[ドラマ]真田太平記


さなだたいへいき / SANADATAIHEIKI
RSS
注意: これはドラマ版。その他メディアのページ: 漫画:真田太平記 / 文学:真田太平記
ドラマ総合点=平均点x評価数194位2,579作品中総合点11 / 偏差値56.21
1985年ドラマ総合点2位17作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
製作:NHK
原作:池波正太郎 『 真田太平記 』
脚本:金子成人
音楽:林光
日本 開始日:1985/04/03(水) 20:00-20:45 NHK / 終了日:1986/03/19
オープニング動画 (1個)
真田太平記 オープニングテーマ [ファン登録]
18,08855
最近の閲覧数
5122621110
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/10/26 / 最終変更者:カトル / その他更新者: 十傑集 / かなめ / TCC / 提案者:宇宙刑事ジャンギャバン (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2014/05/02 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 19745 ホスト:19551 ブラウザ: 7462
【良い点】
池波正太郎の原作小説を映像化。
後半に行くほどドラマが盛り上がります。

【悪い点】
映像的迫力はいまひとつか。
ただ製作された時代やTVドラマである点などを考えれば
文句を言うのはかわいそう。

【総合評価】
NHKの長編時代劇の最高傑作だと信じて疑いません。

2012/09/02 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:13(72%) 普通:0(0%) 悪い:5(28%)] / プロバイダ: 5416 ホスト:5381 ブラウザ: 5345
【良い点】
昌幸演じる丹波哲郎氏の演技が素晴らしい、策を巡らす表情、影で真田家を支え続けた又五郎の死で涙する等。
中村梅之助氏の家康もよかった、晩年の家康のイメージはこの家康で固定されてしまいました。

【悪い点】
大河ドラマと並行して制作された為か、セットや合成がイマイチのような気がします。

【総合評価】
関ヶ原に合流できず、上田で徳川軍を散々に翻弄せしめながらも、局地的な勝利にすぎない事を滲ませる昌幸のシーンが印象的でした。

2010/09/10 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2967(60%) 普通:835(17%) 悪い:1159(23%)] / プロバイダ: 12618 ホスト:12477 ブラウザ: 6406
幸村の最期のシーンで作品のボルテージがピークに達してしまう為、それ以降のエピソードが霞んでしまう。
これが、この作品最大の欠点です。

内容は、武田家が滅亡寸前と言う時期から信之が上田を去るまでの真田家の歴史を描いた原作小説をドラマ化したもので、
上田の周囲の大名との戦いや駆け引き、お江達草の者と徳川に味方する甲賀忍の暗闘
真田家の表と裏両方の戦いやドラマが展開されます。

徳川、上杉、北条等、有力大名に囲まれた上田を守る為にあらゆる手を尽くす、関が原の合戦で秀忠軍に一泡吹かせるも九度山送りになり、
「大阪城に陣取って家康を相手に大戦をやりたい」と言う夢と共に生涯を閉じた真田昌幸。
関が原の戦いで父や弟と袂を分かち、義父の忠勝と共に父と弟の助命を嘆願する、
生前の家康の書状を見せて大阪冬の陣の後に幸村と会った事に対する秀忠の言い掛かりを切り抜ける等で真田家を守る為に心血を注いだ信之。
上杉景勝や秀吉との邂逅、父や兄と共に様々な戦いに身を置き、九度山での生活を経て大阪城で家康と戦って命を散らした幸村等、
作中で展開された三者三様の戦い。

昌幸の子を身篭った側室を殺害しようとして牢に放り込まれる、関が原の戦い後、信之の下を飛び出して幸村の所に転がり込む、
甲賀の手に落ちて利用される等で結果的に真田家の犠牲者になってしまった角兵衛等、
真田家の人間や周囲の人物や設定の作り込みは、細かい箇所にも及んでおり、それらが絡む事でドラマは更に深みを増していきました。

大阪の陣以降、作品のテンションが大きく下がる事が響いた為、評価は「とても良い」です。
[共感]
2012/10/23 父子3人の違った生き方を巧く表象できたドラマのようですね。 by カトル

2008/01/31 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:42(75%) 普通:2(4%) 悪い:12(21%)] / プロバイダ: 48629 ホスト:48706 ブラウザ: 5237
DVDで拝見しました。

なんというか「最高」でした。
大河ドラマと言われても不思議ではない出来だったと思います。

原作の方も拝見しているのですが原作の魅力を十分に引き出していると思いました

良作なのですから「リメイクは絶対しないでもらいたい」です

2007/01/07 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:787(45%) 普通:474(27%) 悪い:488(28%)] / プロバイダ: 17368 ホスト:17149 ブラウザ: 4487
真田一族を主人公とした小説をドラマ化した作品。
私の周りの多くの人がこの作品を大河ドラマか何かと間違って記憶していたりしたのだが、それもそうだろうと思わせるほど出来栄えだった。
大抵は真田十勇士とその主の幸村を主人公として描いているところを、この作品では父の昌幸や兄の信之など、真田一族全体を主人公にしているものであり、その尽力によって一介の信濃の豪族であった真田家を江戸時代の大名にまで名を残させたと言う話。
印象と言う点ではリアルタイムの時はむしろ真田十勇士とその主の幸村の活躍が残ってしまっているのだが、最初から見直したら、きっと昌幸や信之の生き様なんかも印象に残るものとなるのではと思わせる。
今現在の下手な大河よりも大河っぽい時代劇である。このころは本当に層の厚いNHK時代劇だった。

この評価板に投稿する




1. 「真田丸」と「武田信玄」 by 十傑集
... 死去となった「真田丸」。 始まった時には「真田太平」との比較を感じていましたが最近は1クール遅れで再放送が始まった「武田信玄」を意識しているかも? ナレーション担当である信玄公の母君の退場と同時期に真田兄弟の祖母が「見ておるぞ」と言いつつ退場。 この人の旦那が「武田信玄」で橋爪功が演じた ...
記事日時:2016/08/09
2. 大河ドラマで見たい人々 by 伏魔の剣
... こと真田信繁…の兄。一般的な知名度は低いものの北条・上杉・徳川の3強に囲まれながらも家名を守り、弟と闘う事になっても幕府に忠誠を尽くし上田藩の基盤を固めた凄い人。 4代将軍・徳川家綱まで仕えて93歳まで生き抜き、戦国の世を知る最後の生き証人となった「信濃の獅子」。 …あ、真田太平でやってまし ...
記事日時:2012/10/12
3. 成人式・真田太平 by かなめ
... ねぇ(当時小4) あと、アバレ歌ってくれたのも少ない知識しか持ってなかった私にはありがたかったですよ。 なんだかんだで楽しめました。遠藤さんありがとう。 その後は中学の方の同窓会(高校も誘われたのですが、こっち選びました)でしたが… これは普段からよく会ってる友達と一緒でしたから、別に同窓会っぽくなかったかなぁ。 真田太平 私、この ...
記事日時:2010/01/14

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはドラマ版。その他メディアのページ: 漫画:真田太平記 / 文学:真田太平記
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ