[ゲーム]ドラゴンクエストIV -導かれし者たち-


どらごんくえすと4 / Dragon Warrior IV (Dragon Quest 4)
  • 感動
  • 面白い
  • 悲しい
  • 友情
  • 考えさせられた
  • 楽しい
RSS
注意: これはゲーム版。その他メディアのページ: 文学:小説 ドラゴンクエストⅣ -導かれし者たち-
ゲーム総合点=平均点x評価数17位6,027作品中総合点293 / 偏差値141.38
ゲーム平均点375位950作品中平均点1.52=とても良い/193評価
1990年ゲーム総合点1位188作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽2.04(とても良い)24
ストーリー1.85(とても良い)26
キャラ・設定1.69(とても良い)26
ゲーム性1.23(良い)26
映像0.92(良い)26
難しさ-0.29(普通)24
感動65%17人/26人中
面白い65%17人/26人中
悲しい54%14人/26人中
友情54%14人/26人中
考えさせられた54%14人/26人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

行方不明の子供達を捜す為に、王から遣わされた王宮戦士。
武術大会に出場する為に、御供を連れて旅に出た西国の王女。
世界一の武器屋を目指す商人。
父の仇を捜すジプシーの姉妹。
発売:ENIX ( 現 SQUARE ENIX )

シナリオ:堀井雄二
キャラクターデザイン:鳥山明
日本 発売日:1990/02/11(日)
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
1色々な事。ハートレス中学生 2011/11/179,946文字
2①モンスター図鑑完全網羅について ②世界樹の葉の複数所持Z-遁 2008/01/08514文字
3FC版の裏技小ネタ墨汁一滴 2013/05/23917文字
4小ネタ遊戯 2014/04/02724文字
5ライデインの意外な使用法 マヒャドフライ対策 ちょろっと経験稼ぎ 金稼ぎに最適な場所 一番早い戦闘スピード634 2014/09/031,771文字
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
攻略サイト
1. http://www.kirafura.com/dq/4/4.htm

攻略サイトの登録は階位5000位以内の論客の方はこちらから、それ以下の論客の方はこちらから情報提供して下さい。
公式サイト
1. http://www.square-enix.co.jp/dragonquest/
101,218234193
最近の閲覧数
1241280323
2人の方がこの作品がゲームとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2008/09/15 / 最終変更者:普通の女の子 / その他更新者: 634 / に〜ぷ〜 / カトル / altema / 提案者:myu (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/03/26 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:652(69%) 普通:114(12%) 悪い:176(19%)] / プロバイダ: 20576 ホスト:20533 ブラウザ: 5515
【良い点】
章ごとに主人公が居て最後に一本化(プレイヤーの分身主人公が最終章に登場で集結というのは今でも異例だし、重厚さがあった)、キャラクター性の開拓などドラクエを大きく前に進めた
【悪い点】
PS版のピサロ救済話。強引な蛇足にしか見えない。主人公にとっては怨敵過ぎるし、恋人が殺されなくても最初から人間を嫌って滅ぼすつもりでいたなどファミコン版でも主人公側からすれば倒すべき悪ではあった(あくまで敵の掘り下げだったのでは)。表題なしのとってつけたような第六章が当時に言及された容量問題で削った話だったのかは疑問。個人的にはかえって結末がスッキリしなくなった
【総合評価】
良い部分に関してはリアルタイムでは相当な冒険だが、4キャラ人気でも分かる成功が現在でもドラクエを生かしているのではとさえ思う(変わらないのがドラクエなんだには疑問)。評価は「とても良い」寄りの「良い」

2018/08/12 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:177(94%) 普通:12(6%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 4414 ホスト:4446 ブラウザ: 5819
【総プレイ時間】
相当な時間プレイしていましたので覚えていません(FC版をプレイ、最終パーティーは主人公、ライアン、アリーナ、クリフト)。

【良い点】
・全5章(リメイク版では全6章)のそれぞれの「導かれし者たち」を主人公にして最終章となる第5章で本来の主人公(男性:ソロ、女性:ソフィア)のもとへと全員集結していくという壮大なオムニバスストーリー。
・馬車システムが取り入れられた事で4人以上(最大10人(NPC含む))のパーティーを組めるようになった点。
・すぎやまこういち氏作曲のBGMが変わらず素晴らしいだけでなくFCのゲームにしてはフィールド曲が全6曲、戦闘曲が全4曲と豊富な点。
・主人公以外の仲間をいちいちコマンドで指示する事なく6種類の「さくせん」に合わせてオートで動かせるようになったAIシステムが初めて取り入れられた点。
・カジノで遊んだりちいさなメダルを収集したりしてレアアイテムを入手するというやり込み要素。

【悪い点】
・今作から取り入れられたAIシステムが戦闘回数を重ねて学習するという仕様でクリフトがボス戦であるにも関わらず即死呪文のザキを連発する等といったようにお世辞にも賢いとは言い難い点。
・導かれしものとされるメインキャラ8人の強さの格差が激し過ぎる点(ex.賢さ以外の全ての能力が高くキラーピアスで2回攻撃出来て会心の一撃の確率の高いアリーナが基本的にスタメンになる事が多い中、ある意味ギャンブルと言える戦闘中に勝手な行動をするトルネコと打たれ弱くて死にやすいミネアはベンチ(馬車)にいる事が多い)。
・本来ならばすべての元凶であり真のラスボスでもあるエビルプリーストを倒すというシナリオが用意されていたものの容量の都合上泣く泣く削らざるを得なかった為に賛否両論になってしまったストーリー(リメイク版ではやや強引ながらも削られたシナリオが取り入れられました)。
・ドラクエにしては珍しくあるイベントをクリアすると入手不可能になるアイテムが存在する点。

【総合評価】
前作の「3」までの「ロトシリーズ」に変わって「天空シリーズ」へと一新したドラクエシリーズの4作目で今作では全5章(リメイク版では全6章)仕立てとなっているそれぞれの「導かれし者たち」を主人公にしたオムニバスストーリーとなっています。
前述のオムニバスストーリーも含めて馬車システムによって4人以上のパーティーが組めるようになったり仲間をいちいちコマンドで指示する事なく6種類の「さくせん」に合わせてオートで動かせるようになったりと当時においては画期的なシステムが特徴的でしたが、クリフトがボス戦でも構わず即死呪文のザキを連発する等といったようにAIがお世辞にも賢いとは言い難い所や本来ならば真のラスボスのエビルプリーストを倒すというシナリオが用意されていたものの容量の都合上削らざるを得なくなった結果賛否両論のストーリーになってしまった所といった欠点が目立っていましたので評価は「とても良い」です。
次に今作をプレイ出来る機会がありましたら今作の完全版といえるリメイク版の方をプレイしてみようと思っています!

2018/03/28 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:31(86%) 普通:2(6%) 悪い:3(8%)] / プロバイダ: 30848 ホスト:30965 ブラウザ: 9894
【良い点】
キャラ
BGM
ストーリー
アリーナ(強くてかわいい)

【悪い点】
なぜ4章だけ(ミネ、マー)戦闘BGMあるのに他の人はないの〜?w
馬車で控えてるより全員で戦った方がよいのではと思ってしまったw(ゲームのシステム上しかたないですがw)

2017/10/11 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:36(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 29819 ホスト:29829 ブラウザ: 5213
【良い点】
前作があれだけフィーバーしたにも関わらず、それとは別路線で、ここまでの物語を作るとは・・・
エニックス恐るべし。
物語を5つに分けるという発想は素晴らしい。
チャレンジしてる。

【悪い点】
「めいれいさせろ」が使えなかったところ。
リメイク版では修正されたので、問題なし。

【総合評価】
トルネコ編では、はじゃのつるぎを自分が買うために、売らずに残しておくずるさを覚えた。
アリーナ編では、分身するベロリンマンに苦戦したなあ。
ライアン編では、人間になりたいと思っているホイミスライムに対して、
「絶対無理だ、あきらめろ」
とライアンが答える四コマ漫画を思い出して、笑ってた。
(物語では、ちゃんと人間になっています)
ミネア編では、カジノのコインが増える裏技を使って、はぐれメタルの盾をちゃっかり頂いていた。
勇者編では、シンシアの自己犠牲にたじろいでしまった。
勇者であることは重すぎるよ。
それぞれの章で思い出がある。素晴らしいね、ドラクエ4は。

[推薦数:1] 2017/05/14 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:410(55%) 普通:50(7%) 悪い:285(38%)] / プロバイダ: 7368 ホスト:7334 ブラウザ: 8808
本作品はシリーズ4作目の作品でして、元はFCのRPGですね
PS版もある本作品ですけど、今回DS版のリメイクをプレイしてみたので、適当に評価しようと思います

<良い点>

まず、この本作品の良いところと言えば、やはりストーリー面でして、この本作品はシリーズの中でも異例の作品となっており、
各シナリオ毎に章を設けており、計5章のストーリーから成り立つ作品です
この各章に関して言うと、賛否両論だったせいか、次回作からはいつもの仕様に戻しましたが、
基本的には主人公メインではなく、各仲間キャラを中心とした話で進行して行くので、各仲間キャラ達の掘り下げに関しては、普通に良く出来ていたんじゃないかと感じます

本作品の主人公に関しては、5章になってようやく操作出来る様になるのですが、それまでは個性溢れる仲間キャラ達を主人公としてシナリオが進行して行くので、
ストーリー的には馴染みやすく、前作の仲間キャラに関して言うと、基本的には全く喋らないキャラでしたので、正直前作のストーリーは全く面白いとは思わなかったんですけど、
この今作では見事その難点を克服出来ていたので、この点なんかは1番評価出来るところでした(やはり、仲間キャラが喋る方がストーリーは面白い)

「導かれし者」という名の通り、各仲間キャラが主人公を捜して合流する展開などは、王道らしくて良かったと思いますし、
デスピサロの野望を打ち砕くために、各仲間キャラが各地で奮闘するその姿は、やはり本作品で特に良いところでした

また、ゲーム難易度の方も丁度良く、シリーズとしては珍しく、非常に短いラスボスダンジョンなんかが物凄く良い例ですが、
作品自体は明らかに初心者向けの内容となっており、シナリオも分かりやすい内容だったのも良かったと思います

<悪い点>

この本作品の最大の難点としては、「テンポがかなり悪い」という点で、元々個人的にですが、「主人公が3人以上いるRPG」というのは基本好きではなく(一部例外もあるが...)、
例えば、3人以上主人公がいて、皆それぞれ◯◯編、◎◎編、××編とか、こういう系のRPGですね
個人的にこういう系のRPGは好きではないタイプなので、正直な話そこが嫌でした

理由を簡単に言うと、「せっかく所持金、レベルを稼いでも、別の章ではリセットされてしまい、また最初からになるから」という点でして、
本作品は基本的に、1〜4章までに関しては、次の章に移ったとしても、引き継がれる要素が一切なく、
中でも最悪なことに所持金に関して言うと、1〜5章まで全て一切引き継ぎ不可という有様です(3章では大量に所持金を稼げるので、大量の装備品を購入して、5章で売りまくるしかない)

5章になると、各仲間キャラが合流する際、ようやく手持ちの所持品が主人公に引き継がれますが、
基本的には、1章〜5章にかけては、「所持金が0、レベルは1、装備品は最弱」という状況で各章がスタートするので、
まず、各章でキャラを念入りに育成する必要性があるので、ここが本作品が前作を絶対に超えられない部分でしたね(テンポが良かった前作とは真逆の作品)

前作では、シナリオ冒頭から自由に職業を選択出来、またパーティーメンバーも4人設定と、冒頭から自由に1軍キャラを固定出来る仕様でしたので、そのテンポは非常に良かったんですけど、
今作に関して言うと、やはり各章に入ってしまうと、各仲間キャラ8人分の育成を念入りにする必要性があるので、ここな辺は物凄く嫌でした
上記でも述べた様に、基本的にこの手のRPGは好きじゃない主義なんですが、まだ、「ドラクエ」だから良いものの、
他のRPG作品だった場合、間違いなく敬遠した作品だと感じるほどです(こういう系のRPGは、引き継ぎ要素がない傾向が多いので、テンポが超悪いから嫌い)

また、「育成が面白くない」という点も難点でして、主人公の様に万能キャラだったり、クリフトの様にひたすら徹底した回復要員だったり、
アリーナの様にひたすら物理アタッカーとして育成したり、こういう育成は確かに面白いのですけど、他のキャラに関して言うと、基本的には全く育成が面白くなく、
キャラ的な性能に関しても、物凄く中途半端な存在ですので、そこもかなり嫌な部分でしたね

例えば、ブライ、マーニャなんかは魔法使い系のキャラですけど、覚える呪文の数が非常に少なく、しかも使える呪文が少ないので、基本的には殆ど使用しませんでしたし、
ミネアは超中途半端な回復要員で、ベホマラーやザオリクを覚えないのに、中途半端に攻撃力が高く、アタッカーと回復役の中間に位置するキャラで、正直超中途半端でした
ライアンは装備品はかなり強力なのですけど、半ば主人公の劣化版の様なもので、呪文などは一切覚えないので、だったらキラーピアス装備したアリーナで十分でしょうし、
トルネコに関しては完全に問題外で、5章になると戦闘中の命令などを聞かないキャラになってしまうので、1番扱いにくいキャラで、
しかも、ライアン同様に呪文なども一切覚えないので、正直殆ど面白味がありません(あの全滅しても金が減らない便利な金庫とか、5章になると見事消滅するのも超最悪)

おまけに酷い点は、本作品は売店などで装備品を購入しようとしても、基本的には装備出来ないキャラがめちゃめちゃ多く、
次回作では改善され、各キャラが多くの装備品を装備出来る様になりましたけど、装備出来ないキャラが多過ぎです

例えば、ある街や村で武器を購入しようとしても、主人公とライアンしか装備出来ない武器ばかりだったり、こういう系の仕様が非常に多く、
それ故に、「仲間キャラを強化する楽しみ」というのも一切ない作品ですので、こういうところはかなり残念でしたね

シナリオ後半以降では、はぐれメタルが大量にいるダンジョンがあるので、そこでレベル上げをしてれば、容易にクリアレベルにまで達成出来る件は評価出来ますが、
根本的なテンポの悪さはどうにもならず、ここな辺で大きく評価を下げてると言えます

また、本作品からは馬車システムを導入してますが、この馬車は所謂2軍キャラ用にあるものです
しかし、基本的に各ダンジョンに突入してしまうと、この馬車を連れてダンジョン内に侵入出来ないので、馬車要員のキャラに経験値が一切回らず、
一部のダンジョンの様に広い場所ならば、馬車も連れて行くことも出来ますけど、この馬車に関しても、便利な様に見えて実際は不便ですので、
だったら、基本的にダンジョン内では常に連れて歩ける様な仕様にすべきでしたね

後の作品になりますけど、「ドラクエ6」「ドラクエ7」なんかは、味方キャラ全員にベホマラー、ザオリクなどを覚えさせることが出来、
様々な呪文や特技を自由に習得出来る様になる便利な仕様なんですけど、こういう系の仕様(この仕様ならば、馬車は別にいらない)ならともかく、
次回作にも同じことが言えますけど、基本各キャラが固有技しか覚えないのであれば、このような馬車はもっと使いやすくすべきでした

ストーリー面に関しての不満と言えば、やはりデスピサロ関連が多少不満があった展開で、
この彼は元々魔族の人間なのですけど、この彼に関して言うと、正直キャラとしての掘り下げが足りませんでしたね
一応、クリア後に仲間になるキャラではありますけど、5章までの彼は出番がかなり少なく、
また、ラスボスダンジョンへ行くと、彼が超急にデスピサロの化け物になってしまうという有様で、展開に疑問符が付くことが多かったです
彼自体の出番や描写は非常に少ないので、キャラ的にはかなりインパクトが薄く、
だったら、前作のゾーマみたいに最初から純粋な魔王とかの方が、よりインパクトがあったんじゃないかと感じました

<総評>

この本作品は、「ドラクエ3」「ドラクエ5」の間の作品で、基本的には軽視されがちな傾向が多く、過小評価もされやすい作品だとは思いますけど、
やはり、上記で述べた様に、作品自体のテンポがかなり悪いので、そこで大きな差をつけられてるんじゃないかと思います

ストーリーに関して言うと確かに普通に良く、各キャラに上手くスポットを浴びせていた件は評価出来ますし、全体的に基本シナリオに関しても良く、安定していたと思いますが、
やはり、1〜4章までの各章毎に引き継ぎ要素が一切ないのが特に致命的で、もし引き継ぎ要素があった場合、評価も全然変化するほどです

それ故に作品に関して言うと、普通にこの評価(「とても良い」)なんですけど、かなり勿体無い作品でもありますね(システム面を改善すれば、もっと良い作品になりますけど...)

しかし、作品自体はかなりシリーズ初心者向けの作品ですので、そういうシリーズ未プレイ者を考えると、オススメする作品でもあります(初心者から見ると超馴染みやすい作品)

2016/05/19 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:35(76%) 普通:7(15%) 悪い:4(9%)] / プロバイダ: 5610 ホスト:5645 ブラウザ: 10229
【総プレイ時間】
255時間振り切り

【良い点】
元祖RPGの超大作。シナリオ・仲間・冒険、RPGとはこうあるべきだと感激するほどの完成度を誇る名作だ。

びっくりすることに、大体失敗するはずのリメイク版が神がかって面白い。悲しい最期を迎えた宿敵デスピサロが仲間になるのだ。この感激は、ファンにとって計り知れない。

【悪い点】
さらにリメイク後のラスボスが小物過ぎた点かな。え、デスピサロと組んで倒す相手が雑魚ですかと…まあ悪いまでは言わないが物足りなかったかな。神や魔王を相手にする位の超スケールができれば欲しかった

【総合評価】
シナリオや追加要素はもちろん、カジノやトルネコのお店など、サブ要素も非常に楽しめる名作だ。やはりこの頃の製作者は、プレイヤーの立場に立っていかに楽しめるかを突き詰めていたんだなあと感動してしまう程の内容が詰め込まれている。

2015/10/04 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:519(54%) 普通:201(21%) 悪い:246(25%)] / プロバイダ: 13860 ホスト:14078 ブラウザ: 5171
今年25周年。それに因んでか評価が相次いでいるDQ4。
私も半ば便乗する形で評価させてもらう。

ロトシリーズも完結し、次にエニックスが送り出すのは「天空シリーズ」。
前作で生まれた職業という概念を活かし、各自にしっかり設定・キャラ付けを行ってからそれぞれをオムニバス形式で主役に据える。
そのことがキャラゲーとして優秀な一因となっている。RPGの楽しさが世間に浸透したこの時期にうってつけの判断。
馬車を使った、総勢8人でのパーティによる楽しさ。会話コマンドが追加されてからより一層個性が際立つ。

魔物と人間との関係について、考えさせられるようなストーリー展開も特徴的。
勇者には勇者の、魔王には魔王の大義がある・・・・そんな作風が、世界観にダークさを織り込んでいる。
前述のオムニバス制と相まってドラマ性に深みをもたらす。
NPCの重要性に気付く第1章、初のパーティバトル第2章、一獲千金を目的とする異色の第3章、勇者に次ぐ敵の被害者が紗役の第4章、そして全員集合の第5章。ここまでテンポよく進み比較的簡単。
個人的にはパノンのネタが聞きたくて各所を彼と一緒に旅したものだ。

高水準のグラフィックや立体的なグラフィックも魅力。

難点を挙げるなら。
FC時代からはAIの「死んで覚える」スタイルはいろいろと厄介で、これによりザラキ神官がネタとして有名になった。
リメイクで「命令させろ」が追加され、AI自体も改善されたことでより役に立つようになった。

リメイク版からはピサロに対する依怙贔屓の権化ともいえる第6章は、未だに賛否両論。
なぜ故郷の仇である彼にここまで尽くす必要があるのか。このあからさまな後付設定は、ピサロに肩入れしすぎな人が考えたんじゃないかな。

【総合評価】
問題点はあれど、今なお名作として語り継がれるだけの価値はある。時代は感じるけれど面白い事に変わりはない。

2015/09/22 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 21252 ホスト:21261 ブラウザ: 7420
【総プレイ時間】
80時間

【良い点】
主人公がパーティーの中で1番強い
マーニャとミネアが絶世の美女
アリーナが可愛い顔して憎らしい攻撃力
クリア後のロザリーヒルで起きるイベント
ブライの罵り具合

【悪い点】
トルネコが戦闘で真面目に戦ってくれない
ライアンの加入が遅きに失した状態 アリーナとミネアが貴重な戦力過ぎて使い道がない

【総合評価】
ドラクエシリーズの中で8の次に好きな作品でした。主人公が世界を救うため強大な悪に立ち向かうストーリーが
色濃く描かれていたからこそデスピサロを倒した時の達成感は半端無かった、マーニャとミネアが女性の憧れ
であるだけでなくパーティーからどうしても外せないほどの戦闘能力、またやる機会があればこの2人を
先頭に立たせた状態で冒険を進めて見ようかなと思っています。戦闘に入った時の音楽は鳥肌物 序盤で無双したいのなら4章で鍛えるだけ鍛える必要があるのも大きな長所 だけど僕もそこまで根気強くないから難しいかも、久しぶりにやった結果本当に鍛えるだけ鍛えちゃった(笑)だけど結局
キングレオを倒すまでには至らず、ただでさえ敗北前提なのにべホマを使ってくるキングレオをどうやって倒せと?5章ではメラゾーマなり
バギクロスなりでズタズタに出来るのによー!!

アリーナが今まで見た姫の中で変わった性格をしている 確かにこれまでの行動を見ればわかるように野蛮人で
ある事は否定できない物があるけどこの子だって国の未来をしっかり考えている あの顔であの攻撃力は反則物
何せライアンを上回ってるんだぜ あっちは攻撃力以外にこれといったとりえはないけど
このシリーズに出てきた女性キャラの虜になった人はたくさんいたであろう 僕もその1人だけど(笑)
ブライの罵り具合も目が離せなかった、勿論印象に残るセリフもある 罵る場面だが「どこの馬の骨ともわからぬアホーども」には爆笑した
我輩でもそこまで思いつかんぞ 次に印象に残るセリフ「野心は時に人を狂わせる・・・・・。人間も魔族もそれは同じ事」
これは生涯忘れられそうもないな

このゲームやった人の事も考えると今更書くまでもないがミネアが妹としてマーニャを招待させたがらない場所トップスリーも出しちゃいます。

1位・カジノ
理由、お金が無くなるまでやり続ける、うわぁー我輩なら彼女候補に入れていたとしても見た瞬間即キャンセルだな

2位・酒場
理由、飲みだしたらその場から離れない これは下手するとその店員から入店拒否喰らうかもだな

3位・あたかも男性がすり寄ってくる場所
理由、目立ちたがる まぁどこにでも1人ぐらいはいるからなぁこれが

三つ目の奴なんだけどそれであってるよな?

クリア後のロザリーヒルで起きるイベントも中々良かった、世界樹の花でロザリーを生き返らせた後にピサロの記憶を取り戻させる、
好き嫌い分かれてるなぁ、確かに死んでしまったのに生き返るのはご都合主義かも知れない、僕はこういうのも好きだけどね
リメイク版では下克上を送ったエビルプリーストが真のラスボス、こちらも攻略本に出ているので後付け設定ではない

トルネコがバトルで真面目に戦ってくれないのは見ててイライラするよな、これが原因で僕は戦闘にトルネコを出すのを拒否するようになった
ライアンの加入が時既に遅しって感じだった、実力は高い、でもこの時点でミネアとマーニャがいるので不要
再びプレイして更にハマってしまった気がする

2015/09/06 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:558(58%) 普通:237(25%) 悪い:160(17%)] / プロバイダ: 35549 ホスト:35436 ブラウザ: 7870
【良い点】
・章ごとに分かれたストーリー構成
・第5章でそれまでのメンバーが仲間になった時の嬉しさ
・馬車システムの導入

【悪い点】
・トルネコの章がイマイチ。仲間になった時も使い道がない
・仲間が多くなったことで、使わないキャラがどうしても出てしまう

【総合評価】
ドラクエⅢと並んでシリーズの中でも好きな作品。ドラクエⅣでは、いずれ仲間になっていくライアンなどを中心にしたエピソードをオムニバス
形式で前半進めていくわけだが、これが個人的には大ヒットだった。トルネコはあまり合わなかったが、それ以外はしっかり練り込まれたストー
リーで楽しめたし、こういう形でプレイすることで第5章で勇者の仲間になった時の喜びもひとしおだった。
ドラクエⅢでは、職業を変えられる分、仲間が無個性になってしまっていたが、ドラクエⅣでは各キャラの顔がしっかり浮かぶ。

今回から仲間の人数が増えたことで馬車システムが導入されたが、これによって好きなキャラをパーティーに組んだり、ケースによってパーテ
ィーを組み直したりする楽しみが増えた。ドラクエⅢでは仲間を入れ替える時はルイーダの酒場に行かないといけなかったが、馬車システムに
よって手軽になった点は嬉しい。
しかし、その反面どうしても使わないキャラが出てしまうのは少し寂しい気もする。

ゲームのボリュームとしてはこのドラクエⅣまでが許容できるラインだった。

2015/09/04 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:14(61%) 普通:2(9%) 悪い:7(30%)] / プロバイダ: 34070 ホスト:33957 ブラウザ: 5716
【総プレイ時間】

FC版はかなり昔なので記憶にない。
PS版は50時間強。

【良い点】
・魔族であるピサロにまつわる、善と悪で割り切れないストーリー。あの時代によくこのような大人向けの設定を取り入れたもの。
・PS版でのエンディングで、主人公が自分の身代わりとなった女の子と抱き合うシーン。あれはちょっと泣けた。
・PS版のディスク一枚のボリューム。読み込み時間もなく、その辺りのストレスはない。

【悪い点】
・ゲーム設定ありきで作ってしまったキャラ達。無理やりドラマを盛り込んでプレイヤーに愛着の押し付けをしているよう。
・勇者が出てくるまでは前フリでしかなく、しかも長いのでダルかった。
・トルネコに使い道無し。
・ドラクエはいつもだが、次にどこに行ったらいいの?となる。きちんと情報を出して欲しい。
・ルーラに登録されない町が多数。これは完全な手抜き。
・愚鈍そうなモンスターが呪文を唱えてくる。不似合で違和感が強い。
・様々な攻撃をしてくるモンスターがいるが、無駄にバトルを長引かせるだけにしかなっていない。
・天空城があまり重要になっていない。マスタードラゴンに威厳無し。

【総合評価】
FC版とPS版をクリアしていますが、FC版の記憶があまりなくPS版メインのレビューになります。
みなさん高評価を付けられていますが、自分はこの作品をあまり楽めませんでした。それはなぜなのか、分析したいと思います。

ストーリーは良かったと思います。
魔族であるピサロと、エルフのロザリーの出会いにまつわるストーリーは正義や悪で割り切れるものではなく、単純な完全懲悪ものだったドラクエ3までとは一線を画すものでした。(ただし、自分は勧善懲悪ものの3までが好みですが)
PS版で第6章が追加され、ロザリーが復活してピサロが仲間になる、というのはこの作品はピサロの物語なのだ、という製作者の意思表示でしょう。正直この判断はなんかご都合的とも感じるのですが、あくまで子供が遊ぶためのゲームであるということを考えればそれでよかったのかもしれません。

エンディングはよかったと思います。勇者が故郷に帰り、不思議な力で自分の身代わりとなった女の子が復活して抱き合うシーンは結構泣けました。
あと操作性もよくボリュームもディスク1枚。読み込みに時間を取られず、この辺りの出来栄えの良さは流石でした。

ここから悪い点です。この作品は戦士や魔法使いと言った、3で登場した役職ごとにキャラを作り、パーティーを組むという形を取りました。しかしこれではキャラが多すぎです。
そもそもユーザーはそこまでドラクエに出てくるキャラに、個性やストーリーを求めているのでしょうか。
せいぜいが見た目のカッコよさや戦士の持てる武器がどれだけ強力かとか、魔法はどんなものが使えるか、程度だと思います。

とはいえ作ってしまった以上、各キャラを立たせなければならない。それがキャラごとに章を作って勇者に出会うまでのストーリーを持たせた理由だと思います。
しかしこれが面白さに繋がったかどうか。自分には第5章までは前フリにしか思えなかったし、なによりも長い。印象に残るエピソードもあまりなくて、第5章でアリーナの偽物だったやつとか出てきても、そんなのいたっけかな?としか感じなかったです。

そしてトルネコが使い道が無くて本当に余計でした。バトルでは足を引っかけたとか、めいれいさせろでもちゃんと攻撃してくれないから使えたもんじゃない。特に「みせる」コマンドのアイテムの説明も曖昧で、全然役に立つ情報をくれないのには呆れてしまいました。レベル上げのために「くちぶえ」を吹かせることしか使い道がなかったです。

次にゲームとしての欠点ですが、これはドラクエにありがちなんですが、途中でどこに行ったらいいのかわからなくなります。原因は単に情報不足です。町の住民すべてに話を聞いてもわからないことが多い。何よりピサロが味方になった時、デスパレスに行けばいいという情報やヒントが全然なくて、アリーナに「もしかしてどこに行ったらいいのかわからないの?」と言われた時は頭に来ました。このセリフが用意してあるということは、製作者はこうなると分かっていたということです。こうなると手抜きとしか思えません。

手抜きと感じたのはルーラで行けない町がいくつもあることに感じられました。ルーラは一度行った町に行けるようになるものなのに、なぜ行先に登録されない町があんなに多いのでしょう?
これは完全な手抜きであり、製作者の怠慢だったと思います。

次にバトルについてですが、なんか見た目にそぐわない呪文や特技を持ったモンスターが多すぎです。アニマル系の知能が低そうなモンスターが呪文を唱えてきて、見た目に全然そぐわない。
このためバトルが長くなりがちでイライラしました。こちら側全員にダメージを与えるような特技が多いし、一つのターンで複数の攻撃を仕掛けてくるのも多い。大声で脅かすとか意味不明な特技がさらにバトルを長引かせてさらにイライラ。変な所に盛り込み過ぎだと思いました。

あと最重要拠点であるはずの天空城が印象薄いんですよね。天空城に行く必要性や、マスタードラゴンに何度も会う必要性もない。一回行ったら後はクリア後ぐらいしか行く理由が無い。天空城もマスタードラゴンもただいるだけ、って感じで存在感なかったです。

これら色々な欠点が多くて、自分はこの作品を全然楽しめませんでした。良い点もあるのですが、全体的には【とても悪い】としか評価出来ないです。

[推薦数:1] 2015/07/17 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:113(59%) 普通:29(15%) 悪い:49(26%)] / プロバイダ: 811 ホスト:860 ブラウザ: 4697
PS版ベースの評価、少しネタバレあり
ファミコン版はクリア済、7年くらい前に再プレイした時は古臭さからかつまらなくて5章途中で止め
なのでプレイ前の印象はあまりよくなかった

【総プレイ時間】
今回のプレイでは34時間ほど

【良い点】
◆快適性
まず挙げたいのがこれですね
ウインドウ回りの使いやすさ、レスポンスの良さ
戦闘時だけはボタンのレスポンスにやや不満があるが、それでも水準レベルには達しているかと
ロードの速さは特級、ほぼ読み込みを感じることがない
戦闘終了後だけわずかに間があるが、これはドラクエ特有の▼があるための間も取ってあるんだろうし、
他のPSソフトに比べたら圧倒的に速いですね
その代わりフリーズが他のゲームよりあるようですが、このテンポの良さの前では全くデメリットにはならないですね
フリーズしてもやり直せばいいやと思える
FF8やサガフロ2でもフリーズしたのだが、これらの場合は「うわぁ、またやらないとなのかよ・・・」
という風に感じましたもん
快適さって大事、ちょっとプレイしようかなと思った時に気軽に電源を入れられるし

◆シナリオ
主人公側の正義と敵側の正義、その裏には更なる敵が、、、
っていう今となってはありがちな展開ですけど、ファミコンの時代によくこのシナリオを考えてたなと感心します
それぞれのキャラの動機付けが分かりやすいのもよかった
6章
賛否あるのは分かるが、個人的には追加シナリオとしてはとてもよかったと思う
“世界樹に咲く花でエルフが生き返る、そのエルフの流したルビーの涙で魔王が正気を取り戻す"
この部分がとてもいい、これぞファンタジーですよ。ファンタジーの教科書があるなら書いておいてほしいくらいですw
6章だけ世界観がちょっと違うな、というのは感じるんですけど全体通した流れとしては素晴らしいかと

◆ゲーム性
キャラクターのゲームとしての個性がしっかりしてますね、ステータスや覚える魔法の振り分けが上手い
どのキャラを選んでもいい所、悪い所が出てきて、悪い所はプレイングで補っていく。この辺のバランスが上手い


【悪い点】
◆4章まではダレる
レベル1から何回もやらないといけないのは面倒くさい
ザコ敵も被ってることがあるので飽きてくる
この点はライブアライブがよかった、章ごとに違う敵が出てくるのでマンネリになりづらかった
ドラクエ4の世界観なら同じ敵が出てくるのは当たり前といえば当たり前なんですけどね、、、

◆他に少し気になった点
5章終盤で先制攻撃されることが多い
戦闘に勝ったあと宝箱が出る確率が低い(私の運が悪かっただけの可能性もあるが)

あまりないのだがあえて書くならこの2つくらいですかね
これらは完成度が高いがゆえに感じてしまう、程度の物だと思います

【総合評価】
やはりドラクエは押し付けられないのがいい、自分の好きなように感じれるので受け入れやすい
ちょっとしたセリフでも入ってきやすくじんわりくる、テキストの秀逸さもあるか

評価は 最高!
がっかりするんだろうな、と思いつつ始めてみたがそんな思いを見事に吹き飛ばしてくれた
ちなみにファミコン版は 普通〜良い 程度の評価だったと記憶している

2013/07/24 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1502(52%) 普通:732(25%) 悪い:647(22%)] / プロバイダ: 19416 ホスト:19421 ブラウザ: 6215
全員の物語を操作して進め、それがやがてひとつのパーティとなる。
まさに導かれし者たちというサブタイトルに相応しい内容です

ドラクエとしては異質のストーリー運びですが物語性を高めている要因になっており
キャラを活かす造りなのは前作のドラクエ3の反動なのかもしれません

一大ジャンルである
ローグライクシリーズを生み出したトルネコさんの初登場ゲームであることを考えれば
後のゲーム界に与えた影響は大きいです

2013/06/11 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:173(79%) 普通:32(15%) 悪い:14(6%)] / プロバイダ: 38555 ホスト:38681 ブラウザ: 5941
【総プレイ時間】
SFCPSで各々2回クリア(多分)

【良い点】
・5章にまたがるオムニバス形式の斬新さ。1章から5章にかけて徐々に核心に迫るストーリー展開

・1〜4章では全員が重要なので、どのキャラにも結構愛着がもてる
あとホイミンがかわいい。Ⅴの仲間モンスターシステムの親的存在

・各章のフィールドの曲がその章の雰囲気にマッチしていて非常に心地よい

【悪い点】
・FC版で「めいれいさせろ」がなく、AIもイマイチ
期待した呪文を使ってくれないケースが多く、どうしても打撃重視のパーティになってしまう
(DQはV以降打撃偏重呪文軽視になったと言われるようですが、個人的にはⅣ以降だと思います)

・6章は・・・どうなんだろう
少なくとも某キャラにも彼を許した主人公にも共感はできません

・ラスボスが弱い。勇者がLV30台前半でも余裕で勝てたような

【総合評価】
FC版はストーリーは◎だけど戦闘面がもう一つ
PS版は「めいれいさせろ」のおかげで戦闘は快適になったが、ストーリーは?
どちらも面白いのは間違いないのですが・・・評価は両作とも良いにしておきます

2013/05/03 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:363(71%) 普通:78(15%) 悪い:73(14%)] / プロバイダ: 27396 ホスト:27394 ブラウザ: 5387
【良い点】
☆オムニバス形式。当時としては画期的だったと思う。
☆トルネコの章は武器屋が主人公でほんの束の間だが店を持てるのが楽しい。
☆ジプシーダンス。ドラクエ屈指の名曲。
実はボツ曲だったらしいが、スタッフが気に入って採用にこぎつけた。
しかもそれを戦闘曲にするというセンス。
5章ではマーニャかミネアを先頭にすると戦闘曲がジプシーダンスになるので
よく使ってました。
☆AIの搭載。クリフトがアホだと話題になったが。
☆建物が疑似立体的。ファミコンとしてはよくがんばったと思う。
☆洞窟が個性的。一度クリアした後更に奥に進む洞窟もあるのは感心した。
☆勇者イラストがドラクエで一番かっこいい。女勇者もいるのは女性プレイヤーには嬉しいだろう。
☆ラスボスのピサロのエピソードが悲しげで同情の余地あり。
☆シンシアのはねぼうし。売るとお金になるが
ゲームとはいえ形見の品を売っていいものか、プレイヤーが試された。
こういうところが堀井さんの凄い所。
ちなみに自分はどうしたか覚えていない。(それが一番ひどいだろうか?)
☆5章で仲間になる順番はよく考えられてる。
2章の3人が一番最後というのは良かったと思う。
戦力が安定する3人なので。

【悪い点】
★良い所でもあるんだが、
勇者のイラストが主人公キャラとしては
かっこ良過ぎるかも。
隙が無さそうな笑顔なので感情移入しにくいかも?

【総合評価】
ドラクエ7が「鬱」なら
このドラクエ4は「哀」といったところでしょうか。
悲しげなシーンが多いです。

2012/08/06 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5(83%) 普通:0(0%) 悪い:1(17%)] / プロバイダ: 8075 ホスト:8302 ブラウザ: 7290
【総プレイ時間】
50時間くらい

【良い点】
・ストーリー
・キャラクター
・音楽
・世界観

【悪い点】
・トルネコの章が面倒
・キャラの強さに差が・・

【総合評価】
かなり楽しめました!
一番最初にやったドラクエということもあり、評価は最高で。

もっと読む

「(このレビューは、ファミコン版とNintendoDS版プレイ後のものです。)ドラクエのロトシリーズと言われる前三...」 by ふるふるP


次のページを読む

この評価板に投稿する


2018/08/12 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 4414 ホスト:4446 ブラウザ: 5819
FC版をプレイしていましたので「838861枚」や「8逃げ」には随分とお世話になりました(苦笑)機会がありましたらこのゲームの完全版ともいえるリメイク版もプレイしてみようと思っています!

2019/03/26 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 20576 ホスト:20533 ブラウザ: 5515 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事楽しい/面白い/交友に役立つ 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像良い(+1 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)
ゲーム性良い(+1 pnt)
難しさ普通

もっと見る
1. PC版の作品検索のデフォルトを表版に & 評価の高さ順等での並び替えオプションが利用可能に by 管理人さん
... 1 ゲーム ドラゴンクエストV -天空の花嫁- 3位 202.44 611.8 2.20 / とても良い 417 117,811 2 ゲーム ドラゴンクエストⅢ -そして伝説へ…- 4位 184.38 540.56 2.26 / とても良い 297 95,621 3 ゲーム ドラゴンクエストIV -導かたち- 20位 ...
記事日時:2008/12/31
2. ドラゴンクエストIV::第五章「導かたち」(4) by エスパー
... た。 第五章「導かたち」(4) 気球をゲットたことにより、山に囲またエリアへ向かうことが出来た主人公一向。 向かうことが出来るエリアは世界の中心、以前ミントスで世界一の商人からもらった宝の地図のありか。 二つしかないけど前回書いたオート移動仕様は便利なので船より重宝ています。エンカウントないね。 ...
記事日時:2007/12/01 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはゲーム版。その他メディアのページ: 文学:小説 ドラゴンクエストⅣ -導かれし者たち-
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ