[ゲーム]アースライト


EARTH LIGHT
RSS
ゲーム総合点=平均点x評価数1,136位6,028作品中総合点8 / 偏差値50.02
1992年ゲーム総合点34位206作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定3.00(最高)1
ゲーム性3.00(最高)1
映像2.00(とても良い)1
音楽1.00(良い)1
ストーリー1.00(良い)1
難しさ0.00(普通)1
考えさせられた100%1人/1人中
格好良い100%1人/1人中
面白い100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
制作:ハドソン
機種:スーパーファミコン
日本 発売日:1992/07/24(金)
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
1裏技詰め合わせ墨汁一滴 2012/08/191,206文字
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
3,57333
最近の閲覧数
1003000010
この作品をゲームとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/01/02 / 最終変更者:永田 / 提案者:消しゴム (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/01/04 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6890(87%) 普通:585(7%) 悪い:424(5%)] / プロバイダ: 10998 ホスト:11044 ブラウザ: 10172
宇宙が舞台のハドソン製シミュレーションゲームといえば、多くの方が「ネクタリス」の名前を挙げるだろう。硬派な見た目と高い戦略性…例えるなら将棋や囲碁に近いような、シンプルだが奥深いゲーム性で人気を博した名作である。本作「アースライト」は、その名作「ネクタリス」のスーパーファミコンバージョン
といえる姉妹作品だ。

その最大の相違点は、外観がゴリゴリのハードSFからアニメ系に変化したことと、ストーリー設定だろう。「ネクタリス」は月面を舞台にした作品であったため、戦場は岩ばかりで悪くいえば暗い雰囲気が漂っていたが、本作「アースライト」は宇宙を舞台に戦うお話。そのため登場するユニットも地上メインと宇宙メインで大きく異なる。加えてパステル調の明るい色彩を採用しているため、外見だけなら姉妹作品にはとても見えない全くの別物なのだ。

しかし、両方の作品をプレイした方であれば、そこに同じDNAを感じることができる。そう断言できるほど、戦闘システムやバランスが似通っている両作。簡単に類似ポイントを挙げれば、ユニットの生産が不可能な部分と、詰め将棋的な事前戦略の重要性になるだろう。

ユニット生産が不可能な本作において、唯一新たなユニットを入手する方法は浮きドックを占領すること。そのドックを最短で占領するルートを事前に考えるのが面白いのだ。

支援効果や包囲効果によって攻撃力・防御力が大幅に変動する特徴があるため、それも考慮に入れて部隊を進める必要もある。そのため、ドック占領にプラスして、被害を少なくするための進軍ルートなどを決め、その通りに敵軍を撃破したときの爽快感を味わうゲームといえるだろう。

2013/03/22 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:204(71%) 普通:25(9%) 悪い:59(20%)] / プロバイダ: 16791 ホスト:16753 ブラウザ: 4696
ゲーム未クリア。でも好印象を持つゲームです。

本格的硬派シミュレーションゲーム「ネクタリス」の流れを含むゲームであり、メカデザインやBGMの印象からネクタリスよりは少々ゆるくなってるかな?という気(錯覚)もしますが、このゲームも非常に硬派でやり応えのある良作です。
(悪い意味で言うと詰め将棋みたいな印象があった)ネクタリスよりも演出面が強化されてますすしBGMがとても良い出来なので結構燃えた思い出あり。

尚、全くの余談ですがアースライトのBGMがアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」のコンピ研のゲーム対決で使われてた時は思わずこのゲームを思い出しました(笑)

正直、シミュレーションゲームとしては非常に完成度の高い作品だったと思いますよ。
評価は「最高!」とします。

2007/11/09 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:503(56%) 普通:109(12%) 悪い:292(32%)] / プロバイダ: 49228 ホスト:49138 ブラウザ: 8090
PCエンジンの傑作SLG「ネクタリス」のSFC版です。

SDユニットから受ける外観とは裏腹にかなり高度なSLGで、
地形効果による射線の制限や武装の無効化、ドック争奪戦など1HEXの誤差も許さないシビアな戦略が要求されます。
個人的に間接射撃が出来るHU「ティタン」が好きでした。
BGMもクラシックをベースにしており、アニメ「銀英伝」をイメージしているのかもしれません。

基本的に相手が攻め込むのを迎撃するパターンでどうにかなりますが
地形ごと全てのユニットを消滅させる核武装ユニット「アバドン」が出るステージでは躍起になってドック制圧しました。

不満なのは、一度ユニットを移動させたらキャンセルできない事くらいですね。
相手の方が強力なユニットを最初から持っているのはお約束ですけど。

続編「ルナ・ストライク」は一転リアルな外観のユニット(デザインは大御所大河原氏!!!!!)で構成され、様々な指揮官を使って部隊を編成し地球へ攻め込む、というストーリーになっています。
(「イアソン」というユニットはほとんどガンダム)

評価:とても良い

この評価板に投稿する



2019/01/04 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 10998 ホスト:11044 ブラウザ: 10172 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事面白い/格好良い/考えさせられた 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
音楽良い(+1 pnt)
ゲーム性最高(+3 pnt)
難しさ普通


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ