[ゲーム]ひぐらしのなく頃に 祭: 2008/06/21 真砂


CERO:D(17才以上対象表現有)

ひぐらしのなくころにまつり / Higurashi no naku koro ni Matsuri
RSS
ゲーム総合点=平均点x評価数427位6,127作品中総合点25 / 偏差値55.50
ゲーム平均点601位961作品中平均点1.00=良い/25評価
2006年ゲーム総合点17位240作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2008/06/21 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:46(57%) 普通:14(17%) 悪い:21(26%)] / プロバイダ: 16672 ホスト:16720 ブラウザ: 8090
【良い点】
・ストーリー……主人公たちが障害や過ちを乗り越え進んでいく「解答編」の熱血展開は、やってて鳥肌が立ちました。また、オヤシロサマ関係の謎解きに関して、「どれか一つ」が正解なのではなく「すべての答えを合わせたもの」が正解というのは、斬新で良かったです。
・ギャップ……序盤のギャルゲーチックな日常描写から、出題編のホラーな雰囲気、 そして解答編の熱血展開への移り変わりは神がかっていました。
・歌……嘆きノ森、escapeは作風にあっていてとてもいい歌でした。
・テーマがはっきりしている

【悪い点】
・無駄なオタク要素
・主人公が熱血すぎる……まあ、それがひぐらしという作品の持ち味の一つではあるのですが、これに関しては賛否分かれると思います。
・ミステリーとしての破綻……宇宙人がでてきたり、未知のウィルス(雛見沢症候群)が出てきたりと、純粋なミステリーとしては完全に破綻しているので、人によっては許せない人も出てくるかと。
・文字が小さい
・ホラーシーンがワンパターン……画面中を文字で埋め尽くしたり、叫んだ声の文字がアップで映し出されたり、ほとんどそればかり。

【総合評価】
出題編に関しては想像していたより怖くなくやや拍子抜けといった感がありましたが、解答編以降の展開が素晴らしく良く、面白かったです。また、やり終わって感動した作品は多々ありますが、もっとやっていたいと思った作品はこれがはじめてでした。よって評価は「最高」とさせていただきます。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ