[ゲーム]新世代ロボット戦記 ブレイブサーガ


しんせだいろぼっとせんき ぶれいぶさーが / BRAVE SAGA
  • 熱血
  • 勇気貰った
  • 楽しい
  • 格好良い
  • 感動
RSS
ゲーム総合点=平均点x評価数808位5,991作品中総合点12 / 偏差値51.29
1998年ゲーム総合点49位268作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定2.00(とても良い)2
音楽2.00(とても良い)2
ストーリー1.50(とても良い)2
ゲーム性1.00(良い)2
映像0.50(良い)2
難しさ0.50(難しい)2
熱血100%2人/2人中
勇気貰った100%2人/2人中
楽しい100%2人/2人中
格好良い100%2人/2人中
感動100%2人/2人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

すべての始まりの時、世界は混沌に包まれていた。
天と地、光と闇、聖と邪、・・・・・・あらゆるものが溶け合った世界。
いわゆる無の時代である。

≪ STAFF ≫
製作:タカラ
アニメーション製作:サンライズ
キャラクターデザイン:久行宏和
日本 発売日:1998/12/17(木)
攻略法
(全リスト:50音順/更新順)
論客から提供されている攻略法は現在まだ存在しません。
(ログイン状態であり階位を持っていることが必要)
攻略サイト
1. http://www.geocities.co.jp/Playtown-Denei/9392/hpbravesaga2.html
2. http://www.geocities.co.jp/Playtown-Denei/9392/hpbravesaga3.html

攻略サイトの登録は階位5000位以内の論客の方はこちらから、それ以下の論客の方はこちらから情報提供して下さい。
公式サイト
1. 勇者聖戦バーンガーン|作品紹介|サンライズ
オープニング動画 (1個)
目覚めた勇気目覚めた勇気
歌:白神直子 詞:畑早苗 作曲:桑原芳郎 編曲:桑原芳郎 [ファン登録]
15,02596
最近の閲覧数
1122012321
1人の方がこの作品がゲームとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2018/07/09 / 最終変更者:オルタフォース / その他更新者: エリクサー / 羽幌炭鉱 / カトル / 提案者:オルタフォース (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2014/12/14 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:312(73%) 普通:68(16%) 悪い:49(11%)] / プロバイダ: 19848 ホスト:19712 ブラウザ: 5171
前回が簡素だったので書き直します。

勇者シリーズのスパロボ版といわれていますが、友達によるとシステムやゲーム性はスパロボより相当劣るそうです。
まあ完全にキャラゲーですし、ゲームとしての面白さより好きな作品のゲームとして楽しみましたけどね。

ゲームとはいえ全体のストーリーは勇者聖戦バーンガーンとなっており、ストーリーの進み方も大体12話毎に話の盛り上がりを設けています。
12話で敵のギルティとギルディオンは瞬兵とバーンの親友であることが発覚、25話で分岐から合流してからのダークギルディオンとの決戦、36話でフォルツォイク親子との決戦を終えた以降はグレート勇者が次々と登場し、ガイスター、ドライアス、ワルガイア3兄弟と決着をつけて最終決戦に向かうと言う流れになっています。
また29話で1号ロボのバーン離脱からの2号ロボスペリオン登場、32話でグレート合体が登場と、これも勇者シリーズの王道展開になっています。
ただその中でも2号ロボスペリオンは当初セルツに取り付かれ敵として登場したりと、これまでの勇者シリーズにはない展開が見られたと思います。
これはゲームならではですね、もし本編でやるとなると玩具を出さざるを得ない、でも出したところで途中でいなくなるわけで出した甲斐が無くなってしまいますし。
カッコいいんですけどね。
またグレートになるときスペリオンは合体せず、自分は武器になると言うのもなかなか面白いと思います。
正直スペリオンにいられても戦力としては微妙なので、ユニット一体分勿体無いんですけどね。

シナリオ自体は多少突っ込みたい要素は多いんですが、なかなか細かい要素もありファンとしては面白い部分もありました。
例えば森が同じ芹沢性である瞬兵に親族の中にエリカという女性はいないのかと尋ねたり、エンがかつて飼っていた犬と同じ名前でケンタと仲が良かったり、宇宙皇帝ドライアスと聞いた炎がアーク星人の親戚かと言ったりと、ファンとしては少しニヤっとする台詞が見られました。
特にケンタのことなんてドラマCDのネタですよね。
他にもコウタがカイザーズがガイスター相手に苦戦するなんて考えられないと言っていましたが、これもその通りなんですよね。
エクスカイザーを見ていればガイスター四将はいつも合体前のカイザーズにあしらわれるくらいなので、まして合体後のカイザーズがまともに戦って苦戦するはずはありません。
こういうところで本編とゲームとの設定のフォローを入れてくれるのは嬉しいところです。
あとシリーズの主人公が全員が揃ったとき赤ジャンパーと黄色シャツの割合が多いと言う内輪ネタみたいなのもあったりするのもなかなか面白いと思います。
これはアスタリアでラビが大地を探すため服の特徴を話したときも言われていましたけどね、皆同じ色なんだよって。
ちなみにセルツは菜々子の兄であり愛美の恋人だった真人らしいのですが、特に正体が明かされることもなく倒してしまってよかったんでしょうか?
そもそも瞬兵はそのことに気付いたのかどうかさえ謎ですが。
あとダグオンメンバーに対して毎度毎度「海さんたち」「海たち」と海ばかりが呼ばれるんですが、結局ダグオンのリーダーは他のメンバーから見ると海に見えると言うことなんですかね。
海自身は最終回で炎をリーダーと呼んでいますが。

勇者ユニットは使える使えないの差が激しいのですが、一応行動順の早いユニットは射程が短いので反撃を受けやすく、行動順の遅いユニットはほとんど射程が長く強力な技が使えたりと一長一短になっているのでそれなりにバランスは取れていたと思います。
ただユニットの武器の選別は気になりましたね。
これがないあれがないを言い出したらキリが無いんですが、これもユニットによって技の多さに差があるのは気になります。
例えばダ・ガーンX、マイトガインやアドベンジャーなどはかなり技が多いですが、一方レオンカイザーはジャベリン系の技しかありません。
劇中では飛び道具もかなり豊富なんですけどね。
それにガードダイバーの最強技がミサイルというのは何か変な気がします、本編であれだけ使ったダイバーライフルが無いのに。
ペガサスセイバーもですね、ゲームの技で本編でも明確に使われたのはセイバーアローくらいでー、本編ではセイバーレイザーやセイバーブレスターの方がよっぽど使われていたと思います。
サンダーダグオンもスパークサンダーは劇中では一回も使われなかったですしね、サンダーガンの方が相応しかったと思います。
それに誤植も目立ちましたね。
ゴッドコズミックボンバーがゴッドコズミックバスターになっており、グレートバリスターがグレートバスター、サンダーランサーがサンダージャベリンになっていたりと、もっとあるかも知れませんが僕が分かる範囲でもこれだけありました。
またGXバスターの前後が逆だったり、Pキャノンに比べMキャノンは劇中の台詞を全然再現出来ていないのも気になりました。
ジェイデッカーはMキャノンを撃つときマックスキャノンとは叫ばないですよね。
それにダグシャドーのドラゴンプラズマバーンもこれ技の性質そのものが勘違いされていますよね。
この技はシャドードラゴンの纏ったエネルギーがダグシャドーのボディから離れて敵にぶつける飛び道具なんですが、ゲームでは完全に体当たり技になっています。
使用された回数が少ないとはいえ、この辺はしっかりして欲しいです。

ゲームの仕様も決して良くなかったですね。
一番困ったのはバーンガーンがレベルアップしてもあまり意味がなかったことでしょうか。
バーンガーンはステータスを自由に振り分けれるのがウリなんですが、逆に言うとメンテナンスで振り分けないとレベルが上がってもステータスがHPとEP以外上がりません。
なので基地に戻れずストーリーがそのまま続く場合レベルはアップしてもあまり意味がないという困ったことになってしまいます。
長くVARS基地に戻れないマイトガインルートでは多くの人が困ったと思います。
初期配置が設定できないのも厄介でしたね、一応ユニットを選んだ順番で配置されるんですが、それが事前にマップで確認することが出来ないので、最初は完全にあてずっぽでいくしかありません。
あと戦闘勝利条件が全ての敵を倒せのはずなのに、一部の敵を倒せばOKだったりする戦闘もたまにありました。
全滅させて経験値を稼ぎたいときは困りました。
ムービーもグレートとマイトガイン以外は全て主題歌のアレンジになってしまったのも物足りませんでしたが、この辺は容量の関係だったのかなと思います。
キャプテンシャークやレオンカイザーのムービーが無かったのはがっかりでしたけどね。
バーン&スペリオン以外は形態ごとに完全にレベルが独立しているのも参りましたね。
1号ロボ、2号ロボ、グレート、ビルドチームとライナーチーム、デュークとデュークファイヤー、ダグシャドーとシャドーダグオン、ダグサンダーとサンダーダグオンなどのように片方を育てても片方の経験値には全然関係ないので、全気体均等に育てようと思ったらそれぞれを育てないといけないのでこれはかなり面倒でした。
別に使わないと思えば無理して育てる必要もないのですが、たまにデッカードたちがいきなり強制出動だったりするので困るんですよね。
この辺はクレームがきたのか2で改善されましたけどね。
ただドラゴンカイザーのムービーはちゃんと収録されているのに結局劇中で一回も使われなかったのは不憫だと思います。
元々ムービーが無いユニットがあるくらいなんですし、あるんだったら流して欲しいものです。
これは2でも改善されるどころか、ドラゴンカイザーだけでなくバトルボンバーのムービーも流れませんでした。

色々突っ込みもありましたが、ファンとしては何だかんだで楽しめました。
今後発売される2はシステム上改善された部分もあるものの、正直これより楽しめなかったのでブレイブサーガシリーズの中では本作が個人的に一番好きです。

2013/06/01 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(33%) 普通:1(17%) 悪い:3(50%)] / プロバイダ: 1840 ホスト:1892 ブラウザ: 5375
【総プレイ時間】
何時間

【良い点】
勇者シリーズ総出演
バーンガーンを含めた各作品の(合体)アニメーション
原作を知っていれば得する小ネタ

【悪い点】
ロードが長い
合体前途合体後が別人扱い(レベルを共有しない)
ボトムズ・ダグラム・ガリアンの浮きっぷり

【総合評価】
勇者好きかそうでないかで評価が分かれるゲーム

2006/02/20 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:309(82%) 普通:15(4%) 悪い:51(14%)] / プロバイダ: 7086 ホスト:7141 ブラウザ: 3646
これは借りてプレイしたんですがなかなか良かったです。
勇者シリーズの初期なんかは夢中になって見てたので懐かしかったですね。
ゲームとしても飽きる事なく最後まで続けられたので良かったです。
まさにこういうのがあればって思っていた物が出た感じですよね。
当時夢中になってた世代にとってはかなり良いゲームだと思います。

2005/12/05 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:23(28%) 普通:24(29%) 悪い:35(43%)] / プロバイダ: 12661 ホスト:12630 ブラウザ: 2755(携帯)
これは楽しかったですね。オレに勇者シリーズの素晴らしさを教えてくれたゲームです。
内容もスパロボみたいに「マンネリ化してきてつまらない。」なんてのもほとんど感じなかったですし。
なんかストーリーも良かったですし。何よりムービー観られるのはよかった。
欠点は戦闘グラフィックがダメだったこと。
後、どーしても使わないキャラが出てくることか。
まぁでも楽しかったですね。機会があったら続編もやりたいです。

2005/11/17 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2015(50%) 普通:782(19%) 悪い:1250(31%)] / プロバイダ: 13637 ホスト:13543 ブラウザ: 5234
本作でかの「勇者王」が登場しなかったので、発売当時、「なんでガガガを出さないんだ!?」という意見が多かったようです。この辺は2で解消されましたが。

本作オリジナルの勇者であるバーンガーンはライオン主体メカが多かった勇者シリーズでは珍しいドラゴン主体のデザインでした。ドラゴンがモチーフに使われたのは「ファイバード」のドライアスや、「ダグオン」のシャドーダグオン位だったので、それまでメーンを張る事が多かったライオンとの対比が出ていたと思います。

「勇者シリーズ」のみならず、「太陽の牙ダグラム」「装甲騎兵ボトムズ」「機甲界ガリアン」といったタカラスポンサーのサンライズアニメのキャラが登場しているのもミソでしたが、「巨神ゴーグは?」と突っ込んだ人も多かったとか。

主人公の瞬平の声が「勇者王」のヒロインである卯都木命役の半場友恵だったのもミソ、なにせ、どちらのキャラも「泣き虫」だったのが共通点でした。

主役のバーンガーンも、後に改心し、味方となるマッハスペリオンも玩具向けのデザインで、「ガオガイガーFINAL」のガオファイガーとジェネシック、光竜、闇竜をデザインした藤田一巳よりも大河原邦雄はさすがに判っているなあと思い、ホッとした気分でした。

しかし、これらのゲーム勇者の玩具は出ず、ガオファイガーとジェネシックが物凄い高値で出た以外にはそれ以外の勇者達が出る事はありませんでした。

光竜、闇竜はともかく、バーンガーンやマッハスペリオン、次作のセイバーヴァリオンのようなキャラだったら玩具で出せそうなものなのですが、無理だろうなあ・・・・・・(泣)。

2005/11/17 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:51(70%) 普通:9(12%) 悪い:13(18%)] / プロバイダ: 2216 ホスト:1800 ブラウザ: 5717
記念勇者シリーズゲーム第二弾...

キングエクスカイザー、スーパーガーディオン、ダ・ガーンX...合体ロボだち、あと舞人ロボ登場は合体ムービーあり(だがバーンガーン、マッハスペリオン、グレートバーンガーン、グレート合体主役ロボ、舞人ロボ登場以外にBGMは各作品的OPテーマ...),観賞は一品...

修正...置鮎龍太郎,菊池正美,菊池英博,飛田展男

2005/11/11 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:512(54%) 普通:199(21%) 悪い:243(25%)] / プロバイダ: 53824 ホスト:53875 ブラウザ: 7814
追加主です。

このゲームをクリアして早一週間になるけれど、未だにステージをクリアしたときの感動一つ一つが胸に残っている。
特筆すべきは、なんと言っても優れたストーリー展開。ゲストで出てきたリアルロボット3作も含めた過去の作品との絡め方がうまく、贔屓えこ贔屓もあまり目立たない。
フルボイスではないものの、いい人材を活用した面子で要所要所で喋ってくれるだけでも嬉しい。とくにバーン役・中田譲治氏とスペリオン役・小杉十郎太氏の渋くてかっこいい声には魅了されます。

しかしバトルは素早いユニットばかりが必要以上に動き、ザコが必殺技でも倒れてくれないのがちょっと痛いなと思った。
そう、勝つべきバトルは簡単に勝てるが勝つ事が不可能なバトルは早々に負ける。そういうところが「サクラ大戦」みたいという意見を聞きましたが(私はやったことがない)、個人的にはバトルはストーリーを盛り上げるためのイベントに過ぎないこと、ひいては戦うだけがヒーローの全てではないことをこのゲームで実感しました。

特に最終決戦なんて全グレート勇者LV45前後で挑んだため、一回戦(地球の守護者&ブレイブポリス)で猛烈に苦戦を強いられ、その後も激戦に激戦を重ね冷や汗掻きそうにもなったけれど、勝利という名の褒美をがしっと掴み、本編が終わっても最後の最後まで見届けた。おかげですっかり目がショボショボしてしまった。

何はともあれ、直撃世代から小学生まで、勇者作品に通じている人なら1度はやってほしい一品である。

2005/11/08 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:189(67%) 普通:33(12%) 悪い:60(21%)] / プロバイダ: 44656 ホスト:44616 ブラウザ: 3646
勇者でスパロボを!てな感じで、まぁなかなかに燃えるシチュエーションではあるのだが・・

いかんせんシステムがスパロボレベルまで到達できてない点が×。
ドラマ部分はキャラの一枚絵のが見場がよかったと思う。
あと結構レベル上げが苦痛でした。

2005/11/08 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:328(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 11756 ホスト:12039 ブラウザ: 7573
勇者シリーズ版『スパロボ』というべき作品ですが、
独特のシステムによる差別化もあって難易度も高いものになっております。
大半のキャストがオリジナルなので感激もので、非戦闘要員も喋るとこるが
最高だと思います。
戦闘パート開始時が主要作品のサブタイトルBGMになっていたり、
レベルアップしたときのBGMがアイキャッチBGMになっているのが
マニアックなのでスゴいです。
戦闘パートではいかに敵の背後に回れるかがポイントになっています。
攻撃するときのアニメーションが面白いです。

この評価板に投稿する



2015/04/06 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 46597 ホスト:46762 ブラウザ: 5171 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/熱血/友情/楽しい/面白い/格好良い/勇気貰った 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像普通(+0 pnt)
音楽最高(+3 pnt)
ゲーム性普通(+0 pnt)
難しさ難しい

もっと見る
1. "プレイステーション ゲームソフト史Ⅳ" by 陣兵
... バーマン」、 「花札・リアル3D」、「ピットフォール3D」、「さくま式人生ゲーム」、「スーパーロボット大戦F」、 「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」、「雀牌遊戯'99たぬきの皮算用」、「マール王国の人魚姫」、「西陣パチンコ天国Vol.3」、 「ルナティックドーン3」、「設定王岡田敏の詰め将棋教室」、「世代ロボット戦記ブレイブサーガ」、「たのしい ...
記事日時:2010/11/21

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ