[ドラマ]スカイハイ


Skyhigh
RSS
注意: これはドラマ版。その他メディアのページ: 漫画:スカイハイ / 日本映画:スカイハイ(劇場版) / 海外映画:スカイ・ハイ
ドラマ総合点=平均点x評価数59位2,408作品中総合点30 / 偏差値68.83
ドラマ平均点72位293作品中平均点1.43=良い/21評価
2003年ドラマ総合点7位60作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
原作:高橋ツトム(週刊ヤングジャンプ連載/集英社)
-スタッフ-
企画プロデュース:河井信哉 脚本:田辺満 高山直也 音楽:森野宣彦 矢野大介
チーフプロデューサー:黒田徹也 プロデューサー:横地郁英 松岡周作
日本 開始日:2003/01/17(金) / 終了日:2003/03/21
20,7372221
最近の閲覧数
1111121000
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/01/26 / 最終変更者:永田 / その他更新者: TCC / 提案者:nack (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2013/06/13 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:179(57%) 普通:49(16%) 悪い:87(28%)] / プロバイダ: 9113 ホスト:9423 ブラウザ: 4895
金曜ナイトドラマの価値を一気に引き上げたこの作品。

その後も玉石混合ながら週末の深夜を楽しみにさせてくれた功績は大きい。
イズコ役に釈を決めた制作者を褒め称える以外にこの作品の評価は無い。
笑顔よりも怒ったとき、困惑したときの表情のほうが魅力的である釈の女優的価値を見抜いていたわけだ。
そういう意味では「素」の釈が好きだ、というヒトにはあまりお勧めできない作品かもしれない。

2009/12/10 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 3868 ホスト:3816 ブラウザ: 5717
【良い点】
釈さんがイズコにはまり役だったこと。
オリジナルキャラの「正吉君」この子の霊能力のおかげで、見えない存在だった亡霊たちが現代にも来ていると言うことが伝わってきた。
第5話の最後の話の変更(原作では地獄に行くはずだったが、ドラマでは相手の気持ちがわかって転生の選択をする)
最終章の話の変更(イズコが最初から自分の出生の秘密を知らない、アンナの母親がアバズレではなく優しかったが死んでしまった悲しいエピソード、イズコと正吉君との面白いやり取り)

【悪い点】
ありません。

【総合評価】
個人的には、原作者には申し訳ありませんがドラマのほうが比べてみてとても面白かったです!文句の言い様もないです。監督の優れた作品を活かす能力に感心させられました!特に最終章の変更は正解だったと思います。あの話は大好きでした。
パート2も面白かったので評価は勿論最高です!

2007/09/23 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:77(46%) 普通:23(14%) 悪い:66(40%)] / プロバイダ: 18183 ホスト:18109 ブラウザ: 3875
【良い点】ビデオでこの作品を見ました。釈さんが役にはまりすぎ
でした。特に一番好きだったセリフは「おいきなさい!」です。
聞いたとき心に響きました。

【悪い点】最終回はあまり良い終わり方ではありません
でした。そこが残念ですね。

【総合評価】釈さんの代表作となっていますね。ストーリー
に新鮮味があり楽しめました。評価は良いです。

2007/02/05 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:195(81%) 普通:15(6%) 悪い:32(13%)] / プロバイダ: 53230 ホスト:53095 ブラウザ: 4487
1の方はレンタルで借りました。面白かった。
釈由美子のイズコは結構合ってた、「おいきなさい!」のセリフは印象に残ってます。
2はちょっとイマイチだったけど、1の方は評価は「とても良い」」

2007/01/22 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(29%) 普通:2(29%) 悪い:3(43%)] / プロバイダ: 12661 ホスト:12631 ブラウザ: 2996(携帯)
1だけしか観ていないので限定になりますが、それなりに面白かったと思います。
『おいきなさい』の違いも良かった。
ただ湿っぽい話が多かったりするので(ドラマの内容的に仕方がないかもしれませんが)、観終わった後になんともやりきれない気持ちになることが多々あり…。
特に1話(?)の妊婦が殺される話はとても悲しく、相手の女にかなり腹が立ちました。子供用の小さい靴が印象的で胸が痛みましたね。確か(殺された)彼女は地獄行きでしたよね?彼女は悪くないのになぁ…ともやもやさせられました。

総合的に観て面白いほうだとは思うが、自分的にかなり後味が悪いので普通。

2006/08/01 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:35(58%) 普通:3(5%) 悪い:22(37%)] / プロバイダ: 42463 ホスト:42310 ブラウザ: 5234
僕の「プラチナタイム」、金曜ナイトドラマ枠の中でも「トリック」に匹敵する良作だったと思います。

何より舞台設定の独特さが素晴らしい。成仏する、そのまま幽霊となってさまよう、1人呪い殺して地獄へ逝く。この3つから死者がどれを選ぶのか毎週楽しみにして見ていました。毎回の脚本もこの設定に負けない良いストーリーを描いていました。これだけ死について深く考えさせられたドラマはなかったと思います。釈もイズコという感情を表に出せない難役をよくこなせていた印象です。

評価は「とても良い」で。3もあったらぜひ見てみたいです。

2006/03/10 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:409(58%) 普通:211(30%) 悪い:87(12%)] / プロバイダ: 3432 ホスト:3504 ブラウザ: 5237
「おいきなさい!」というフレーズが釈ちゃんのポーズと共にそれなりに話題になったドラマ。
「おいきなさい」というフレーズに「お生きなさい」「お逝きなさい」という複数のニュアンスがあると知ったのはずいぶん後のことでした。
確か、後一つ意味があったような気もしますが忘れました。
まあこれも個人的には、原作マンガよりも、このドラマの方が面白かったと思います。いや、面白かったというとちょっと言い過ぎかも・・・
肩がこらずに観られるドラマという所でしょうか?しかしこれ特撮じゃないんですね・・・

2006/01/27 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2019(50%) 普通:786(19%) 悪い:1251(31%)] / プロバイダ: 13007 ホスト:12665 ブラウザ: 5234
北村龍平監督とくれば、アクション!!ってな具合でそこそこ燃え上がるストーリーといろいろ意味深なテーマがなかなか注目できます。
ホラーとサスペンス、アクションとミステリーを良い意味で融合した感じがしましたが、主役が釈由美子だけに演技の悪さはあまりカバーされていなかったような・・・・・・。

本作のようなドラマは役者の演技力云々よりも、暴れ回るストーリーの方が絵になるのだし、北村龍平だけに演技力よりも前に、ダイナミックな・・・・・・というコンセプトがあると思うので、そういった面をカバーできる勢いを感じる事が出来ました。

確か制作協力をした「地獄甲子園」でも十兵衛があの世でオヤジと再会したり、番長が帰ってきたりなんていうシーンもあったので、あのギャグをこんなシリアス風に・・・・・・という違いが見られるのも注目点と言えるかも知れません。

ただ、地獄甲子園のような良い意味でのバカ映画ではないし、シリアステーマが必ずしも・・・・・・と思える部分があるので、その辺と織り交ぜて考えてみると・・・・・・。

2006/01/27 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:781(60%) 普通:343(26%) 悪い:179(14%)] / プロバイダ: 36407 ホスト:36422 ブラウザ: 3846
結構好きなドラマです。
劇場版はかなり微妙でしたが・・・ドラマは面白かった。

怨みの門で選択を選ぶ。呪い殺したい人を1人・・呪い殺せる。ただし、呪い殺せば地獄行き

設定が好きでした。

2005/06/14 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:193(70%) 普通:41(15%) 悪い:42(15%)] / プロバイダ: 47260 ホスト:47103 ブラウザ: 4184
死者に天国に行くか、現世にとどまるか、呪い殺すか、という選択肢を与える、と言う一話完結のストーリー。
非常に扱ったテーマが深く、またそれでいて意味不明な難解なストーリーになっていないのが好感が持てる。
死後、自分がその権利を得たらどうするか、と言うことについても考えさせられたし、一方でただの人間ドラマとしても楽しめた。
この作品を見ていると、毎回どの選択も説得力があって、なるほどな、と思わさせられましたね。
また、毎回役者さんが個性的で、その演技を見るのも楽しかったです。
一話完結ですので一回見逃しても話が分からなくなることも無く、その点も個人的には良かったです。

釈由美子も、思ったよりイズコ役、似合ってましたね。
死んだら「おいきなさい」って言われたいなぁ。それだけで成仏できます(笑)

2005/06/04 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:493(71%) 普通:140(20%) 悪い:60(9%)] / プロバイダ: 15221 ホスト:15053 ブラウザ: 3646
たまたま見た原作の方がスケールが大きかったと思うんですが、廃品回収の子供
にだけイズコが見えたりして面白かったです。
また1話完結でパート2だと金子修介監督も参加していましたね。

2005/06/04 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3104(33%) 普通:3247(35%) 悪い:3039(32%)] / プロバイダ: 20643 ホスト:20738 ブラウザ: 4925
※2007年11月3日訂正。

【良い点】

①その世界観

「生と死は全く別次元のものではない。常に隣合わせなものなのである。」
は某白樺派大文豪がその自序伝に遺した台詞ですが、死んだ後の人間とか
世界とかについて色々考えさせられましたね。

②メインキャスト

主人公役の釈由美子ちゃんも
これを観る以前は「まあまあ面白いお話をする巨乳タレント」程度の
認識しか持っていませんでしたが、体当たりの演技は見物でした。
「おいきなさい」はやはり凄みのある台詞でしたね。もっとも、
その後は空回りが目立つのが何とも歯がゆい限りですが・・・・・・・・・

【悪い点】

特に無いです。

【総合評価】

まあ、彼女が最も輝いていた時期を象徴するドラマだったのでしょうね。
実際、彼女出演作品では、1しか見た事ないけど最もこれが面白かった
のではと思います。評価は「良い」で。

2004/08/28 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 52907 ホスト:52934 ブラウザ: 3875
釈由美子が大好きです(笑)。
演技力はクサいのですが、あの顔で「おゆきなさい!」と言われたらもうダメですよね。
原作から話が飛躍してブっ飛んでしまっていますが、彼女の一声ですべてご破算ということに・・・。

シリーズは1の方がまだ原作に忠実な部分がありましたよね。
あとは悪乗りして作った部分があり、ストーリーが破綻している箇所もちらほら。

2004/08/26 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:94(48%) 普通:90(46%) 悪い:13(7%)] / プロバイダ: 14833 ホスト:14651 ブラウザ: 3875
原作はまだ見てはいないのですが、とてもドラマ
面白いと思います。
毎週毎週が違う話なので毎週楽しめることができますし。

なんかほんとに自分も死んだらああいう所にいきそうな感じしますね。

劇場版も見たいです。
なんか白いウエディングドレスに赤い血って・・・・。(そんなシーンがあったような気がします)

印象的です。

2004/07/13 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:129(62%) 普通:21(10%) 悪い:58(28%)] / プロバイダ: 43998 ホスト:43966 ブラウザ: 4925
劇場版はペケでしたな。なんでアクション映画になってるのかしら。
感動と恐怖、死に対する考え方を与えてくれる作品こそ、スカイハイだと思うんですがねえ。

もっと読む

「原作の湿り気のある画と、真っ向から人間性に向き合った洞察力のあるセリフが強み。死んだら天国か地獄かと...」 by 雲丹烏賊の介


次のページを読む

この評価板に投稿する




1. 2018年ジャンプ33号感想(創刊50周年記念&読切『BURN THE WITCH』『BLEACHと僕』&『こち亀』特別読切掲載号) by エスパー
... スカイハイ☆ 最近よく見ている動画。 元ネタほんへも見たけどやみん姉貴がなんかえっちでちょっと興奮しちゃいそうになってしまったゾ…。 2018年ジャンプ33号感想(UP:2018/07/14 19:56) アンケ三銃士:BURN THE WITCH、BLEACHと僕、アカデミア Togetter版: こちら アンケ 希望の商品:6 ☆読切 1. ...
記事日時:2018/07/14
video video
2. 本日は緑川光さんのお誕生日です。 by S・N
... コードギアス 反逆のルルーシュR2」の黎星刻、 「Fate/Zero」のランサー、「坂本ですが?」の坂本などが挙げられます。 さらにKEI作品の常連である事も有名で、「CLANNAD -クラナド-」芳野祐介、 「リトルバスターズ!」の棗恭介&時風瞬&マスクザ斉藤、「Angel Beats!」のフィッシュ斉藤、 「Charlotte」のスカイハイ斉藤など二枚目から ...
記事日時:2016/05/02
video
3. 今更(7ヶ月前)だけど、「沖縄 八重山諸島 旅日記」を、UP!! by 青い羊
... 余裕を持って乗り込む。カウンターで窓枠の席をお願いできたので、宮古島等の景色もバッチリ。 帰りの飛行機だけでなく、中部国際空港から津市街へのジェット船乗り継ぎもスムーズ。 八重山諸島を午後2時頃に発って、三重県津市の実家に6時前に着いてしまう。便利な時代だ。 いやもう、ホント、「ありがとう、そしてありがとう」。スカイハイ、ハーイ♪な ...
記事日時:2015/04/08
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはドラマ版。その他メディアのページ: 漫画:スカイハイ / 日本映画:スカイハイ(劇場版) / 海外映画:スカイ・ハイ
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ