[ゲーム]逆転裁判3


CERO:B(12才以上対象表現有)

ぎゃくてんさいばん3 / Gyakuten Saiban 3
  • 感動
  • 熱血
  • 面白い
  • 楽しい
  • 悲しい
  • 友情
  • 格好良い
  • 可笑しく笑える
RSS
ゲーム総合点=平均点x評価数73位6,028作品中総合点113 / 偏差値83.60
ゲーム平均点111位951作品中平均点2.13=とても良い/53評価
2004年ゲーム総合点5位221作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
ストーリー2.25(とても良い)8
キャラ・設定1.88(とても良い)8
音楽1.88(とても良い)8
ゲーム性1.88(とても良い)8
映像1.12(良い)8
難しさ0.75(難しい)8
感動88%7人/8人中
熱血75%6人/8人中
面白い75%6人/8人中
楽しい62%5人/8人中
悲しい50%4人/8人中
もっと見る
属性投票する
会社:カプコン

企画・脚本・監督:巧舟
デザイン・原画:岩元辰郎
日本 発売日:2004/01/23(金) GBA
日本 発売日:2004/10/01(金) GBA Best Price!版
日本 発売日:2007/08/23(木) ニンテンドーDS
日本 発売日:2008/04/24(木) ニンテンドーDS NEW Best Price! 2000版
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
1GBA版裏技墨汁一滴 2012/06/02363文字
2小ネタ集遊戯 2014/03/231,404文字
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
攻略サイト
1. 逆転裁判3攻略
2. 逆転裁判3 攻略

攻略サイトの登録は階位5000位以内の論客の方はこちらから、それ以下の論客の方はこちらから情報提供して下さい。
プロモーションビデオ (1個)
逆転裁判3 PV逆転裁判3 PV
36,4236653
最近の閲覧数
1020210201
1人の方がこの作品がゲームとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/12/05 / 最終変更者:mosukuwa / その他更新者: TCC / 提案者:田んぼ (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/12/30 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2762(60%) 普通:775(17%) 悪い:1082(23%)] / プロバイダ: 5395 ホスト:5542 ブラウザ: 8247
今作には、前作の様な追加要素がない。
登場人物が浮世離れし過ぎる。
これは、この作品をプレイして気になった点です。

ゲームは、新人時代の千尋が大学生の成歩堂にかけられた殺人容疑を晴らす話から始まります。

作品自体は、被告や証人の証言に「ゆさぶる」や「つきつける」で突っ込む、アドベンチャーパートで重要な証拠を押さえるのは過去作と変わらず、
成歩堂が担当した裁判や事件に関わった人物が姿を見せたりと固定客(ファン)に絞った手堅い造りで、
成歩堂以外のキャラを操作して話を進めていく等の挑戦やアイディアも見られる事も好印象。

その為、評価は「とても良い」です。

2017/01/04 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1503(52%) 普通:732(25%) 悪い:647(22%)] / プロバイダ: 11532 ホスト:11426 ブラウザ: 8595
【良い点】
・法廷パートの逆転劇

【悪い点】
・探偵パートの作業感

【総合評価】
ナルホドウ君シリーズの完結編となる3作目でしたが、結論としては1〜3まで全てがおもしろかった。
その最大の評価点はやはり逆転に次ぐ逆転の裁判シナリオで、強引な点も多いんですけど、笑える強引さの
ある中でのロジック!これが逆転裁判の逆転なんですよ!

稀代の悪女である、ちーちゃんとの因縁にも一定の決着が付くことでナルホドウくんを主人公としたシリーズとして
幕を閉じるに相応しいシナリオが組めていたし、私は現行シリーズは逆転裁判、逆転検事と全てプレイしていますが
もしそのシナリオの中からベストエピソードを選ぶとするならば、私は本作に収録されている「華麗なる逆転」を推します

2016/04/01 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:535(62%) 普通:128(15%) 悪い:193(23%)] / プロバイダ: 47537 ホスト:47315 ブラウザ: 5779
【総プレイ時間】
1週間ほど

【良い点】
・123と続いてきた逆転裁判シリーズの集大成とも言えるような重厚なストーリー。
綾里一族を焦点に置いたモノでそこに新キャラゴドーと成歩堂の関係性が絡んでくるという内容なのですが、展開が実に見事。5話に渡って(一部は逆転裁判2からのものも)張り巡らせた伏線が一気に明かされるラストエピソード「華麗なる逆転」はまさに圧巻の内容です。
成歩堂の成長といった面でも凄く良いストーリーだったと思います。

・シリーズ総決算的な作品であるからか1~2までのメインキャラがほとんど出てきてますし、以前の証人や成歩堂が無罪にした被告人たちも再登場。
さらに「華麗なる逆転」の最初の裁判では御剣をプレイヤーキャラクターとして操作することができ、短い時間ではありますが探偵パートで狩魔冥を相棒として連れて捜査することができます。シリーズファンには堪らないでしょう、これ(笑)

・前作で採用されたサイコロックが今作でも登場。前作よりも効果的に使われてると思います。

【悪い点】
・今までのシリーズに比べるとメインで扱われるのが霊媒の綾里一族なので割とオカルト色強め。さらに事件の原因はドロドロ、結末も当事者の真宵、春美からするとかなりヘビー。一概にハッピーエンドとは言えない話ですし苦手な人は苦手だと思います。

・5話あるので長い!(笑)
DS移植版の蘇る逆転も5話ありますが、あれは新エピソード1話加えて5話なので元々は4話。
1,2に比べるとややプレイ中にダレた部分も多少ありましたね。

【総合評価】
シリーズを締めくくるにふさわしい作品だったと思います。
締めくくりということもあり、矢張が書いた最後の絵が泣ける・・・。

2016/02/02 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:82(47%) 普通:13(7%) 悪い:80(46%)] / プロバイダ: 20423 ホスト:20416 ブラウザ: 4721
【総プレイ時間】
15h

【良い点】
・BGM
・ゴドー
・4みたいに際立ったキモキャラがいない
・3の雰囲気
・キャラデザ

【悪い点】
・なし

【総合評価】
1と3が最高傑作だと思う。
ゴドーで泣いた。
としか言いようがない。

2015/08/10 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:113(59%) 普通:29(15%) 悪い:49(26%)] / プロバイダ: 955 ホスト:1053 ブラウザ: 4701
GBA版をプレイ

【良い点】
・シナリオ
前作は一話一話はとても良かったが全体のストーリーが薄かったのが不満だったが、
今作ではゲームを通してしっかりしたストーリーがあるのがいい
五話(最終話)はこれまでの集大成と言える物語で、ここまでやってきた人は感激できる話となっている

・難易度
難しさがテンポの悪さとなった前作から改善されている
一話〜四話はちょうどいい難易度で、五話だけ適度に難しいと感じるくらいの絶妙な配分

・キャラクター
もはや言わずもがな、という感じでしょうか。魅力的なキャラが多い
このゲームのキャラは、みんな熱い心を持ってるのが本当に素敵だと思います

【悪い点】
あえて言うならという程度の事なのだが、最後の最後のところが少しテンポが悪かったかなと
やや冗長に感じたので、もう少し簡潔にまとめた方が気持ちよく終われたと思う

あとは、悪役の女性キャラがいるのだが、そのキャラにもう少し救いが欲しかった
その救いのなさが悪役ぶりに拍車をかけているのだが、このゲームらしくないと感じる場面もあった
ゲーム史上でも指折りの悪役と言っていいだろう。私はそれが好ましくなかったが

【総合評価】
前作から無駄を省いていい所を上手く伸ばした名作の中の名作
1からやるのが理想、ADVは苦手だという人にもぜひプレイしてもらいたい、それだけの価値があるはずだ
GBA、DSの他に、PC版でも1〜3まで発売されているのでハードを持ってない方はそちらでもプレイ可能です
(ただしPC版はコレジャナイ感があるかも?GBA版を知ってると尚更)

2013/12/23 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:558(58%) 普通:237(25%) 悪い:160(17%)] / プロバイダ: 18805 ホスト:18821 ブラウザ: 7858
【総プレイ時間】
不明

【良い点】
・成歩堂以外でプレーできること
・物語の展開
・BGM

【悪い点】
特になし

【総合評価】
ストーリーを進めるごとに過去シリーズを含めた謎が明かされていき
わくわくが止まらずに、一気にエンディングまで突っ走った。
完結にふさわしいクオリティーだった。

2013/04/02 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:363(71%) 普通:78(15%) 悪い:73(14%)] / プロバイダ: 27396 ホスト:27394 ブラウザ: 5387
【良い点】
☆キリオちゃんが魅力的になって再登場。
☆天杉希華がゲームのヒロインで一番かってくらい綺麗。
人妻だが・・・このシリーズのキャラではかなりまともな方だね。
☆ちなみの容赦ないほどの極悪っぷり。こんな悪い女いるかってくらい。
☆千尋さんでプレイできる。
☆ナルホドくんの背後に千尋さんが重なったシーン。
鳥肌もん。このシーンを見るためにこのゲームをやってきたかと思えるくらい。
☆最終章だけあって難易度も過去最高。
今まで自力でクリアしましたが、この作品の一か所だけ
攻略サイトのお世話になりました。

【悪い点】
★無いですね。

【総合評価】
ナルホド三部作最終章だけあって
満足いく完成度とボリュームでした。

逆転裁判は1、2、3までまとめ買いしても
問題ないくらいどれもよくできており
あとはプレイヤーの好みですね。
私は2が一番だったかなぁ。

2012/05/08 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 27699 ホスト:27770 ブラウザ: 3458(携帯)
えぇ。最早多くは語りませんよ。
1と2をプレイした方ならきっとこの作品に満足することは間違いないでしょうから。

シリーズ当初からちらちらと残っていた謎も今作できちんと回収されたし、大団円に相応しいお話でした。
ゴドーとの最後の対決は胸に込み上げてくるものがありました……。

裁判の面白さはもちろん、個性的なキャラクターもこれまで通り。
不満な箇所を強いて挙げるなら、ミツルギ検事の出番が少なかったことぐらいでしょうか。

とにかく、昨今のシリーズものにしては珍しくきっちり終わらせてくれてるので、ナルホド君の逆転裁判シリーズはお勧めです!

2012/04/01 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2199(58%) 普通:765(20%) 悪い:853(22%)] / プロバイダ: 15458 ホスト:15408 ブラウザ: 7541
見事な幕切れっていうのは、まさにこの作品のこと。
主人公の成長、ヒロインの成長、ライバルの成長、これまでの謎……全てに決着をつけた、シリーズの最終作です。
これまでやってきたプレイヤーならば、ラストで完全にこのシリーズの虜になること間違いなし。
あまりに長く、プレイヤーが諦めそうになっても絶対に諦めないナルホドくんには本当にやる気を出させてくれる。
終盤では、メインキャラの死を連想させる状況になりましたが、そこでも絶対に「真実への糸口」を探し続け、そして最高の真実にたどり着く、素晴らしい主人公です。
今回のライバルのゴドーも「渋いオッサン」という感じで、今までの若年弁護士・若年検事たちより大人の余裕に満ち溢れた素晴らしいキャラクターでした。
冥ですら勝てないほどの圧倒的なオーラを感じます。

1→2→3とやっていくとその白熱の内容と、完成度の高さ、まとまりの良さに衝撃を受けます。
矛盾といえば、やはりナルホドくんが一話の被告人だったことでしょうか。「こんなにドキドキするのは学級裁判以来……」って、あんた大学の時に殺人事件の容疑者にされてるじゃん!?
わざわざナルホドくんにやらせる意味がそこまであったと思えないかなぁ。確かに、優しかった恋人について最後に明かされるのはなかなか良かったんだけど。

次作がこの最終回から一年も経ってない頃に成歩堂が弁護士辞めた設定になってるのが凄く鬱です。
なるべく、この作品で逆転裁判を終えたほうがいいと思います。
しかし、バカップルの大学生→情けなかったり凛々しかったりのスーパー弁護士→実質ニートのピアニストって凄い人生ですね……ナルホドくん。

2011/09/08 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:66(66%) 普通:15(15%) 悪い:19(19%)] / プロバイダ: 28183 ホスト:28268 ブラウザ: 2925(携帯)
ゴドー検事が格好いいです。
千尋、御剣を操作できるのは良いけどナルホド君の影が薄くなってしまった。
多少無理がある設定がありますがゲームなんで難しく考えないでやる事をおすすめします。
1〜3は是非沢山の人にやって貰いたい作品です。

2011/06/16 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:652(69%) 普通:114(12%) 悪い:177(19%)] / プロバイダ: 9954 ホスト:9795 ブラウザ: 4776
≪ネタバレ的記述あり、1・2プレイ済み≫
【良い点】
・シリーズ全体の長所(過去作レビューで書いたやつ)は継続

・成歩堂だけじゃなく、過去千尋(吃驚するほど若い美人)
や御剣でプレイ出来る

・ストーリー全体の伏線の回収はしっかり出来ている(本作はシリーズ全体の面で)

・音楽がシリーズどれも素晴らしいが、今回が最高
法廷パートはやみつきになる

【悪い点】
・シリーズ最終話の5話で霊媒が味付け程度ではなく、根幹にまで絡んでしまった
こと。一応現実味残した法廷ものなのでやはり違和感が残った。2の2話ぐらいが限度
に感じる

・終わってみれば綾里家の狭い人間関係での小さい家督争いというところに帰結
しちゃったのは残念感は少し残る

・5話はゴドー検事は真宵を守るための正当防衛が主張できるのに誰もスルーとか法律論
的基本問題がブリ返した面がある(2がその辺の粗が一番少ない)

【総合評価】
1-3全体で素晴らしい作品だったと思うし、完結作として素晴らしいとは思う
でも、3は4話までとても面白かったのに、肝心の5話が自分が書いた悪い点の面が出てしまい少し残念な感じ
も残った。評価は2より少し落ちて「とても良い」で
綺麗に終わったと感じとれるだけに、4のプレイは前評判が芳しくないのもあるので迷うところ

2010/02/16 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:843(67%) 普通:173(14%) 悪い:251(20%)] / プロバイダ: 12010 ホスト:12222 ブラウザ: 10070
<ネタバレあります>

【良い点】

○続編にもかかわらず、新システムが無いというのが珍しい。
しかし、敢えて新しく肉付けをせず、従来のシステム&集大成のシナリオで制作に挑んだスタンスは賞賛に値します。

是非とも2周以上のプレイをお勧めします。
伏線が実に細かく敷かれていることに驚かされる。

○音楽
法廷パートでのクライマックス時のBGM(「追求」)は、まさに名BGM中の名BGM。シリーズ中でもNo.1のBGMだと思います。
あの曲が流れ始めた瞬間は、あまりの格好良さに鳥肌が立つ。あのスピード感がたまらない。

○ゴドー
『オレたちは法廷にいて・・・・イノチのやりとりをしているのさ!』
『ピンチか、チャンスか?決めるのは、アンタ自身なのさ』
『オトコが泣いていいのは・・・・すべてを終えたときだけ、だぜ』
・・・・し、しぶい・・・w
時折、滑稽な一面を見せる彼ですが、そのハードボイルドを体現するかのような言動には思わず魅せられてしまいます。
テーマ曲もセクシ〜。

【悪い点】

特に目立った欠点はありませんが、ゴドーのコーヒーを飲む間が少しくどくどしかった。
誤った証拠品を提出した際や、回想シーンをスキップできないのも残念。

個人的には、ナツミさんが登場しなかったのが寂しい。



(以下、エピソードごとの評価を。)



「思い出の逆転」

(良い所)

-何が良いって、あの千尋でプレイできること。
これは嬉しい。
さらに、同時に若かりし頃の千尋の活躍も見ることが出来る。
現在と過去とではかなりキャラクターがかなり異なりますが、個人的には彼女の初々しさや未熟さが垣間見れて、より人間味を感じられて良かったです。

正義感が強く、熱血な一面も非常に良かった。
『逃げるくらいなら、弁護士バッジなんて、捨てたほうがマシよ!』は名言。むちゃくちゃ格好良かったです。

『裁判長。暗い夜道には気をつけるコトね・・・』は迷言。腹をかかえて笑いました(笑)。

(悪い所)

―成歩堂のキャラクターが現在とあまりにも違いすぎる。
何故にあんな哀れなヘタレ青年に描いたのか・・・?

(総合)

―例によって、チュートリアルとしてもわかりやすくて良いですし、2週目では巧みな伏線だったこともわかります。



「盗まれた逆転」

(良い所)

―哀牙のテーマ曲が非常に良い。マジックショーみたいなBGMです。
哀牙は悪いやつなのですが、何故か憎めないキャラです。

(悪い所)

―結局の優作くんの処分は・・・一時不再審の制度には反してはいないとはいえ・・・・あれは良いのだろうか・・・?w

―欲を言うなら、「仮面マスク」という名前ではなく、もっとユニークなネーミングが欲しかったです。
それこそ「トノサマン」みたいなw

(総合)

―まさに逆転裁判、と言わんばかりの、本シリーズを象徴するような二転三転のシナリオ。
ラストの一発勝負も、逆転シリーズらしい。



「逆転のレシピ」

(良い所)

―成歩堂のニセモノが現れる、という、これまたとんでもない設定がいかにも本作らしいw
須々木マコの再登場は嬉しい。

―終盤の法廷パートのイトノコ刑事がおいしい。あの時にかかるBGMが良い。

(悪い所)

―エピソードタイトルがいまいち合ってなかった。

(総合)

―アクの強い登場人物が勢ぞろいの話だった。



「始まりの逆転」

(良い所)

―本作の伏線の巧みさを象徴するかのようなエピソード。
無久井の登場には思わず声を上げてしまいました。

―『弁護士はなぁ・・・ピンチのときほどふてぶてしく笑うモンだぜ。』
この台詞は神乃木が発端だったんですね。

(悪い所)

―吾童川の上面図の「岩場」がわかりにくい。

(総合)

―御剣若い!!w



「華麗なる逆転」

(良い所)

―そもそも何が嬉しいって、「第5話」が用意されていること。
これには驚きと同時に、たまらなく嬉しかったですね(前作は4話までだっただけに)。

―中盤、あのキャラクター視点でプレイできるということには感激の極み。たまらなく高揚しました。
おまけに冥の登場はなんとなく予想できたものの、テーマ曲も相まって歓喜しました。

―1、2のラストエピソードの犯人も卑劣極まりない極悪人でしたが、
美柳ちなみの、本性を表す一歩手前の顔を横に伏せた陰影を帯びた表情(顔は見えないのだが)、この絵がめちゃくちゃ怖く、思わずひやっとしてしまいます。
そして、最期の断末魔。
ちなみの、あまりの情念の恐ろしさに震え上がりました。

―衝撃的な展開の畳み掛けは目が離せず、ラストは感動してしまった。
・・・・と、同時に「終わっちゃったのか・・・・」、という寂しさも。

(悪い所)

「振り子」
・・・・まぁ、『2』のマントに比べれば、ねw

(感想)

シナリオの構成が素晴らしい。
序盤、衝撃的な結末で幕を閉じ、中盤、ファンにはたまらない演出で盛り上がり、
そして終盤・・・・
長い長いストーリーの終焉に・・・・各々のキャラクターのドラマ・・・・前作、前々作から積み上げてきたもの・・・・
すべてが収束へと向かい、壮大なグランドフィナーレを迎える際のカタルシスには、至極の悦びを味わえる。



【総合評価】

個人的に『2』がいまいちだったので、『3』が不安だったのですが・・・・見事に杞憂でした。

シリーズの集大成であり、文句なしに最高傑作。
これがベストプライスで2000円とは破格です。
ゲーム好きならプレー必須のシリーズでしょう。1、2、3は是非ともセットでプレイなさることをお勧めします。
傑作中の傑作。

2009/08/26 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:16(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 18453 ホスト:18377 ブラウザ: 6260
成歩堂三部作最終章。
伏線回収、一人の弁護士の成長の物語。
感無量。

2009/08/10 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:45(69%) 普通:9(14%) 悪い:11(17%)] / プロバイダ: 28671 ホスト:28860 ブラウザ: 6034
わかんなくなるくらい何周もしました。
2で弁護士として一回り成長したナルホド君。3では一流の弁護士になったといえると思います。
トリックとしては相変わらず微妙なところもありますが、まぁゲームなんだしそんな細かいところにグチグチ言っててもなんなので、いわないようにします。

2にはなかった一貫したストーリーがあってよかった。尚且つ1話1話楽しめたのでとても良かった。

2009/01/18 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 6536 ホスト:6723 ブラウザ: 5978
【総プレイ時間】
25時間

【良い点】
トリックが、すこし「おいおい・・・」っていうところもあったけど、そこが、逆裁の
いいところじゃないすか?
【悪い点】
ちょっとしんどい

【総合評価】
さあああああああああああああああああああああああああああああああああああああ会いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい降雨ウウウウウウウウウウウウうううううううううううううううううううううう

もっと読む

「三作目で矢張君が復活しましたね。1,2のキャラも大量に登場して、元からこのシリ-ズが好きだった僕にとって...」 by いろいろ君


次のページを読む

この評価板に投稿する



2018/05/01 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 1930 ホスト:1786 ブラウザ: 10172 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/熱血/友情/可笑しく笑える/楽しい/面白い/格好良い/悲しい/怖い/びっくり 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)
ゲーム性良い(+1 pnt)
難しさとても難しい

もっと見る
1. 『絶叫学級』課外授業『赤い糸(女子編)』感想 by みずたでぜんまい
... 佐藤の元彼女。「佐藤の天然の女たらしぶりに、傷付く前に別れた方が良い」と、 いずみに忠告しに現れる。だが、いずみには「私と彼との仲を嫉妬しての意地悪」と 取られてしまう。キツイ態度を取っているが、わざわざ「私と同じ轍を踏むな」と 忠告しに来る辺り、根は良い人。『逆転裁判3』における、呑 ...
記事日時:2017/03/02
2. ゲーム『逆転裁判』で、成歩堂龍一と綾里真宵はどんな関係か? by mosukuwa
... 論客が評価を投稿しているという事で、やはりこの議題にはぜひ、他のプレイヤーの皆さんにも意見を頂こうかなと。 というわけで、コメントをドシドシ大募集。 ☆ ☆ ☆ 【ちなみに】 今回ソースにしている『逆転裁判』シリーズの作品はコレ ゲーム→『逆転裁判 蘇る逆転』、『逆転裁判2』、『逆転裁判3』、『逆転 ...
記事日時:2016/07/10
3. RPGで一番好きな戦闘曲 by ナムル
... 滸伝本家も名曲が多いのに、それを差し置いて外伝作品からランクイン。 いや、RPG全体の中でもかなりカッコイイと思います。戦闘に入る演出も素晴らしく 毎回中ボス戦が楽しみで楽しみで。いつもしばらく戦わずにDS置いてずっと聴いてましたw 途中で入る木琴がいい味出してます。 この曲を作られた方は小室香理さんという女性で、逆転裁判3とかも担当 ...
記事日時:2014/04/23
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ