[ドラマ]秀吉


ひでよし / Hideyoshi
RSS
ドラマ総合点=平均点x評価数64位2,351作品中総合点28 / 偏差値67.26
ドラマ平均点94位292作品中平均点1.22=良い/23評価
1996年ドラマ総合点1位40作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.50(とても良い)2
キャラ・設定1.00(良い)2
映像1.00(良い)2
音楽0.50(良い)2
ストーリー0.00(普通)2
熱血50%1人/2人中
面白い50%1人/2人中
セクシー0%0人/2人中
可愛い0%0人/2人中
勇気貰った0%0人/2人中
もっと見る
属性投票する
制作:NHK 原作:堺屋太一 脚本:竹山洋 音楽:小六禮次郎
テーマ音楽演奏:NHK交響楽団 時代考証:小和田哲男 下山治久
風俗考証:二木謙一 建築考証:平井聖 衣装考証:小泉清子
殺陣武術指導:林邦史朗 所作指導:猿若清三郎 題字:森繁久弥
日本 開始日:1996/01/07(日) 20:00-20:45 NHK総合 / 終了日:1996/12/22
20,6212423
最近の閲覧数
1130100303
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2019/01/14 / 最終変更者:ウクレレ / その他更新者: 十傑集 / 羽幌炭鉱 / TCC / 提案者:もろっち (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2012/12/18 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2715(60%) 普通:758(17%) 悪い:1057(23%)] / プロバイダ: 13784 ホスト:13627 ブラウザ: 9931
この作品、五右衛門が主役では…
これが、この作品を視聴中、脳裏に浮かんできた言葉です。

話は、信長の行列の脇でなかと光秀が猿股一枚でいる男(秀吉)を目撃するシーンから始まります。

先ず目を引いたのは、龍興の誘いを断って命を狙われる、火縄銃を鳥や猪を撃つ道具としか見ない義元に呆れる、信長達の前で三段撃ちを披露する等、
仕える主を求めて母と共に放浪の旅を続けて信長の所に転がり込み、秀吉の眼差しを背に信長の命を巧みにこなす光秀。

信長に馬の世話を任された時に幼い信忠の遊び相手になる、幼い茶々に懐かれる、光秀等が受けた命を横取りして成功させる等、
作中の秀吉は、ガツガツした所を前面に押し出しており、ひとたらしの面影も殆ど見られないと言う具合に良くも悪くも新しい秀吉像でした。

中でも、秀長に崖下の川に落とされる、信長の命で都に来た秀吉と女性絡みでもめる、秀吉から千鳥の香炉を盗って見せる、
捨の死を嘆き悲しむ秀吉の前に姿を現す等、話の序盤から秀吉や秀吉の家族と深く関わり、最期は唐攻めに固執する秀吉に釜茹でにされた
五右衛門の存在感は、秀吉を喰ってしまう程際立っていました。

その反面、芝居がオーバーな時代劇でも浮いてしまう程オーバーな秀吉と信長の芝居、下っ端特有のガツガツした部分が前面に出過ぎて人たらしな部分が殆ど見られない等、
秀吉の芝居に鬱陶しさを覚える事しばしば。
それに秀吉に負けない位にガツガツした小六(大仁田)も絡むと、鬱陶しさは倍増。

その為、評価は「普通」止まりです。

2012/04/30 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2164(50%) 普通:1088(25%) 悪い:1088(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 6425
【良い点】
村上弘明による明智光秀は秀吉が嫉妬するような才覚と穏やかな人柄を併せ持った人物というのが新鮮でした。
信長に「出過ぎる」と受け取られるようになり、それが元で母親の死を招き、確執に繋がるというのは
脚色であっても面白いと思えました(処刑場面に秀吉が居合わせたり、本能寺の変が一周忌などはやり過ぎですが)。

高嶋政伸による秀長もツッコミ役として良かったでしょうか。
墨俣の一夜城に際して他の重臣が失敗するのを見てから名乗りを上げるように進言し、
「他の人に出来る事を兄者がしてどうするんだ」という辺りは納得。

【悪い点】
竹中直人は新しい秀吉像を作り出そうとしていましたが個人的に合いませんでした。
秀吉=「サル」というのは人たらし的な愛嬌という意味合いがあり、それを長所に出世していきます。
緒方拳は表情で柴田恭平は全身の動きでこれを表現していましたが、
本作の場合、泥臭い田舎者という個性にとどまり特に魅力という印象も受けませんでした。

渡哲也の織田信長も理性的な分、若い頃のうつけ殿はミスマッチ感が強かったです。

【総合評価】
キャストは「合っている」と「何か違う」感が半々。
ストーリーも比叡山焼き討ちなどハードな一面がある一方で、秀吉が「農民のため」を強調しすぎたり、
桶狭間の戦いで今川の兵となっている石川五右衛門を見逃す等、戦国時代に合わない所や
千利休が秀吉と初対面のシーンで相手の素性など知りもしないのに「信長公に買った茶壷を売りつけにいこう」等
先の展開を見越した視聴者向けの説明臭い台詞なども散見されて作為的過ぎる感があったのも難でした。

80年代までの大河と2000年以降の大河の中間期的な印象でしょうか。評価は「普通」で。

2009/05/24 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:274(39%) 普通:189(27%) 悪い:243(34%)] / プロバイダ: 17947 ホスト:17855 ブラウザ: 6399
放映当時海外にいたためほとんど観たことはありません。
偶然日本の衛生が入るホテルに泊まった時に観た感想を・・・

ぶっちゃけ竹中直人と秀吉のイメージはかけ離れていましたが、丁度観た時が光秀を倒して天下取りに動いていた時だったのかな?秀吉が狂って行く様子がとても素晴らしかった。
基本的に主人公を綺麗に描く大河ドラマの中でこれは異質だったのではないかと思います。

2009/05/24 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:36(73%) 普通:4(8%) 悪い:9(18%)] / プロバイダ: 9784 ホスト:9541 ブラウザ: 8456
竹中直人を代表する作品。オーバー気味だったが、これ程はまった役も無いでしょう。

再放送を中心に見ていましたが、退屈になる事も無かった作品。この時代の作品を贔屓目に見てしまうからかも知れませんが。

2007/06/21 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:398(76%) 普通:41(8%) 悪い:87(17%)] / プロバイダ: 41708 ホスト:41793 ブラウザ: 6342
大河ドラマにありがちな古語表現が薄く現代語的な表現が多いのと滝川一益役の段田氏が洒落になってないほど役にあってないと言うどうしようも無いキャストミスに違和感あったんですが、最初のうちは見ていて物凄い違和感があったんですが竹中直人氏の演じる秀吉のキャラのハマリ具合と強烈な個性を放つ芝居と演技力でその辺を上手く支えていてくれたような気がします。
なかなか時代劇ではお目見えしない大和大納言秀長が出てくるのも好印象です。

2006/04/06 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 33223 ホスト:33285 ブラウザ: 6287
野際陽子扮する、光秀の母親がまた凄まじかったですね。我が子を溺愛するあまり、嫁が光秀に膳を出そう
とするのを取り上げたりしてました。
この頃の野際氏には「怖い母親」のイメージが付きまといます(苦笑)。

利休役の仲代達矢氏も、存在感があってよかったかと。あと、高島政伸氏が、「太平記」に続いてまた、
「主人公の弟」を演じてましたね。兄嫁役がどちらも沢口靖子ってのは何かの縁でしょうか。

2006/03/12 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:409(58%) 普通:211(30%) 悪い:87(12%)] / プロバイダ: 3373 ホスト:3395 ブラウザ: 5237
良くも悪くも竹中さんの秀吉というのは、かなり強烈な個性がありましたね。
なんかあまりにも熱演すぎて、ちょっと引いちゃったりした事もありましたが。

キャストもなかなか実力派ぞろいだったと思います。個人的に好きだったのは、中尾彬さんの柴田勝家ですね。迫力満点です。

姉川の合戦の時の退却の殿を、柴田勝家と秀吉のどちらが努めるかという下りの二人のやり取りはちょっとジーンときましたね。
柴田勝家が初めて秀吉を認めた瞬間という感じがスゴク良く出ていました。
でも後にこの2人、殺しあうことになるんですよね〜。ああ無常・・・

2006/03/05 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:12(80%) 普通:1(7%) 悪い:2(13%)] / プロバイダ: 12125 ホスト:11948 ブラウザ: 6287
小六禮次郎さんのメロディーとCGを使ったOPがかっこよかったです。

竹中直人さん扮する秀吉は、まさにはまり役でした。
秀吉=猿=元気いっぱいというイメージも私の中で定着しました。

渡哲也さんの10代頃の信長は、実年齢とのギャップもあり心配しながら見ていました。
しかし、30〜40代の信長だけみると、威圧感みなぎるすてきな信長でした。

ナカ役の市原悦子さんは豪快で優しく肝っ玉母ちゃんで好きでした。
ただ、大笑いした時に奥歯に銀歯が見えたのが気になりました。

2006/01/06 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2014(50%) 普通:780(19%) 悪い:1248(31%)] / プロバイダ: 13427 ホスト:13328 ブラウザ: 5234
竹中直人の秀吉は異色の個性を発揮し、渡哲也の信長も良かったとはいえ、蜂須賀小六役の大仁田はウザかったし、おね(ねね)役の沢口靖子は相変わらずのダイコン演技だし、そう言った部分はどうにもイヤだった覚えがあったのでした。
それに今泉君が家康というのは、あまりに似合わなすぎだし〜。

もともとこういった大河ドラマは歴史の勉強をしている人から「おいおい、ここ違うだろう!」という突っ込みが絶えないのですが、本作は役者のパワーのせいか、そういった部分の迫力は出ていました。案外、俳優人気とパワーが密接に融合した最後の大河ドラマだったと言えるのかも知れません。

本作でそんなパワーを発揮した結果、それ以降の大河ドラマは思った程成績が振るわず、(もっとも、私は同時刻に「ダウンタウンのごっつええ感じ」を見ていた事もあったし)こうして大河ドラマはイケメンや、容姿だけのダイコン役者ばかりを使うドラマへと移行していった部分もあり、最後の火付け花火的な作品だったと言えるのかも知れません。

2005/07/31 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 34205 ホスト:34096 ブラウザ: 4184
大河としては普通のでき。

配役はそれなりにできてたんじゃないすか。おねの沢口靖子とか結構良かったような。話も石川五右衛門と幼馴染という変な設定以外できていたようにおもいます。

正直、後半かなり失速したのが痛いですね。
秀吉と言う人物自体、人生の前半は農民と言う地位から一生懸命なんとか這い上がり、後半、朝鮮出兵などの蛮行に走った人物ですから仕方ないと言えばその事に尽きる。ある意味忠実描いているだろう(?)としときます。

もうひとつ最終回はありがちなオチであまりすかんかったな。

2004/12/16 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 33021 ホスト:32998 ブラウザ: 5978
当初渡哲也氏が信長を演じると聞いて、「おいおい、老け過ぎだろ!!」と思いましたが、
回を追うごとに違和感が払拭されていきましたな。
なんといいますか、鬼気迫るものがありました。竹中直人扮する秀吉を足蹴にする場面が
ありましたが、真に迫っておりましたよ、ええ。
少なくとも、緒方直人の信長より、1000倍は良かったと思いました。

竹中直人の演じた秀吉、とにかくばばっちかったですな。やたらと唾を飛ばしてわめくので
汚く感じました。
正直言って、おね役が沢口靖子というのはもったいなさ過ぎです(苦笑)。
対照的だったのが村上弘明氏扮する光秀。長身で男ぶりもよく、物腰も丁寧で、何から何まで
秀吉と対照的な伽羅になってました。
織田家に仕官する前の二人が出会っていたというのも実際にはありえませんが面白いドラマだったと
思います。

2004/11/21 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:223(72%) 普通:35(11%) 悪い:52(17%)] / プロバイダ: 5711 ホスト:5610 ブラウザ: 4184
おもしろかったです、毎週親父が見てるのを一緒に見てました。
竹中直人のつばを飛ばしながらの名演技は見事でした。
ただ残念なのが終わり方が・・・。
実際梅毒で死ぬシーンは作れなかっただろうけど、ちょっと中途半端だったかな〜。

2004/10/01 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:111(59%) 普通:41(22%) 悪い:35(19%)] / プロバイダ: 39377 ホスト:39295 ブラウザ: 3646
竹中直人は当然良いですが、渡哲也と沢口靖子か最高の適役って印象が残ってますね。
特に渡哲也の信長は威厳というか迫力というか素晴らしく信長をしていたと思います。
沢口靖子のねねは、とにかく美人だった、沢口靖子は本当に肌が綺麗だった、今でも十
分ですけどね。

2004/09/14 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 53117 ホスト:53099 ブラウザ: 3875
秀吉を描いた作品としてどうだったのか・・・と言えば、最高、とは言えないと思います。
朝鮮出兵を描いていないし、最後の頃の秀吉の心の変化をあまりリアルには描いていなかった。
覇王の孤独を描いた会はあった(石川五右衛門の処刑シーン)のですが、如何せん迫力がなかった。

竹中直人氏の演技力は凄いです。
歴代の中で一番秀吉っぽさを演じたのではないでしょうか。
それだけに、脚本があまり良くないのが惜しかったです。

まさかこのドラマのせいで「モ●ット」のCMが決まったわけじゃないでしょうねぇ(笑)。

2004/09/12 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:34(48%) 普通:20(28%) 悪い:17(24%)] / プロバイダ: 40906 ホスト:40863 ブラウザ: 3875
日本の歴史上の自分物の中で結構秀吉は良い所も悪い所も含めて好きだったのに、あまりにも美化されすぎてるような気がした。まあ、けど自分の見た大河ドラマの中(そんなに言うほど見てませんけど)では一番面白かったと思います。

もっと読む

「秀吉役の竹中直人さんは見事でした。百姓の持つ泥臭さ(良い意味で解釈してください)がしっかり表現されてい...」 by Miz and Joe


次のページを読む

この評価板に投稿する



2014/03/08 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 15046 ホスト:15286 ブラウザ: 5682 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー悪い(-1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. ゾンビランドサガ 感想#08 by エスパー
... ! 人の名前を笑ってしまうだなんて全く以て人道を外れている非常識なことだと諒解しております。 けど似合わねえだろと!まさおつったら裏切りおにぎりもあるが、まずぼくの中ではJリーグカレーですよ! あんなガタイの良すぎるお父さんは息子さんにナニを食わせてあーなったんですかね! まああれですよ、 バカテスの性別:秀吉 みたいに ...
記事日時:2018/11/23 [表示省略記事有(読む)]
2. 9/1漫画レビュー(甘々(最終回)、信長、花むすび、神日々、らいか) by ゴーグル侍
... ちゃんの誕生日です!という事で小鳥ちゃん、お誕生日おめでとうございます! 別冊ヤングチャンピオン 2018年9月号 信長を殺した男〜本能寺の変 431年目の真実〜(漫画:藤堂裕 原案:明智憲三郎) 饕餮(とうてつ)のように欲深い秀吉は子宝に恵まれない事に悩んでいたんですね。秀吉が秀勝(信長の四男で秀吉の養子となっ ...
記事日時:2018/09/01 [表示省略記事有(読む)]
3. え?歴史漫画なのに? by ミルナ-
「センゴク権兵衛」 「この作品はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません」とかいうお断りキャブションみたいのが出てたが 実在の超有名人物の秀吉・家康のツーショットの画の下にそれを出す?ヤンマガさん。
記事日時:2018/06/05 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ