[ドラマ]こころ: 2009/06/22 Merci


KOKORO
RSS
ドラマ総合点=平均点x評価数1,941位2,090作品中総合点-6 / 偏差値44.66
2003年ドラマ総合点53位58作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2009/06/22 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:266(51%) 普通:86(17%) 悪い:167(32%)] / プロバイダ: 1328 ホスト:1089 ブラウザ: 7322
個人的には「甘辛しゃん」と並ぶ「許せない」レベルの最悪の作品です。

こちらのコメントには、こころに対する同情票が多いんですね、驚きました。
私はひたすら、倖と優太の姉弟に同情しながら見ていましたので。
ヒロイン・こころは周囲の皆から心配されて、頑張っていると評価されていましたが・・・。
逆に言うと、周囲は「こころが正しくて、こころがどう思うかが大切」で、子供2人の気持ちは完全に無視状態でした。

完全に切れて視聴を終了したのが、ヒロインの夫・優作が亡くなった直後の周りの対応でした。
父親の死を受け入れられない幼い優太に対し、こころのことが好きな近所の男が優作の振りをする芝居をしたのです。
これがまだ、「優太に対する善意」だったのなら、間違っているにしても許せたのですが、
彼がその行動に及んだ理由は、「こころが笑っていない」だったので(しかも、そのために許される雰囲気になった)、
ヒロイン以外ないがしろ路線に愕然として、テレビを消しました。

最終回には、倖が憧れていた花火職人とこころが結ばれる展開だったので、本当に倖がかわいそう!!と怒りを感じた記憶があります。
この作品のおかげで、中越典子さんには未だにいいイメージがありませんし(汗)、
花火職人役の玉木宏さんも「のだめカンタービレ」の千秋役を見るまで嫌なイメージを引きずっていました。

以上の理由から、評価は「最悪」を付けております。
[共感]
2017/04/16 序盤のこころと父親の関係からして、子供が親を分かってやるのが当たり前的な押しつけが目立ってご指摘の展開を既に示唆しています。 by 十傑集


論客名: パスワード:




この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声