[ゲーム]EVE new generation


いぶ にゅーじぇねれーしょん / EVE new generation
RSS
注意: これはゲーム版。その他メディアのページ: 漫画:EVE~new generation~
ゲーム総合点=平均点x評価数3,130位5,707作品中総合点2 / 偏差値48.07
2006年ゲーム総合点116位240作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

私立探偵天城小次郎は、倉庫街にある事務所へと帰宅する途中、一人の少女と出逢う。少女は小次郎が探偵だということを知り、依頼を持ちかけてきた。「私の記憶を探して欲しい」その直後、外車から下りてきた男によって連れ去られてしまう。桂木弥生の協力を得、少女の身元は判明した。と同時に、捜査線上に現れるいくつかのキーワード。一見無関係に思えるこれらの点も、捜査を進めていくうちに、やがて1本のラインへと集束していく。そのラインは小次郎を「とある場所」へと導くのであった。
一方、日本の諜報機関である内閣情報調査室のエージェント法条まりなは、ある夜ビルの屋上から飛び降りようとする一人の青年を見つける。必死の説得を試みたものの、青年は自ら命を絶つ。「計画はすでに始まっている。もう誰にも止めることはできない。テロだよ」
そう言い残した青年の掌には"蜜蜂"のタトゥが刻まれていた…青年の遺言をもとに捜査を開始したまりなにふりかかる様々な障害。いつしかまりなは、何者かの陰謀により殺人犯として警察から追われることになってしまう。
突如首都圏を襲う大停電、武装テロ、謎の製薬会社、蜜蜂のタトゥ、そして、謎の少女…
果たして、二人は【真相】という名のパズルを解くことができるのか?
開発元:シーズウェア 発売元角川書店 機種:PS2
プロデューサー:金杉はじめ
シナリオ:打越鋼太郎
キャラクターデザイン:橋本タカシ
日本 発売日:2006/08/21(月) PS2
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
論客から提供されている攻略法は現在まだ存在しません。
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
公式サイト
1. http://www.kadokawa.co.jp/game/game/eve/index.html
8,21232
最近の閲覧数
3110324330
この作品をゲームとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2012/11/10 / 最終変更者:ソンプーGU / 提案者:宇宙刑事ジャンギャバン (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2007/03/20 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 15277 ホスト:15661 ブラウザ: 3874
EVEFAN待望の、新作(2006年度)。
原作元の、シーズウェアが倒産?した模様で、開発発売とも別会社が担当した、まったくの
新作。EVEシリーズの重要システム、マルチサイトを今回も採用し、主人公の天城小次郎と
法条まりなの二人が新たな事件に挑むというもの。

バーストエラー以降、次々と人材がいなくなっていたシーズウェアでの開発ではないので、
不安ながらも、期待したファンも多くいたのではないでしょうか?。

■まずは、さらっと悪かった点を

一番ネックになったと思ったのが、マルチサイトがうまく使われてなかった点ではないでしょうか?。
EVEバーストエラーでは、まったく違う事件が、複雑に絡み合い次第に一つにつながっていくという
やればやるほど盛り上がっていったが、今回は、小次郎、まりながお互いにすでに知り合っていた点と、
最初から、お互いがほぼ共通した事件に関わってしまったことに問題があったと思います。
そういった意味では、終盤での盛り上がりに少々欠けてしまったかな?。

後、もう少し主人公が推理する(謎解き)シーンがあったらなと。今回のまりなは、常に行動と推理が
後手後手に回ってたし、小次郎は常に人の話を聞かずにつっぱしりすぎてたしw。

それと、終盤に超常現象をやたらとからめてくるのも、ラストの盛り上がりを阻害してたかな。

■では、良かった点を
兎に角、新作だったなとw。バーストエラー以降、エルディアを絡めてくるのがどうも好きになれなかった
のですが、今回はそれはなく、まりなも女の子を護衛することもなかったですしねw。

また、ゲームがサクサク進んでいくのも、ストレスがたまらずよかったでしょうか?。特に、マルチサイト
でのお互いに同じことを繰り返すシーンは一つにまとめられているため、よくも悪くも、繰り返す必要
がないので、手間を感じることもありません。

それと、普通に乃衣に萌えたw。

総合的には、誰でも楽しめる内容の作品だったと思います。前のダメダメ続編に比べれば、いろんな意味で
かなりの良作に復活したと思います。それなりに、引き込まれ、それなりに楽しめました。ただ、もう一つ
作りこみがほしかったかなと。その少しの作りこみが、良作から名作に変わってしまうだけのものは、秘めて
いたと思います。
普通のEVEファンには、お勧めの作品です。また新たな小次郎とまりなの活躍をみたいかたは是非購入を。
ただ、EVE信者にはお勧めしません。理由はいろいろとありますが、絵が田島氏、シナリオを剣乃氏が
担当してないのは当然のことなので、あまりにもバーストエラーを超えるものを期待すること自体が、無理
難題だと感じるからです。

個人的には、今回購入してよかったと思います。このレベルであれば、また次回作も是非つくってほしいですね。
(まあ、より進化することを祈るのは当然だが)まだまだ、小次郎とまりなの活躍をみたいですが、それぞれの
キャラクターの組み合わせではなく、新キャラ等とのあらたな組み合わせで新シリーズを作ってもいいような、
気もします。

2006/09/05 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(17%) 普通:0(0%) 悪い:5(83%)] / プロバイダ: 8360 ホスト:8046 ブラウザ: 5163
発売日に購入してやっと終わりました。
ネタバレ要素なしで評価いたします。

☆良い点

やり始めると話の続きが気になって止まらないということがやはり大きいと思いました。
過去に「burst error」「zero」とプレイしましたがEVEとしてこの点は健在でした。

☆悪い点

意味不明なウンチク話が多くしかも話し出したら長いです。現実世界で通用しない内容でもあり読むのが苦痛でした。

相変わらず(シリーズ的に)トリックに無理がある点も減点対象です。

全体マップが無い・・・。(前作との土地の矛盾を防ぐためか?)

★全体

話的にはスッキリとまとまった終わり方で後味の悪いものでもなく満足しています。
ファミ通の評価は結構辛口な意見があり心配でしたが問題なく楽しめるやって損の無い内容だと思います。
「前作をやっていないと話のわからない場面がある」と言う意見もありましたがそれも大して影響のある事柄ではなかったと思います。
初めての人は小次郎の助手が出てきた時、説明不足を感じるかもしれませんが・・・。

「絵」が変わって違和感もありますがこの点に文句を言っても仕方ないので諦めます・・・。

評価はやっても損の無い「良い」です。

最後に...
慣れていないのでコメントをうまくまとめられませんでした・・・。
言いたいこともうまく伝えられていないかもしれないですがご了承ください・・・。

2005/11/18 悪いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 33021 ホスト:33021 ブラウザ: 5978
かつて、シーズウェアは、「これ以上作ってもユーザーの納得する作品を作る自信がない」とか言って、
このシリーズの終焉を宣言したはずなんですけどねえ・・・・やれやれだぜ。
んで、お話は過去のシリーズとの関連性について敢えて触れないことにしたんだとさ。下手に触れたら色々
ボロが出るからでしょうがね。

最大の不安材料は、シナリオを打越氏が手がけている点です。打越氏と言えばメモオフ二作やinfinity
シリーズ等で強烈な電波を発信しておられたお方です。
また電波でプレイヤーの脳をゆすぐようなまねをするんではないかと不安で不安で・・・・(苦笑)。

この評価板に投稿する




結果が得られませんでした。

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはゲーム版。その他メディアのページ: 漫画:EVE~new generation~
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声