[ゲーム]ファイナルファンタジーIV


ふぁいなるふぁんたじー4 / Final Fantasy IV
  • 友情
  • 面白い
RSS
ゲーム総合点=平均点x評価数15位5,976作品中総合点310 / 偏差値146.49
ゲーム平均点311位945作品中平均点1.65=とても良い/188評価
1991年ゲーム総合点1位212作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽1.81(とても良い)16
キャラ・設定1.31(良い)16
映像0.94(良い)16
ゲーム性0.94(良い)16
ストーリー0.56(良い)16
難しさ0.94(難しい)16
友情50%8人/16人中
面白い44%7人/16人中
格好良い38%6人/16人中
熱血31%5人/16人中
感動31%5人/16人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

天駈ける船 飛空艇。人々の長年の夢の実現は 同時に邪悪な欲望を満たす手段にもなり得た。飛空挺団「赤い翼」を擁する 世界最強の軍事国家バロン。いま この国の歯車が狂い始めている。不吉な影が世界を覆う。砲声。土煙。逃げまどう人々。なぜバロンは クリスタルに執着するのか? いったい何が起こっているのか?伝説のクリスタルは ただ静かに光をたたえていた。あたかも すべてを知っているかのように...
制作:SQUARE(現:SQUARE ENIX)
機種:スーパーファミコン(1991年10月29日には「イージータイプ」が発売)/PS/GBA
日本 発売日:1991/07/19(金)
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
1GBA版の裏技墨汁一滴 2012/05/234,605文字
2小ネタ集遊戯 2014/04/031,068文字
3スクウェア開発室 カルコブリーナ分裂 HP激減 隠し召喚634 2014/04/111,610文字
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
公式サイト
1. http://www.square-enix.com/jp/archive/ff4/
2. http://www.square-enix.com/jp/archive/ff_collection/
3. http://www.square-enix.co.jp/ff4a/
119,919273188
最近の閲覧数
60012001113
2人の方がこの作品がゲームとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/01/23 / 最終変更者:永田 / その他更新者: ダイゼンガ- / 634 / つなきて / altema / myu / カシオペア / 提案者:若鶏カレー (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/09/09 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:159(93%) 普通:12(7%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 4414 ホスト:4446 ブラウザ: 5819
【総プレイ時間】
相当な時間プレイしていましたので覚えていません(PS版プレイ、ちなみにPS版はCGムービーとダッシュ機能の追加、メモリーカードによるセーブ&ロードに時間が掛かる対策としてメモファイル(いわゆるクイックセーブ&ロード)が導入されたこと以外はSFC版と変わりありません)。

【良い点】
・FFシリーズを代表するリアルタイム制のATB(アクティブタイムバトル)システムが今作で初めて導入された事によって独自の戦略性が生み出された点。
・↑のATBが苦手なプレイヤーでもコンフィグでウェイト(魔法やアイテム等のウィンドウを開いている時には時間が経過しない)を設定したりバトルスピードを遅くしたりする事で十分対応できる点。
・植松伸夫氏作曲のBGMが古代祐三氏作曲のアクトレイザーのBGMに触発されて最初から作り直したという逸話がある位洗練されていて素晴らしい点。
・戦闘BGMが従来の通常戦闘、ボス戦、ラスボス戦だけでなくゴルベーザ四天王戦やイベント戦等と4曲以上になって更に豊富になった点。
・前作のFF3では没になったダンジョンの途中でセーブできるセーブポイントが初めて導入された点。
・不本意ながら暗黒の力を手にしてしまった主人公のセシルが葛藤しながらも暗黒の力を捨てて聖騎士になっていく様子、セシル、カイン、ローザの三角関係、二度にわたるカインの裏切り等と深みのあるストーリー。
・主人公のセシルをはじめとする仲間になるキャラ全員にそれぞれ見せ場がある点。
・SFCならではの拡大・縮小・回転機能をフル活用した事によって演出面が大幅に進化した点。

【悪い点】
・逃げるとギルを落としてしまうという仕様(終盤になればなる程落とす金額が上昇していきます)。
・途中で離脱する仲間の装備が事前に意図的に外さないとそのまま失ってしまう点(再加入する仲間は新たな装備を身に着けています)。
・テラ以外のどう考えても死んだとしか思えない仲間が実は生きていたというご都合主義が目立っていました。
・後にリディアの召喚魔法となるリヴァイアサンが何故セシル達の乗った船を襲撃したかの理由が明らかになっていない等とストーリーの面で説明不足な点が少し目立ちました。
・レベル70以降のレベルアップ時に上昇するパラメータが8パターンの中からランダムに一つ選ばれるといった仕様ですが8パターンの中にパラメータがマイナスするのが含まれているのが正直どうかと思いました。

【総合評価】
ハードをSFCへと移したFFシリーズの記念すべき4作目でSFCならではの拡大・縮小・回転機能のフル活用による進化した演出、洗練されたBGM、以後のFFシリーズを代表するATBシステムの導入により独自の進化を遂げた名作で、それだけにとどまらず前作と比べるとさらに深みを増したストーリー、それぞれ見せ場のある仲間になるキャラ全員も魅力的です!

2018/06/03 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:533(58%) 普通:229(25%) 悪い:158(17%)] / プロバイダ: 51060 ホスト:50966 ブラウザ: 8331
【良い点】
・カイン、セシルなど各キャラの背景がとても練られていた
・重厚なストーリー、BGM
・必殺技が格好良い

【悪い点】
特になし

【総合評価】
『ファイナルファンタジー』シリーズにはまるきっかけとなった、自分にとっては記念すべきゲーム。とにかくストーリーが良い。今思えばSFC初期の作品とは思えないレベルだったと思う。計12人となるプレイヤーキャラクターは性格や人物背景がしっかり練られていて、他のゲームだったら全員主人公にできるぐらいである。しかも、それを敵側のゴルベーザとかにもやっているから凄い。

以降のシリーズに受け継がれることになるアクティブタイムバトルシステム、セーブポイントといったゲームシステムも当時は画期的だったし、各キャラクターに用意されていた必殺技も格好良かった。使える使えないは若干キャラごとにあった気はするが。。。

あとBGMの良さも忘れてはいけないこのゲームの非常に重要な要素だったと思う。バトルシーンなんかはテンションと緊張感を煽る素晴らしい音楽で、今でもイントロながれた瞬間にFF4だなと思うぐらい、脳に刷り込まれている。

とにかくすべての完成度が高く、このゲームからFFファンになったという人が多いのも納得である。

2018/05/04 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:460(64%) 普通:107(15%) 悪い:155(21%)] / プロバイダ: 1862 ホスト:1840 ブラウザ: 5171
【良い点】
・祖国を追われ、罪の無い村を焼き払うことになったり、
親友に裏切られたり、暗黒騎士から聖騎士にクラスチェンジしたり
とドラマチックなストーリー展開。

・キャラクター。
途中離脱で使えなくなるヤツが多いものの、
印象に残るキャラが多い。
身を犠牲にして仲間を守ったパロム、ポロム、
飛空挺の改造で大活躍のシドがよかったです。

・戦闘がアクティブバトルとなりテンポがよくなったのと
ボスのバリエーションが豊富で攻略が面白くなった。

【悪い点】
・死んだような演出で離脱するキャラが実は生きていたという
パターンが多すぎ。これだったら、テラも生きていてほしかった。

・ゴルベーザがセシルの兄という超展開。
明かされるのが遅すぎるし、『兄でも倒さなくてはならない』みたいな
葛藤を描きつつ、決着をつけるという展開にしてほしかった。

・ゼロモスぽっとで過ぎ。
ドラクエ5のミルドラース並みの印象の薄さ。

・キャラの年齢設定。
エッジ26歳が信じられない。最終パーティーでは
最年長なのに落ち着きなさ過ぎだろう。どう考えても17〜19歳が妥当。

・ラストダンジョンの敵が強過ぎ。
とくにフェイズ、クソウザい。
そもそも自分にリフレクかけて魔法を跳ね返し敵に当てると
リフレクを無効化できるなんて裏技の域だと思うので
それをモンスターにやらせるのは酷い。

【総合評価】
スーパーファミコンになったことでグラフィック、BGMも大幅に質が上がり、
この作品でFFシリーズの評価がDQ並に跳ね上がったと思います。

2018/03/28 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:31(86%) 普通:2(6%) 悪い:3(8%)] / プロバイダ: 30848 ホスト:30965 ブラウザ: 9894
【良い点】
キャラ(個人的にカインw)
BGM
戦闘に時間を取り入れたこと
難易度

【悪い点】
自由度はあまりない

2017/05/14 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:410(55%) 普通:50(7%) 悪い:285(38%)] / プロバイダ: 7368 ホスト:7334 ブラウザ: 8808
久々に再プレイしたので、適当に再評価しようと思います

本作品は91年という非常に古い作品で、シリーズの中でも評価が非常に高く、自分は正直、初見プレイ時では楽しめなかった作品でしたので、今回再プレイしてみました

<良い点>

この本作品の良いところと言えば、やはりストーリー面でして、シナリオ自体は非常に王道で、主に敵組織との交戦から始まり、
クリスタル争奪戦や親友の2度の裏切り、主人公と敵の首領の関係など、インパクトあるストーリーなのが印象的でした
登場する敵に関しても、ゴルベーザ四天王を始め印象的なキャラも多く、ラスボスのダンジョンでは多くのボスが登場したり、
そういう多くのプレイヤーを印象付ける要素が物凄く多く、それ故にシリーズの中でも特に評価が高い作品ですね
自分も今回再プレイした際は、やはりこのような王道らしいシナリオが魅力的に感じましたし、
以前プレイしたのは相当大昔の話でしたけど、今回その良さというのは理解出来ました

そして、本作品は仲間キャラの数が計12人と非常に多く、それぞれ皆個性がしっかりと異なり、それも特に評価されてる部分でもあります
各メインキャラ同士の結束性は確かでしたし、最終的には皆の心を1つにして、ラスボスと戦う展開でしたけど、その演出などはやはり良く、
SFCのドット絵ながら、その演出などは普通に良かったと感じるほどです
EDに関しても良く、音楽面に関しても良く、再プレイした際はこのように良い点を色々と認識出来る様になったのが、今回再プレイして1番嬉しかったことですし、
敵キャラのドット絵のデザインなんかも、魅力的に感じました(特にドラゴン系の敵キャラのドット絵が好きです)

<悪い点>

しかし、「なぜ以前はこの本作品を嫌いだったのか?」という件に関してですが、この件が本作品で特に致命的に悪い部分でして、それは...「仲間の永久離脱者が多過ぎる」という点でした

本作品を初見プレイした際は、やはりこのような要素が個人的にめちゃめちゃ大嫌いでしたので、それ故に連鎖反応で、他の部分も楽しめなくなったと感じます

そもそも、この本作品の1番の問題点としては、仲間キャラが計12人いるのに対し、正式に仲間となるキャラはたった5人しかいなく、
残りの7人に関して言うと、正式な仲間キャラではなく、全員永久離脱してしまうキャラです

特に、シナリオ前半を消化するまでは、このようなパーティーの入れ替わりがめちゃめちゃ激しい作品で、プレイヤーの意志に関係なく、
勝手にパーティーが永久離脱し、新規加入したり、また永久離脱したり、新規加入したり...とこのような現象が超頻繁に発生し、
ろくにキャラに愛着や感情移入が出来ない状態で、そのキャラが永久離脱してしまうんですから、初見プレイした際は物凄く嫌悪感を抱いた作品です
勿論、これは世間でも散々指摘されてる部分ですけど、「永久離脱者が異常にも多過ぎる」というのは、この本作品が抱える最大の難点でした

他の一般的なRPG作品でも、このように永久離脱者がいる作品はありますが、流石にココまで離脱者が多い作品は他に殆どないでしょうし、
仮にいたとしても、ほんの数人程度の人数のケースが多く、それを本作品は許容範囲の域を軽く超えてしまっていたので、以前プレイした際はめちゃめちゃイライラした作品です

つまり、このような永久離脱者が多いと、「ろくにレベル上げをする気が起きない(レベルを上げても、すぐ離脱するから意味がない)」という件や、
「後(パーティーが最後の5人メンバーになった時)で長時間、味方をレベル上げする必要性がある」という件もあり、作品としては超テンポが悪く感じました
ですから、このような超難点を受け入れるか否かで、大きく評価が分かれる作品だと思います

しかし、あれほど散々超露骨な御涙頂戴展開祭だった割には、結局皆が、「死ぬ死ぬ詐欺」の連続で、テラだけが空しく死んだだけで、
他のキャラは全員無事に生還してる有様で、「だったら、お前らも手伝えよ!!!(敵との戦いに)」と思わず思う展開も、正直不満に感じました(永久離脱なのに普通に生存してる)

それ故に上記でも述べた様に、このように永久離脱者を好きになれるか否かで、この本作品の評価も多く変化します

また、他に難点としては、「キャラの育成が全く面白くない」という点も難点でして、好評なジョブシステムの様な育成システムが本作品にはなく、
ただ、そのキャラのレベルを上げて行くだけで、正直ここな辺に関しては全く面白くありません(当時のSFCの容量的な問題なのかは分かりませんが...)
各キャラが覚える魔法や特技の数も非常に少なく、それ故に戦闘における戦略性も非常に低く、そこも超残念な部分でした

「敵とのエンカウント率がめちゃめちゃ高い」とか、「装備品とアイテムがすぐいっぱいになってしまう」とか、そういう系の作品は他の作品でもあるので、
まだ許容範囲な部分もありますが、「雑魚戦で逃げる度に所持金を落とす」とかの部分も、めちゃめちゃ嫌な部分でしたね

このように、システム面や戦闘面に関しては大きく不満がある作品でしたが、そこをもっと改善すれば、もっと万人受けの作品になると感じました

<総評>

この本作品は再プレイした際は上記でも述べた様に、普通に良かったかなと思う作品でしたが、
やはり根本的なシステム面やゲーム性に関してはめちゃめちゃ酷く、それを何とかさえすれば、もっと良い作品になると感じました

実際、「FF5」ではジョブシステムが復活し、育成の楽しさがウリの作品となりより遊びやすくなりましたし、
「FF6」では、仲間キャラが計14人と非常に多いものの、離脱したキャラ全員を再加入させることも可能になりましたし、
こういう本作品の反省点を見事克服してる作品ですので、より世間から評価されたのだと思います

例えば、本作品では双子の兄弟が石化して、そのまま勝手に永久離脱してしまいますけど、以後は爺が勝手に2人を救出してしまい、超あっさりとこの両者は復活してしまいます
ですが、こんなことをするのであれば、セシル達がシナリオ終盤で彼らの場所を再度訪問し、彼らを元に戻す方法を捜したり、セシル達自身が彼らを直接元に戻したりした方が、
シナリオに関しても断然評価出来ますし、ヤンなどの他のキャラにも同じことが言えますけど、永久離脱後に別の場所で発見させるのであれば、
セシル達自身が彼らを直接救助したり、そういう系のイベントの後に正式に加入させた方が良かったです
あれだけ永久離脱者が多いと、流石に超イライラしてしまう性格なので、そこが物凄く嫌な部分ですけど、
他の部分に関しては普通に良かったと言えるので、今回再プレイ出来て良かったかなと思う作品でした

2016/07/10 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 2056 ホスト:2001 ブラウザ: 5183
【良い点】
クオリティの高い音楽
OPを初めとする(当時としては)斬新な演出
竜騎士、魔剣士(暗黒騎士)、召喚士などの個性を戦闘面とストーリー面で初めて両立させた。
ターン制を廃しアクティブタイムバトルの導入(従来のターン制は自分は否定してるわけじゃない)

【悪い点】
キャラクターの編成の自由度が無い
ストーリー(死ぬ死ぬ詐欺、リバイアサンに襲われる因果関係が描かれていない、)

【総合評価】
拡大、縮小シーンを巧みに扱った斜め見下ろし画面を駆使したOPの5隻の飛空艇が飛行シーンは当時衝撃的でした。
イベントシーンもクオリティの高い音楽を使い分けて、キャラクターが飛んだり跳ねたり回転したり俯いたりとよく動かしていて中々よく出来てると思います。
私見ですが、ここら辺に時田氏の演劇で培ってきた経験や拘りが感じられます。何となくのレベルでですが。
RPGというジャンルに、遊ぶ楽しさだけでなく鑑賞する楽しさを与えたという功績は見逃せません。
ただし、これが「FFは観るゲーム」などと言われるキッカケだと思うと複雑な気もしますが。

ストーリーに関しては、はっきり言って全然評価していません。
前述の所謂死ぬ死ぬ詐欺や茶番じみた自己犠牲が妙に鼻に突くのと、特にリヴァイアサンのイベントが意味不明でした。
セシル達を襲うのがなぜリヴァイアサンなのか、どうしてリヴァイアサンがセシル達を襲うのか、
そこら辺の因果関係が終始全然描かれていません。
2はリバイアサンに襲われ、3ではバハムートに襲われますが、この2作は襲われる理由、因果関係が描かれております。
ここら辺が1〜3のシナリオを手掛けたプロのライターと、4以降のシナリオを手掛けた素人の差が表れていると思います。
「リバイアサンに襲われるシーンはファンサービスだ」と仰られれば、それこそ「浅はかだな」と吐き捨てざるを得ません。

それでも、こんな稚拙なストーリーを面白く見せてくれた強烈な『演出』が凄いと、現在では改めて思っております。

FF4の最大の武器はストーリーではなく、演出です。

評価はRPGに新たな風を取り入れた功績を考慮して、「良い」で。

2016/04/01 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 18045 ホスト:18282 ブラウザ: 8754
改めて考えると「言うほどすごいか?」っていうゲーム。

まず序盤からキャラの入れ替わりが激しくメンバーが固定しないものだからキャラクターを育てる楽しみが薄い。
唯一固定枠の主人公ですら一旦レベルがリセットしてしまう始末。
2みたいに大半のメンバーは固定でゲスト枠だけ入れ替わるとかならまだよかったのに。

またゲームシステムがFFシリーズとは思えないほどに淡白。
初期キャラクターの選択が自由で何通りもの遊び方の出来る1、キャラクターを好きなように育てる事の出来る2、
メンバーのジョブがいつでも変更可能で幅広いプレイが出来る3、
これだけバラエティに富んだシリーズで次に来るのがただレベルを上げるだけというのは寂し過ぎる。

かと言ってその淡白なシステムを初期のドラクエみたいにゲームバランスや自由な冒険要素で補っているわけでもなく
ほぼ一本道なシナリオをなぞるだけの窮屈なゲームになっている。

新要素のアクティブタイムバトルも5以降のようなゲージが見えないから分かりにくいし
スピードアップさせる魔法も効果がイマイチ感じられなかったりして、
結局は普通のターン制のゲームをやっているようにしか思えないしテンポも悪い。

それではシナリオはどうかと言われたらコレもイマイチ。
シリアスにしようとしているらしいんだけど、なんか緊張感がなくて悪い意味で子供っぽい。

カイン絡みのエピソードなんてもうギャグの域だし、
さらわれたローザを取り戻すところなんて他所の国にクリスタルを渡してくれとお願いして相手もそれを承諾するとか酷過ぎる。
なんか全体的に子供の論理で動いているんだよねこの作品のシナリオ、
子供の論理と言っても純粋とか素直とかじゃなくて幼稚で短絡的って意味。
言ってはなんだけど子供向けだからって舐めてるのかなと思ってしまう。

映像や音楽はSFCになってパワーアップはしているんだろうけど、
同時期の他のゲームに比べて特別凄いかと言われたらそうでもない。
今作の音楽を全て作り直す原因になったらしいアクトレイザーを初め、
高レベルなグラフィック、ミュージックのゲームは既にこの頃には多く出回っています。

当時から「そんなに凄いゲームか?」と思っていましたがどうにも高評価する事の出来ない作品。
「悪い」というほどのものではありませんが特別な魅力はないので「普通」止まりになります。

2015/12/18 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:17(42%) 普通:3(8%) 悪い:20(50%)] / プロバイダ: 9131 ホスト:9133 ブラウザ: 7914
【良い点】
・歯ごたえある難易度
→FF13の基になった。
そう感じられずにはいられない難易度。
敵さん、中々倒れてくれないし、攻撃は痛いし、
どのボスも鬼のように強く、
消防の頃だった私は、色んなボスに泣かされていました(笑)
ボスが強いと感じるのは今でも変わりませんが、
ダンジョン含めて、どうやって攻略するか考えながら進むのが面白かったです。

・テンポの良さ
→FCのFFをプレイした後だと実感できることですが、
FF4は戦闘がリアルタイムで進み、SFCにより処理速度が速くなっているので、
テンポがよく感じられました。

・キャラはそれなりに立っている
→よく考えると突っ込みどころだらけですが、
ゼロムス戦前の仲間が集まるまでの過程は一応描写されている。

【悪い点】
・ストーリーに一貫性が感じられない
→当初、ゴルベーザが悪でラスボスだと思っていました。
ですが、終盤フースーヤからゼムスの存在を知らされ、
彼はゼムスの操り人形にしかすぎず、真の悪はゼムスだったと。
ゼムスとゴルベーザは、スターウォーズでいう皇帝シスとダース・ベイダーなわけですが、
終盤まで黒幕を明らかにしないのは不味い。
なぜなら、ラスボスに対する憎しみが湧かないのだ。
スターウォーズは、予めシスの存在を明らかにして、来場客のヘイトを集めた。
ところがこちらは、恰もゴルベーザが諸悪の根源のような展開で、
それをいきなりゼムスが諸悪の根源であるかのようにされては萎えるのだ。

・自由度が低い
→本作はこれまでのFFと違って、自由度が限りなく低い。
予め役割が割り振られてしまったキャラ、
途中で強制的に抜けてしまうキャラ、
最期のパーティーはセシル、ローザ、エッジ、リディア、カインの5人で決まり。
これまでのFFより、成長や攻略パターンの幅が狭まっていて面白味に欠ける。

【総合評価】
FF13同様、一長一短な出来。
それなりには楽しめる作品ではあると思う。

2014/05/24 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:135(62%) 普通:45(21%) 悪い:38(17%)] / プロバイダ: 6319 ホスト:6431 ブラウザ: 7469
SFCで発売されたFFシリーズの4作目です。

★システム ◎
FCからSFCへの移行という重大な期待を背負いながらの発売でしたが、システム・ストーリーともに良質な作品に
仕上がっていました。
FFの偶数作はストーリー重視なんて聞きますが、実際その通りストーリーが特に素晴らしい。
主人公のセシルがボムの指輪を使い村を襲うという導入から、その後も仲間との出会いや死別を通しながら
重すぎず、かといって軽すぎない良質な流れにすっかり引き込まれてしまいました。

システム的には前作のジョブチェンジが無くなりかなりシンプルになった印象。
5人PTはRPGとしては多いですが、各々の職業が決まっています。(セシル→暗黒騎士、ローザ→白魔道士...のように)、
さらにメンバーチェンジなどはストーリーの流れ上、強制で行われる為、ある意味殆ど戦略については考える隙がありません。
しかし、バランスは取れているし、どのパターンのパーティでも戦力は安定はしているので自分自身は不満点は感じませんでした。

★グラフィック ◎
流石に綺麗です。後作になるにつれグラフィックレベルは上昇しますが、この作品でも十分きれいです。
キャラクター像も程よいですね。ローザ・セシル・カインの三角関係を上手くストーリーに反映しながら
テラ、シドなど特徴的なキャラを出してストーリーを盛り上げています。
ある意味空気的な目立たないキャラクターがいないのが良く出来ているところですね。

★操作性 ◎
ほぼ悪いところはなく、上記の通りシステムはFFの中でもシンプルな方なので困惑する部分はほぼ無いかも。
一応大きな変化点として、この作品から以降長く使われていくATB(アクティブ・タイム・バトル)という、
ターン制ではなくゲージがたまったメンバーから攻撃出来るというシステムに変わりましたが、
そこまで複雑なものではないのですぐに慣れると思います。
コンフィグで設定を変えられるのはいいですね。

★難易度 △〜○
やや高めです。特にジョブなどで戦略の立てようがなく今覚えている魔法や所持しているアイテムで真正面からぶつかるしかないので、
つまり詰まったらレベリング、に結びつくところはあります。
経験値が多くもらえるレア敵などもいないので、ここは人を選んでしまうかもしれません。
逆にいえばレベリングさえしておけばそこまで苦労することはないかも…

と言いたいところですが、かなりしっかりレベリングしても状態以上系が得意なモルボルや、後半に登場する強敵フェイズなどは
ザコ敵と言えどかなり苦戦しまうことでしょう。

★ボリューム ◎
かなり多めで十二分に楽しめます。隠しアイテムなどのお楽しみがあるのも○。
ただエンディング後に何もないのが少しさびしい感じがしました。

★BGM ◎
どの曲も耳心地が良く完成されています。
「愛のテーマ」「トロイア城」などは特に美しく素晴らしい。

★良い点
全体的に完成度の高いゲームです。どのシリーズからFFを始めたらいい?という質問には個人的には
これをおすすめしたい出来です。
シンプルでありながら完成されたシステム、鬱すぎずかといって薄すぎもしないストーリー、
程よく長いボリュームに心地いいサウンド、全てが高水準な一本です。

★悪い点
難易度は少し高めですね。ここだけはFF6やFF7の方が易しめですね。
後ストーリーの流れで結構脱退するメンバーが多いのは気になる人は気になるかも。
FF2みたいに4人目が、ではなく割りと一気にガラっと変わったりするので...

★総合評価
「最高!」とさせていただきます。
自分自身思い出話も結構ある印象深い1本です。

2014/04/21 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:34(52%) 普通:8(12%) 悪い:24(36%)] / プロバイダ: 16070 ホスト:16244 ブラウザ: 3521(携帯)
【評価点】
・前作と同じくクリスタルが登場。とは言っても本作にジョブシステムの概念は無いので、ストーリーの鍵となっている位。
・個性的なキャラクター。セシル、カイン、リディアといった面々がプレイヤーを魅了する筈。
・前作より向上したグラフィック、BGM。・前作がシステム重視だったのに対し、本作はストーリー重視に。
【問題点と賛否両論点】
・シナリオの関係からか、離脱するキャラクターが多い。予め装備を外して置いてから離脱すれば金儲けになるが、初見ではそんなの分かるわけ無いだろと。
・終盤のゲームバランスがあまり良くない。強敵が多くて戦闘が辛い。おまけにラスボスも強い。コイツには勝てなかった…。
【総評】
グラフィックとBGMの向上により世界観はより良くなったと思う。だがシステム面で様々な難点が残ってしまったのは否定できない。

2014/04/21 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:112(59%) 普通:29(15%) 悪い:49(26%)] / プロバイダ: 29296 ホスト:29358 ブラウザ: 4697
【良い点】
きちんとキャラが立っている
プロローグの音楽

【悪い点】
シナリオ
戦闘

【総合評価】
とにかくシナリオが酷い、はっきり言って子供だまし
王道と言われるが、このゲームの場合、王道という言葉で酷すぎるご都合主義をごまかしているだけ
大人になって再プレイしてがっかりしたゲームナンバー1

戦闘について
最初のボスからしてそうだけど、ボス戦で行動が制限される事が多く非常に窮屈に感じる
敵が強い。これは別に悪い事ではないのだが、このゲームでは敵が強い理由が自分が弱いから、という風に感じてしまうこと
主観ではありますが、強い者がさらに強い者に挑むという感じではなく、弱い者が普通の者に挑むというような微妙さがある
やれることの少なさやすぐ死んでしまう事が原因かと思われます
困ったらジャンプしとけになりがちなのも問題ですね

最後に。思い出は美しいままにしておくべきでした
[共感]
2015/09/19 「子供だまし」。まさにその一言に尽きますね。 by 葡萄酒

2013/11/06 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1440(52%) 普通:703(25%) 悪い:628(23%)] / プロバイダ: 748 ホスト:633 ブラウザ: 6157
シリーズでもっとも多くの機種で発売されている(多分)ということからもその人気が伺えます

王道ともいえるストーリーと次々と入れ替わる仲間との大冒険!
セシルが暗黒騎士としての力を捨て聖騎士へと転生する流れやパロム、ポロムを始めとした仲間達の身を挺した行動などに感動しました

戦闘面ではATBが初導入され戦闘における緊迫感が増しました
キャラクターごとの役割分担が決まっている上に選択可能な行動が少ないので単調な戦闘になりがちなのは玉に瑕でしたが
その単調さ故にリアルタイムバトルという新要素にすんなりと入り込める人も多かったのではないでしょうか

自由度が低く、話の展開も大雑把だったりと問題点もありますがSFCのRPGとしては間違いなく秀作に入る作品です

2013/06/27 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:485(66%) 普通:101(14%) 悪い:152(21%)] / プロバイダ: 24691 ホスト:24773 ブラウザ: 5133
BGMといい、シナリオといい、システムといい、これぞSFCのRPGで10本の指に入る良作ですね。

キャラ選択などの自由度の低さや、やりこみ要素の無さがイマイチでしたけど、リメイク版ではその辺りもしっかり作りこまれています。

2013/05/03 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:363(71%) 普通:78(15%) 悪い:73(14%)] / プロバイダ: 27396 ホスト:27394 ブラウザ: 5387
【良い点】
☆アクティブバトル。RPGに革命を起こしたなと思いました。
☆愛のテーマがFF屈指の名曲。
しかも音楽の教科書に掲載された。
ゲーマーとしてこんな嬉しい事は無い。
載せた人はお目が高い。
☆パロムとポロムが自分の命を捨ててパーティーを救った。
FF初期の自己犠牲シーンはうんざりしてたけど
このシーンだけグッときた。子供だからだろうか。

【悪い点】
★アクティブバトル、5人パーティーと
新しい事に挑戦した分育成システムがドラクエと同じ。
もう1つ新しいシステムがあったら完璧だった。
★デモンズウォールが倒せず友達に相談したら
戦闘スピードを下げて倒す方法を教えてくれたが・・
そんなやり方で勝っても嬉しくない。それができちゃったらだめだと思う。

【総合評価】
プレイした時忙しくてあまり集中できず一番想い入れが少ないFF。
でも普通に良作だったと思います。

2012/08/06 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5(83%) 普通:0(0%) 悪い:1(17%)] / プロバイダ: 8075 ホスト:8302 ブラウザ: 7290
【総プレイ時間】
25時間くらい

【良い点】
・ストーリー
・キャラクター
・音楽
・ATBが良かった

【悪い点】
・ゼロムスが弱い。個人的にフェイズの方が強かった。

【総合評価】
この作品がとても面白かったのでFFをやり始めました。
ストーリー、キャラ、難度、どれも素晴らしく非の打ちどころのない作品です。
評価は最高で!

もっと読む

「【総プレイ時間】50時間ぐらい【良い点】キャラクターに個性がある。サクサク進む。植松氏の音楽。【悪い点...」 by shinshin


次のページを読む

この評価板に投稿する


2018/09/09 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 4414 ホスト:4446 ブラウザ: 5819
ハードをSFCを移しただけあってSFCならではの拡大・縮小・回転機能をフル活用した演出や洗練されたBGM等が本当に素晴らしかったです!アダマンアーマー等といったレアアイテムが入手できなかったのが心残りでしたが正直そこまでやり込む気力はありません(苦笑)

2018/09/09 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 4414 ホスト:4446 ブラウザ: 5819 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/熱血/友情/ロマンチックな気分/可笑しく笑える/楽しい/面白い/格好良い/可愛い/セクシー/悲しい/怖い/びっくり/考えさせられた/勇気貰った/道徳心&モラル/交友に役立つ 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像良い(+1 pnt)
音楽最高(+3 pnt)
ゲーム性とても良い(+2 pnt)
難しさ難しい

もっと見る
1. 作品評価数が150個に到達しました! by ゴーグル侍
... 話になりますが「ロックマンX」を評価(+投票、ファン掲示板書き込み)した事で 作品評価数(+作品投票数)が丁度150個に到達しました! あと、だいぶ報告が遅れましたが最近ゲーム関連の作品評価を続けていくうちに「ファイナルファンタジーIV」を評価した事で ゲーム階位が50位以内に入りました! 今のペースを保ちながら次は作品 ...
記事日時:2018/10/14
2. アーカイブス版FFシリーズが半額、スクエニやるじゃねーか by エスパー
... II \600 ⇒ \300 チョコボの不思議なダンジョン \600 ⇒ \300 チョコボの不思議なダンジョン2 \600 ⇒ \300 チョコボスタリオン \600 ⇒ \300 チョコボレーシング 〜幻界へのロード〜 \600 ⇒ \300 ダイスDEチョコボ \600 ⇒ \300 ファイナルファンタジータクティクス \1,000 ⇒ \500 ファイナルファンタジーIV \1, ...
記事日時:2012/12/18 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ