[ドラマ]破れ傘刀舟 悪人狩り


やぶれがさがたなぶねあくにんがり / Yaburegasa toushuu akunin gari
RSS
ドラマ総合点=平均点x評価数455位2,498作品中総合点5 / 偏差値51.92
1974年ドラマ総合点5位14作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
制作会社:三船プロ NET
制作協力:中村プロダクション 中村潔治
放送局:テレビ朝日
監督:池広一夫 宮越澄 村山三男 大洲斉 鹿島章弘
日本 開始日:1974/10/01(火) / 終了日:1977/03/29
5,70233
最近の閲覧数
1011311011
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/08/11 / 最終変更者:永田 / 提案者:ラマンチャ (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2013/09/30 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1148(76%) 普通:254(17%) 悪い:110(7%)] / プロバイダ: 18742 ホスト:18482 ブラウザ: 5345
74〜77年に放映された時代劇ドラマ。時は江戸時代の天保期。千住宿の瑞光院に住む“叶刀舟"は長崎で蘭学を修め、内科・外科にも精通した名医。金持ちは相手にせず、貧乏人からは一切治療費を取らないという偏屈者。しかし、義理人情には厚く、多くの人々に慕われていた。そんな彼が弱い庶民を守るため、鬼となって悪人どもを叩き切る!

萬屋錦之介の演じる天網恢恢な時代劇として製作されたのが本作品で、明快な痛快時代劇として成り立っています。権力者らによって、理不尽にも弱い民たちが斬殺または蹂躙されたのを聞いた時、刀舟はその顔に怒りの表情を見せ、朱塗りがされた鞘を持つ同田貫一本を携えて大名屋敷であろうと奉行の屋敷であろうと構わず上がりこみ、いきり立つ悪党たちを前に仁王立ちして「やかましいや!この野郎!」と怒気交じりに制しつつ、彼らの理不尽な顛末を述べた上で「許せねぇ!」「てめえら人間じゃねえ! 叩っ斬ってやる!」という決め台詞とともに戦いを挑み、悪人達の全てを斬り倒すというストーリー展開が爽快でした。悪人達が全員命を落とす終わり方が多いのが特徴であり、「桃太郎侍」並りに明快な展開をみせています。

本作品は「桃太郎侍」と比べると同様の痛快さをみせてくれてますし、時代劇ものとしてはいいと思うし、ドラマとして独特の設定だし、内容的にもよく仕上がっていると思いますので、評価は【良い】。まあ勧善懲悪を描いており、時代劇としては普通の部類に入るんでしょうが、萬屋錦之介が演じているところが見応えを大きくしていましたね。

2007/06/09 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 48832 ホスト:48842 ブラウザ: 5234
萬屋錦之介の主演作品だから流石に現在の作品と比べては色んな意味でかなりの時代の差を感じるが、単純に面白いかつまらないかと言われれば個人的には現在の作品と比較してもそれほど見劣りする感は無く意外と面白く観る事が出来る。むしろ最近の新作時代劇に比べれば本作の方がずっと上かも知れないが。

ちなみに自分はTVKで現在再放送されてるのを観てこの作品の事を知ったのですが、この作品の良さは主演の萬屋さんの力強さとか荒々しい感じが格好良く見せられて迫力が有りますし、
最後の悪人達に対する台詞回しも実に爽快だ。でも、最後の刀舟は台詞ってよく他作品でも同じ様な台詞を幾度か耳にした事が有るが。
まあ、その辺りの台詞回しに関しては実にシンプルで使い易そうだから他作品でも使われ易い傾向に有るのかも知れないけど。

評価は「良い」で。

2006/11/23 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:787(45%) 普通:474(27%) 悪い:488(28%)] / プロバイダ: 17368 ホスト:17149 ブラウザ: 4487
萬屋錦之介の時代劇では【子連れ狼】と並んでの名作では、と思う。

【子連れ狼】では冥府魔道の道を行くハードボイルドな復讐者を演じているが、こちらの作品では明朗快活ながらアクに対しては容赦しないというヒーローキャラを見事に演じている。

主人公の叶刀舟は凄腕の医者にして剣豪で、なおかつ人格もしっかりしていて好感が持てる。悪い連中と相対した時は「手前ら人間じゃねえ!!叩っ切ってやる!!」といって豪快に成敗するという爽快感。

その一方で、刀舟の関わったエピソードには様々な史実の出来事が絡んでいたりなど、その辺で凝った所が流石だと思っている。

また観てみたい作品である。

この評価板に投稿する




1. いまさらながら宇宙刑事ジャンギャバン氏の質問に答えてみる by 中山文十郎
... が時代劇を観始めたのはいつ頃ですか? 少なくとも小学生になる以前から、物心ついたころには当然のように時代劇に接していたはず。 質問弐、その時代劇の題名は? 「破れ悪人狩り」か「銭形平次」、もしくは「水戸黄門」の再放送。流石に30年前なので記憶が曖昧だが 質問参、貴方が好きな時代劇は? ...
記事日時:2007/06/18

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ