[ドラマ]大岡越前(加藤剛版シリーズ)


おおおかえちぜん / OOKAECHIZEN
  • 格好良い
RSS
ドラマ総合点=平均点x評価数97位2,408作品中総合点21 / 偏差値62.70
ドラマ平均点46位293作品中平均点1.75=とても良い/12評価
1970年ドラマ総合点1位8作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優2.50(最高)2
キャラ・設定2.00(とても良い)2
音楽2.00(とても良い)2
ストーリー2.00(とても良い)2
映像1.50(とても良い)2
格好良い100%2人/2人中
勇気貰った50%1人/2人中
道徳心&モラル50%1人/2人中
勉強になった50%1人/2人中
セクシー0%0人/2人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

『ナショナル劇場』枠内放送。昭和45年から平成11年にかけて、全15部放送された。
また今年平成18年3月にもスペシャル版最終回が放送された。
放送局:TBS系列
題字:朝比奈宗源
音楽:山下毅雄

日本 開始日:1970/03/16(月) / 終了日:2006/03/20
公式サイト
1. 大岡越前非公式サイト-越前蟹-
15,5721212
最近の閲覧数
1100122202
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2006/10/14 / 最終変更者:ラマンチャ / 提案者:TCC (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/06/27 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:492(78%) 普通:88(14%) 悪い:53(8%)] / プロバイダ: 4797 ホスト:4721 ブラウザ: 5171
【良い点】
主役の加藤さんの温厚で素敵な事。大岡裁き本当にかっこいい。私は、大岡越前で有名な市に住んでいます。テレビで大岡越前をかっこよく長寿番組として描いて下さったお蔭で、毎年、大岡祭なるお祭りがあり加藤さんが、来て下さったりして友達のお母さんが、握手したと喜んでいた。大岡越前は、我が市の誇りでありヒーローである。大岡越前というかっこいいヒーローは、かくして世の中に浸透した。
番組の制作側は、後の事も考えこんな素敵なドラマをどんどん作り上げて欲しい物です。

【悪い点】
無しです。

【総合評価】
もちろん、最高で・・・これを描いて下さった脚本家さん並びに演出家さん、関わった方々に感謝申し上げたいです。

2013/09/17 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:57(98%) 普通:1(2%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 11238 ホスト:11279 ブラウザ: 5386
【総合評価】
・基本的にキャストの皆さん好きです。
大阪志郎さん山口崇さん小松政夫さんが特に好きです。
・ 大岡越前は裁きシーンがメインなので一部最後に
誰か殺されたりする時代劇とは違うところが良いと思います。
・ 温厚な感じで人情がありそれでいて厳しく行く時は厳しくいく
名奉行の大岡忠相役は加藤剛さんにピタリな役柄だと思いますね。(お顔がイチローさんに
似ていらっしゃる点も良いと思います)
・ 主題歌?も好きです。

[推薦数:1] 2011/08/01 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:998(76%) 普通:224(17%) 悪い:98(7%)] / プロバイダ: 16771 ホスト:16622 ブラウザ: 10509
70〜99年に放映された時代劇ドラマ。時は江戸時代。将軍`徳川吉宗'により南町奉行として抜擢された“大岡忠相こと越前守"がその持ち前の知恵と正義感で江戸の悪どもを裁いていく。

70年製作当時、「水戸黄門」「江戸を斬る」と並んで人気の時代劇として知名度が高かったのが本作品で、『大岡政談』を元にし、更に「水戸黄門」等他の時代劇と同様にオリジナルのストーリーを創って長期シリーズにしたものである。享保の改革当時、真面目で名高い名奉行として知られ、人々の人気が高かった“大岡忠相こと越前守"を勧善懲悪型の内容に仕上がっています。

主演の加藤剛さんは知的で真面目一筋の大岡越前守役にはよく合ってましたが、もう少し豪胆さがあれば完全に越前守そのものになったように思えます。よく言えば当時の奉行を完璧に演出していますけど、真面目すぎるところがあまり愛嬌がないというか、それ故に黄門様みたいな痛快さが伝わってきませんでしたね。でも推理による悪人との知能合戦と最後に打ち勝って行う、お白州での大岡裁きはなかなか見事で、ドラマの最後を飾るには相応しい場面が何度もありました。黄門様が立ち回りながら解決するのとは裏腹に、伊織や同心たちの行動を纏め上げて事件を見定めていくところが知的で、「水戸黄門」や「暴れん坊将軍」「遠山の金さん」等とは違った魅力がありましたね。

本作品は“大岡越前守"の知的な頭脳能力と華麗なる裁きが非常に魅力であり、時代劇ドラマとしては傑作だと思いますが、正統派すぎて「水戸黄門」のような飛びぬけたところがあまりなかったのがちょっと興味を削いでしまいました。ですが基本に忠実で、ドラマとしては完成度が高いので、評価は【とても良い】です。本作品は江戸時代に創られた『大岡政談』が基礎となっていますけど、それだってほとんどが創作で、越前守本人が本当に裁いたのは今のところ『白子屋お熊事件』だけらしいです。 でも彼自身の政策はかなり厳しい面もありましたが、庶民の事を第一に考えたものだったために、人気が高かったために、『大岡政談』のような話が作られ、今でも名奉行として伝わることになったんでしょう。

2010/11/05 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 823 ホスト:861 ブラウザ: 6425
【良い点】
渋いOP
加藤さんの大岡様ははまり役
竹脇さんの伊織先生も素敵(小石川養生所の医師であり大岡様の親友というポジションもいい)
猿の三次もかっこいい!
大岡裁きはやはり見もの。
この話は大岡様が主役なので吉宗がかなり大雑把なキャラになっている(暴れん坊将軍の「新さん」とは叉違った魅力がある)

【悪い点】
シリーズが進んでいくうちにキャラが入れ替わってしまい、面白みが少し薄れていく気がした。
しかも、死んでしまうという入れ替わり方は何とかならなかっただろうか?
たまに伊織先生が敵に(悪徳医師など)に陥れられてひどい目にあう話がある。

【総合評価】
悪い点を省いても「最高」としか言い様のない再放送のときは何度も見ていた時代劇の一つでした(最近のTBSは「水戸黄門」シリーズばかりですが)「江戸を斬る遠山版」と同じくらい面白かったです。
大岡様と伊織先生の会話シーンが大好きでした。

2010/10/06 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:670(88%) 普通:60(8%) 悪い:33(4%)] / プロバイダ: 48699 ホスト:48599 ブラウザ: 3876
【良い点】
加藤剛が演じる大岡越前が良い。
江戸の雰囲気が良い。

【悪い点】
特に無い

【総合評価】
この作品は良いイメージがあります。水戸黄門に比べて放映が少なかった気がします。後水戸黄門は立ち回り印篭で解決してしまうので、あまり良いイメージは無かったです。ワンパターンだなと感じるからです。

ただ悪い点を書かなかったのは、私それほど数多く見て無いのです。この手の作品はやっぱり良いポイントはあるのですが、長く見ていると悪いところが見えるところがあると思います。その点あんまり見てないので悪い点が特に感じなかったと言う事です。

賢そうに見える顔と言うのは良いですね。良い捌きをする雰囲気をかもし出します。あとマゲ似合いますね。私が見ようかなとすると、ずっと水戸黄門ばかりなので、たまにやる大岡越前をちらっと見た時の印象が良いのでこの評価になっています。ずっと視聴していたわけじゃないです。水戸黄門に対する希少価値の様なものがあります。
[共感]
2010/10/06 賢そうに見える顔が得というのはミもフタもないですが、もっともな指摘です(笑。 by 十傑集

2006/06/25 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2199(50%) 普通:1102(25%) 悪い:1104(25%)] / プロバイダ: 11009 ホスト:11078 ブラウザ: 5234
加藤剛は他のドラマなどを見ても、やはり知性派というイメージが強く
その意味では本作はアタリ役、適役だったと言える。
しかし視聴者を感心させるような名裁きを何話も考えるのは、どんな脚本家も至難?
殺陣シーンもないのに奉行直々の捕り物とかで済ませて取調べは無難に終わるパターン
の方が圧倒的で「遠山の金さん」等に比べるとカタルシスは乏しい。

2006/06/25 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3104(33%) 普通:3247(35%) 悪い:3039(32%)] / プロバイダ: 38608 ホスト:38617 ブラウザ: 4184
某はよく、再放送で見てましたな。加藤剛氏版は。
彼演ずる大岡越前は真面目で、悪く言えば
面白みに欠けたといえましたが、まさに頼りがいの
ある奉行でした。テーマ曲もどこか哀愁漂うBGMで
味がありましたな。北大路氏版の大岡越前も
決して悪くはないですが、正統派時代劇だった
同シリーズは普通に安心して見れましたな。

2006/06/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:792(58%) 普通:431(31%) 悪い:147(11%)] / プロバイダ: 18384 ホスト:18446 ブラウザ: 6287
徳川家康大嫌い ( ドラマでなく人間 ) 人間としては、江戸にはあまり興味がないのですが、
まあそれは置いといて、時代劇では1番好きですね。
何といっても、大岡忠相 & 伊織のコンビ ( じゃないって )
が格好良いと思うのと、やはりテーマ曲が印象的で忘れられない作品です。

2006/06/15 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:22(51%) 普通:6(14%) 悪い:15(35%)] / プロバイダ: 43722 ホスト:43656 ブラウザ: 4184
誰がなんと言おうとこのテレビ時代劇の魅力は大岡忠高を演じた山の御大こと片岡千恵藏に尽きます。
極希に登場しては加藤剛に諫言したり釣り糸を湖面に垂らしていた印象しか在りませんが
映画隆盛期の時代劇スター達が退いたり守りに入る中、かつて桜吹雪の遠山金四郎、七つの顔をもった多羅尾伴内を力演し東映黄金時代を築いた銀幕の大スターがテレビに登場しその勇姿が見れてあの独特の口篭もった音吐が耳に入ってきただけでわたしは満足でした(笑)

今にして思えば山の御大こと片岡千恵藏を筆頭に、志村喬、大坂志郎、天知茂、堀雄二、和田浩治、松山英太郎とやたら故人が多いことに時代の変遷を感じずにいられない。

2006/06/14 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 7094 ホスト:7020 ブラウザ: 4184
当時のTBS系の時代劇は「水戸黄門」と「大岡越前」が2枚看板だったけど、最近では「大岡越前」の新作が作られる機会が無くなったせいか「水戸黄門」の方だけ圧倒的に知名度が高いけど、個人的にはこの2作品の知名度の差に付いては物凄く納得が行かずにはっきり言って不満だ。

まあ知名度の差の事に付いては置いておくとして、この作品に関しての印象を言えば数多く有る時代劇の中でも、もっとも時代劇らしい時代劇というか勧善懲悪モノの手本の様な作品だったかなと。

例えば町中の雰囲気とか庶民達のやり取りなんか見ると今までのどの時代劇よりも江戸の町のイメージが近そうなのは何となくだがこの作品の様な気がするし、
ストーリーの方も基本的には勧善懲悪モノで幾つかのシリーズを重ねて使い回しのエピソードも有るけど、江戸全体を揺るがす大事件から、庶民達のちょっとした揉め事まで事件の大小に関わらず意外とストーリーのネタにはバラエティーに富んでいた面も有ったかな。

それと俳優陣も魅力的な人が多かったし個人的には村上源次郎役の大阪志郎さんは好きだったし、他にも3代目の黄門様として有名な佐野浅夫さんも個人的にはこの作品の佐橋孫兵衛役の方が印象的だった。
後は8代将軍の吉宗役の山口さんも印象的な一人で、彼が演じる吉宗も「暴れん坊将軍」でマツケンが演じてた物とは違って別の意味で面白かったし、むしろ人の上に立つ殿様という物は山口さんが演じてる様なタイプの方が自然かも。

現在となっては知名度では「水戸黄門」にかなりの差を付けられたし新作が作られる事も無くなったけど、それでも大岡越前を演じられるのは加藤剛さん以外は考えられないし、
その点で言えば引き際を謝らなかった分だけ現在の酷い状況に陥った「水戸黄門」に比べればずっと良かったかなと思う。

評価は「とても良い」で。

2006/06/14 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:787(45%) 普通:474(27%) 悪い:488(28%)] / プロバイダ: 22649 ホスト:22641 ブラウザ: 4487
そのタイトル名を聞いただけでテーマ曲のメロディーが思い浮かぶほどの時代劇のスタンダード。
現在なお続く【水戸黄門】とのツートップは勧善懲悪をモットーにした正統派時代劇の枠におけ
る屋台骨という感じだった。
個人的に記憶に起こるのは主君である八代将軍・吉宗が江戸の城下町を出歩いているのを忠相が
注意した話か。というか、この話は【暴れん坊将軍】への当て付け臭い感じがしたのであまり好
みではないのだが…。
ちなみに加藤剛は乗馬が下手なので乗馬シーンはみんな合成だという噂があるのは本当なのだろ
うか?もっとも、この作品ではあまり乗馬のシーンは無かった記憶があるが。

2006/06/14 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 33223 ホスト:33285 ブラウザ: 6287
水戸黄門の合間に長期にわたって放映されたシリーズでしたね。今北大路欣也氏が演じている大岡と異なり、加藤氏の演じる大岡は真面目一方で、あまり出歩かない人だったと記憶しております。

そうそう、大岡越前のサポート役の医師は竹脇無我氏の演じる伊織と、西郷輝彦氏演じる新三郎とが交代して出たりしてました。個人的には大岡と対等な口を利く伊織が好きでしたね。
でも、竹脇さんは後にうつ病にかかったりなさったそうで。本当に大変でしたねえ。

しかし、このシリーズも、今年の三月に放送されたスペシャルで本当に終わってしまいました。寂しいですね。

この評価板に投稿する



2017/06/27 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 4797 ホスト:4721 ブラウザ: 5171 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事格好良い/勉強になった/勇気貰った/道徳心&モラル 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像最高(+3 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る
1. 俳優::さらば大岡越前! 加藤剛さんよ永遠なれ by 無限堂
... 大岡越前」などで誠実さと温かみのある演技で親しまれた俳優の加藤剛(かとう・ごう、本名=かとう・たけし)さんが6月18日に、胆のうがんで亡くなっていたことが、9日分かった。80歳だった。告別式は家族で済ませた。お別れの会を9月22日、俳優座劇場(東京都港区)で開く予定。 次男で俳優の加藤頼さん(37)に ...
記事日時:2018/07/09
2. 訃報が多過ぎます・・・ by OYJAR40
... に引き続き、というか、前後で言うとこちらの方が先のようですが・・・ 昭和の名優、加藤剛さんが6月18日に亡くなられていたそうですね。 端正なマスクで、それに見合う生真面目な役柄・・・「大岡越前」は本当のハマり役でした。東野黄門様と共に、昔祖母と一緒に見た思い出深い作品で、その後の時代劇好きの道筋をつけてくれた ...
記事日時:2018/07/09
3. 時代劇ばっかり見てた by ウクレレ
... 祖父が、そりゃもう大変な時代劇好きでして、とにかく放送されてる番組はほぼ全て (再放送に関してはこの限りではない)、しかもそれら最終回までほとんど欠かさず見てましたから。 月…… 『水戸黄門』『大岡越前』『江戸を斬る』『翔んでる!平賀源内』TBS系夜8時 ウチでは、この中では大岡越前が一番人気がありました。平賀源内、 ...
記事日時:2017/01/12
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合非適切にバランスを欠いた評価とみなして削除されます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ