[ゲーム]ガイアセイバー ヒーロー最大の作戦


CERO:A(全年齢対象)

がいあせいばー ひーろーさいだいのさくせん / GAIA SAVER
  • びっくり
RSS
ゲーム総合点=平均点x評価数6,052位6,149作品中総合点-10 / 偏差値44.24
1994年ゲーム総合点219位219作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像0.33(普通)3
音楽0.00(普通)3
キャラ・設定-1.67(とても悪い)3
ストーリー-2.33(とても悪い)3
ゲーム性-2.67(最悪)3
難しさ-0.67(簡単)3
びっくり67%2人/3人中
悲しい33%1人/3人中
セクシー0%0人/3人中
可愛い0%0人/3人中
熱血0%0人/3人中
もっと見る
属性投票する
制作:バンプレスト
日本 発売日:1994/01/28(金) スーパーファミコン
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
論客から提供されている攻略法は現在まだ存在しません。
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
5,88144
最近の閲覧数
2410000011
この作品をゲームとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/01/08 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:消しゴム (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/07/06 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2883(60%) 普通:816(17%) 悪い:1135(23%)] / プロバイダ: 5395 ホスト:5542 ブラウザ: 8277
序盤はウルトラマン系のキャラは、難儀する。
これは、この作品をプレイして最初に分かったことです。

ジャンルは、RPG。
話は、アムロとホワイトベースがウルトラ兄弟の救援を受けてラル隊の襲撃を受けるジャブローから脱出する所から始まります。

先ず、戦闘パートを見ると、何も決めないで「決定」を押すとオートになり、キャラを点滅させてこうげき、ひっさつわざ、
ぼうぎょ、アイテム、攻撃する敵を選択するシステムで、ダメージを受けたりHPが0になっても戦闘が終われば完全回復、
話しかけようとして相手が動きを止めない等、機能面にいい加減な個所が目に付きます。

他にも、MS以外のヒーローが防具を装備していない為、序盤はやられやすく、アムロが逆シャアの頃の姿で、ルナツーにクワトロ(シャア)がいる、
ヒーローたちが守るべき人類がジオンやしょっかーに降伏、2号ライダーが生死不明で終わる等、背景のストーリーも穴だらけ。

これでは、良い評価はできません。

2018/05/14 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:53(78%) 普通:4(6%) 悪い:11(16%)] / プロバイダ: 9896 ホスト:9678 ブラウザ: 9859
本作品はいわゆるコンパチヒーローシリーズなのだが、群を抜いて出来が悪い。というかゲームとしては最低な部類に入ると思う。

まず設定からおかしい、アムロは逆シャア後の設定なのにシャアはなぜかクワトロになっているし、その上最初のボスはランバ・ラル。さらにアムロの最初の機体がF91なのにグフに瞬殺される。メフィラス星人はなぜか人食いをしている。挙げ句ライダー2号はオリキャラによって殺されたような描写がある。

次に戦闘面だが、カプセル怪獣ゲーというほかない。取り合えずカプセル怪獣を全員が使っていればラスボスでさえ簡単に倒せる。他のヒーローの攻撃は一切必要ない。
エンカウント率も尋常ではなく、早ければ一歩でエンカウントする。一応エンカウントしなくなる技を持ったキャラもいるが、それゆえ常にそのキャラがいないとまともに移動さえ出来ない。
キャラクターの言動もおかしく、シーブックがウルトラキラーに対して「とどめをさしましょう」、山本大介が追い詰めた怪獣に対して「これでジ・エンドだ」などもはや意味がわからない。
また道中の雑魚敵では、ジO・ゼットン・アポロガイスト・シャドームーンなどのそうそうたる面々が出てくる。代わりにボスではザンジオーが繰り返し出てくる。
極めつけは絶対にベストエンディングにたどり着けないバグ、本当に製作陣はデバッグをしたのか?

総評として、なぜこんなゲームを出したのか、コンパチヒーローシリーズだからと鷹をくくったのか?正直ゲーム未満のゲーム。このゲームをするなら他のことに時間を割いたほうがずっと有意義。唯一褒められるとしたらキャラクターのドットはしっかりしていたしオリキャラのデザインもなかなかという点くらい。
文句なしの「最悪」で。

2014/05/11 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:549(54%) 普通:213(21%) 悪い:256(25%)] / プロバイダ: 2751 ホスト:2935 ブラウザ: 5171
笑えるだって?とんでもない、特撮ファンだからこそ、このゲームには憤りを覚えるべきだと思うんだ。

「もう全部カプセル怪獣だけでいいんじゃないかな」と言いたくなるほどのカプセル無双っぷりに始まるゲームバランスの悪さ。
同じコマンドを入力するだけでごり押しできるのも、本作品の単調さに拍車をかけている。
おまけに、どう足掻いても絶望な結末になるバグもあるのだ。

そして何より問題なのはシナリオの酷さだ。重要な敵の弱体化に始まり、
支離滅裂なシャア、アムロを助けないウルトラ勢(とジュドー)など無能と化したキャラも存在。そして何より2号が・・・
参戦したヒーロ達に申し訳なくなる駄作。コンパチヒーローならではのノリも生かされないし、後のスパロボKに通じるものがある。

2012/02/18 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2204(58%) 普通:769(20%) 悪い:856(22%)] / プロバイダ: 20089 ホスト:20180 ブラウザ: 7541
ストーリーの酷さはまだ「特撮がモチーフだから」と言って笑えるもので、ところどころツッコミを入れるのも楽しい。
だけど、ゲームとしても酷すぎです。
隠しキャラのカプセル怪獣がとにかく強い。こいつらだけで勝てます。
逆に、カプセル怪獣なしでは全く進められないレベルの難易度。
内容も、攻略方法見ないと無理。ちょっと歩くだけで出てくる敵もうざすぎる。
まあ、画面を見てて燃えるし、スーパー特撮大戦2001に比べてクロスオーバーはそこそこ描かれてます。
最初の数分は難易度の高さを感じてもまだ踏ん張ってやろうと思えたし、まあ、とても悪いくらいですね。

この評価板に投稿する



2014/05/16 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 2751 ホスト:2935 ブラウザ: 5171 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事悲しい/びっくり 
ストーリーとても悪い(-2 pnt)
キャラ・設定悪い(-1 pnt)
映像普通(+0 pnt)
音楽普通(+0 pnt)
ゲーム性とても悪い(-2 pnt)
難しさ簡単

もっと見る

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ