[ゲーム]ファイナルファンタジーX


ふぁいなるふぁんたじー10 / Final Fantasy X
  • 感動
  • 面白い
RSS
ゲーム総合点=平均点x評価数9位6,080作品中総合点366 / 偏差値165.29
ゲーム平均点559位935作品中平均点1.09=良い/336評価
2001年ゲーム総合点1位215作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像2.18(とても良い)17
音楽1.82(とても良い)17
ストーリー1.18(良い)17
ゲーム性0.71(良い)17
キャラ・設定0.47(普通)17
難しさ0.29(普通)17
感動59%10人/17人中
面白い41%7人/17人中
ロマンチックな気分35%6人/17人中
楽しい35%6人/17人中
格好良い35%6人/17人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

世界が悲鳴を上げている。ひとびとに架せられた大いなる災厄シン。
倒すたびに復活し 無秩序な破壊を繰り返す。シンを倒せるのは 召喚士だけが持てる技“究極召喚"のみ。
シンに近づきすぎたために未来へと来てしまった主人公ティーダ。そこで 召喚士の少女ユウナと出会う...
制作:SQUARE(現SQUARE ENIX)
サウンド:植松伸夫仲野順也浜渦正志浜口史郎
主題歌
素敵だね/RIKKI
日本 発売日:2001/07/19(木) PlayStation 2
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
1捕獲可能なモンスター一覧表&訓練場だけに出てくるモンスターの出し方ELT 2007/07/305,676文字
2ブリッツボール攻略Eden 2006/01/1622,826文字
3エボンジュを簡単に倒そうもろっち 2006/02/12182文字
4AP稼ぎロサード 2005/08/06853文字
5すべてを越えしものに〜ぷ〜 2006/09/211,457文字
6ファイナルファンタジーXインターナショナルの裏技墨汁一滴 2012/11/03431文字
7各種裏技+小ネタ+強ボス+ダーク召喚獣+デア・リヒター+訓練場+すべ超え攻略+七曜関連遊戯 2019/08/13197,611文字
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
攻略サイト
1. http://ffdb.fc2web.com/mk2/ff10.htm
2. http://www.syumimania.com/ff10/
3. http://www.fn.ws13.arena.ne.jp/ff10/
4. http://game.surpara.com/gamedb/index.php?ROOM=ff10

攻略サイトの登録は階位5000位以内の論客の方はこちらから、それ以下の論客の方はこちらから情報提供して下さい。
オープニング動画 (1個)
Final Fantasy X Opening [ファン登録]
280,509456336
最近の閲覧数
21225823172567
7人の方がこの作品がゲームとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2011/02/06 / 最終変更者:remove_admin / その他更新者: 管理人さん / もろっち / 普通の女の子 / ダイゼンガ- / ELT / エルウィン / サブキチ / 提案者:myu (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/10/22 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:53(63%) 普通:16(19%) 悪い:15(18%)] / プロバイダ: 304 ホスト:141 ブラウザ: 5173
【総プレイ時間】
55時間でクリア。

【良い点】
スフィア版。面白かった。
内容。素晴らしかった。
グラフィック。最高。
音楽。よかった。

【悪い点】
試練の間。無理です。

確かにキマリは使えなかった。

召喚獣はほとんど使わなかった。

【総合評価】
FF10-2というのがあるらしい。
やってみようかな。

2018/10/10 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:24(75%) 普通:4(12%) 悪い:4(12%)] / プロバイダ: 39075 ホスト:39096 ブラウザ: 4735
【総プレイ時間】
50時間ほど(一周)

【良い点】
10-2を抜きにした感想です。

ゲーム3D作品でありながら、キャラクターの表情と声優の声の同期が非常によくできていると思います。声優の演技も中々よくできていて、シーンごとに何度も調整したかのような正確さを覚えます。
また、世界観を様々な細かいにまで及んで、映像で表現できていると思います。非常に幻想的な世界観で、単純に映像としてみるだけで楽しめるような舞台も多いです。

キャラクターの表情の変化は単純な映像作品と比べると硬さが残りますが、それでもキャラクターの感情をプレイヤーに伝える分には十分表現できていえると思います。ゲームにおいて3Dのみでキャラクターを表現する作品が少ないのは、この表情や体の動きと、音声の同期をとるのにコストがかかるし、そういうアプローチを意識して作る会社も少ないからなんだと思います

・・・まぁ今だとフェイスリグやらモーションキャプチャのようなものもありますし、雑でいいのなら案外楽に出来ちゃいそうではありますが・・でも雑では嘘っぽさがちらつきますからね。そのあと調整することができなければやっぱり3D作品にはならないでしょう。

キャラクターも良いです。パーティーメンバーも他者を思いながらも、後ろ向きにならずに前に挑戦していける魅力的な人間達です。見ているだけで楽しくなりますし、ストーリーを考える側も作りやすいと思います。

BGMも非常に良いです。激しく鼓舞するようなカッコいいBGMはありませんが、安らげる感じや寂しい感じを受ける曲が多く、ソレが使われるタイミングも効果的で、演出面に大きく貢献していたように思います。

【悪い点】
それほど思い浮かばないですが、あえて言うならやりこみ要素はそれほどでもないことでしょうか。

【総合評価】
今でも十分通用する大作だと思います。
RPGを全くやったことないユーザーに薦めるにしても、FF10は候補に挙がります。
ただ、RPGというよりは映像作品としての色の方が近い作品かもしれませんが

2018/07/06 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:42(58%) 普通:14(19%) 悪い:16(22%)] / プロバイダ: 2341 ホスト:2506 ブラウザ: 8293
【良い点】
音楽は良い
キャラもまあまあ

【悪い点】
限界突破かなんか知らんが9999出して当然で5桁もいけるよみたいなのは
以前からあるけど普通につまらん
スフィア版にしても最終的に皆が同じ能力を持つシステムは個性を殺すだけ
ゲームってのは制限があるから面白いの

【総合評価】
最初にお馴染みのクリスタルのテーマかなんかがポップでエレクトロな感じにアレンジされてるが
あれがこの作品を象徴してると思う
まあまあ良い感じだけどなんかズレてる
アーロン腋毛剃ってるし

2017/10/09 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:36(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 32213 ホスト:32257 ブラウザ: 5213
【良い点】
はじめのムービーに心を奪われる。
ストーリー・キャラ・バトルの三要素すべてが最高峰。
個人的にはアーロンの渋い声が最高。
今までのアクティブタイムバトルではなく、カウントタイムバトルになったところがとてもいい。
ゲージの増減にペースを乱されることなく、じっくりとバトルに集中できるので。

【悪い点】
ふつうに進むと寄り道がなく、淡々とエンディングまでいってしまう。
寄り道をしたい人は、ブリッツボールや最強の武器探しに挑むとよい。

【総合評価】
FFシリーズ最高傑作。
はじめのムービーと音楽は素晴らしすぎる。

2016/05/19 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:35(76%) 普通:7(15%) 悪い:4(9%)] / プロバイダ: 5610 ホスト:5645 ブラウザ: 10229
【総プレイ時間】
255振り切り

【良い点】
感動の名作。壮大な冒険に感動し、恋愛に心揺れ、最後に悲しいドラマがある。

ブリッツボールも最高。下手なスポーツゲームより圧倒的に面白いので、これだけで売れそうなレベル。

【悪い点】
ユウナレスカを倒す理由と、シンとの決着までのシナリオ繋ぎがバラバラかな。ユウナレスカを倒す前に、祈り子の夢(エボンジュ)を倒す事で解決すると確信してないと、物語として成立しない。
本編は後出しになってしまってるので、世界を救う立場からは無責任な流れになっている。

ラストのラスト…十分感動できるけど、欲を言えばティーダの泣き声はいらなかった。泣くユウナにそっと、笑って旅立てば代わりに自分が泣いていただろう。

【総合評価】
やはりスタートの超スケールからラストのエンディングまで凄まじい完成度を誇る作品。やり込み要素も満載で、全てを超えし者やデアリヒターといった究極の戦いまで夢中になれる点も最高。
どうしてこれだけの神作続編があんな酷くなったのか謎なくらい、この物語に感動すること間違いなし。

2015/12/13 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:17(42%) 普通:3(8%) 悪い:20(50%)] / プロバイダ: 9131 ホスト:9133 ブラウザ: 7867
【良い点】
・戦闘システムおよびバランスはいい感じ
→FF6で死んでしまった戦闘の面白さが復活したというべきでしょうか。
敵は大概、一発一発が強く、判断を誤るとピンチに陥ります。
また、システムはターン制で素早さによって順番が決まり、
順番を遅らせるアビリティもあるので、重要な要素で考えさせられます。

・オープニングとエンディングはいい
→本作では、ザナルカンドと言う仮想空間からスピラに飛ばされ、
役目を果たしたら元に戻るという構成になっています。
中身はゴミですが、この構成自体は良いと思いました。

【悪い点】
・道が一本道
→歩く楽しみがない

・ムービーが長くてとばせない
→だるい。私は映像を見にゲームをしているのではない。

・敵に合わせてメンバーを代えてぶっ叩くだけのバランス
→ゲームバランスは良い方だと思いますが、
雑魚敵に関して、戦術が単調なので、もうちょっとひねりが欲しい。

・スフィア版がだるくて面白くない
→奇を衒っただけのシステム。これならレベル制でいい。

・キャラの大半がハリボテ、死んでる
→たくさんいるので、番号を振って論する。

①ユウナ
→死を覚悟してまで召喚士になろうとする動機が見当たらない。
父がそうしてたからか?だとしたら人間味もへったくれもない。
普通の人間なら、そんなことで死を選ぼうとはしないから。

②ワッカ
→エボンの教えを信じるバカ
弟が機械の力を使ってシンに殺されたと言う理由で、
機械を使っているというだけでリュックを差別。
この時点で、ただのハリボテキャラだが、
そのくせ、エボンに襲撃されるとなると急接近。
さらに、ザナルカンドでは直前まで究極召喚の犠牲を仕方ないと言っておきながら、
ユウナレスカが真実を伝えた途端、反対しだす。
何がしたいのか訳が分からないキャラ

③ティーダ
→序盤はそこそこ好感もてるキャラでした。
ですが、父ジェクトとの絡みで、
何がそんなに嫌いなのかはっきりせず、
大したドラマがないうちに和解。
また、ユウナのどこに惹かれたのかさっぱりわからない。
まあ、これはティーダと言うよりユウナの問題かと思うのですが・・・
あと、「ユウナはどこだ!?」とシドに対してカツアゲするシーン
この展開におけるティーダは最低としか言いようがない。
演出自体、典型的な体育会系で好感持てないし、
エボンに襲撃されて仲間を失った後なので、
ティーダがユウナ厨のDQNにしか見えない。
アルべドの人たち、召喚士を守りたい一心で保護していたのに・・・

④シーモア、ユウナレスカ
→主人公たちを襲う意味が分からない。
ただ戦わせるために適当な理由をつけたとしか思えない。

⑤その他モブ
→後程語るが、物語に都合よく動く駒
人間と言うよりは機械のようである。

・ラストの展開がご都合主義すぎて萎える
→究極召喚を蹴ったあとの展開が酷すぎる。
主人公たちは無限の可能性を信じて蹴り、
結果的にユウナレスカを倒して、シンを抑える手段を失うわけですが、
その代替案が、

1、世界中の人々に祈りの歌を歌ってシンを抑える
2、シン体内にあるエボンジュを破壊する

この2つである。
このうち、1に関しては無理やり感あるだろうと思った。
歌で抑えるって・・・マクロスじゃないんだから・・・

だが、酷いのは2の根拠であり、1が何も問題なくうまくいってしまうことである。

2の根拠に関しては、祈り子が都合よくティーダの目の前に現れ教える。
これはティーダが夢の住人という設定だから、
祈り子から教えてもらえることができたわけであって、
ティーダの努力によるものではない。
すなわち、祈り子はドラえもんのような存在なのだ。
便利なご都合主義キャラ、呆気なさ過ぎて感動できない。

また、1の世界中の人々に歌を歌ってもらうに関しても、
シェリンダが世界中の人々と何かしらの交流があったわけでもあるまいし、
これで、すんなりいっても、都合よくいっただけで何も感動できない。
こういう世界中の人々の協力を得るには、
交流や手助けなどによって得られる信頼が欠かせられないものである。
ドラゴンボールの最終巻ではブウを元気玉で倒したが、
その時、元気が集まったのは世界が危機に陥っているからではない。
悟空やサタンが世界中の人々から信頼を得ていたからである。
ベジータとか信頼されてないから声を聞いても無視されたでしょ。
信頼を得て、あの人に何かしてあげたいって思うからこそ成立できるのであって。

結果的に世界が救われた本作だが、
世界を救うには生温い。
バルディオスエンドがお似合いだ。

【総合評価】
戦闘以外死んでるRPG
戦闘は良いと思うけど、ムービーもスキップできないし、
プレイしてイライラするだけなので2度とやりたくないと思う。

[推薦数:1] 2015/09/17 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1622(52%) 普通:810(26%) 悪い:704(22%)] / プロバイダ: 40996 ホスト:40755 ブラウザ: 8624
奇数はシステムに優れ、偶数はシナリオに優れる。
シリーズファンの間で語らる法則は10個目のナンバリングにおいても例外ではなく
「FF史上もっともせつない物語」のキャッチコピーは伊達ではありません

シン討伐の覚悟をもって旅にでたPTに、一人だけ事情を知らない異世界の住人ティーダが加わることで
感情の波紋がユウナやPT全体にまで広がっていく様はこれまでにないなんともいえないドラマを生み出しており
主人公の存在の秘密に、さらには父親との再会と別れまで加わって、、、こんなん泣きますわ。

一部の人間の犠牲によって成り立っている平和というとFF外伝の聖剣伝説を思い出してしまうのですが
「永遠のナギ節」によるそれを超える一歩先のドラマにしているというのも同じFFタイトルを背負っているだけに
見逃せないポイントでしょう

システム面でも評価できる点は多々ありますが、私はシナリオによるドラマを高く評価しているので
内容もそちらに偏ってしまいました。評価は【とても良い】とさせていただきます

2014/08/28 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:55(93%) 普通:0(0%) 悪い:4(7%)] / プロバイダ: 4018 ホスト:4074 ブラウザ: 10298
【総プレイ時間】
400時間くらい

【良い点】
・BGM
特に「ザナルカンドにて」「いつか終わる夢」

・ストーリー
(シンの正体や召喚士の真実など)

・やりこみ要素
(すべてを越えし者)

・レベル上げが楽
(マジックポット)

【悪い点】
・捕獲
(全種類10匹ずつはめんどい)

・ミニゲーム
(特に雷避け、蝶々、サボテンダー)

【総合評価】
演出・キャラ・BGMなどすごくよかったと思います。
FFは〓から少し中途半端で映像にしか力を入れてないと思ってました。そのため、〓は発売されてからしばらく経って始めました。
単にシンを倒しに行くだけでなく、それまでの人間ドラマなど楽しむ要素が多くありました。

またレベルという概念をスフィアに変更したのは面白かったと思います。

2014/01/11 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:789(60%) 普通:344(26%) 悪い:182(14%)] / プロバイダ: 21255 ホスト:21264 ブラウザ: 5386
【総プレイ時間】
50時間ほど

【良い点】
・綺麗なムービー
・BGM
・魅力的なキャラクター
・ストーリー

【悪い点】
・ストレスのたまるミニゲーム…とれとれチョコボ、雷避け、蝶探しなど
・戦闘システム
・スフィア盤
・ムービースキップがないこと

【総合評価】
HD版で初プレイ。もう10年以上前のゲームなんですね。
当時から気になっていたゲームなのでこうしてプレイする機会ができてうれしく思っています。
とにかく面白かった。ストーリーが良いです。音楽も素晴らしい。
それだけに一度見たムービーを飛ばす機能がほしかったですね。
長いムービーの後のボス戦など負けるともう一度やり直すのが面倒でした。
ミニゲームも面倒、雷避け、ブリッツ、蝶探しなど。特にとれとれチョコボは最悪。
別にこれをクリアできなくても話を進める事はできますが…もう少し楽しいゲームにしてほしかったです。
[共感]
2014/01/12 しかも、本作品でクソウザいのは、雷避け、ブリッツ、蝶探し、とれとれチョコボとかは、みんな聖印絡みのミニゲームなんですよね...ユウナやアーロンは七曜が非常に強化しやすいのに、こいつらは強化が難し過ぎる by 遊戯

[推薦数:1] 2013/04/09 悪いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:407(55%) 普通:50(7%) 悪い:284(38%)] / プロバイダ: 9984 ホスト:9971 ブラウザ: 8937
この本作品でキャラが好きじゃないと以前の評価で述べたのですけどその理由を述べたいと思います

ティーダ:やはり17歳ながらキャラが凄くガキっぽいしキャラデザインも格好悪い...
スピラを救うために旅をするもスピラを救うというよりもユウナに一目惚れしたから一緒に旅をしたという感じのキャラ
ユウナがいなければこいつは絶対にここまでやらなかっただろうと疑問が残る...例えばもしルールーが召喚士だったらとか...
毎日夜街でナンパしたりキャバクラに通ってそうなギャル男に見えるのが致命的
スポーツ作品ならばムードメーカーとして好きになれたかもしれないが本作品はスポーツ作品ではないので...

ユウナ:本作品では普通だが続編の10-2ではただのティーダ厨の馬鹿になってるのが問題
まさかここまで落ちぶれたヒロインになるとは...ティーダ病の感染が酷く重症で今ではただの露出狂ギャルのアホキャラに...

ワッカ:本作品で1番成長したのは勿論彼だがその理由が「大嫌いなアルベド族を理解したから」という一言で言えるほどの薄い成長なのが問題
つまり、日本人が韓国人からちょっと良くしてもらったという理由で韓国人の良さを理解したような成長で、あまり深みがない成長なのが問題
またそれまで異常にエボン厨だったのも問題

ルールー:ティーダに最初は非常に冷たいがルカでアーロンが加入してから急に性格が豹変し優しくなった謎キャラ
ティーダを認めたからかもしれないが、初対面の人にあんな冷たく接したら誰だって嫌気がさすだろう...
ちなみに巨乳好きな自分でもルールーはキャラ的にマジ勘弁ですな...

キマリ:「キマリはいらない子」と言われてるようにマジでいらない子だと思う
むしろ本作品のマスコットキャラなのかもしれないが、とにかく喋らないし何しろ弱過ぎる!
ユウナのスフィアのシーンくらいしかキマリの良さが理解出来ないほど彼に関する良い描写が皆無
多少ガードとしての努めを時々するくらいしか印象がない

アーロン:本作品で唯一好きなキャラだが...伝説のガードの割に初期能力値が低過ぎる!衰えたのか!?
彼がいなければ本作品は間違いなく好きにならなかったですけど、彼なしで本作品はあり得ないでしょう

リュック:ユウナと同じ本作品では普通だが続編の10-2のラストミッションが本当に酷い!
ザナルカンド遺跡でユウナと抱擁したほどなのになぜあんな訳のわからん大喧嘩を...こんな安っぽい友情だったとは...
しかもこいつが元凶でユウナが改悪される有様...

シーモア:4回戦とも戦闘曲が異なるのは魅力的だが2回目の異体撃破以降のこいつは完全空気でただのストーカー扱い
中盤で台頭するキャラだが終盤ではちょくちょく登場してるだけの劣化版セフィロス
中盤まではシーモアに関する話題が盛りだくさんだったが異体撃破以降はこいつのボス戦前後くらいしかこいつの名前が出てこないほど空気

ユウナレスカ:反逆者のユウナ達を抵抗せず受け入れたのは評価出来るが正直それだけで後はただの気違いキャラに...
シーモアと同じく「死は万歳論」を主張するほどのキャラだがシーモアと若干キャラが被るのでインパクトがあまりない(こちらはストーカーしないが)
「死こそ最高なのでユウナを犠牲にしスピラを滅ぼしたいシーモア」と「死こそ最高なのでガードを究極召喚の犠牲にしスピラを救いたいユウナレスカ」
対象的なキャラだが若干似ている設定には違和感

ジェクト:典型的なツンデレ親父だが終盤で判明する「ティーダ=祈り子の夢」という設定のせいで色々とカオス展開に...
つまり、こいつ自身も夢ということになる...ティーダのザナルカンドも夢の世界ということになる...
しかしアーロンは実在する人物でシンもまた現実のスピラと夢の世界を往復出来る設定...ドラクエ6か...?初見では色々と訳が分からず今でもぶっちゃけ完全に理解出来ないほど...
専門用語が非常に多い本作品だがアルティマニアを読まないと完全に理解出来ないほど設定理解が難しいシナリオ

本作品のメインキャラ7人は正直精神的心理描写が皆無でとにかく成長が感じられないのが難点でしょうか...この作品大好きですけど...
「仲間と共に苦難を乗り越えました」という小学校の遠足のような感じの展開に感じるかもしれません
少なくともこの本作品を通して「凄く面白いな!」と感じることがあっても「あぁ、仲間って良いな!」と思うことは1度もありませんでした
要するに仲間の偉大性に関しては完全に皆無ですので、そこが自分が「最高」と評価した本作品の最大の欠点です

2013/03/25 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:53(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 1168 ホスト:1272 ブラウザ: 10112
【総プレイ時間】
忘れた。

【良い点】
戦闘のテンポはよかったなぁ。
ワッカとジェクトが好きだった。
シーモアバトルとかBGMが良かった。

【悪い点】
スフィア盤だなぁ。こいつのせいでどんだけキマリが迷惑しているか・・・・

【総合評価】
友達に貸してもらった作品です。

シンを倒すというのが目的だったけど、人間ドラマにも惹かれるとこがあったかなぁ。
正直、ティーダの性格がいまいちつかめなかった。
俺は当時高2の冬で翌年受験があって時間がなかったので、パパっとプレーしたがスフィア盤とかあまり動かさずに、雑魚戦もとんずらしてましたから、正直シーモア戦とかジェクト戦が苦労した。
特にジェクト戦はやばかった。5回ぐらい倒されましたから。いずれもジェクトシュート?でアーロンしか生き残らず(アーロンも残りHP30くらい)そこでぐだぐだやってゲームオーバーって感じでした。
6回目くらいで、ジェクトシュートの後にリュックとかをいれてがんばってたらなんとか倒せたのは今でも良い思い出として残ってます。多分、ジェクト戦だけで5時間くらい戦ってましたよ。まさに死闘でした。やはり戦闘は楽に倒すより戦略を練って倒す方が面白いんだなぁと感じた瞬間でした。あと人間やればできるんだなぁとも感じた。
先ほど時間無いって言ってましたがここで一気に時間が削られた感が強かったなぁ・・・・
個人的な体験談ばかりで申し訳ないが、とにかく戦闘は低レベルだと戦略性があって面白いということだけは言っておきたいなぁ。

2013/03/21 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:363(71%) 普通:78(15%) 悪い:73(14%)] / プロバイダ: 27396 ホスト:27394 ブラウザ: 5387
【良い点】
☆中世でも近代でもなくアジアンな世界観はグッド。
☆グラフィック、音楽はさすがにFFクオリティ。
☆ストーリーはFF7と双璧をなすくらい良い。
☆主人公の名前を変えられるけど
音声で呼べないのであえて「キミ」で貫いたのはある意味凄いな。
☆キャプテン翼のようなブリッツボール。
ゴールが三角形なのがいいね。
☆戦闘読み込みに時間のかかるFF9の反省からか
戦闘に素早く切り替わる。切り替わり方もかっこいい。

☆リュック、ルールーは可愛い。
☆アーロンかっこ良過ぎ。
☆戦闘中にキャラ変更できる。馬車のない馬車システムみたいなもん。
☆召喚獣が一瞬出て消えるのではなく普通に戦うようになった。
どっちがいいというわけでもなく、どっちにも良さがある。
☆ナギ節、異界送り等専門用語がやたら多いが、わかりにくくはない。
☆シンの存在が面白い。
☆アルベド語。最初は?と思うが法則がわかれば読める。
☆ムービーゲーと言われるが、その方向で進化するシリーズがあってもいいと思う。
出来がよければ、だが。
☆細かい部分は忘れたが、ラスボスの倒し方がかなり特殊だった記憶が。

【悪い点】
★メインヒロインのユウナは嫌いじゃないが・・
リュックやルールーが魅力的過ぎてなんでこの二人をさしおいて
なんでティーダがユウナに惹かれるのか、いまいちのめり込めなかった。
ルールーにはワッカがいるので俺ならリュックを選ぶなぁ。
★ユウナ、自分で飛んでないじゃないか。
★途中のパズルダンジョンがめんどくさいのでFF11以前で唯一2周目をやってないFF。
まあ今は攻略サイトがあるので手順通りやりゃあいいんだけど・・
★スフィア盤。一見すごろくっぽいけどやってることはつまらない。
いっそ本当のすごろくにしちゃったらよかったのでは。
★カウントタイムバトル。特別面白いシステムではない。ATBで良かったのに。
なんかシステムにもっともらしい名前を付けて押し通すのはやめてほしい。
里見の謎じゃないんだから。

【総合評価】
自分が楽しめた最後のファイナルファンタジー。
いわばファイナルファイナルファンタジー。

まあ、壮大な親子喧嘩ですわな・・。

2012/07/11 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:407(55%) 普通:50(7%) 悪い:284(38%)] / プロバイダ: 1772 ホスト:1788 ブラウザ: 9615
この作品ってぶっちゃけ好きなキャラや嫌いなキャラよりもどうでもいいキャラの方が多いです...それでも本作品の評価は「最高」です
ストーリーやダンジョンは一本道ですけど、自分は「いずれ終盤で戻れるなら全く気にしない」主義でして、全然OKでしょう!
本作品ほどやり込んだRPGはおそらくないでしょうけど、それほど自分は本作品が好きですね

【総プレイ時間】
1周あたり35時間×日本語版6周?プレイ、インター版3周プレイ

【良い点】
・ストーリー、戦闘、システム、BGM、グラフィックが素晴らしい
→特にストーリーと戦闘は素晴らしい
→それに加えてBGMもグラフィックも素晴らしいので文句なし

・全体的にルールーやアーロンによる補足説明も多く非常にわかりやすい
→この作品で地味に良かった部分ですね(ユーザーの疑問点をその場でボイス付きで解説とは◎)
→専門用語が非常に多い中、これは多くのユーザーも満足したはず

・EDは必見
→日本語版だとユウナの「ありがとう」がインター版だと「愛してる」になってるという...

・訓練場等のやり込み要素の他、インター版ではさらに強力なボス(ダーク召喚獣やデア・リヒターなど)と戦闘可能
→すべてを超えし者は意外と倒しやすいですが...インター版のボスは...

・アーロンが死ぬほど格好良い
→自分が好きなRPGの男性キャラの中では5本指に入るくらい好き

・インター版では改善された要素がいくつかある(用心棒の斬魔刀の発動率大幅UP、訓練場にセーブスフィア設置、アーロンの陣風やアニマやメーガスのODの強化)
→訓練場の件が1番嬉しかったです

・初心者にとって非常に優しいシステム環境
(1)テント廃止で触れるだけでHP&MP全回復のセーブスフィア、宿屋も無料(というか宿屋は存在意義ないですけど)
(2)シナリオ進行中のエリアの一般人に話しかけるだけでアイテムや金が貰える
(3)ビーカネルで回復役のユウナ離脱後にアルベド回復薬が大量に手に入る
(4)フェニックスの尾の効果が最大HPの1/2蘇生回復
(5)FFで唯一のATBではなくCTB(この戦闘システムは本当に神ですね.雑魚と遭遇してもノーダメージで逃走&撃破出来ますし)
→元々ATB戦闘は「雑魚と遭遇してもすぐ戦闘から逃走出来ない」「予め戦術を考えてないとボス戦が非常に苦労する」
「行動を起こさないと敵がどんどん攻撃して来るので慌ただしくなる」という欠点がありますけど、
本作品のCTB戦闘システムは特に大きなデメリットはなく「敵味方キャラの全てのターン順序がわかる」「ターン制でもあるので落ち着いて戦術を考えられる」
「何をすればより多くのターンが回って来る(戦闘に有利になる)かがわかるので奥深い」という長所があるのでATBは嫌いですけどCTBは大好きですね
(6)ティーダの初期武器のフラタニティが普通に終盤まで強い(というかこれで普通にラスボス挑めますし)
など

【悪い点】
・個人的にキャラが好きではない(アーロンだけ大好きですが...)
→特にティーダは最初からユウナに人目惚れをしていてそこから露骨なアプローチをしていくのが気に喰わないです
→普通このように主人公とヒロインが全く過去で関わり合いがない場合は、旅をして行く内や共に過ごして行く内にお互いに意識し始めるというモノなんですが、
本作品では完全にお互いに人目惚れ状態
→しかもティーダ自体がちょっと容姿がチャラチャラしてて嫌いなんで相手が清純派のユウナならばギャル男がナンパしてるように見えますね
→FF7みたく主人公とヒロインが幼なじみ(エアリスは違いますが)の関係だったり、主人公の性格がクールであれば良いんですがこいつは変にテンション高いので嫌いです

・キスシーンはいらない、というか気持ち悪い
→コレ、何でキスすんのか未だに分かんないんですよね
→ただ単にユウナを慰めるだけが目的ならお互い抱き合うだけで良いはず.これならまだ結婚式でシーモアとのキスシーンの方が遥かに良い
→元々ユウナに対して下心が丸見えのティーダがキスするのには痛々しいというか見ているこっちが恥ずかしい
→「シーモアがユウナにキスしたんなら俺もキスしてやる」的なティーダの意思表明にしか見えない

・日本語版では強力だった部分がインター版では大幅に弱体化されてる
(1)クイックトリックの大幅弱体化(2)ピンチにドライブの大幅弱体化(3)正宗の弱体化(4)とれとれチョコボの裏技不可(1番ムカついたのは勿論コレ)など

・キマリの扱いが酷い
→非常に寡黙で物凄く無口でめちゃめちゃ空気キャラだが本作品の仲間の中では独走的に最弱な不遇キャラ(見た目は強そうなのに...)
→スフィア盤もルールーを追いかけるような感じのルートのため、基本「少し攻撃力、HPが高くて魔力、魔法防御が少し低いルールー」という中途半端な魔法型キャラになってしまう
→しかもODも非常に使い勝手が悪く(キマリが普通にガ系の魔法使用した方が強いくらい)、ステータス全てが中途半端な不遇キャラ
→おまけに七曜の聖印も、7人の中でトップクラスに君臨するほど入手困難な有様...

・インター版だと飛空艇入手後にビサイド、マカラーニャ入口前に隠しボスがいるため、アニマ&メーガスを手に入れるのなら注意が必要
→飛空艇入手前に絶対寺院の隠しアイテムを取る必要がある
→また飛空艇入手前でも用心棒入手後なら谷底の洞窟でも隠しボスが出現するので注意が必要

【総合評価】
とにかく素晴らしいです
2001年発売で古いのにこれだけ作り込みが良いゲームも珍しいと思います
→例えば、ボイスありのキャラクターがイベント以外の会話でもボイスがあるという完全にフルボイス(自分がプレイして来たRPGでも本作品が唯一)だったり、
また、召喚獣を場に出したり敵ボスのHPをある程度減らすとカメラワークが大きく変化したりなど

あと余談ですがキマリを1回も育成せずにビラン&エンケ戦に挑みましたね(こいつらはキマリの強さで能力が決定されるので)
またデア・リヒターと最初戦った時、ガチで強過ぎて速攻死にました...

本作品の1番の思い出はインター版1周目プレイ時に隠しボスのイフリートに戦闘開始時即99999ダメージ×3喰らい即全滅し、脂汗流したことです(最初何が起きたのかわからんかった)
→実は本作品は日本語版よりもインター版を先にプレイしたんですけど、何も知らないまま初見プレイするとこうなります

2012/06/09 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 1809 ホスト:1820 ブラウザ: 5345
【総プレイ時間】
100時間くらい
【良い点】
アジアンティストな設定
個性的なキャラクター
変わった成長システム
グラフィック
BGM
【悪い点】
訓練所のモンスターが強すぎ
ラスボスが弱すぎ
強力な武器防具入手の過程がきつい
【総合評価】
とても良いで

2012/03/27 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:9(69%) 普通:1(8%) 悪い:3(23%)] / プロバイダ: 20814 ホスト:20631 ブラウザ: 10160
【総プレイ時間】
100時間以上

【良い点】
・ストーリーはそれなりに良いです。笑顔の練習など一部寒いイベントはありますが。
・豊富なやり込み要素。
・グラフィックは凄いです。

【悪い点】
・戦闘システム。ATBで良かったと思います。CTBはつまらない。
・スフィア盤…特に序盤はルートが決められているので、ただ面倒なだけのシステムになってしまった。やり込む人は最終的に7人とも同じようなステータスになってしまい個性がなくなるし…
・ムービーを飛ばせないこと。2周目は不便。
・召喚獣、せっかく操作できるのにあまり使う場面がなかったです。

【総合評価】
戦闘システムがX-2と同じなら良い以上としていたところなんですが…残念。
絶対にATBの方がスピード感があって面白いと思います。
世界観はFFの中では独特ですが好きです。

もっと読む

「【良い点】・キャラクター・BGM・戦闘がわりとスピーディーだった・ストーリーが神だった 【悪い点】・無し...」 by カイゼル


次のページを読む

この評価板に投稿する



2017/10/09 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 32213 ホスト:32257 ブラウザ: 5213 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/ロマンチックな気分/楽しい/格好良い/セクシー/美しい/考えさせられた 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像最高(+3 pnt)
音楽最高(+3 pnt)
ゲーム性最高(+3 pnt)
難しさ簡単

もっと見る
1. 本日は森田成一さんのお誕生日です。 by S・N
... は男性声優:森田成一(もりたまさかず)さんのお誕生日です。 森田さんといえば元々は舞台俳優として活動していたものの、「ファイナルファンタジーX」で主人公のティーダを 演じたことをきっけけに俳優よりも声優としての活動を主とするようになったそうです。 他に森田さんが演じた役としては「BLEACH」の黒崎一護、 「MAJOR」の佐藤 ...
記事日時:2014/10/21
2. 「最高の中の最高」の投票を総合点から排除&作品ランキングの変動 by 管理人さん
... 1__1__ファイナルファンタジーVII 2__3__ドラゴンクエストV -天空の花嫁- 3__4__ドラゴンクエストⅢ -そして伝説へ…- 4__2__クロノ・トリガー 5__5__ファイナルファンタジーVI 6__6__星のカービィ スーパーデラックス 7__1__ファイナルファンタジーV 8__10__ファイナルファンタジーX 9__ ...
記事日時:2009/04/06
3. 【ゲーム】ファイナルファンタジーXをクリアした。【FFX】 by 虚構の旅人
なんという神ゲー。 戦闘は普通でしたが、ストーリーが半端ねぇ。 ただ・・・ボスが弱すぎて・・・。 とにかく、初FFをクリアしました。 それでは!! 追伸:ラスボスがエース・オブ・ザ・ブリッツ一撃で逝ってしまわれた。
記事日時:2009/02/08
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ