[ゲーム]グリムグリモア


Gurimu gurimoa
RSS
ゲーム総合点=平均点x評価数1,997位6,117作品中総合点4 / 偏差値48.74
2007年ゲーム総合点55位234作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定3.00(最高)1
映像3.00(最高)1
ゲーム性3.00(最高)1
音楽2.00(とても良い)1
ストーリー2.00(とても良い)1
難しさ0.00(普通)1
可愛い100%1人/1人中
交友に役立つ100%1人/1人中
美しい100%1人/1人中
ロマンチックな気分100%1人/1人中
考えさせられた100%1人/1人中
もっと見る
属性投票する
製作:ヴァニラウェア
販売:日本一ソフトウェア
機種:PS2

日本 発売日:2007/04/12(木)
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
1裏技一般TCC 2013/03/22293文字
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
公式サイト
1. http://grimgrimoire.jp/index.html
6,24422
最近の閲覧数
2004323012
この作品をゲームとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2008/12/30 / 最終変更者:カジマさん / その他更新者: TCC / 提案者:F山 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2013/12/13 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7442(87%) 普通:626(7%) 悪い:459(5%)] / プロバイダ: 21846 ホスト:21818 ブラウザ: 1975(携帯)
PS2専用ソフトとして発売された戦略型シミュレーションロールプレイングゲーム。

中世ヨーロッパの雰囲気と魔法のファンタジーを融合させた世界観もさることながら5日間ですべての生命が死に絶えるという絶望的な運命を変えるべく、魔法学校に入学したばかりのヒロインがすべての命運を握るという痛快な設定が素晴らしい。

ゲームシステムとしては会話パートと戦闘パートに分けられており、戦闘パートでは魔法陣を設置させて使い魔を召喚させてクリスタルからマナを採取してもらい、その貯まったマナポイントでモンスターを召喚させたら、敵の魔法陣を攻め、すべて破壊すれば勝利とシンプルな内容ながらこれが意外に奥が深い。

また、魔法陣の種類も様々で最初はちょっと複雑な印象ですが、ストーリーを進めていく中でチュートリアルを通して操作方法やそれぞれのモンスターの使い方の説明を懇切丁寧に行ってくれたりとかなり良心的。

それから、敵の魔法陣を破壊するための攻め方次第で攻略時間が大きく変わっていくのもミソ。

いかに早く、そして華麗に攻略できるかがプレイヤーの頭脳と手腕にかかってくるのです。

モンスターもそれぞれ一長一短であるところも特徴的でそこが難しすぎず簡単すぎない絶妙なゲームバランスを維持している要因ともいえるでしょう。

そして、音楽と絵柄もかなり良好でした。特に絵柄に関してはキャラクターの息づかいが画面を通して聞こえてきそうなほどに瑞々しい生命力と躍動感に溢れていて思わず感情移入してしまうほど。

表面的なビジュアルの良さにもう胸がいっぱいになるだけでなく、ゲーム本来の面白さにもしっかりとこだわり抜いており、非常に愛着の持ちやすい隠れた傑作だったと思います。

評価は文句なしで「最高」とさせていただきます。

2007/05/09 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:80(53%) 普通:25(17%) 悪い:46(30%)] / プロバイダ: 21484 ホスト:21598 ブラウザ: 3876
【良い点】
◎グラフィックがきれい。キャラ、背景共に良い。
◎システムが斬新であたらしい。
○ストーリーがつねに先が気になる感じにつくられている、世界観はハリポタ風。

【悪い点】
×少し画面が見づらい。
×使い魔の回収ができない。
・ボリュームがもっとほしい。

【総合評価】
■グラフィック
何よりまず驚いたのがグラフィック、キャラの立ち絵全体が呼吸しているように微弱に動いてる。
こういうタイプの絵は初めてだったので驚きました。

戦闘シーンでは使い魔が密集してると見づらいことがあったり、映ってる画面の幅がせまかったりします。
複数の位置で戦闘開始されると、そこまで行くのにゲームのコントローラーだとちょっと不便かと感じた。

■システム
戦闘システムは難解かと思ったけど、システム自体は難しくありません、けっこう簡単でした。
ですが覚えることが多い、専門用語、精霊の愛称、魔法陣の種類をちゃんと理解しなくてはいけない。
戦闘はリアルタイムで、魔法陣を書き上がる時間、使い魔召喚の時間なども考えなくてはいけないので、
敵が大量に攻めてきたときに慌てて魔法陣を書いても遅かったり、マナがたりなくて使い魔が出せなかったり
なれないと難しいが、難しくてクリアできないことはなかったです。

ただ一つ不便すぎるのは、召喚限界値があり無限に使い魔を出せなくなっている。
ごり押しをさけるためだと思うのでそれはいいのですが、戦闘向きでないキャラを大量に出してしまい、戦闘要員を出したいのに
召喚限界値がMAXで出せないことがある。
指示すれば見方を殺して召喚限界値を稼げるが不便です、使い魔の回収ができればよかった。

■総合
定価で買って損をしたとは思ってないけど、少々ボリューム不足かなと感じました。
基本的にキャラの会話→戦闘→キャラの会話‥‥のくり返しなので、
シナリオを増やせとかステージを増やせとかではなく、これ以外に何かできればよかったと思います。
でもサイドストーリーくらいはほしいかな。
ステージもあまり代わりばえしない、ミッションクリア系なのでステージ事態は広いか狭いかぐらいしか差がない。

非常におしい作品です、いいものはもっているけど改善の余地はかなりあると思う。
ストーリーはのんびりプレイして12時間程度で終わりました、普通にやれば10時間以下でクリアできると思います。
RPGじゃないのでこの程度が普通かもしれませんが短いですね。
今後に期待したいです。

この評価板に投稿する



2013/12/13 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 21846 ホスト:21818 ブラウザ: 1975(携帯) [編集・削除/これだけ表示]
感じた事ロマンチックな気分/楽しい/面白い/格好良い/可愛い/美しい/考えさせられた/交友に役立つ 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像最高(+3 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)
ゲーム性最高(+3 pnt)
難しさ普通

1. ワクワクさん「ゴロリ、今日は黒歴史ノートを創るよ」 by エスパー
... ゴロリ「そうだね。真っ白な自由帳だし。で、どうするの?」 ワクワク「まず1ページ目に魔法陣を書こう!」 ゴロリ「え、魔法陣?」 ワクワク「ちょっと待っててねゴロリ。…えーっとあった、これだ!」 ゴロリ「なんだかとても分厚くて持ち歩くのも宵じゃなさそうな書物だね」 ワクワク「これは【グリムグリモアの禁書】と ...
記事日時:2012/11/25

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ