはできない」
という故横井軍平氏の有名な言葉がある。実際世の中の娯楽作品には、必ずと言っていいほど暴力性があったり、
観客の優越感や射幸心を刺激するような仕掛けがなされていたりするものである。
「自らの個性を表現したい」という心理もまた、人間の欲望のひとつだろう。
人は自分の好きなように振舞いたいし、それを他者にアピールしたいものだ。現実であろうとゲームの世界の中であろうと。
この点についていかに工夫を凝らせるか、というのが良作とそれ以外の分かれ目でもある。

本作は1996年に発売されたSFC用タイトルである。
星のカービィシリーズ本編4作目の横スクロールアクションとなっており
マルチプレイ搭載、なおかつ1本のソフトに特色の異なる複数のゲームが詰め込まれた超豪華仕様。

まず最大の売りであり、全体の核となる要素は、何といってもマルチ協力プレイだろう。
00年代後半くらいからようやく一般的になったが、当時は協力プレイの存在自体がとてもレアであった。
対戦用ゲームは比較的多くあったのだが、協力プレイとなると全体のごく少数であり、
今では考えられないが、ネットもケータイも発達していなかった当時においては、自宅にて単独でゲームを進め、
翌日、皆で集まり「昨日どこまで行った?」「あれどうやって取るの?」などと情報交換するのが日常風景だったのだ。
そんな時代にゲームの進行状況をリアルタイムで共有できた本作は画期的だったと言える。

本作で凄いのは、プレイヤーが気軽に参加できて気軽に抜けられるという点だ。
ネトゲ等で、息苦しい連帯意識やミスの責め合いなどが問題に上がることがあるが、
本作は、基本ソロで進めるように作られていて、二人なら楽にクリアできる、という調整であり
たとえどちらかがミスをしても相方が深刻な不利益を被ることはない。
すっぴんビームで強制解除や、ボタン連打で自爆消滅といった、スムーズなIn・Outシステムが優秀であり、ネタとしても笑える。
ゲーム全体を通して偶然の産物やランダム要素が多いため、お笑い率が上がるとともに
そのたび臨機応変に力を合わせたり、裏切ったりと、幅広い遊び方が可能である。
とにかく気軽に共闘して楽しく遊ぶための工夫が施されていて素晴らしい。
また「1Pがメイン・2Pは責任が軽い」と初めから決まっているため、ある程度役を割り切れる。
1Pは、残機有限、自分の思い通りに進める、居なければ先へ進めない、など責任重大なのに対し
2Pは、何度でも復活可能、1Pの進路に追従、別に居なくても問題ない、など気楽な立場となる。
あえて対等にせず、兄弟姉妹や上手い下手で役割を分担できるようにした点は、気づかれにくいようだが評価されるべきだろう。
進む方向で意見が割れたり、遅いプレーヤーを待ったりすることなく
ゲーム進行のテンポを落とさずに遊べる点も賞賛したい。

メイン6本、サブ2本、エクストラ1本、という複数のゲームが用意されているわけだが、それぞれ個性がありゲーム性が異なってくる。
ステージクリア式、小規模なワールドマップ式、対戦型スコア競争、大ダンジョンでの宝探し、演出つきの活劇、ノンリニアな宇宙探索、
という風に、思いつく主なゲームの形式を重複することなく詰め込んである。
宝や能力を探すゲームなら全体を自由に探索できる、ストーリー物なら一本道をサクサク進む、バトルならひたすらバトル、
というように、それぞれのゲームの目的とステージ構成とが、ピッタリ合致している点にもセンスが伺える。
SFCソフトであるゆえ、それほど大容量でもないのだが、ステージやジャンルに変化を加えているため非常にバラエティ豊かに感じ
それでいて、すべてのゲームが同じ操作で対応できるため、統一感があり、複雑化することなく楽しめる。

カービィシリーズ従来のSTG要素に加え、格ゲー要素を前面に押し出し、横スクロールに落とし込んた上で
それらを活かすべく、ステージ上の仕掛け・ボスとの戦闘・パズル・探索要素などを散りばめ
さらに、RPGバトル、2Dレース、横STGのパロディまで放り込み破綻なく仕上げるという驚異的なバランス感覚。
これらすべてを違和感なく自然に組み込んでしまうあたりに
機種問わず年間100本クリアしているディレクター桜井氏のゲーヲタぶりが垣間見える。
結局のところ、本作の何がデラックスなのかといえば、桜井氏の引き出しの量だろう。
ここまで詰め合わせておいて操作もルールもまったく難解にならないのは奇跡的なレベル。

スマブラなんかをやっていても分かるが、桜井Dはアクションの気持ちいいツボを解っていると思う。
打撃音にせよ、挙動にせよ、タメと炸裂のタイミングにせよ、スカッとするアクションを作るのが得意だと感じる。
本作では多数のコピー能力が登場し、さらに多数のコマンド技を繰り出せるようになっているが
それぞれに豊富な動きや効果を持たせつつ、サクサク気持ちいいアクションを連発できるので非常に爽快感がある。
また、すべての能力に一長一短があり、没個性的になっていないというバランス調整も凄い。
まだ見たことのない能力に出会いたい気持ちゆえ、ステージの攻略がより一層楽しくなってくるのも嬉しい相乗効果である。

もちろんシステム面だけではなく、舞台となる世界も魅力的だ。
美術面では、強い線と極彩色によるパンチの効いた絵が特徴で、色相・彩度・明度に偏りが出ることなく鮮やかな画面になっている。
幻想的なモチーフと機械成分が融合して、新鮮ながらシリーズの世界観を方向付ける舞台は見事な出来。
メカ成分多し。ていうかメカと筋肉が多い。笑える。
格闘王、メガトンパンチ、大食い一騎打ち、宝探しサバイバル、ハルバード帰還時のダイナブレイドの義理、ウィリーと脱出、など
夢の泉あたりのニヒルでキザな夜のイメージに比べて、なんとも「漢!」的な作品だなと昔から感じている。
可愛らしい表面とは裏腹に、滲み出るゲーヲタ感とブラック感、ハイテンションでシュールな趣きも素敵。

わりと有名な話ではあるが、実は打楽器を含めてたったの5和音しか使っていない。
音源が豊富になると、ついつい「盛った」編曲にしたくなるものだが、そこはさすがの石川氏。
管楽器音源を小刻みのアルペジオで鳴らし、あえてGBに近い音を出したのである。泣ける。
よくカービィの曲って伴奏が高速でポルポル鳴ってますけど、あれが良いんですよねー。
オリジナル曲やオーケストラ風編曲と、旧作曲のアレンジや従来の懐かしいサウンドが共存しており
ファンには涙モノの仕上がりとなっている。

「ある日突然、クリアデータを破壊し、ゼロ%を3つ並べる」
という裏ボス・通称ゼロスリー(ウソ)の出現により、タイムアタックが恒例行事となる、という都市伝説。

各ゲームのシナリオやマップ同士に関連性を持たせ、繋がりと広がりを演出しているのが上手い。
BGMも、いくつかの基本メロディをアレンジしたり変形させて何曲か作っているため
全体に統一感が出るとともに、繰り返し効果でカタルシスを感じられるという演出面での効果もある。
バラエティ豊かなゲームの集合体でありながら、1本の作品としての完成度も高い。

さて、そろそろ冒頭の話に戻そうと思う。
マルチプレイ自体は大昔から存在した(そして現在でも多数ある)が、本作からは特有の感覚を受ける。
本作とそれ以外のマルチプレイにおいて、決定的に違ったのは、おそらく「表現できる個性の度合い」だろう。
プレイヤーは、敵を攻撃すること以外に、味方をアシストすることも、足を引っ張ることも、ネタに走ることもできる。
さらに多数のコピー能力が一種のクラス(職業)チェンジのような選択の楽しさと自己アピール効果を生み
コマンド技を自在に繰り出し、様々な反応や、相手のリアクションを見ることによって
「他者に自分の個性を表現できる」という人間が持つ欲望を満たしてくれるのである。
これが並みのマルチプレイとは明確に異なる点であり、本作が新鮮な感覚と中毒性をもつ娯楽となり得た理由ではないだろうか。

カービィシリーズの特性とマルチプレイの概念がクロスオーバーした集大成的な作品。
初心者が簡単に遊べる作りの裏には、大量のノウハウが散りばめられている。
数年後のMORPGで味わえるような感覚を96年の時点で入門向け人気シリーズに投入してきた衝撃は相当なもの。
その斬新さに加え、アクションの質の高さ、変化と統一感のあるゲーム構成、音楽等の演出の素晴らしさ、など
多彩な魅力を1本のソフトにまとめ上げた傑作である。
[共感]
2016/03/22 マルチプレイは本当によく練ってますね。得意な子は1Pで不慣れな子は2Pで気楽にプレイって光景は自分の周りでもありました。 by オレンジピューレ

2015/03/22 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:33(56%) 普通:4(7%) 悪い:22(37%)] / プロバイダ: 46478 ホスト:46527 ブラウザ: 10347
従来カービィのシステム基盤に2D格闘ライクな新要素が盛り込まれた
シリーズの本流からは大きく外れた異質な作品
本編カービィシリーズの礎的な存在になっていくとは、発売された当時は夢にも思わなかった

【悪い点】
星のカービィは、シンプル操作で可愛らしいアクションを満喫できる
動かしているだけで楽しい、分かりやすい面白さを追求したシリーズだったはず
しかし、本作はとにかく取っ付きが悪く分かり難い

OPからしてせわしない
カービィは星型の飛行物体に乗って上空から颯爽と現れる
急降下、急旋回、急上昇、一瞬の暗転後画面が煌きバンとお顔お目見え、ファイル選択画面がドカンと降ってくる

迫力は感じられるかもしれないが、従来カービィの世界観とは相容れないド派手で性急な演出の数々だ

ギラギラ煌めくネオンサインが眩しい大都市の繁華街を練り歩いているような落ち着かなさをOPから感じさせる
実際にプレイしてみてもその印象は大きく違わない
学園祭のノリを地で行くような臨場感がウケたのかもしれないが、外伝的作品とはいえ初見者に対する親しみやすさに欠ける同人チックな短編集といった趣が強い

本作からボタンを押し込む長さやタイミング、レバガチャと呼ばれる動作を組み合わせて
多段階にわたる強弱設定のある、多方向に繰り出せる各種の技を
適時使い分けて使用することが出来るよう
複雑なコマンド技が各コピー能力毎に相当数用意されるようになった
大きな変化だ

全てのコマンド技を覚えることからして容易いことではないが
「この状況ならこのコピー能力の、このコマンド技が役に立つな」と
状況と攻略法と必要なコピー能力を結びつけて直感的に考えて実行することが、ゲーム初心者に果たして出来るだろうか
ゲーム遊びに長けたゲーム巧者しか楽しめない要素が大々的にプッシュされているゲーム内容に違和感が拭えなかった

勿論、複雑なコマンド技を適時使い分けられることがゲームクリアに必須となる条件にまではなっていないため、コマンド技を全く覚えずにクリアすることも可能ではある

しかし、複雑なコマンド技が多数用意されたことで、コマンド技が意図せず不意に暴発することもあり得るわけで、その結果大変不利な状況に陥ることがままある
そんな恐怖と隣り合わせに操作しなければならないという理不尽さを初心者は抱えながらプレイする羽目になった
初代カービィの理念よ何処へやら、である

特に、下方向に繰り出すコマンド技が不意に発動したことで、落下死に至るパターンは数え切れないほど見受けられた

【良い点】
本作最大の特徴は、何と言ってもヘルパーシステムだろう
お手軽参加、お手軽離脱が出来る気軽さに加えて、膨大なコピー能力とほぼ同等数の2コンキャラが存在するという半端ないボリューム感のある二人同時協力プレイ要素に、当時の私は大興奮だった
攻撃力、攻撃耐性、移動スピード等個体ごとに各々異なる特徴があり、キャラクターの挙動も非常に凝っていて可愛らしく、もう動かしているだけで楽しいことこの上なかった

今ではすっかりお馴染みとなったが、カービィ界隈で起こる事件がボードに次々と貼りつけられていく
ゲームモード選択画面も個性的な楽しいシーンといえるだろう

小気味良く痛快なサウンドエフェクトの数々も、シリーズ随一を誇る爽快さで
「動かしているだけで楽しい」気分を盛り立ててくれる
洞窟大作戦で聴ける、宝箱の中身入手時に流れるSEは今でも脳内再生が余裕で出来る程、耳に残る心地良さだった

【総合評価】
古今東西ありとあらゆるシチュエーションで暴れ回るその雄姿は、まさにピンクの悪魔と呼ぶに相応しい
初心者には厳しい面もあるタイトルだが、カービィを骨の髄までしゃぶり尽くせる至高の一本として、いつまでもその名はゲーム史に刻まれるであろう

2015/03/11 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:136(46%) 普通:72(24%) 悪い:86(29%)] / プロバイダ: 39258 ホスト:39413 ブラウザ: 5147
セーブが消えやすい以外は本当に名作
一人でやっても複数人でやっても本当におもしろい。
でも、セーブが消える……ただ、その分また皆とできるという遊び方をしていました。
ただ、一人でしかやらない場合は……もぅマヂ無理、セーブ消ぇた……って泣きたくなります。

[推薦数:1] 2014/06/13 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:62(55%) 普通:14(12%) 悪い:37(33%)] / プロバイダ: 19010 ホスト:19195 ブラウザ: 5171
『星のカービィ』シリーズの中では最高傑作と言われる作品で、私が今まで遊んだ中でも、トップクラスに入るほどの名作である。

本作の特徴と言えば、バラエティー性の豊かさであり、例えば、初心者向けの「はるかぜはともに」から、今までのアクションモードの集大成である「銀河に願いを」など、
アクションモードだけでも多数存在し、その他にも、ミニゲームや、サウンドテストなど、色んなゲームを詰め合わせた作品で、
初心者から、カービィファンまで楽しめる文字通り『スーパーデラックス』な作品である。

本作で新しく登場した、ヘルパーについては、カービィと共に戦ったりと、プレイヤーの手助けをしてくれる存在で、
このヘルパー自体も操作する事が出来るので、本作の売りである二人プレイも可能で、二人プレイしたい時は、このヘルパーシステムを使用すれば可能です。

本作の特徴は、それだけでは無い。
例えば、コピー能力については、今までのシリーズに登場したコピー能力から、「ファイター」、「ジェット」など、新しく登場したコピー能力まで数十種類存在し、
今までのコピー能力についても、ハードの性能が上がった事や、ボタンの数が増えた事によって、より多彩なアクションが出来る様になり、
新しいコピー能力も、グレートアップしたコピー能力とは引けを取らない位、アクションも多彩で、全般的に、コピー能力が大幅にグレートアップされ、
前作以上にやりごたえ感が増え、この要素によって本作がより面白いゲームにしています。

敵キャラについても、内容がデラックスになったこともあってか、前作以上に多彩であり、特に、ボスキャラについては、数十体も存在しており、
その中でも「格闘王の道」は、ボスキャラのみと闘うモードで、いわいる本作に登場したボスキャラの集大成といえる内容である。

文字通り、『スーパーデラックス』な出来にふさわしい本作は、発売当時、ユーザーがプレイステーションや、セガサターンなどに移行しつつあった
後期のスーパーファミコンにおけるソフトの中でも、傑作と言われる作品なだけもあってか、売り上げや、ユーザーの評判も良く、
今でも、本作が最高傑作と呼ぶファンが数多く存在しており、まさに、今までの『星のカービィ』シリーズの集大成と言える作品である。

本作の12年後に出た『ウルトラスーパーデラックス』は、本作をベースに、新たにモードを追加したり、ムービーや、ボスがなどが追加されたりと、
大幅にグレートアップされたリメイク作品で、まさに、本作の事実上の完全版と言えるし、旧作を未プレイの人から、旧作に思い入れのあるファンでも楽しめる作りで、
こちらの方も、プレイして損は無い作品である。

私にとって、ここまで楽しめた本作に付けられる評価は「最高」以外ありません。

2014/06/02 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:135(62%) 普通:45(21%) 悪い:38(17%)] / プロバイダ: 4739 ホスト:4711 ブラウザ: 7462
SFCで発売されたカービィシリーズの1つで、スーパーデラックスの名の通りに、6つのモードが集められた
オムニバス形式のゲームになっています。

★システム ◎
今までのカービィと違ったオムニバス形式になっていますが、ちょっとしたマンネリ感を取っ払っていて好印象。
ゲーム内容も、洞窟の探索やデデデとのドタバタグルメレース、
時間制限つきのシリアスなメタナイトとの戦いなど、設定にバリエーションがあり面白い。

コピー能力やカービィを助けるヘルパーなどの要素も賑やかでまさにデラックスというタイトルが良くあっています。
しかし、このゲームといえばという話題で良く出るデータの消えやすさだけはなんとも言えない惜しいところ...

★グラフィック ○
これといった問題はないです。各モードでかなり違いを出しているので雰囲気が出ていていいですね。

★操作性 ◎
こちらもこれといった問題はありません。 ただ、洞窟大作戦ではちょっと素早いアクションが求められるのでそこだけは注意。

★難易度 ○
モードは6つありますが、一様に難易度はやさしいめですね。みんなでワイワイやる分にはかなり丁度良く出来ているかも
しれませんが、1人でやる場合は若干物足りないかも?

★ボリューム ○
モードは6つありますが、1つ1つが短めなので実際のところは割りと短めでクリアはサクっと出来ます。
データが消えやすくともそこまで悪く言われないのはこのサクっとクリア出来るところにあるかもしれません。

★BGM ◎
どれも素晴らしいです。個人的に完成度が高いと感じたのは洞窟の星ケビオス。

★ここがGOOD
洞窟大作戦のたからものや、バトルウィンドウズなどの斬新な遊び心が光っている作品です。
賑やかさはかなり出ていていいですね!ミニゲームなどもあるので、2人プレイはかなり盛り上がるソフトだと思っています。
初めてカービィをプレイする人にもおすすめ出来る1本です。

★ここがBAD
データの消えやすさに尽きますね...もう起動したら消えていると思ったほうがいいくらいです(それいいすぎ)。

★総合評価
「とても良い」とさせていただきます。

2012/07/12 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:313(48%) 普通:79(12%) 悪い:263(40%)] / プロバイダ: 1772 ホスト:1788 ブラウザ: 9615
歴代カービィでコピー能力が多種多様でボス戦が非常に面白い本作品でした
CPUとの共同戦線が可能なのは嬉しいですけどミニゲームはいらないと思います
これほど能力コピーできるカービィは歴代の中でも最強では? と思わせるほどの質の作品でしたね
ステージ数がもっと多ければ評価はさらに上でした

2012/04/07 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5(83%) 普通:0(0%) 悪い:1(17%)] / プロバイダ: 16514 ホスト:16606 ブラウザ: 3448(携帯)
カービィ史上最高傑作
コピーが一番素晴らしい作品

2011/05/13 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:24(62%) 普通:3(8%) 悪い:12(31%)] / プロバイダ: 10771 ホスト:10722 ブラウザ: 13425
【総プレイ時間】
覚えてない

【良い点】
コピーがかなり多く操作性も多彩
ステージもやり込みもかなり多い

【悪い点】
セーブが消えやすい

【総合評価】

当時、友達から借りてプレイしたのだがカービィのなかでもかなり面白かった。セーブが何度か消えて友達には申し訳なく思ったが機会があればDSリメイクもプレイしてみたいと思う。

2011/02/16 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:26(72%) 普通:4(11%) 悪い:6(17%)] / プロバイダ: 19296 ホスト:19426 ブラウザ: 8847
【良い点】
・ただ6つのゲームを分けただけではなくいつでもコピーできるアイテムがあったり、お宝探しだったり、制限時間があったり、レースだったりとそれぞれに個性がある。

・コピー能力のコマンド化
これによってコピーによって通常攻撃、ダッシュ攻撃、ジャンプ攻撃、長距離攻撃、つかみ攻撃などさまざまな技ができるようになりました。
それでいてその攻撃たちもコピー毎に使いやすさ、ダメージ、攻撃範囲などが違うので画一化もされずコピー毎の個性を残しています。これはすごい。

・ヘルパーシステム
今作のヘルパーシステムはとてもよくできている。古くはマリオブラザーズやアイスクライマーからある二人同時協力システムですがSFCになることで更にグレードアップしています。
スペースジャンプ、踏み台ジャンプ、ぶら下がり、口移し、などのアクションのおかげで一緒に冒険しているという実感がもてる。
敵のザコキャラを操作できるというのもいい。キャラによってスピードやジャンプ力などが違うのも差別化が図られていて面白い。

・前述したコマンド式の技の他にもゲージ制の体力やガードなど、格闘ゲームの風味をプラスしたのはよい判断だったと思う。動かしていて飽きない。

・コピー能力別に格闘王への道を制覇するなど、やりこみ要素も用意はされている。しかもそれを強制されてもいないのが好感が持てる。
強いコピー、弱いコピーは確かに存在するがどうしようもない位使えないコピーは無いのでどのコピーでも鍛えようで格闘王への道を制覇できるというのがやり込ませられる理由でしょう。

【悪い点】
・快適な操作性のおかげで少々難易度は簡単かと。ガードについてもここまで無効化できてしまうとガードを強化するというコンセプトのミラーが地味になってしまいます。

【総合評価】
私の思い出のゲームですね。
文句なく「最高」で。

2011/01/28 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:74(72%) 普通:10(10%) 悪い:19(18%)] / プロバイダ: 36185 ホスト:36078 ブラウザ: 2057(携帯)
【良い点】
・技が多い
・コピーの種類が多い
・2人で攻略できる
・BGM
・ストーリー

【悪い点】
ない!

【総合評価】
小学一年生ぐらいにプレイして、姉と一緒にクリアした思い出の作品。もう、ずいぶん昔の作品ですが、これまでのカービィでこの作品を超えるものは現れてないと思います。スーファミのコントローラーの特性を生かしたたくさんの技にたくさんのコピー能力。アドバンスのカービィの技のクオリティの低さには、この作品をやった人達はがっかりしたはず。とにかく、たくさんの伝説を残した史上最高のカービィでした。よって評価は「最高」です。

2010/06/20 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:327(57%) 普通:83(14%) 悪い:164(29%)] / プロバイダ: 21365 ホスト:21164 ブラウザ: 9207
【総プレイ時間】
・友人に借りて一月ほど

【良い点】
・ゲームモードが多彩
春風とともに、洞窟大作戦、ダイナブレイド、メタナイトの逆襲のような
2Dアクションからグルメレースのような一風変わったルールのものや
瓦割りや居合いなどのミニゲームまでバリエーションが豊富。

・コピー技のバリエーションが多い
特に好きなのはアイス、カッター、ヨーヨー、スープレックスですね。
一つのコピーにいくつも技があるのは嬉しい。

・ヘルパーの同時プレイが強力

・グラフィックが奇麗

・音楽が非常に良い

【悪い点】
・セーブデータが消えやすい(らしい)
自分が借りたのは消えませんでしたけど・・・

【総合評価】
・カービィのゲームでは最高傑作でしょうね、思い出したらまたプレイしたく
なってきましたよ。

もっと読む

「【総プレイ時間】うーん・・・思い出せないです。【良い点】・多彩で奥深く、非常にやり込めるゲームモード...」 by こるちお


次のページを読む

この評価板に投稿する


2016/11/19 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 5676 ホスト:5767 ブラウザ: 5819
このゲームを皮切りに「ウルトラスーパーデラックス」「Wii」「トリプルデラックス」「ロボボプラネット」といった名作を次々と生み出しただけあってこれまでのカービィシリーズの中で最高傑作に相応しいと断言出来る位一番好きなゲームです!

もっと読む

「このシリーズにおいて、いろんな伝説を築いた一品。豪華絢爛にして何度でも遊べる。まさにスーパーデラック...」 by オルタフォース


次のページを読む
2016/11/19 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 5676 ホスト:5767 ブラウザ: 5819 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/熱血/友情/ロマンチックな気分/可笑しく笑える/楽しい/面白い/格好良い/可愛い/美しい/びっくり/交友に役立つ 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像最高(+3 pnt)
音楽最高(+3 pnt)
ゲーム性最高(+3 pnt)
難しさ普通

もっと見る
1. ブログ拍手2,000個突破&作品評価数50個到達 by ゴーグル侍
... 拍手で ブログ拍手が丁度2,000個に到達しました! 前々から目標としていた拍手数2,000個にようやく到達する事が出来て感無量ですが、この数値だけに満足せず今後も3,000、4,000個と目標を徐々に高くしながら頑張っていきますのでこれからも宜しくお願い致します! そして、昨日カービィ スーパーデラックス」を評価(+投票、 ...
記事日時:2016/11/20
2. カービィちゃん! by エスパー
... な…。 まさかワドルディを虐待するやつはいないよな? まさか格闘王へ道で瞬殺するわけないよな? ところで今ワドルディエロ画像をググってたらグロ画像が出てきた。………0%0%0%よりマシか…。 つーかお前らアドレーヌ好きすぎるだろう…。ロリコン多すぎだろ…。 【ニコニコ動画】カービィ スーパーデラックスCM ←To ...
記事日時:2012/06/11
video
3. クレバスさん質問に回答!! by S・N
... ~ 1.カービィシリーズでやったことある作品は? SFC「カービィ スーパーデラックス」 GBA「カービィデラックス」 GB「カービィピンボール」 2.カービィシリーズで好きなキャラは?(敵でも仲間でもOK) カービィ、デデデ大王、コックカワサキ、ワドルディ等 3.カービィシリーズで好きなコピーは? カッター、アイス、ヨーヨー、スープレックス等 4.カービィシリーズで好き ...
記事日時:2012/01/07
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声