[ゲーム]ゴジラ -列島震撼-


ごじら れっとうしんかん / GODZILLA (SS)
RSS
注意: これはゲーム版。その他メディアのページ: 漫画:ゴジラ(杉浦茂版) / 文学:ゴジラ(講談社X文庫版) / 日本映画:ゴジラ(84) / 海外映画:GODZILLA ゴジラ(1998年版)
ゲーム総合点=平均点x評価数2,759位6,231作品中総合点2 / 偏差値48.15
1995年ゲーム総合点94位240作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
制作:SEGA
日本 発売日:1995/12/22(金) SS
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
1ステージセレクトとおまけ634 2007/11/28398文字
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
10,70833
最近の閲覧数
1000000210
この作品をゲームとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2012/02/20 / 最終変更者:カトル / 提案者:634 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2009/11/27 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:132(97%) 普通:0(0%) 悪い:4(3%)] / プロバイダ: 6480 ホスト:6436 ブラウザ: 6209
私はこのゲームが好きだ。せっかく配置した戦車が何も出来ずにぶっ壊されるのも、怪獣をおびき寄せるのに必死になるのも、怪獣同士のガチンコ勝負に戦車で水を差すのも、結局は航空支援に頼りっきりなのも、何もかもが好きだ。
昭和と平成を違和感なくつないでくれたのは嬉しかった。
音楽がちゃんと使われているのが嬉しかった。
ファンがプレイして嬉しくなれるゲーム。キャラゲーとしては大満足の出来である。
最終ステージの選曲は「こうきたか!」という思いと「よくやった!」という思いがあった。
とても良い。
最後に……バトラステージの調整ちゃんとやったのかよ?

2007/11/29 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:117(46%) 普通:75(29%) 悪い:64(25%)] / プロバイダ: 16572 ホスト:16324 ブラウザ: 5234
ゴジラをはじめとした様々な怪獣をプレイヤーがGフォースとなって撃退していくリアルタイムシミュレーションゲームだ。ちなみに私がサターンと同時購入したゲームでもある。ちょっと思い出深い。(でも評価自体に思い出補正はかけていないつもりです)

怪獣を操るではなく、戦車などの陸自戦力を操って怪獣に戦いを挑むのだから、もちろんガチンコで戦って勝てるわけがない。メカゴジラやモゲラが戦力となるステージもあるが、自軍の戦力はステージごとに違う。つまり特別な戦力は1ステージこっきり。
そんな条件で強力な怪獣達に勝つ手段はただ一つ。怪獣同志を戦わせて弱ったところをし止める、"漁夫の利"作戦だ。戦車を1台怪獣の下に向かわせ、付かず離れずの距離をとりながら「こっちにこーい」ともう1体の怪獣の下へ誘導するのがこのゲームの基本戦略となる。
これが慣れるまでなかなか難しい。近付きすぎたり、命令を与えるのが遅れればひ弱な戦車1台は怪獣に瞬殺されてしまうし、距離をとりすぎれば無視され街の破壊活動にもどってしまったり(街の損害率が上がりすぎてもゲームオーバー)、他のを標的に変えてしまったり。さらには誘導に使っている戦車に気をとられていると、ターン制でなくリアルタイム制であるがゆえに、いつの間にか放っておいた他の自軍戦力にもう一体の怪獣が攻撃している、なんてこともある。常にマップ全体に気を配ることも忘れてはいけないのだ。リアルタイムシミュレーション慣れしていない私にとってけっこうな難易度であった。

ストーリーは原作映画の昭和ゴジラと平成ゴジラを切り取ってつなぎ合わせたもの。例えば昭和ゴジラが人類の味方という設定はないというものや、昭和と平成はパラレルでなく同一の存在等々。これらはさりとて無理があるものではないが、「うまい!」というような設定変更にも感じなかった。

本作はもちろんゴジラというネームバリューを利用したキャラクターゲームであるが、それに頼り切った手抜きな作りをした点は見られない。しかしかといって面白さを感じたかと聞かれれば答えに詰まってしまう。華や見所がこれといってないからだ。よって「普通」となる。

一番面白いのは「バトラステージは苦労したよなぁ」という、このゲームをプレイした人、誰もが感じたことでの思い出話で盛り上がることだったりするかも。

2007/11/28 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2050(50%) 普通:798(19%) 悪い:1274(31%)] / プロバイダ: 10597 ホスト:10696 ブラウザ: 6342
ゴジラのゲームはそれまで、アーケードやゲームボーイ、スーファミにも出たのですが、それらの作品の多くはアクションゲームとなっており、当時の格ゲーアクションの印象が濃く出ていて、ゴジラや他の怪獣を動かして戦うというものがメインでした。

本作はそうではなく、シミュレーションゲームという形で出され、ゴジラや大怪獣達に対し、防衛軍(正確にはGフォース)となって、ゴジラ対策に乗り出すのでした。そして、既存のユニットや、様々な方法で怪獣と戦うので、怪獣になって大暴れするという醍醐味や都市破壊のカタルシスは味わえないので、そういうものを求める人には不向きなゲームです。

一応、ゴジラや東宝映画に登場する怪獣や兵器が多数登場し、そういった映画ファンには納得できるユニットにはなっています。しかし、シミュレーションとしての完成度はそこそこ高く、どのようにして怪獣に対処していくことが重要なのかという部分も本格的でした。

そういったゴジラファン、映画ファンの納得が出来るユニットと怪獣とのバトルという部分で戦略性を高くしています。シミュレーションとしての難易度は比較的低いのですが、バトラのマップと、隠しステージのメカゴジラとヘドラのマップが難しく、クリアした覚えはありませんでした。ここの部分をもう少し何とかして欲しかったと思います。(『GFW』のヘドラがメチャクチャ弱かったのは、このゲームでの苦い思い出があったからではあるまいね?因みに、そのGFWを先駆けるモスラ対ガイガンのバトルがこのゲームで展開される)

また、登場兵器や怪獣にしても、「このキャラを出して欲しかった。」「こうして欲しかった」という要望も結構ありました。一応、映画の伊福部音楽(別作曲家の音楽もあるが)を使っていることだし、そういった点では、かなり本格的だったのに、後一声というのがありました。

本作が登場した時には、丁度平成VSシリーズ最終作の『ゴジラVSデストロイア』が公開された時でした。そういった映画とのタイアップという面でもかなりの効果があった(映画公開時に明らかになったゴジラジュニア(但し、映画のジュニアとは大分趣が異なる。体色と背ビレの小ささでかろうじてジュニアと判る)も登場)のですが、サターンやPSの値段がまだ高い時期だったこととも、そういった部分があったように思います。

参考までに、本作の元になった映画と、その登場怪獣とユニットリストをば。

1955『ゴジラの逆襲』 アンギラス
1964『モスラ対ゴジラ』モスラ 61式戦車
1965『怪獣大戦争』キングギドラ
1971『ゴジラ対ヘドラ』ヘドラ
1972『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』ガイガン
1974『ゴジラ対メカゴジラ』メカゴジラ
1984『ゴジラ(84)』スーパーX
1989『ゴジラVSビオランテ』ビオランテ スーパーX2 92式メーサー戦車
1992『ゴジラVSモスラ』バトラ F-15 ツインメーサー戦車 メーサー攻撃機
1993『ゴジラVSメカゴジラ』ラドン ファイアーラドン メカゴジラ ガルーダ スーパーメカゴジラ
1994『ゴジラVSスペースゴジラ』 スペースゴジラ ランドモゲラー スターファルコン MOGERA
1995『ゴジラVSデストロイア』 ゴジラジュニア デストロイア成長体 デストロイア完全体

この評価板に投稿する





作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはゲーム版。その他メディアのページ: 漫画:ゴジラ(杉浦茂版) / 文学:ゴジラ(講談社X文庫版) / 日本映画:ゴジラ(84) / 海外映画:GODZILLA ゴジラ(1998年版)
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ