[ゲーム]グリーンベレー【コナミ版】


ぐりーんべれー / GreenBerey(Konami)
RSS
注意: これはゲーム版。その他メディアのページ: 海外映画:グリーン・ベレー
ゲーム総合点=平均点x評価数2,612位6,117作品中総合点3 / 偏差値48.42
1985年ゲーム総合点46位107作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
制作・販売:コナミ機種:アーケード:ファミコン:GBA:ニンテンドーDS:Xbox 360
日本 発売日:1985
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
1ファミコン版裏技634 2010/08/14409文字
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
5,03033
最近の閲覧数
1000002100
この作品をゲームとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2008/05/06 / 最終変更者:634 / その他更新者: TCC / 提案者:634 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2013/06/24 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:363(71%) 普通:78(15%) 悪い:73(14%)] / プロバイダ: 27396 ホスト:27394 ブラウザ: 5387
【良い点】
☆ナイフ1つで敵に立ち向かうってのがいい。
一応他の武器もあるけど。
☆画面が綺麗。
☆音楽はさすがコナミ。ラスボスの音楽はかっこいいです。
☆ボス戦はバラエティに富んでる。
ナイフ一発で壊されるヘリはなかなかシュールですねw
☆ステージクリア時にムービーが入る。
☆空手兵やっつけると気持ちいい。

【悪い点】
★ステージ数が少ないかな。
ただし1つ1つが丁寧に作られてるので
この容量だと仕方ないか。

【総合評価】
昔はノーミスでクリアできるくらいまでやり込みました。
敵に触れただけでアウトという昔のゲーム特有のシビアさがありますが
敵の出現パターンを覚えちゃってるので全く問題なかったです。

ボリュームはそんなに無いんですけど
箸休めゲーとしてなら今でも十分楽しめるかと。

2006/11/05 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2851(60%) 普通:800(17%) 悪い:1123(24%)] / プロバイダ: 34671 ホスト:34394 ブラウザ: 5234
ディスクシステム用の作品で、「悪魔城ドラキュラ」をベースに制作された作品です。

プレーヤーの武器は、ナイフをメインに拳銃、手榴弾などで、「悪魔城ドラキュラ」と比べると、ナイフと鞭
の違いをも有って攻撃の有効範囲が狭く、飛び道具の使用も制限が有り、敵の攻撃もいやらしさが有るものの
難易度のバランスが取れているゲームです。

2006/03/22 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2036(50%) 普通:789(19%) 悪い:1250(31%)] / プロバイダ: 20475 ホスト:20392 ブラウザ: 5234
コナミの横スクロールアクションで、ミリタリー色が良く出され、その意味では後の「魂斗羅」の原型になった感じもし、リアルな等身のキャラクターが多種多様なアイテムを使ってステージを進めていく事が目的でした。

いかにも男臭い内容のゲームで、こういったミリタリーアクションはSNKのシューティングである「怒」シリーズや、カプコンのアクションである「トップシークレット」や、シューティングの「1942」や「戦場の狼」といった作品が当時の主流でした。

こういったタイプのゲームは見た目もいかにもハードボイルドであるだけではなく、難易度も高く、その難易度の高さに泣かされた思い出もあるので、そういった意味でも本作は例外なく難易度が高く、本作の難しさはかなりのものでした。

コナミは本作の他にも「餓流渦」といったアクションや、同名映画のゲーム(と言っても、ゲーム内容と映画内容は何も関係ないが)である「トップガン」などといういかにも男の子が喜びそうなゲームを多く出していたのですが、90年代になってからは「ときメモ」や「ランプルローズ」といった萌系作品に移行してしまったのが悲しいです。

この評価板に投稿する





作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはゲーム版。その他メディアのページ: 海外映画:グリーン・ベレー
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ