[ドラマ]mother: 2010/07/10 TCC


まざー / Mother
RSS
ドラマ総合点=平均点x評価数405位2,515作品中総合点6 / 偏差値52.61
2010年ドラマ総合点17位102作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2010/07/10 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3372(33%) 普通:3564(35%) 悪い:3315(32%)] / プロバイダ: 43439 ホスト:43346 ブラウザ: 11293
これもつい最近放送終了したばかりだったが・・・・・・

児童虐待をテーマとしていた社会派ドラマだったけど、
まず最初は自分の研究内容以外興味がなかった、
無愛想で冷たい主人公が、次第に母性に目覚めていく
心境的変化が良く掘り下げられていたと思います。
怜南の引き取り及び逃避行、育ての母や前科者だった
実母らとの再会、実は虐待しながらも罪悪感もあった
怜南の両親の葛藤等盛り上げるべき要素が無理なく無駄なく
盛り込まれていて、かつご都合主義とかとは無縁でしたね。

育ての親、鈴原母は、実母の望月が主人公らに近づくのを
快く思わず、事あるごとに非難していたけど、そうした
彼女の心情も理解できるし、雑誌記者だった藤吉も、
いかにも「マスコミらしい嫌な奴」と思いきや、実は
他の児童虐待を目の当たりにして、それを止める事が
できなかった「己の無力さ」を悔やんでいた、何気に
良い人だったのも印象深かったです。

俳優陣も、ミスキャストとかは特にいなかったです。
松雪泰子氏は感情表現など綿密で、怜南役の子役の
子も、天才かどうかはさておき、自然体で普通に
巧かった。他の脇役も、高畑淳子氏や田中裕子氏
等のベテランの存在感も凄かったけど、彼女らの
演技も、話のリアリティを表現するのに一役買った
のは間違いないと言って良いでしょう。

少なくとも、最近のドラマでは「良作」の類な
この「mother」だったと思います。ただ、今夏
はこれ並に面白いドラマあるのかどうか甚だ疑問
だが・・・・・・・・・まあ、評価は「とても良い」
寄りの「良い」とさせていただきます。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ