[ドラマ]mother


まざー / Mother
RSS
注意: これはドラマ版。その他メディアのページ: ゲーム:MOTHER(マザー) / 文学:MOTHER―The Original Story / 日本映画:マザー / 海外映画:マザー!
ドラマ総合点=平均点x評価数403位2,496作品中総合点6 / 偏差値52.60
2010年ドラマ総合点17位100作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像3.00(最高)1
音楽3.00(最高)1
声優・俳優3.00(最高)1
キャラ・設定1.00(良い)1
ストーリー1.00(良い)1
涙流した100%1人/1人中
考えさせられた100%1人/1人中
感動100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

その時、女は決意した――。
虐待を受けている少女を誘拐し、
その子の母親になることを――。
キャスト:松雪泰子:山本耕史:酒井若菜:倉科カナ:芦田愛菜:尾野真千子:川村陽介:市川実和子:音尾琢真:田中実:綾野剛:水野顕子:高畑淳子:田中裕子

[スタッフ]
脚本:坂元裕二
日本 開始日:2010/04/14(水) 22:00-22:54 日本テレビ / 終了日:2010/06/23
公式サイト
1. Mother
11,23033
最近の閲覧数
1411101271
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/01/22 / 最終変更者:永田 / その他更新者: kunku / 提案者:管理人さん (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/04/17 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:25(64%) 普通:11(28%) 悪い:3(8%)] / プロバイダ: 1624 ホスト:1600 ブラウザ: 5521
【良い点】
子供のために罪を被る母、子供のために覚悟を決める母、母になると決意する母、
1人で育てていくと決心する母、虐待して後悔する母と、いろんな母親の母性に焦点を当て丁寧に描いている。
松雪泰子や芦田愛菜はもちろん、脇を固めるベテランの高畑淳子や田中裕子の演技が素晴らしい
しっかりと悪い部分は悪いとドラマとして脚色することなく表現している

【悪い点】
特になし

【総合評価】
素晴らしいドラマ。母親の経験もないしましてや男の自分でも感情移入してしまい、毎回泣かされた。
派手な演出は控えめに、リアルに淡々と流れていく話の構成がうまく、まるで映画のように感じた。
いろんな母親がいてそれぞれにドラマがあり、子供を想う母親の偉大さを感じた。

2010/07/10 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3322(33%) 普通:3508(35%) 悪い:3267(32%)] / プロバイダ: 43439 ホスト:43346 ブラウザ: 11293
これもつい最近放送終了したばかりだったが・・・・・・

児童虐待をテーマとしていた社会派ドラマだったけど、
まず最初は自分の研究内容以外興味がなかった、
無愛想で冷たい主人公が、次第に母性に目覚めていく
心境的変化が良く掘り下げられていたと思います。
怜南の引き取り及び逃避行、育ての母や前科者だった
実母らとの再会、実は虐待しながらも罪悪感もあった
怜南の両親の葛藤等盛り上げるべき要素が無理なく無駄なく
盛り込まれていて、かつご都合主義とかとは無縁でしたね。

育ての親、鈴原母は、実母の望月が主人公らに近づくのを
快く思わず、事あるごとに非難していたけど、そうした
彼女の心情も理解できるし、雑誌記者だった藤吉も、
いかにも「マスコミらしい嫌な奴」と思いきや、実は
他の児童虐待を目の当たりにして、それを止める事が
できなかった「己の無力さ」を悔やんでいた、何気に
良い人だったのも印象深かったです。

俳優陣も、ミスキャストとかは特にいなかったです。
松雪泰子氏は感情表現など綿密で、怜南役の子役の
子も、天才かどうかはさておき、自然体で普通に
巧かった。他の脇役も、高畑淳子氏や田中裕子氏
等のベテランの存在感も凄かったけど、彼女らの
演技も、話のリアリティを表現するのに一役買った
のは間違いないと言って良いでしょう。

少なくとも、最近のドラマでは「良作」の類な
この「mother」だったと思います。ただ、今夏
はこれ並に面白いドラマあるのかどうか甚だ疑問
だが・・・・・・・・・まあ、評価は「とても良い」
寄りの「良い」とさせていただきます。

[推薦数:1] 2010/07/03 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:51(85%) 普通:3(5%) 悪い:6(10%)] / プロバイダ: 11603 ホスト:11626 ブラウザ: 4483
〓虐待〓をテーマに一本のドラマを作るって簡単なように見えて実はかなり難しいと思う。
「虐待は良くない」と言ってるだけじゃ駄目だし(そんなのみんな知っている)、最終回には母親が改心して親子が和解しハッピーエンド…なんて、そんなうまい話あるはずがない。
本作は奇麗事やご都合主義で誤魔化さず虐待というテーマに取り組んでいたところが良かった。

主人公は自身も母親に捨てられた過去を持ち、育ての母に甘えることもできず、〓母性〓とは縁遠い世界で生きてきた人物だ。松雪さんの無愛想&無表情な役作りが強烈なインパクトを与える。
そんな彼女が〓継美〓との逃避行のなかで次第に笑顔を見せるようになり、〓母性〓を獲得してゆく。さらには育ての母に感謝し、生みの母を許せるようになる。そんな主人公の成長が丁寧に描かれており、次回もまた見たいと思わせてくれるドラマだった。

また、れな(継美)の母親が娘を虐待するようになる経緯が描かれた回は特に秀逸。
初めは娘に惜しみない愛情を注いでいた母親が次第に壊れていく姿が視聴者を戦慄させる。
誰でもこの母親のようになる可能性を秘めているのだから…(一体どれだけの人が「自分は虐待なんかしない」と自信を持って言えるだろう?)

よく「すべての女性には生まれつき母性が備わっている」といわれる。
でも本当にそうだろうか?
このドラマを見ていると母性は自分で見つけ、獲得し、それを育てていかなくてはならないのだと教えられているような気がする。
本作にはいわゆる〓母性神話〓に対して一石を投じ、再構築を迫る、そんな意義もあったのではないだろうか。

この評価板に投稿する



2013/02/24 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 10994 ホスト:11078 ブラウザ: 7405 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/涙流した/考えさせられた 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像最高(+3 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

1. ハイスコアガール 感想#09 by エスパー
... 既に犯人知っている(というかぼくは2から始めた)とはいえ、それでも怖くて面白いゲームでした。 なおはじめてのバッドエンドは真理(主人公の彼女)にストックで殺されるやつです。 というかそのバッドエンドを最初に見た人は相当多いそうで、みんなそこに辿り着いちゃうんかよ!と。 1994年8月から翌年3月までのソフトを調べた結果、MOTHER2、ライブアライブ、 ...
記事日時:2018/09/08
video video
2. 本当は恐ろしい三匹の子ぶた by 雪霞
... てしまいました。 オオカミに追われた2匹が、賢明な3匹目が建てたレンガの家に逃げ込んだ場面。 =window_width){this.width=window_width*0.96;}}else if(window_width && this.width>window_width*0.75){this.width=window_width*0.75;}"> 壁に、MOTHER と書かれ ...
記事日時:2018/01/27
video
3. アリだー! by 石鯉
... したら良かったんじゃないのかな,と。 ミニファミコンが出た時点で出るかもなー出たらいいなーてゆーか出しやがれついでだからSIE辺りも何か出せなどと考えていたので出ることそれ自体に対する驚きは特に無し。 ミニファミコンよりも収録タイトルが少ないのとロープレがあんまりないのと(そもそもVC化自体ほとんどされてないわけだけどね)海外版と違ってMOTHER2が収録さ ...
記事日時:2017/07/09
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはドラマ版。その他メディアのページ: ゲーム:MOTHER(マザー) / 文学:MOTHER―The Original Story / 日本映画:マザー / 海外映画:マザー!
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ