[ゲーム]ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境


げげげのきたろう ようかいだいまきょう / NINJA KID
  • 怖い
  • 楽しい
RSS
注意: 関連作品
ゲーム総合点=平均点x評価数850位6,054作品中総合点12 / 偏差値51.30
ゲーム平均点568位956作品中平均点1.09=良い/11評価
1986年ゲーム総合点20位139作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽1.33(良い)3
キャラ・設定1.00(良い)3
映像1.00(良い)3
ゲーム性0.67(良い)3
ストーリー0.00(普通)3
難しさ1.67(とても難しい)3
怖い67%2人/3人中
楽しい67%2人/3人中
交友に役立つ33%1人/3人中
友情33%1人/3人中
びっくり33%1人/3人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

プレイヤーは主人公である鬼太郎を操作し、敵として立ちはだかる妖怪を次々と倒していく。

1ステージは、アクションステージがある「魔境」とボスがいる「妖怪城」が配置された見下ろし型マップと、横スクロールアクションで妖怪と戦うアクションステージとに分かれる。魔境のどれかにある水晶玉を手に入れ、ステージのボスを倒すと1ステージクリアとなる。全16ステージあり、これをクリアするとまた1ステージに戻り無限ループとなる。
売り上げは100万本を超え、発売当時放送されていたアニメ第3シリーズの第38話「タタリだ〜!?妖怪土ころび」の冒頭で、依頼人の少女がゲームで遊ぶ場面に本作の音楽が使われている。

※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
原作:水木しげる
機種:ファミコン
開発:トーセ
発売:バンダイ
日本 発売日:1986/04/17(木)
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
1フリープレイ 鬼太郎の正体634 2008/12/16584文字
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
プロモーションビデオ (1個)
6,9301111
最近の閲覧数
1000020010
この作品をゲームとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/04/05 / 最終変更者:ソンプーGU / その他更新者: kunku / ジャンボーグQ / 宇宙刑事ジャンギャバン / TCC / 提案者:孔明 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/03/31 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:183(92%) 普通:15(8%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 36552 ホスト:36548 ブラウザ: 9177
【総プレイ時間】
1プレイで約20分位だったと思います。

【良い点】
・故・水木しげる先生の代表作「ゲゲゲの鬼太郎」がこのゲームで初めてゲーム化された点。
・シンプルで分かりやすい操作性の横スクロールアクションゲームである点。
・基本武器の毛針に加えて弾数制限があるものの貫通性を持っていて強力な指鉄砲、妖怪火炎や十字キーで軌道を操作できるだけでなく取ると一定時間無敵になれるちゃんちゃんこ、リモコン下駄とそれぞれ個性的な武器が揃っている点。
・ステージ内に存在する4種類の魔境ステージもそれぞれ個性的な点。
・BGMがアニメの主題歌をベースにしていて耳に残りやすい点。
・このゲームに登場する妖怪が敵味方問わず原作やアニメに登場した事のある妖怪ばかり(鬼太郎の仲間であるねずみ男が敵キャラとして登場している所に注目(原作では敵でもあり味方でもあるキャラ性を持っている))でその点において原作を忠実に再現しているといえるゲームである点。
・目玉おやじ(取ると1UP)や同時に登場する毛目玉(取ると1機減る(ミスにはならない))等といった隠しアイテムが多いので隠しアイテムを見つけていくといった楽しさ。

【悪い点】
・鬼太郎の動きが急停止をしてもスリップが掛かってしまうといったように強い慣性が働いているだけにミスを起こしやすいといった意味で全体的に難易度が高めな点。
↑の中で特に空中ステージの妖空魔境は他の魔境とは比べものにならない位に難しい点。
・昔のゲームだけあって区切りとなるステージ16をクリアしてもエンディングが無いどころか難易度が上がった状態でステージ1にループするだけなのでこのゲームを終えるにはゲームオーバーになるかファミコン本体の電源を切るかしか方法が無い点。

【総合評価】
故・水木しげる先生の代表作「ゲゲゲの鬼太郎」初となるゲームでいわゆるキャラゲーであったものの原作を忠実に再現した横スクロールアクションゲームになっていただけでなく同バンダイからリリースされた同じくキャラゲーのキン肉マンやドラゴンボールと同様にミリオンセラーを記録したゲームでもあります。
このゲームはシンプルで分かりやすい操作性の横スクロールアクションゲームとなっているものの鬼太郎の動きが急停止してもスリップが掛かってしまいそれでミスになる事が多いといったように癖の強いものになっているだけに全体的に難易度が高くなっています。とは言っても前述の通り原作を忠実に再現していますのでプレイする価値は十分にあるゲームとなっています。
余談ですが、このゲームは敵味方問わず原作やアニメに登場した妖怪が登場するのですが原作を代表するキャラである猫娘は何処で登場したのかな?と思って調べてみたら妖怪地獄(魔境内で間違った方の出口に入ったら強制的に妖怪地獄に落とされる)内で雑魚敵を倒し続けるとアニメ版第3期のヒロインである夢子と一緒に登場するという事を初めて知ったと同時にこのゲームがアニメ版第3期を原作にしていたという事も知りましたね(苦笑)

2017/03/27 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:578(59%) 普通:243(25%) 悪い:164(17%)] / プロバイダ: 25033 ホスト:25039 ブラウザ: 7918
【良い点】
・BGMに鬼太郎の雰囲気が良く出ていた
・ゲームバランスが良かったように思う

【悪い点】
・なかなか操作が難しい

【総合評価】
横スクロール型アクションの中でもなかなかバランスが良く楽しいゲームだった。少しおどろおどろしいBGMは鬼太郎の雰囲気を良く表していたし、一反もめんやぬり壁など仲間を使えるところも良かった。

操作は慣れるまで難しく、慣性の法則(?)というかジャンプが途中で失速したり、ダッシュすると止まるときに若干滑ったりするので、それを踏まえて移動しないと的にやっつけられてしまう。

ボスも結構不気味な奴で、あの当時のドット絵としては良く表現できていたほうだと思う。なかなか強敵揃いなので苦労するが、その分倒した時には達成感を得られる。
ラストまでクリアしたかどうかは覚えていないが、面白かった記憶は結構残っている。

2013/02/04 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 1848 ホスト:1868 ブラウザ: 5145
【良い点】
シンプルそうで実は曲者なアクション性
キャラクターのチョイス
【悪い点】
難易度が高い
【総合評価】
結構遊んだもんだな〜昔は

2012/01/09 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:129(82%) 普通:17(11%) 悪い:11(7%)] / プロバイダ: 16393 ホスト:16472 ブラウザ: 11787
当時100万本売れたアクションゲームですね。
自分もいつのまにか家にあったので良くプレイしていました。

【総プレイ時間】
暇つぶしにやるゲームだったので不明。

【良い点】
フィールドループステージの横スクロールアクションで、・火を付ける・たましいを集める・敵を倒す。
単純だけど武器アイテムや中ボスなど絶妙なタイミングで出てくるので楽しめました。
あとは人気だった鬼太郎なので親しみやすかったですね。
クリアなど気にせず、気軽にプレイする分には良いゲームなのかなと。

【悪い点】
反面クリアを目的にするとイラゲーにかわるかも。
正直むずいし、集中力がいります。

【総合評価】
ステージ4くらいまでしかいけなかった記憶が(爆
気軽にやるゲームという評価で良いとしました。

2010/10/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:545(77%) 普通:26(4%) 悪い:139(20%)] / プロバイダ: 20315 ホスト:20349 ブラウザ: 11274
そこそこ面白かったゲームです。敵も鬼太郎に出てくるものばかりで。
レベルも難しく、ステージをクリアするごとに難しくなっていき更にはエンディングがない作品でしたが良かったです。

2009/07/05 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2029(50%) 普通:785(19%) 悪い:1252(31%)] / プロバイダ: 11085 ホスト:11341 ブラウザ: 9124
【総プレイ時間】
覚えていません。

【良い点】
原作に登場する妖怪達をいろいろとザコにしろ、ボスにしろ、出していること。

妖怪達をいろいろと敵役にして出していることと、鬼太郎自体のアクションも、比較的原作に忠実で、この時期のハズレが多い、しかも、バンダイ系で良作アクションとなったのは、奇跡だったかも知れません。

隠れキャラも、鬼太郎の味方である妖怪が多く登場しているのも、そういった意味では、ファンサービスを上手く活かしています。
【悪い点】
ゲーム自体はアクションゲームとしては普通の出来だったと言うこと。

別に鬼太郎でなくても、このゲームは何かの普通のアクションゲームにしても良かったと思うし、内容もやや単調で、飽きもきます。

まあ、鬼太郎というビッグネームを使わないと、誰も買わないと踏んだのかも知れませんが。
【総合評価】
この時期のアクションゲームとしては、良くも悪くも普通の出来でした。しかし、キャラゲーにハズレが多い事を思えば本作は比較的無難に出来たし、いろいろなステージ毎に画面構成が変わるのも、それは当時としてはかなり異色だったと思うし、そういう意味では、上手く新鮮味を取り込めたと思います。

しかし、このアクションがあまりウケなかったのかどうか知りませんが、後にバンダイは鬼太郎をバランスの悪いRPGにしてしまったり、創らなくなったりと、ファミコン世界では鬼太郎も慣れない事をやらされて、さぞかし辛かったように思います。

2008/09/07 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2793(60%) 普通:786(17%) 悪い:1099(23%)] / プロバイダ: 50964 ホスト:50970 ブラウザ: 5234
泥田坊、水虎、手の目など、原作に出現した妖怪が多数出現した事からは、メーカーの力の入れようが見て取れました。

ドラゴンバスターの様な見下ろし型フィールドに点在する魔境で水晶玉を手に入れ、妖怪城のボス敵との1対1の勝負に勝つ。
これが、この作品でプレイヤーがすることです。

フィールド内にある魔境は、墓地等をバックに展開されるオーソドックスなステージ、足場が上中下3段階に別れたステージ、
一反木綿に乗って戦うステージ、フィールド内にあるろうそくに火を灯していくステージの4種類、
クリア条件を満たすと扉が2つ現れ、飛び込んだ扉が本物だとそのままクリア、
そうでない場合は縦スクロールのステージを「メトロイド」の要領で上まで登り切り、
待ち構えるバックベア、たんたん坊など、巨大妖怪の目などの急所に集中攻撃を仕掛けてクリアします。

鬼太郎の武器は、毛針をメインにアイテムを取る事によって指鉄砲、十字キーで操作可能な下駄、ちゃんちゃんこ等が使えるようになっていますが、
ちゃんちゃんこや下駄の飛ぶ速度が遅い上にコントロールが難しく、回数制限もあるという具合に使い勝手の悪さが目を引きます。
鬼太郎の動きも、普段の動きとアイテムを取ってスピードアップした時の動きの速度差が大きいために
コントロールが難しくなると言うクセ馬振りでした。

評価は、「良い」です。

2008/02/20 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:430(56%) 普通:224(29%) 悪い:111(15%)] / プロバイダ: 19676 ホスト:19692 ブラウザ: 8090
【総プレイ時間】

中古で買った記憶がありますが、攻略が雑誌に出てたので助かりました。 まぁ確かクリアとかが無くて延々と続くので飽きるまでやってました。

【良い点】

実は各面に1UPの「目玉親父」が隠しキャラで出てくるのですが、これを知ってれば永遠にゲームオーバーに成りません(笑)

逆に「毛目玉親父」も居るので、これを取ると一機減ります(涙)

オカリナでボス戦の面で仲間を呼べるのですがバリアに成ってくれる「ヌリカベ」が一番役に立ってたと思います。

【悪い点】

結構、当時にしてはステージが有って楽しめましたが、普通にやると難しいだけのゲームです。

【総合評価】

FC時代はクソゲー(最悪につまらないゲーム)が多かった中、結構マシな方だったと思います。

時代も配慮して「とても良い」で....

2007/10/24 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 19923 ホスト:20016 ブラウザ: 3162
このゲームは行き当たりばったりでは絶対にクリアできません。

敵の攻撃パターン、出現パターンをきっちり把握して頭の中で設計図を描く必要があります。

また、そのプロセスがこのゲームの醍醐味と言えるでしょう。鬼太郎の毛針もきっちり再現されているのは当時の技術にしては素晴らしい。

マリオ3のようにフィールドをウロウロしてステージを選択するのですがどのステージもおどろおどろしくて、鬼太郎らしくていいです。

ネズミ男が敵キャラ扱いなのは謎だ。

2007/07/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:30(97%) 普通:0(0%) 悪い:1(3%)] / プロバイダ: 42529 ホスト:42609 ブラウザ: 6287
横スクロールアクションゲームなんですがステージによってクリアの条件が違ったり
ステージをクリアするため二つの扉から一つを選んだり(当たりの扉を選べばクリア、外れると恐怖の地獄ステージ行き)色々と工夫が見られました

ボスもそれぞれ弱点があったりと(全く効かない武器もある)なかなか楽しませてくれます
それと、ボス戦でアイテムを持っていれば、ぬりかべ、こなきじじい、すなかけばばあといったお馴染みのキャラが助けに来てくれるのも嬉しかったですね

2007/02/25 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 33223 ホスト:33285 ブラウザ: 6287
ああ、八十年代にアニメ化されたときにバンダイから発売されたアクションゲームでしたね。鬼太郎が一反木綿に乗って戦う空中面もありました。

そうそう、隠しキャラでねずみ男も登場しましたが敵扱いなので触れるとミスになりました。あれは腹立たしかった。

敵妖怪と一対一で戦う面では、仲間の妖怪の助けを借りたり出来ましたね。あれはなかなか面白かった。

しかし、この頃のゲームにありがちですがエンドレスなんですね。終わりの見えないゲームってのは、今考えると辛いものが・・・・。

この評価板に投稿する


2019/03/31 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 36552 ホスト:36548 ブラウザ: 9177
アニメ版第3期の「ゲゲゲの鬼太郎」を原作としたゲゲゲの鬼太郎初となるゲームで全体的に難易度が高いものの原作を忠実に再現出来ているだけあってプレイする価値は十分にあります!

2019/03/31 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 36552 ホスト:36548 ブラウザ: 9177 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事友情/可笑しく笑える/楽しい/面白い/怖い/びっくり/交友に役立つ 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)
ゲーム性良い(+1 pnt)
難しさとても難しい

もっと見る
1. ニンテンドークラシックミニ もしもクソゲーエディションがあったなら by ルミナ
... 挑戦状 トランスフォーマー コンボイ謎 元祖西遊記 スーパーモンキー冒険 シャーロックホームズ 伯爵令嬢誘拐事件 マインドシーカー いっき タッチ 頭脳戦艦ガル プロ野球殺人事件 シャドウゲイト 燃えろプロ野球 北斗拳 スーパーピットホール ミシシッピー殺人事件 時空旅人 闘将ラーメンマン 聖飢魔II 悪魔逆襲 ゲゲゲ鬼太郎 妖怪魔境 ゲゲゲ鬼太郎2 妖怪軍団挑戦 スーパーリアルベースボール 超 ...
記事日時:2017/05/14
2. "水木しげる先生、89歳バースデー" by 陣兵
... です。本日、"11年3月8日は大物漫画家 "水木しげる"先生、89歳バースデー(^O^)/ 水木先生と言えば「 ゲゲゲ鬼太郎 」作者。 "10年は奥さんが水木さんと夫婦生活を綴った本「 ゲゲゲ女房 」がヒット NHKではテレビドラマ化並びに映画化、更に"10年流行語大賞も受賞。 今回は以前更新 ...
記事日時:2011/03/08 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: 関連作品
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ