[ドラマ]夜行観覧車


やこうかんらんしゃ / Yakoukanransha
  • 悲しい
  • 怖い
  • 考えさせられた
  • びっくり
RSS
注意: これはドラマ版。その他メディアのページ: 文学:夜行観覧車
ドラマ総合点=平均点x評価数2,496位2,743作品中総合点-4 / 偏差値45.62
2013年ドラマ総合点119位129作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽1.17(良い)6
映像0.83(良い)6
声優・俳優0.83(良い)6
ストーリー0.33(普通)6
キャラ・設定-0.33(普通)6
悲しい83%5人/6人中
怖い83%5人/6人中
考えさせられた67%4人/6人中
びっくり67%4人/6人中
感動33%2人/6人中
もっと見る
属性投票する
原作:湊かなえ「夜行観覧車」(双葉文庫)
脚本:奥寺佐渡子清水友佳子
主題歌:AI「VOICE」
音楽:横山克

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:2013/01/18(金) 22:00-22:54 TBS / 終了日:2013/03/22
公式サイト
1. http://www.tbs.co.jp/yakoukanransya/
4,00455
最近の閲覧数
15210100025
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/01/22 / 最終変更者:永田 / その他更新者: TCC / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2014/09/05 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(50%) 普通:0(0%) 悪い:1(50%)] / プロバイダ: 46478 ホスト:46309 ブラウザ: 10333
【良い点】俺が小学3年の時に実際に一年間住んでた、関西に有る「見かけや表面的な評価だけは高いが、住んでる連中や地域の気質等は陰湿の極みで、秋田県上小阿仁村のような本質を持っている集落」特有の「歪な環境によって強調された異常な閉鎖性」と「いやにちんけなプライドだけは高く、人に対して平気で陰湿で卑劣ないじめを行ったり、理不尽に見下し、差別したり、自分たちのやらかした悪行に対して反省せずに図々しく開き直ったりするようなゴミクズ土人」を、ドラマや小説といったメディアで克明に描き、最後にそのクズ共が自分たちのやらかした悪行のしっぺ返しを食らうというところまで克明に描ききった部分は素直に評価したいです。(よくぞやってくれた!)と感じましたもん。(ちなみにそのちんけなプライドだけは高く、人に平気で陰湿で卑劣ないじめをやらかし、それを楽しみ、さらに長期間に渡ってあの手この手で一方的に、被害者を半ば嘲笑いながら痛め付ける輩というのは、「幽かな彼女」でも京塚りさを
小学生時代に集団でいじめた連中という形で描かれています。あれも個人的に好評価)
何でしょう、「夜行観覧車」の高級住宅街にしても、「幽かな彼女」の、京塚りさが小学生時代に通っていた名門私学にしても、「変に高い評価を貰っているようなところ程陰湿で根性が悪く、気持ち悪いベクトルで危うい」ということですかね…?

【悪い点】強いて言うなら、
いじめを行った、甘やかされて育ってきたようなガキ共がトラウマ級のとびきりひどい目に遭うというところまで描いてほしかったかな(笑)

【総合評価】まあ、俺がずっとずっと疑問に感じていた部分を克明に描いてくださることで、俺の中での疑問が一つ解決したように感じたので…
その点を踏まえて、良好評価を下そう。

最後に一言、その表面だけ小綺麗に取り繕ってる「ひばりが丘」や、そこに住まう、いじめや見下しなどを平気でやらかし、人を嘲笑うことが生き甲斐の連中に対して言わせてもらう。
「表面だけお洒落に取り繕って、好評価を頂いたとしても根本的な部分が腐りきっていたら何の意味もない!」

2013/09/23 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4022(33%) 普通:4348(35%) 悪い:3884(32%)] / プロバイダ: 15046 ホスト:15286 ブラウザ: 5682
受験戦争、いじめ、怠惰な教師、閉鎖的だった近所づきあい、事件当事者家族
(高橋一家)に対する嫌がらせ等現実味あった日本の社会・教育問題とサスペンスの
化学反応のようなドラマだったのですかな?本作は。

確かに時には見る人を凍りつかせるようなオーラがあった夏木マリ氏の好演は
(途中までは)光ったし、彼女演ずる典型的なお局様だった小島や主人公の娘の
同級生トリオ等話を盛り上げる為に「陰湿ないじめ役」が必要だったのも
分かります。

しかし、その娘・彩花役の子も何だか演技がやや過剰気味で興ざめだった事も
あって、そうした存在の必要性は頭では理解できながらも、正直フラストレーション
の溜まる展開でしたが、色々勿体ぶっておきながら、事件の真相はあまり意外性
とかはなかったし、真犯人の動機も「えっ?それで?」と言うか、兄ちゃんの「あの
判断」は理解はできたけど、真犯人には酌量の余地は無かったですよね。
いやそれだけならいい。

大きな減点要素だったのは、終盤のその「陰湿ないじめ役」。小島は主人公の訪問を
受けた際、「昔は私も高橋一家と温かな交流があったんですよ。」な、「実は
全く救い様のない人でもなかったんですよ。」な描かれ方されても白々しさ
とか感じられなかった。同級生トリオも、要するに主犯格だった村田にとって
友達とは「何でも言いたい事を言える対等の存在」ではなく、「自分にとって都合の良い
ロボット」だったという事で終盤漸く娘が反撃して、「親の顔が見たい」と思ったら
母親の方は素直に非を詫びたのは良かったけど、肝心の村田本人が反省の色を全く
見せなかったのは歯切れ悪かったです。アレでは根本的な解決にはならなかった
でしょう。

要するに、人間ドラマとしてみてもサスペンスとしてみても全く中途半端な駄作
ドラマの一作だったという事です。本作は。これなら特に小島は徹頭徹尾救いようの
ないワルとして描いた方がまだ良かったかも(不快感が残ったのは変わらなかった
でしょうが)で、結局夏木マリ氏も活かしきる事が出来ませんでしたが、夫役の
宮迫博之氏と刑事さん役の高橋克典氏の落ち着いた好演が数少ない「救い」と
なった要素だったでしょうか。しかし、溜まりに溜まった悪印象はとても払拭できる
ものではありませんでした。

この湊かなえ氏とやらも、ここでは「告白」とか評判いいようですが、一方で
実写映画版は他のサイトでは酷評の声も聞かれます。「夜行観覧車」については
また、原作も読んでて面白いとは思わず、夏木氏や吉田里琴ちゃんには恨みはありません
が、カタルシスが無かったのが根本的に駄目だったようでは評価は残念ながら
「最悪」であります。

2013/04/01 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:382(35%) 普通:210(19%) 悪い:500(46%)] / プロバイダ: 16514 ホスト:16597 ブラウザ: 3559(携帯)
ネタバレ含みます。
最初はエリート父のスパルタ教育に耐えかねた息子がプッツン(死語)して殺したのかと思ってました(実際にはそんなに悪い父親ではない)。
でも犯人は母親で動機は前妻に対するライバル意識から自分の息子(次男)を彼女の息子(長男)と同じエリートの道に進ませようと勉強漬けにし、それを否定した(正確には妻がそう勘違いした)夫を殴り殺した…という何かものすごい微妙なオチ。おかしいオバサンだとは思っていたが…あと夏木マリ演じるお局様の存在理由がわからん。
最近のドラマにしちゃ見れる方だったが楽しんで見れる様な作品ではない。てなわけで評価は「悪い」。

2013/03/23 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2213(57%) 普通:775(20%) 悪い:865(22%)] / プロバイダ: 36042 ホスト:36054 ブラウザ: 5386
昨日、最終回まで見たのですが、受験戦争やらを問題視してドラマ化したという点では、ほとんど「高校入試」と変わらないですね。
この時期にこんなもの放送したら、受験生たちが意気消沈しかねないんですが…。
まあ、それは良いとして、「告白」と比べて湊かなえの作品はいまいち面白くない感じがします。
受験・成績ばっかり絡んでくる胸くそ悪くなるような舞台設定が敷かれているものが多く、これもその一作だったかと(といっても、「高校入試」くらいしか同じようなものはないけど)。
「告白」も学園絡みだったけど、こういう風に学歴社会の批判を過剰な形でやることはありませんでした。
ただ、今作や「高校入試」はあまりに極端すぎる例で、ついこの間まで高校生だった身としては、あまりリアリティを感じない作品でした。

ストーリーも面白くないし、ラストも大して意外性がない。
同時期にやってた「カラマーゾフの兄弟」のドラマ版と同じく父親殺しをした犯人は誰か…という話でしたが、これがあまり面白くないんですね。
「高校入試」は各話の終わり方が、「次が気になる」と思わせるものだったのですが、今回はそれがない。
ただ、脚本は湊かなえではないので、冗長な台詞は少な目です(これもちょっとあったけど)。

まあ、複雑すぎなかったとはいえ、いまいち共感しにくい登場人物や、基本的に性格があくどい脇役たちなど、見ていて嫌な気分になるし、見ていてあまり面白くなかったですね。
受験戦争や学歴社会…個人的には嫌なものですが、極端にそれの汚点ばかりを見せているドラマって感じがしました。

2013/03/23 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 4363 ホスト:4373 ブラウザ: 5345
【良い点】
鈴木京香さんが苦難にめげない事。
事件に巻き込まれる事が並行して描かれる事。
【悪い点】
ひばりが丘に住んでいる事で?いじめの対象になり、高校も一緒にしろという卑劣さ。
娘が母親に何回も滅茶苦茶八つ当たりする事。
父親が俺は忙しいんだと言って無関心な事。

【総合評価】
毎回いじめと娘が滅茶苦茶に母親を罵倒するシーンの連続、最後はいじめから自力で脱出し和解しましたが。
ちょっと過激なのが否めません。

この評価板に投稿する


2017/07/08 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 41383 ホスト:41200 ブラウザ: 10902
宮迫博之がシリアスキャラを演じてたのが新鮮だった。

2017/05/23 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 86 ホスト:243 ブラウザ: 10249 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/面白い/悲しい/怖い/びっくり/考えさせられた 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像最高(+3 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る
1. ふと思う by OYJAR40
... インフェルノ」と湊かなえ原作の「少女」です。 湊かなえさんの作品、映像化率が半端ないですね。勿論数では東野圭吾さんらに敵うべくもないのでしょうが、「告白」以来ほとんどがテレビドラマも含めて映像化されているのではないでしょうか。 私は「告白」を映画で観たあと、小説で「少女」「贖罪」「夜行観覧」の三作 ...
記事日時:2017/05/18

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはドラマ版。その他メディアのページ: 文学:夜行観覧車
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ