[ドラマ]ガリレオ


GALILEO
  • 面白い
  • 楽しい
  • 格好良い
RSS
注意: これはドラマ版。その他メディアのページ: 文学:探偵ガリレオ / 文学:予知夢
ドラマ総合点=平均点x評価数39位2,383作品中総合点38 / 偏差値74.05
ドラマ平均点102位293作品中平均点1.15=良い/33評価
2007年ドラマ総合点2位95作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽3.00(最高)3
映像2.00(とても良い)3
声優・俳優2.00(とても良い)3
キャラ・設定1.67(とても良い)3
ストーリー1.67(とても良い)3
面白い100%3人/3人中
楽しい67%2人/3人中
格好良い67%2人/3人中
考えさせられた33%1人/3人中
勉強になった33%1人/3人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

湯川学は、帝都大学理工学部物理学科の准教授。容姿端麗、頭脳明晰、スポーツ万能で、女子学生からは圧倒的な人気を得ている男だが、学問以外のことにほとんど興味を示さない変人でもあった。
貝塚北署の新人刑事・内海薫は、尊敬する先輩刑事・草薙俊平の紹介で、その湯川がいるという第十三研究室を訪ねる。
草薙の助言に従って、管内で起きたある事件について彼に捜査協力を求めるためだった。『ミステリーハンター』の異名を持つ草薙は、数々の難事件を解決した功績が認められ、本庁への栄転が決定していた。
だが、その草薙いわく、自分が解決した事件は、大学時代の同期で、仲間内で『変人ガリレオ』と呼ばれていた物理学の天才・湯川の協力のおかげだというのだ。
(公式HPより)
放映局:フジテレビ系列
演出:西谷弘 成田岳 西坂瑞城
プロデュース:鈴木吉弘 牧野正 菊地裕幸
原作:東野圭吾『探偵ガリレオ』『予知夢』(文藝春秋刊)
日本 開始日:2007/10/15(月) / 終了日:2007/12/17
公式サイト
1. http://wwwz.fujitv.co.jp/galileo/index.html
44,9853933
最近の閲覧数
1112501002
1人の方がこの作品がドラマとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2008/01/11 / 最終変更者:DONP / その他更新者: ろぎ / 提案者:カトル (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2013/11/08 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1483(52%) 普通:724(25%) 悪い:640(22%)] / プロバイダ: 748 ホスト:633 ブラウザ: 6157
合理的に物事を考える変人ガリレオの事件への携わり方が
物理学によって現象を解明し、あくまでその結果として事件を解明する新しいタイプの探偵でした

原作とは大きく変更されている点も多いですが1話完結のコミカルな事件モノとして
湯川先生と内海刑事のやりとりだけではなく周囲のキャラクターまでもが活き活きとしていました

スポーツしたり料理したりといったことを合理的に説明するシーンや
真相に気がつき一心不乱に数式を書き殴るガリレオ湯川のシーンなどは実にいい演出で
数式がどんなものかはからっきしわからないんですがなんやかんやで迫力がありました
正しい数式なのか、めちゃくちゃに書いているだけなのか気になるところです

事件のトリック自体は大したものではありませんでしたが非常に上手にドラマ化してあり
シナリオ、演出、キャスティングのどれもが良かったです

2013/11/05 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:775(60%) 普通:341(26%) 悪い:179(14%)] / プロバイダ: 9039 ホスト:9265 ブラウザ: 9615
福山さん演じる湯川というキャラクターに魅力を感じました。
柴咲演じる薫との掛け合いも面白い

2013/07/11 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:225(78%) 普通:25(9%) 悪い:40(14%)] / プロバイダ: 33998 ホスト:33776 ブラウザ: 4894
シーズン2を見てからの視聴。湯川が若い。
真矢みきの存在が内海刑事の性格を、原作よりも弱く、頼りなく女性らしい可愛らしさを見せるのに一役買っている。おかげで柴崎コウと福山のあいだにわずかに匂う程度の色恋を視聴者に感じさせ、いいアクセントになっている。シーズン2にはない、内海刑事の迫力に気圧される湯川も新鮮で良かったし、船の中で科学者は決して他人に無関心なわけではない、というところも良かった。
あくまで頼り頼られるまでの関係を崩さなかった最終回も安っぽくならなくて良かった。
2では中島君の存在感が抜群だったが、1の内海は好きな異性は出ないままだったのでそこがミステリアスで、良い。逆に2ではさばさばしすぎで、単に湯川を利用するだけのように感じさせてしまったのかもしれない。

キャスティングは毎回良かったが、久米氏はいいと思ったのは最初だけで、無理に老獪な雰囲気を出そうとしている演技がなじめなかった。言葉のリズムが速い。が、第一線の科学者ならそっちの方が自然なのかもしれない。
テンポは2と変わらずよかったが、加えて内海が真剣に訴えて湯川との間にできる沈黙のような時間が重視されているような気がして、そこはプラス。上司は品川よりも、2の方がよりコミカルで良かった。原作が全て短編集からだったとおもうが、そもそも原作はどれも心に残らなかったので、そこは期待値が最初から低くてマイナス。評価はとても良い。
なるほど、1の方が主要人物の感情の機微も重視されているような気がします。

2013/06/26 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:632(69%) 普通:109(12%) 悪い:172(19%)] / プロバイダ: 11693 ホスト:11946 ブラウザ: 5133
≪原作未読≫
【良い点】
・変人湯川教授や内海刑事、助手の栗林
監察医の先生などキャラが立ってる
ゲスト含めて役者も上手い下手は別に役に合っているので好演と言えるかと
ゲストが何気に豪華

・科学的なトリック
本作独自の部分で湯川が数式描くシーンや実験シーンは盛り上がる
理系的に説明しようとするアプローチ、薀蓄は面白い

・パターンを踏む1話完結だが最終話までどれも面白みがある
後味の悪い話や救いの残る話などバリエーションも豊富

・湯川と内海の掛け合いをはじめ笑えるシーンが多い

【悪い点】
・ちゃんと恋愛にはなってないが湯川と内海のその手を狙った
シーンが唐突に最終回辺りで来たのでそれは違和感が。普通にコンビで良いかと

【総合評価】
映画容疑者Xから入ったけど本編はそれより基本テイストは明るくかつ
容疑者Xでのシリアス要素も含んでいて面白かった。後半は少し落ちたが
それでも一定の質は保って終わった感じ。評価は「とても良い」で

2013/04/03 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:534(62%) 普通:128(15%) 悪い:193(23%)] / プロバイダ: 37829 ホスト:37615 ブラウザ: 5345
原作も十分面白いんですが、ドラマはもっと面白いです。

柴咲コウさんの演じる内海薫は原作にはいないキャラなのですが(途中から作者・東野さんが登場させている)、
新たにキャラを追加したのは正解だと思います。(これによって草薙が地味になってしまったのが残念ではあるのですが・・・)

湯川の変人ぶりは原作の2倍増しくらいになってますが、これでコンビが草薙だったらなんだがむさくるしいし、その点、湯川と真逆の内海がコンビだと見栄えが良いですし(笑)、真逆な二人だからこそ・・・みたいなものがあって良いです。

あと
推理シーンの演出は非常に良かった。めっちゃくちゃインパクトもあるし、ヒーローでいう必殺技!みたいな感じ。これのおかげで単調な推理ドラマにならずに済んでる気がする。

やや大衆向けすぎる演出な気もするけど、
今のドラマだとほとんど守りに入ってしまっているので、
こんくらいインパクトのある演出があったほうが面白い。

評価はとても良いで。

付け足しだけど
湯川を演じる福山雅治、内海を演じる柴咲コウ、ともにアーティストなので
主題歌である「KISSして」も良い感じの曲になってます、福山さん作曲のOPもドラマにピッタリなインストなので
これも高評価の一因。

2011/11/16 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:66(66%) 普通:15(15%) 悪い:19(19%)] / プロバイダ: 33009 ホスト:32826 ブラウザ: 10100
【良い点】
渡辺いっけいさん福山さんの演技
トリック
音楽

【悪い点】
柴咲コウと福山さんの演技(品川は問題外)

【総合評価】
福山さん演技は単体だと良いんだけど柴咲コウと合わさると、コントを見てるような感覚になる。逆に渡辺いっけいとの絡みは安心して見れる。
トリックは奇抜だし、音楽も良いだけに
キャストをしっかりしてほしかった。

[推薦数:1] 2010/02/11 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:837(66%) 普通:171(14%) 悪い:251(20%)] / プロバイダ: 1165 ホスト:1082 ブラウザ: 10070
理屈でしか物事を考えない変わり者の准教授、
直情的な熱血刑事、
実に対照的な二人の凸凹っぷりが面白い。

<ネタバレあります>

【良い点】

○トリック
悪く言えば、奇抜すぎるのですが、大胆さ、派手さという観点からのインパクトは抜群。

○音楽
文句なしに及第点。あっちこっちでパロディされるのもわかる(笑)

○役者
渡辺いっけい氏が素晴らしい。
もっと栗林さんの見せ場が見たいw

【悪い点】

○湯川。
見ていく内に慣れましたが、湯川があそこまで容姿端麗なのは違和感がありました(失礼)

○草薙の扱い。
これはあんまりです。原作ファンなので尚更、そう思う。

○柴咲コウさんの芝居。
巧い下手ではなく、個人的に好みの問題です。

○なぜに品川祐?
面白いのだが、さすがにプロの役者と絡むシリアスなシーンだと、畑違いな感は否めない。



(以下、個人的に好きなエピソードを)

「燃える」

(良い所)
―初回としては上々。
畳が剥がれている謎や、携帯電話の画面破損の伏線の巧さには唸らされた。
唐沢寿明氏の怪演も良かった。



「離脱る」

(良い所)
―実にミステリーに富んだ内容が愉しかった。
石井正則氏は、品川祐氏との芸人同士の役者対決が面白かった。

(悪い所)
―きつい言い方だが、父子のドラマが安っぽかった。
それと何故に虻川美穂子?犯人でもないのに。



「壊死る」

(良い所)
―何といっても香取慎吾氏。
氏は、ドラマでは『西遊記』や『こち亀』のようなハイテンションな役柄が多いが、個人的にはこういった静謐と狂気に満ちた役柄の方が好きです。
ゲスト出演というのも珍しい。

(悪い所)
―蒼井そら



「夢想る」

(良い所)
―自分の中ではベストエピソード。
内海の同級生の謎の予知と、内海の子供時代の記憶、終盤に数々の点と点がつながり、線へと変わってゆくシナリオが秀逸。
新井浩文氏のゲスト出演も嬉しかった。

(悪い所)
―ゲストのはずの掘北真希が蚊帳の外。



「爆ぜる」

(良い所)

・まさかの久米宏氏。

・内海『普通、爆弾って赤と青のコードを切ればいいんじゃないの!?』
湯川『アニメの見過ぎだ』
、には笑いましたw

(悪い所)

木島のその後が描かれていない。
前編後編の、ましてや最終回にしてはインパクト不足。



【総合評価】

私はこういう「一癖あるサスペンスもの」が大好きなので(『古畑任三郎』など)、個人的には大当たりの一本。
セカンドシーズンを切望。
[共感]
2011/01/05 私もコードのくだりで大笑いしてしまいました!でもちゃんと赤と青が合ったときには湯川の「しまった!アニメも見ておけばよかった!」にもっと爆笑してしまいました。 by れもん

2009/12/27 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 3868 ホスト:3816 ブラウザ: 5717
【良い点】
湯川のキャラクター
相棒の刑事さんが女性になったこと
奇抜な科学的トリック
栗林さん
OPサウンドとEDの歌
タイトルの当て字の面白さ
【悪い点】
ありません

【総合評価】
「面白い、実に面白い!」という言葉の通り本当に面白い内容でした。
最後の核爆弾「レッドマーキュリー」を一人で解除できる湯川先生は本当に天才ですね!

2009/12/16 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:177(76%) 普通:23(10%) 悪い:34(15%)] / プロバイダ: 15287 ホスト:15482 ブラウザ: 10714
『容疑者X』の登場で一気に知名度も評価を上げたシリーズですが、
もともと短編のみだった頃の原作では非常に地味な作品。
東野先生はドラマを描くのが非常に上手い作家だと思いますが、
科学的推理に主眼をおいたこのシリーズはドラマ要素は淡白/客観的に描く
ことで、理系の雰囲気を上手く演出していた印象があります。

ドラマ化にあたって設定が変更される事はあまり好きではないのですが、
本作については原作が淡白な作品だっただけに、設定に手を加えてドラマ
性を引き立たせる点で良く考えられていたと評価します。
まんま原作で行ってたら、凄く地味になってたはずですからねぇ。
と言うか、よくこのシリーズのドラマ化を企画したものだと感心してしまう。
月9ということでの恋愛要素の導入も、決して過剰にならず程良い加減に
抑えてくれていたので、原作の雰囲気を壊しすぎることなく「良し」と
評価します。

ドラマ化での変更点が概ね良かったので、楽しんで視聴していたのですが、
最後に最悪な裏切りが出てきたので総合的な評価は厳しくなります。
それがラストでの「椅子型爆弾」みたいなヤツ。なんだ、あのC級SF映画の
ようなチャチな設定は!?私のような完全文系人間にとって、理系ミステリの
面白さってのは、文系人間には想像がまるでつかないようなことが、科学の
前では実は実現可能なのだよということに気づかせてくれる点だと考えている
のですが、あんな素人が考えたようなチープな物を出されちゃ日には一気に
興醒めしてしまいます。
ということで評価が「良い」から「悪い」へ一挙に転落することになりました。

2008/12/21 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:431(69%) 普通:102(16%) 悪い:91(15%)] / プロバイダ: 29983 ホスト:29908 ブラウザ: 8090
【良い点】
・柴崎さんが生き生きしている。
・主題歌が良い。

【悪い点】
・福山さんに天才役があまり似合っていない。表情の豊かさが全くない。
・ギャグシーンが暗くて笑えない。
・話のテンポが悪い。

【総合評価】
この作品はドラマには向いてなかったのでは… 小説だったらここまで違和感を感じずに済んだかも知れません。

2008/12/21 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:94(82%) 普通:15(13%) 悪い:5(4%)] / プロバイダ: 26738 ホスト:27044 ブラウザ: 7856
【良い点】

ミステリー好きの私がこの作品を評価し忘れるとは何たる不覚。遅くなりましたが
評価しましょう。本格的な化学、物理を使ったトリックは素晴らしいです。
【悪い点】

少々やり過ぎの部分が有りました。必要のないトリックを使っている部分が見られま
す。
【総合評価】

赤い糸→ヘリウムレーザー、CO2レーザーの流れは感動しました。専門知識を必要と
するトリックが多かったですが、少し化学や物理に詳しければ解るトリックも確かに
存在しました。(蜃気楼、共振現象 この二つだけ正解)
ただし、アーチェリーでの自殺、デスマスクは納得できません。まずアーチェリーでの
自殺は、あんなに手の込んだことをしなくても普通に首吊って嫁に片付けてもらえば
済むことです。デスマスクは、あんな風になる訳がありません。あれには失笑しま
した。凄かったのは結露の話ですね。勘違いのトリックが一般ドラマで見られるとは
思いませんでした。
また、ガリレオと柴崎こうの掛け合いがとても面白く、非常にキャラが立っていて、
推理以外の部分も存分に楽しめました。以上より、"とても良い"を付けさせて
いただきます。
37点

2008/12/16 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:128(51%) 普通:40(16%) 悪い:85(34%)] / プロバイダ: 41572 ホスト:41699 ブラウザ: 8090
なかなか面白い設定です。
でも、毎回ワンパターン(これが味のドラマですが・・・)で、なんか福山さんがイマイチ天才を演じきれていないというか、イメージが天才と反対な気が・・・。
まぁ、ささいなことですし見ていて十分楽しめる作品だと思います。

2008/12/16 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 15160 ホスト:14781 ブラウザ: 4549
【良い点】
とにかく見ていておもしろい。
大人から子供まで、みんなが共感できる作品。
キャスト陣も良い。
原作ファンも納得できる話である。

【悪い点】
特になし。

【総合評価】

最高のドラマだと思う。

2008/12/15 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:99(60%) 普通:18(11%) 悪い:49(30%)] / プロバイダ: 11821 ホスト:11593 ブラウザ: 2982
【良い点】
科学を使ったトリック。米村先生よりすげえ(失礼)
トリックを数式で解くのが面白い。
湯川がいちいちカッコいい。

【悪い点】
無い。

【総合評価】
結構面白い作品でした。

散々ネタにもされたなあ。

2008/12/12 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:24(45%) 普通:6(11%) 悪い:23(43%)] / プロバイダ: 13473 ホスト:13308 ブラウザ: 4926
なかなか面白いドラマでした。

主人公が物理学の知識で事件の謎を解いてゆき、最後は物理学の数式を壁か地面に書き始め、
自分の推理を計算して答えを導き出し、事件の謎を解いてゆくとゆうのは魅力的でした。

最後に数式を書くとゆう演出もカッコイイ!

トリックも結構良く出来ていて、初めて視聴した第一話で、鉄工所に勤めている犯人が、
レーザー加工機のレーザーを上手く反射させて、「ヘリウムネオンレーザー」で目標に狙い
を定め、最後は「炭酸ガスレーザー」を使ってターゲットを焼き殺すとゆう内容は、なかなか
良く出来ていると感じました。

後、物質の「固有振動」からなる「共鳴振動」の話や、中性子を100%反射させられる「レッドマーキュリー」
の話が出てくるなど、扱う科学のレベルも結構高いと感じました。

それと、主人公がまだ推理は過程の段階だから説明出来ない、とゆうこだわりを持っていたのも良かったですね(笑)

【悪い点】

少しショボイと感じられるトリックもありました… 第三章「騒霊ぐ」で「アーチェリー」の
弦を「半田ごて」を利用して焼き切り、自分の首を絞めて自殺するとゆうトリックは、
私には少しショボイと感じましたね…

もっと読む

「今日のSPドラマ視聴しましたので、一応評価。出だしは良かったですね、特に実験の失敗。スイッチを入れると...」 by 美代子


次のページを読む

この評価板に投稿する



2016/09/13 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 47448 ホスト:47315 ブラウザ: 10602 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事面白い/格好良い 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る
1. 2/3漫画レビュー(チャンピオン、らいか、日和GB、春と秋、ひとりみ) by ゴーグル侍
... の5号です。 ジャンプスクエア 2017年3月号 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和GB(増田こうすけ)センターカラー 一寸法師 一寸法師には変顔の特技があるのですが、その変顔が完全にクシャおじさんでした(爆笑) それにしても、鬼の体内でもクシャッという変顔をする音が聞こえるんですね(笑) あと、鬼に特攻する時の一寸法師が完全にガリレオ大回転な所も ...
記事日時:2017/02/03
2. by 雪霞
... ){this.width=window_width*0.96;}}else if(window_width && this.width>window_width*0.75){this.width=window_width*0.75;}"> グレゴリオ暦 制定434周年。 1582年制定、ということは、ガリレオ・ガリレイが地動説を理由に異端審問に かけられた(1616年)のよりも30数年前。 ...
記事日時:2016/10/04
3. 同じ共演者が3人以上いるアニメ2016年4月期(2) by ウクレレ
... __相澤消太__飯田天哉__上鳴電気__女性記者 黒子のバスケ__葉山小太郎__日向順平__青峰大輝__福井健介__持田__伊月綾 僕のヒーローアカデミア__耳郎響香__八百万百__轟焦凍__ヘドロ・ヴィラン__緑谷出久 ガリレイドンナ__葉月・フェラーリ__アンナ・ヘンドリックス__ガリレオ・ガリレイ_ ...
記事日時:2016/07/02 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはドラマ版。その他メディアのページ: 文学:探偵ガリレオ / 文学:予知夢
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ