[ゲーム]糸井重里のバス釣りNo.1決定版!


いといしげさとのばすつりなんばーわんけっていばん / Itoi Shigesato no Bass Tsuri No.1 a final edition
RSS
ゲーム総合点=平均点x評価数1,417位5,722作品中総合点6 / 偏差値49.33
2000年ゲーム総合点60位203作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像1.00(良い)1
音楽1.00(良い)1
ゲーム性1.00(良い)1
キャラ・設定0.00(普通)1
ストーリー0.00(普通)1
難しさ1.00(難しい)1
考えさせられた100%1人/1人中
勉強になった100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
対応機種:NINTENDO64
製作:HAL研究所
発売:任天堂
日本 発売日:2000/03/31(金)
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
1小ネタ墨汁一滴 2012/11/25325文字
2各種裏技TCC 2012/10/27980文字
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
4,39033
最近の閲覧数
1000001001
この作品をゲームとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/12/29 / 最終変更者:永田 / その他更新者: TCC / 提案者:HUNGRY SPIDER (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/06/14 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2321(60%) 普通:640(16%) 悪い:929(24%)] / プロバイダ: 7828 ホスト:7725 ブラウザ: 5171
キャラクターの会話だけでなく、用語辞典に書かれた説明まで専門用語だらけで素人には、チンプンカンプン。
これは、この作品最大のネックです。

ジャンルは、釣り。
ゲームは、名前登録、難易度を「ビギナー」「ふつう」「じしんあり」の中から選択、クラブハウスの住人が釣りに必要なロッド、
リール、釣り糸、ルアーを3つ、ワームとリグを5種類ずつプレゼント、パートナーのカエルがどんぐり(金銭)をプレイヤーに渡す、
「毎日タイプ」「学生タイプ」「週末タイプ」の中から釣りをする時間を選んで始まります。

Rボタンを押すと走る事が出来る、糸の状態をカエルが教えてくれる、ハウスの中にいる熊、猫、ウサギに話しかけると
プレイヤーにアドバイスしてくれる、フィールド上でヘルプを選ぶと現れる糸井重里氏のレクチャーしてくれると言う具合に
作品そのものの造りは親切ですが、専門用語だらけな為、素人が面食らうことは必至。

ゲーム内のバスは、繁殖期等、季節によって行動が変化し、ボートのエンジン音に反応したり気温や天候の影響も受ける上、
縄張りまで持っていると言う具合に本物そっくりな動きを見せる。
糸を垂らしてルアーを操作すると、他の釣りゲーと比べてアタリが中々来ない事もあれば、いきなりアタリが来る事もあるランダムさで、
ロッドを手前に引いて針を深く食い込ませる、水中で暴れまわるバス、糸の状態を示すカエルの反応を見ながら
ロッドを動かしてバスを弱らせて糸を巻いて行くと言う具合に本物に限りなく近いファイトが出来る。

他にも、キャッチかリリースかでキャッチを選んで釣ったバスを水槽に入れる、「バスを◯匹釣ってこい」等の腕試しと言った
遊べる要素も多い。

これで素人を突き放さなければ、「最高」でした。

2007/11/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:269(37%) 普通:160(22%) 悪い:305(42%)] / プロバイダ: 5251 ホスト:5043 ブラウザ: 7395
自分にとっては初体験の「釣りゲー」。
元々64というハードには、かなり玄人向けというか、硬派な作品が多いんだけど、この作品も、そういった64の志向を反映した作りになっていると言えるだろう。つまり、敷居も難易度も高いゲームに仕上がってるというわけ。

ゲームが始まるや否や、待ってましたとばかりに連呼される専門用語に、まず閉口してしまう。釣り道具一式を渡されるスタートの時点で、耳慣れない単語が目白押しだ。
そして、早速釣りに出かけよう…としたところで、唐突に「バスを5匹釣って来い」というお題を出される(仲間を連れている場合)。謂わば本作流のミッションであるのだが、これはいくらなんでも不親切過ぎやしないか…
本作に於ける最大の問題点は、敷居の高さを最初から押し付けてくるところだろう。ある程度釣りに慣れた(知識のある)プレイヤーならいざ知らず、釣りに関しては殆ど白紙状態のプレイヤーに対しては配慮していない、との謗りを受けても致し方ない作り。この段階で既に、人を選んでる感が否めない。

ただ、只管不親切を通す作品かと言われるとそうでもない。
序盤は戸惑いの種にもなり得る専門用語に対して、暖かみのあるキャラたちや糸井さん自身(STARTボタンを押すと彼の顔が拝めます)が懇切丁寧に説明してくれるため、集中してプレイしていくうちに、段々知識が身についてくる。そうして身につけた知識を使って湖を見渡すと、段々バスがいそうなポイントの推測が立つようになってくる。そして、狙い目となっているポイントには、かなりの確率で大物が居ついている。といって、そのポイントを狙いすぎると「場荒れ(魚が警戒して寄り付かなくなること)」が起こり、殆ど魚が釣れなくなる。そんな作品でありながら、完全に理論だけに左右されるわけでもなく、バスの動きにはランダム要素が強く反映されており、一筋縄ではいかない。
本作の美点はまさにこれだろう。ゲームフィッシュの釣りは本来、魚の生態や地形や天候など、様々な材料から理論を構築していく知的遊戯である一方、往年の勘や偶発性が絡んでくるギャンブルでもある。本作はその「理論の構築」「勘の練磨」を、ゲームというフィールドに於いて見事に実現させている。臨場感に溢れた釣りゲー、たる評価の所以は恐らくこのポイントではないかと思う。

臨場感に溢れているということでもう一つ重要なポイントは、リアリティが高いことだが、これもまた本作がいかに作り込まれているかを実証するもの。
水上に顕在化しているポイントのみならず、湖の内部を映すウィンドウ越しに見える水中ストラクチャーの作り込みは半端ではない。リザーバー(ダム湖)に於ける切り株や倒木など、まさに地形に合わせた配置になっている。画像は荒くても、置き方だけでそれをカバーするに足るリアリティを与えているのは凄い。
丁寧過ぎる作りをしている湖は5種類(最初に行けるのは3種類、上記のお題をクリアしていくうちに行ける湖が増える)と少ないのだが、天候や季節によって様々な顔を見せる、先述の通り多彩なストラクチャーと、静かながらも湖に個性づけするに十分なほど秀逸な音楽によって、本当に釣りの為だけの存在とでも言わんばかりの雰囲気を醸し出し、飽きさせずにプレイさせてくれる。時間が流れていく感覚も、雰囲気作りが成功している本作だからこそ味わえるもの。

釣り本来の内容に関しては、ルアー毎にかなり使い勝手が違うな、という印象が真っ先に思い浮かんだ。
だいたい、ノーシンカー+グラブは、殆どの場面で通用するのみならず、特有のアタリ判定がある一方、トップウォーター(浮きがついたハードルアー)系はバスを誘う動きをさせることすら難しい。使い分ける以前に、使いこなす段階でルアー毎の難易度が大きく異なる。これは釣りに暗い自分はコメントが憚られるところだが、主観を率直に述べると、バランスが悪くないかと感じる。地形が素晴らしいだけに、尚更ルアーの使い勝手の差が顕在化しているように思えた。
一方、バスが食いついた後のファイトは、アクションゲームさながらの緊張感。静か過ぎるほど静かだった本作の空気が激変し、賑やかな音楽が流れ出す(ちなみに、最後の湖である「けけはら」ではファイト時の音楽が他の湖とは異なる)。この時は鼓動が高鳴りっぱなし(苦笑)。そんな聴覚的刺激も良いが、戦う相手たるバスの動きも真に迫ったものを感じ、緊張感に拍車をかける。更に、フックレベル(いかに針を上手くかけたか)によってバラシの確率が変わったり、釣り上げる寸前にバスが「エラ洗い」してきたりと、最後まで気が抜けない。これまでの静けさの効果もあり、盛り上がるべきところでは大いに盛り上がってしまう。

釣りゲーとして考えると、素人の自分から見ても秀作だと思える。
但し、上記の美点はあくまで「真面目にやった場合」「最初の関門を乗り越えた場合」にしか適用されない。即ち、門前払いを喰らうとアウト、というわけ。ここで言う門前払いとは、序盤の不親切さに挫折することを指すのだが、本作はその挫折者に対して全くと言っていいほどフォローが為されていない。自由度が高いと言えば聞こえはいいけれど、要するに自分で情報集めて考えろ、ということだ。
作品の不親切さを乗り越えるのが先か、挫けるのが先か…といった感じなのだ。だから、一旦ハマれば素晴らしいと思える本作も、ハマれなかった場合は駄作でしかないだろう。

質の高さは保証できる。丁寧さに感心させられる作りをしている。ただ、敷居の高さはどうにかならなかったのかと思える。オススメしたくなりはするが、その前に「君は釣りが好きか?」と一言添えねばならないようなところがあるゲームということで、本作の評価は「良い」とさせていただきたい。

2007/11/07 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 19923 ホスト:20074 ブラウザ: 3162
これぞバス釣りゲームの神髄だ!!しかしながらこのゲームは釣りが好きな方を前提に作っている感じがしてなりません。
私は釣りが大好きなので心から楽しめましたが、釣りに興味がない方はかなり敷居が高いゲームだと思います。

ターゲットを絞っているのが難点ではありますが、雨が降った時の代用品としてはかなりの完成度ですし、本当にバス釣りに行った気分になれます。
楽しいゲームです。

この評価板に投稿する



2011/03/23 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 4362 ホスト:4383 ブラウザ: 11161 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事考えさせられた/勉強になった 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)
ゲーム性良い(+1 pnt)
難しさ難しい

結果が得られませんでした。

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声