[ゲーム]インタールード


CERO:A(全年齢対象)

Inter Lude
RSS
注意: これはゲーム版。その他メディアのページ: アニメ:インタールード
ゲーム総合点=平均点x評価数4,058位5,762作品中総合点1 / 偏差値47.76
2003年ゲーム総合点133位194作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像3.00(最高)1
キャラ・設定1.00(良い)1
ゲーム性0.00(普通)1
ストーリー-1.00(悪い)1
音楽-2.00(とても悪い)1
難しさ-1.00(簡単)1
セクシー100%1人/1人中
可愛い100%1人/1人中
美しい100%1人/1人中
ロマンチックな気分100%1人/1人中
熱血0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
制作:NECインターチャネル
機種:Dream Cast/PS2/WINDOWS
販売:シャルラクプラスWINDOWS版
日本 発売日:2003/03/13(木)
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
1ドリームキャスト版裏技墨汁一滴 2012/04/14346文字
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
プロモーションビデオ (1個)
インタールード PVインタールード PV
5,04633
最近の閲覧数
1232212231
この作品をゲームとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/01/09 / 最終変更者:霧の童話 / 提案者:消しゴム (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2013/06/05 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:583(50%) 普通:322(28%) 悪い:264(23%)] / プロバイダ: 26418 ホスト:26215 ブラウザ: 9931
18禁アダルトゲームのコンシューマー移植を数多く手掛けたNECインターチャネルが、自社オリジナル作品としてリリースしたSFタッチのアドベンチャーゲーム。
キャラクターデザインに『臭作』『鬼作』で名を馳せた故・堀部秀郎氏を起用していますが、堀部氏自身がキッチリ本編の原画スタッフに携わっている辺り、メーカー側も余程『センチメンタルグラフィティ』での酷評振りが堪えたと見えます。それだけでも大した進歩ですけど、時すでに遅しといった感が否めないような…w

存在する筈の無い少女・和辻綾と出逢った事で主人公の平凡な「日常」を「非日常」が侵食し始め、その侵食が世界の存亡を左右するものへと変貌を遂げていく…というのが大まかな物語の流れで、そこから分岐する形で典型的な「アホの子」である幼馴染・玉城麻衣子、ナイスバディの持ち主ながら夢見がちな年上キャラ・丸藤泉美といったサブヒロインのエピソードも綴られていきます。
…が、如何せん綾・泉美の両ルートも物語が転がり始めるのが異様に遅く、度々発生する異変も「ちょっとした違和感」程度に抑えられているので、やたらと眠気を誘うBGMの効果も相俟って正直、退屈でした。僅かな違和感の積み重ねが「非日常」に対するサスペンスを盛り上げる…というシナリオの意図こそ理解出来るものの、平板な演出のお陰で冗長なものにしか感じませんでしたね。物語の要と成る「パンドラプロジェクト」についても結局、核心部分が曖昧なままなので消化不良感が半端無かったです。麻衣子ルートに至っては「パンドラプロジェクト」と無縁のベタなラブコメ話で構成されている為、殆どCGの回収を目的に惰性でプレイしてましたね。田村ゆかりさんのファンなら、全編に亘って彼女の「脱力系」演技が存分に堪能出来る麻衣子ルートも楽しめるんでしょうけど、自分には無理でした…。
麻衣子のバイト先のチーフが「月にコロニー落としちゃいそうな」女性(この為だけに真柴摩利さんをキャスティングするかねw)だったり、両手が鎌になってる試作型モビルアーマーみたいなデザインのジェットコースターが出てきたりと、ちらほらガ○ダムネタを織り込んでくる「お遊び」には不覚にも笑いましたが。

入魂とも言えるハイレベルな堀部作画や、トゥルーエンド(もしくは、それに類するエンディング)で明かされる「衝撃の事実」などの評価すべき点を考慮しても、「凡作」という印象を覆すまでには至らなかったのが残念です。自分はDC版でプレイしたクチなんですが、追加シナリオが存在するPS2 & Win版では上述の問題点が改善されているンでしょうかね。

2009/12/30 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2380(60%) 普通:657(16%) 悪い:949(24%)] / プロバイダ: 14456 ホスト:14477 ブラウザ: 6404
メインヒロインのルートに入るとサブヒロインが、ストーリーに一切絡まず、サブヒロインのルートに入るとメインヒロインが殆ど絡まない。
この作品唯一と言って良い欠点が、作品にかなり響いてしまった。

作品自体は、ストーリーの進行中に出現する選択肢でプレイヤーの選択に応じてヒロインやストーリーが分岐するスタンダードな造りのアドベンチャー。

幼馴染の玉城麻衣子(タマ)と通学中に主人公が誰もいない駅のホームで電車を待つ和辻綾を見てしまう所から全てが、始まります。

満月が照らし出すもう一つの世界、睦月の出現、話が進むにつれて明らかになる主人公の世界と綾の世界の謎等、
綾の住む世界に踏み込んで以降の内容は、幻想的で設定や世界観が確り創り込まれた完璧に近い物でした。

また、萌えとは無縁なキャラクターデザインにも好感が持てました。

評価は、泉美ルートで綾と接触するのは話の終盤のみ、タマルートに至っては全く絡まないと言う減点材料を考慮して「とても良い」一歩手前の「良い」です。

2009/12/30 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(75%) 普通:0(0%) 悪い:1(25%)] / プロバイダ: 29382 ホスト:29418 ブラウザ: 7650(携帯)
とりあえず綾&睦月ルートは良かったし、満足もできた。
しかし!タマ&泉ルートは頭が痛くなる。

システム面は一般的なノベルゲーと同じ、サウンドはかなり雰囲気のでる仕上がりでした。
またCGは異様に多く未だにコンプリートしてません(^_^;

綾ルートだけならとても良いにしたいのですが…
他のルートのマイナスで【良い】とします。

この評価板に投稿する



2013/06/05 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 26418 ホスト:26215 ブラウザ: 9931 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事ロマンチックな気分/可愛い/セクシー/美しい 
ストーリー悪い(-1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像最高(+3 pnt)
音楽とても悪い(-2 pnt)
ゲーム性普通(+0 pnt)
難しさ簡単

1. 佐野元春「Heart Beat」 by goodday0220
... window_width*0.75){this.width=window_width*0.75;}"> 収録順 1. ガラスのジェネレーション 2. ナイト・ライフ 3. バルセロナの夜 4. イッツ・オールライト 5. 彼女 6. 悲しきレイディオ 7. グッド・ヴァイブレーション 8. 君をさがしている(朝が来るまで) 9. インタールー 10. ...
記事日時:2013/11/16
2. 『妖狐×僕SS』DVD7巻、『僕は友達が少ない あどおんでぃすく』感想。 by swallow tails
... 。やっぱり、キリがいいのは原作のこの回ですよね。4巻までだと、本当何言われるかわかりません。 ただ、私も二期希望している一人ですが、次はどこで区切るか本当決められないでしょう、少なくとも1クールでは足りないと思います。 私はコミックス待ちですが、原作では第2章終わって映画で言うインターミッションインタールー入っていると ...
記事日時:2012/10/05

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはゲーム版。その他メディアのページ: アニメ:インタールード
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声