[ゲーム]電脳戦機バーチャロン オラトリオタングラム


CERO:A(全年齢対象)

でんのうせんきばーちゃろんおらとりおたんぐらむ / Cyber Troopers Virtual-On Oratorio-Tangram
RSS
ゲーム総合点=平均点x評価数838位6,029作品中総合点12 / 偏差値51.29
1998年ゲーム総合点50位269作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
制作:SEGA
デザイン:カトキハジメ
日本 発売日:1998
[発売日詳細]
1998 アーケード
2009/04/29 ver.5.66がXbox 360で配信
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
1隠しモード、隠しキャラなどの出現条件赤い水性のシャア 2008/07/021,179文字
2小ネタ墨汁一滴 2012/12/02384文字
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
攻略サイト
1. http://www1.atwiki.jp/vo_omg/
2. http://ot.virtual-on.com/

攻略サイトの登録は階位5000位以内の論客の方はこちらから、それ以下の論客の方はこちらから情報提供して下さい。
公式サイト
1. http://vo-ot360.sega.jp/
画像集サイト
1. http://vo-ot360.sega.jp/down.html
11,96044
最近の閲覧数
2110101000
1人の方がこの作品がゲームとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2009/04/23 / 最終変更者:管理人さん / 提案者:myu (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2015/11/04 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:223(61%) 普通:61(17%) 悪い:83(23%)] / プロバイダ: 45203 ホスト:45188 ブラウザ: 10198
今のゲーセンでロボゲーと言えば、「ガンダムVS」シリーズや「戦場の絆」といった、ガンダム関連の物を連想される方が多いと思います。

個人的にこの手のジャンルで最も思い入れの深かったのが、本作です。

さすがは体感ゲームの元祖とも言うべきセガだけにあり、
座って二本のバーチャスティックという、「レバー+ボタン」もしくは「ハンドル+ブレーキ+アクセル」といった今までのゲーセンの概念を取り除き、なおかつ、まるで本当にロボットを動かしているような一体感と臨場感を引き出していました。

有野はまだプレイしていないのかな?

2008/02/13 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:14(64%) 普通:3(14%) 悪い:5(23%)] / プロバイダ: 6475 ホスト:6348 ブラウザ: 4982
古いゲームですが、これは本当にはまりました。
圧倒的に自由に動ける3D空間というものを初めて体感できたゲームでした。
それに操作に対するレスポンスのスムーズさ、滑らかな動きに驚きました。
モーション1つ1つから見て取れるバーチャロイドたちの異様なまでの「人間臭さ」が
強いキャラクター性を感じることができましたね。
このゲームをやるまでは、ロボットが華麗に昇竜拳をするなど考えもつかなかったです。
ゲームの高速性、射撃戦・近接戦の取捨選択による高い戦術性など、
まさにこのゲーム独特のもので対戦も非常に楽しめました。
既にアーケードの初期バージョンの登場から約10年が経過しましたが、今なお色褪せない
ゲーム性、グラフィックとエフェクトには驚きです。
初代、フォースもそれぞれ異なる面白さはありますが、
この作品がシリーズで最も楽しいと思えました。

DC版も移植度は文句なしですし、なにより通信対戦が搭載されてたのが最高でした。
当時は通信料高いよ!ラグいよ! とか文句も言ってましたが、今にしてみると
人さえいればいつでも対戦できるのは凄かった、楽しかったなと思います。

2008/01/05 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:64(53%) 普通:19(16%) 悪い:38(31%)] / プロバイダ: 10986 ホスト:10942 ブラウザ: 6287
ドリームキャストを代表する名作ソフトの1本ですね。
この後、PS2でバーチャロンマーズ、SEGA AGES 2500シリーズの元祖バーチャロンが発売されましたが、総合的に見て
このオラトリオタングラムが一番面白かったです。

ツインスティックがあれば言うことは無いのですが、普通のパッドでもそれなりに楽しめる出来となっていました。

何といっても、右からのビーム、左からのボム(機体はテムジン)に優れたホーミング性があったことがよかったです。
特に、ダッシュで横に動きながらの右からのホーミング性のあるビームは相手に命中しやすく爽快感があり自分の攻撃
パターンには欠かせないもので非常に役立ちました。先に述べたPS2の2作品ではこの点が多少劣っていたのが残念です。

中ボス、最終ボス戦は結構苦労させられましたが、それらを撃破し、ゲームをクリアした後のどこか洋画のラストシーン
にも似た凝った演出には感動させられた記憶もあります。いわゆるロボットアクションゲームでクリア後に感動させられ
たのはこのゲームが初めてだったと思います。

総合的な評価は文句無く「最高」とさせてもらいます。

2005/08/31 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:16(67%) 普通:2(8%) 悪い:6(25%)] / プロバイダ: 35832 ホスト:35681 ブラウザ: 5978
アーケード版はかなりはまり、投入した100円玉は数知れず。
元々、SF物が好きなので画面を一目して、やりたい衝動に駆られました。pvpゲームで
重要なゲームバランスも良く、多少はあるにせよ、極端に強い&弱いメカは居なかったと
記憶していますし、それぞれの機体に特徴が持たさせていたと思います。
私のお気に入りの機体はライデンでしたね。他の機体の大半の攻撃はロックオン方向に
発射されてしまいますが、本機のレーザーは機体の正面にのみしか発射されないため、
この点を生かして、自由な方向に読み撃ちが出来たのが好きでした。レーザーの斜め撃ち、
キャンセル撃ち、一本撃ちとかテクも多かったですし。装甲の薄い機体であれば、極太
レーザーで一撃死も可能です。実際、開始直後にフェイイェンを一撃で仕留めたことも
ありました。逆に装甲は厚いものの、移動速度が遅かったので、回避テクも重要でしたね。

この評価板に投稿する




1. XBOX360値下げ 他 by ut
... 課金でというのは今のところ好きになれない。ネット対戦するにも環境の差がでると幅が狭くなるし。 まあ、セガには期待していいんだよね?バーチャロンが愛されすぎていて笑った。 >これに対し各パネリストからはポジティブなコメントが相次いだ。特に顕著だったのはセガの村山氏。村山氏は4月にXBLAで「電脳戦機バーチャロン オラトリオタングラム ...
記事日時:2009/09/02 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ