[ゲーム]じゃあまん探偵団 魔隣組 〜シゴマ捜査ファイル〜


じゃあまんたんていだんまりんぐみ じごまそうさふぁいる / Jaaman Tanteidan Maringumi
RSS
ゲーム総合点=平均点x評価数5,300位5,991作品中総合点-2 / 偏差値46.81
1988年ゲーム総合点172位191作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
制作:バンダイ
機種:ディスクシステム
日本 発売日:1988/11/29(火) ファミコン
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
論客から提供されている攻略法は現在まだ存在しません。
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
84211
最近の閲覧数
1100101100
この作品をゲームとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/10/02 / 最終変更者:634 / 提案者:634 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2015/11/23 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2729(60%) 普通:766(17%) 悪い:1066(23%)] / プロバイダ: 2416 ホスト:2363 ブラウザ: 5171
横スクロール(覇亜怒組)からフィールド見下ろし型への変更が裏目に出てしまった。
これは、この作品をプレイして先ず実感した事です。

内容は、怪盗ジゴマの予告状を手掛かりに魔隣組のメンバーの特徴を駆使してマップ内を徘徊、ヒントを掴み、
ジゴマを探し出すアドベンチャー。

実際にプレイすると、「町はずれの寺には古い壺がある」の様な他愛のないヒントと予告状の内容を照らし合わせ、予告状が指し示す建物を探すのですが、
マップは広め、何処へ行っても同じような街並みで目印になる建物がない為、プレイヤーが何処にいるのか場所を把握しにくい上、
キャラの移動速度が遅い事が原因でゲーム進行のテンポも悪い。

ただ、選択できるマップは4種類、予告状に書かれている建物やヒントもランダム等、制作者の工夫の跡が見られる為、「最悪」は付けません。

この評価板に投稿する





作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ