[ドラマ]相棒(シリーズ)


あいぼうしりーず / AIBOU
  • 考えさせられた
  • 面白い
  • 格好良い
  • 楽しい
  • 熱血
RSS
この作品は「シリーズ」として登録されています。シリーズの個別の作品には下から選んで移動して下さい。
注意: これはドラマ版。その他メディアのページ: 漫画:相棒-たった二人の特命係- / 文学:相棒 警視庁ふたりだけの特命係
ドラマ総合点=平均点x評価数4位2,382作品中総合点144 / 偏差値145.79
ドラマ平均点7位293作品中平均点2.29=とても良い/63評価
2000年ドラマ総合点2位42作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定2.50(最高)20
声優・俳優2.35(とても良い)20
ストーリー2.10(とても良い)20
映像1.65(とても良い)20
音楽1.60(とても良い)20
考えさせられた85%17人/20人中
面白い80%16人/20人中
格好良い75%15人/20人中
楽しい50%10人/20人中
熱血40%8人/20人中
もっと見る
属性投票する
制作:テレビ朝日東映

【スタッフ】
プロデューサー:松本基弘 香月純一 島川博篤 須藤泰司 西平敦郎
日本 開始日:2000/06/03(土) 『相棒 Pre Season』 / 終了日:2001/11/10
日本 開始日:2002/10/09(水) 『相棒 season 1』 / 終了日:2002/12/25
日本 開始日:2003/10/08(水) 『相棒 season 2』 / 終了日:2004/03/17
日本 開始日:2004/10/13(水) 『相棒 season 3』 / 終了日:2005/03/23
日本 開始日:2005/10/12(水) 『相棒 season 4』 / 終了日:2006/03/15
日本 開始日:2006/10/11(水) 『相棒 season 5』 / 終了日:2007/03/14
日本 開始日:2007/10/24(水) 『相棒 season 6』 / 終了日:2007/03/19
日本 開始日:2008/10/22(水) 『相棒 season 7』 / 終了日:2009/03/18
日本 開始日:2009/10/14(水) 『相棒 season 8』 / 終了日:2010/03/10
日本 開始日:2010/10/20(水) 『相棒 season 9』 / 終了日:2011/03/09
日本 開始日:2011/10/19(水) 『相棒 season 10』 / 終了日:2012/03/21
日本 開始日:2012/10/10(水) 『相棒 season 11』 / 終了日:2013/03/20
日本 開始日:2013/10/16(水) 『相棒 season 12』 / 終了日:2014/03/19
日本 開始日:2014/10/15(水) 『相棒 season 13』 / 終了日:2015/03/18
[開始日詳細]
※ スペシャル(SP)を除きテレビ朝日系列で毎週水曜日21:00〜21:54に放送。
※ 記載の放送日はテレビ朝日のもの。
※ この日付情報部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
公式サイト
1. http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/index.html
81,1338463
最近の閲覧数
10581312667158
5人の方がこの作品がドラマとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2016/10/05 / 最終変更者:mosukuwa / その他更新者: 永田 / 憂色 / 管理人さん / Janus01 / DONP / 阿部怪異 / 提案者:宇宙刑事ジャンギャバン (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/07/25 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:223(61%) 普通:61(17%) 悪い:84(23%)] / プロバイダ: 45022 ホスト:44868 ブラウザ: 10196
本作品のシリーズ化かつ大ヒットの要因は、「警察=絶対的正義」の方程式を覆し、それまでの探偵モノや刑事ドラマで当てられることのなかった「警察の汚職」というテーマを置いたことだと思われます。

先が読めない展開は勿論でしたが、「よっ、暇か?」「特命係の亀山〜」など一人一人キャラが確立されていた事も要因かと。

ミッチー・成宮クン・反町と、数々のパートナーを見てきましたが、右京さんの“ 相棒 "は、やっぱり薫ちゃんが一番相応しかったのではないかと。

惜しむらくは、寺さん(寺脇 康文)が降りてから質が急激に落ちてしまわれた事です。

2016/04/17 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 19760 ホスト:19912 ブラウザ: 5171
【良い点】
各シーズン毎に見える人間ドラマが良かった。
特命係が中心に展開する最高の刑事ドラマ。

【総合評価】
長く続いているだけあって面白い作品である。

2016/03/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:22(71%) 普通:1(3%) 悪い:8(26%)] / プロバイダ: 4801 ホスト:4849 ブラウザ: 10172
シーズン9.10くらいまでちゃんと見てて後は所々見てる感じです。

【良い点】
亀山さん時代が最高潮だった。右京さんと亀山さんのやりとりが昔から振り返るととても息があっていて、正直亀山さんにはずっと相棒をやっていて欲しかった!
一番印象に残ってる話がシーズン7の中盤でやった「レベル4」という回なのですが、この回、亀山さん最後の事件で最高に格好良かった回&今までで一番の活躍を見せた回(だと思う)
神戸さんまでは良かった。
【悪い点】
甲斐君から右京さんとのやりとりが楽しくなくなったような気がする。甲斐君のラストなんて最悪だと思う。これで、相棒交代なんて...
冠城さんはちょっと右京さんとギクシャクし過ぎだと思ってあまり見てなかったが、印象はよくないかな
【総合評価】
亀山さん、神戸さんまでは最高!
甲斐君以降は悪いかなぁ。平均して良いにします!

2016/03/24 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:12(92%) 普通:0(0%) 悪い:1(8%)] / プロバイダ: 39093 ホスト:39102 ブラウザ: 10931
【良い点】
順を追って説明してくれるので、
頭の悪い俺でも(自虐的)
ストーリーが良く分かった。

伊丹刑事と杉下警部のやり取りが楽しい

【悪い点】
飽きられてしまう可能性がなくはない。

【総合評価】
良い作品だと思う。
まぁ、人気だからこそ、season14なんて
やれるわけですが。

2016/03/20 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:17(53%) 普通:3(9%) 悪い:12(38%)] / プロバイダ: 663 ホスト:557 ブラウザ: 5171
【良い点】
シーズン14終了記念。
相変わらずいろんなジャンルを網羅していて面白いですね。しかも先を読ませないからすごい。右京さんの同級生の話ではやるせない社会問題につながったりします。前の右京さんの恩師の回では恋愛が軸だったので、また新しいパターンでした。不可解な偶然が一本の推理でつながるミステリーでは、関係者などが複雑に絡み合っているものの、謎が解けたときには爽快。そんな中、普通の人間が事件に手を染めてしまい、苦しい心中を吐露する人情展開も飽きさせずに見せています。個人的には人工頭脳やパラレルワールドなどのSF要素も入っていてビックリ。元々最新科学や物理学との親和性も高かったので、ロジックはしっかりしていて見ごたえがありました。パラレルワールドの見せ方は過去の「新・Wの悲喜劇」でその片鱗が見えますね。一方で幽霊オチもあったりするフリーダムっぷりです。そしてSPでテロを扱ったのは、間違いなくISISの無差別テロと言う時流を読んでのことでしょう。しかし相棒のテロリストは無茶苦茶でも大義があるように見えてくるから困りますね。
「弱くて孤立するもののために戦うのが英雄」「無辜の民は犠牲にしない」
「テロと戦うと閣僚がのたまっても犠牲になるのは国民」「この国は総理がテロにあうくらいでないと目覚めない」
方法さえ間違えなければ純粋な理屈ですよ。テロリストの内実を描き、警鐘を鳴らすという意味で、力が入っていたように思えます。

キャラクターの動きも中々の加速を見せていました。
右京さんがブレーキをかけるレベルで特命係にノリノリな冠城君。法務省への人脈を活用するよりもハッタリやカマかけで各方面に喧嘩を売ることが多く、お客様のはずが左遷寸前のピンチに。特命係からの左遷が予告されて、ファンは前シーズンのラストを思い出したことでしょう。かと思いきや法務省解雇で本格的に特命係に所属するオチでした。ファンの不安を吹き飛ばすような逆転で見事に騙されました。
伊丹さんは失職寸前で特命係もかくやの粘りを見せ始めます。普通の捜査一課である伊丹さんがこの立ち回りだと、スリリングになるからかっこいいですね。
陣川君は恋した相手が被疑者じゃないと思ったら、被害者と言う新しいフラグを立ててしまいました。相手が死ぬ悲恋は刑事ドラマでは一度や二度経験するものですが、陣川君はこれすらも定番のフラグに取り込みそうなので心配になるところ。どこまで悲恋を極めるのでしょうか。
【悪い点】
冠城君投入の反動で周りの空気はギスギスしてます。米沢さんをだましてスネさせるし、右京さんもストレスがたまってるのかキレ芸が多かった気がします。新しい展開と言えばそうですが、大幅に雰囲気が変わったのは間違いありません。米沢さんと冠城君が腐れ縁になったり、右京さんの生返事にとうとうブチ切れたりするのは予想外でした。冠城君の代わりに一時退いた米沢さんですが、このタイミングで間をあけて再搭乗時に上手く扱えるかはお手並み拝見です。

片山議員が退場して、「これって右京さんの独走態勢じゃね?」と思えました。小物臭く逃げ延びた犯人とかはいるんですけど、こうなってくると右京さんをつぶしに来る大物はいませんね。閣僚や警察幹部ももう出し切っちゃいましたし。実は法務省に黒幕がいたりする予定なんでしょうか。かつての瀬戸内法務大臣を超えるのは難しいですが。

【総合評価】
なんだかんだ言っても前シーズンの不安なんて吹き飛ばすような心機一転には成功したと思います。破天荒な冠城君は癖があるものの、扱いがいのある人材だと考えられますね。
元のイメージを復調したので評価は「とても良い」で。

2015/10/23 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 21252 ホスト:21261 ブラウザ: 7457
【良い点】
毎回スリルのある展開
2人の主人公が犯罪の真相を突き止める
ムカつく場面も慣れれば気にならなくなる

【悪い点】
特になし

【総合評価】
僕もこのドラマを見ました。スリルのある展開で2人の主人公が犯人の真相を突き止める演出は非常に良かった
ドラマ作品の中で好きなのはのだめカンタービレ以外ではこれだけです。

2015/07/23 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 44294 ホスト:44182 ブラウザ: 10268
シーズン毎に、というより相棒が変わる毎に面白さも変わっていってると思います。個人的には、
亀山薫(演/寺脇康文)時代・・・「最高」
神戸尊(演/及川光博)時代・・・「良い」
甲斐享(演/成宮寛貴)時代・・・「とても悪い」
です。シーズンが進む毎に疑問な展開が増えて、あまり面白く無くなったような気がします。次の相棒は反町隆史のようですが、どんなふうになるんでしょう。
シリーズ全体でいえばまあまあ面白い部類かな。
評価は良いで。(得点・・・ 83点)

2015/04/03 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:26(72%) 普通:3(8%) 悪い:7(19%)] / プロバイダ: 1059 ホスト:1144 ブラウザ: 4694
ここまで多くの評価のある作品に今更、という気持ちもありますがとても好きな作品なので評価を。
【良い点】
1話1話がなかなか面白い。
相棒ごとに展開にも個性が出ています。
ぶつかり合ってばかりでふらふら進むこともあれば、ぶつかってきた相手をスッとかわしつつ
スマートに進めていく話もあり、1話だけ抜き出してみてもとても楽しめます。
トリックや手法なども興味深いものや「ああ〜、そうだったのか」となるものが多くなかなか考えられています。
登場人物は一癖も二癖もあり不快感すら催す性格のサブキャラクター(特にトリックスターにあたる人物)が
出てきたりということもありますが、全て「個性、キャラ付け」として許せてしまいます。
トラブルしか持ってこない人物、顔を合わせればいがみ合う仲の人物などもいますが、不思議と彼らにも嫌悪感は抱きません。
場所や話の中での扱いに合わせて人物が作られており、違和感のある言動をとる人物が少ないという
ところがなかなかすごいです。
最近の作品では明らかに設定と違った行動をとる人物が多いですから。

【悪い点】
ごくたまに「どうしてそうなる」というような結論に達することがあります。
わたくしの理解力不足ゆえかもしれませんが、強引に結び付けすぎではと思ってしまう場面が。
怪しいと思った人物を一方的に探るような場面も、それでこそ特命係なのかもしれませんが相手に
失礼なのではと思うような捜査をすることも多いように思えます。
無茶苦茶などんでん返しがたまにあるのも少し気になります。

加えて、個人的な意見ですがイラァっとくる女性の登場人物が多いです。
もう少し言い方を考えろ!と思うこともしばしば。

【総合評価】
「とても良い」にいたします。
悪い点に「怪しいと思った人物を一方的に探るのは……」と書きましたが、そうでなければ捜査は
全然進まなそうな空気ですし、しがらみのない特命係の様子を書くには最適な行動とも思えます。
時々同情の余地のある犯人や擁護のしようのない犯人など特段強くキャラクター付のなされた人物も
登場し、ワンパターン化は避けられているのでは。
同情の出来る、出来ないは公判になってから判事らが考えればよいことですから警察には
あまり関係のない話とは思いますが、1話限りの人物にも背景が作られているというのは
飽きずに見られるようにという視聴者への配慮にも思えてきました。
銃の保管などについて度々指摘がなされたりとありますが、丁寧に作られているドラマですので
次のシーズンも楽しみです。

2015/03/19 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:110(40%) 普通:40(14%) 悪い:128(46%)] / プロバイダ: 310 ホスト:546 ブラウザ: 5387
個別のエピソードの出来不出来は結構ありますが、シリーズ総体としては刑事ドラマの傑作と言ってよい作品です。警視庁内の閑職、「島流し先」である特命係に所属する二人の刑事(たまに三人になったこともあるが)が、警察主流とは独立して難事件解決に挑んでいくというのが骨子ですが、社会性を有する内容も多く単なる刑事ドラマを超えた面白さがあります。

当初の主人公は天才かつ変人の杉下右京警部と凡人で熱血漢の亀山薫刑事という好対照な二人でした。この二人が警視庁の他の部署やその他の組織からしばしば白い目で見られながら、事件の真実を暴き出していく。正義のためには時に「非情」という印象を受ける右京のマイナスイメージを、人情家の薫がやわらげて作品全体としてバランスを取っていたと思います。

脇役たちも多士済々。新聞記者の奥寺美和子(後に薫と結婚する)、右京の元妻である宮部たまき、薫のライバルの伊丹刑事、鑑識の米沢守、角田課長や右京の元上司である小野田公顕等々、彼らと右京達との掛け合いは非常に面白かったです。

残念なのは初代相棒の薫が第7シーズン途中で警察を退職し物語から退場してしまったこと(その後しばらくは「相棒なしの『相棒』」という奇妙な状況になっていた)。そのため右京の時折感じる「人間味のなさ」を中和することが困難になってしまう結果を招き(二代目相棒の神戸尊や三代目の甲斐享では補いきれなかった)、作品にとって良くなかったと思います。また、前後して魅力的な脇役が次々といなくなってしまい、たいへん寂しく思いました。今では初期から登場しているメンバーの方が少なくなってしまい、半ば別の物語に見えなくもありません。

物語自体も近時は陰気な空気が強まっている感があります。それは右京の相棒たちの退場の経緯に象徴されています。二代目相棒の神戸尊は犯人の処遇を巡って右京とかなり激しく対立した後に警察庁へ移動となって特命係を離れましたし(第10シーズン最終回)、第13シーズンの最終回では三代目相棒の甲斐享が実は犯罪者だったという衝撃的な結末になってしまいました(右京も無期限停職処分)。しかも、享の場合は特命係在任中ずっと隠れて犯罪(陰で悪人に私的に制裁を加えていた)を行っていたことになります。スタッフは意表をついたのかもしれませんが、極めて後味が悪かったです(伏線らしきものもなかった)。その意味では円満に別れたうえで新しい理想のために前へ進んだ薫は非常に幸せだったと思います。

右京の性格や行動は時に不快感を覚えることもあります。彼は真実の追求に一切妥協しない。それは確かに立派なことではあるし(私利私欲でやっているわけではないので)、権力を持った悪人と闘う場合は非常に頼もしく思えます。しかし、そんな彼の行動が人を傷つけ場合によっては正義に反してしまうこともあることにもっと思いを致すべきではないか(どうも右京の正義感は『ああ無情(レ・ミゼラブル)』に登場する「ジャベール警視」的な印象を受けることがある)。歯止めをかけられそうなキャラがほとんどいなくなってしまっていることが、彼を「暴走」させている印象もあります。もっとも、最近はじわじわと右京の「正義」の意味が問われる傾向が見受けられるので、きちんと掘り下げてほしいですね。

シリーズとしてはまだ続くと思いますが、懸念材料が増えているのは事実です。それでもいい作品であることは確かなので、さしあたり「良い」という評価にいたします。個人的には単発でもいいので薫を再登場させてほしいです(作品を覆う暗い雰囲気を吹き払うにはそれしかないのではないか)。

2013/12/04 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:20(61%) 普通:0(0%) 悪い:13(39%)] / プロバイダ: 1036 ホスト:893 ブラウザ: 5386
【良い点】
各シーズン毎に、描かれる特命係のドラマが面白い。
テレビ朝日の推理ドラマに外れはない。

【総合評価】
DVDを借りてでも見るべきドラマである。

2013/08/26 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:57(98%) 普通:1(2%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 4891 ホスト:4750 ブラウザ: 5386
【良い点】
シリーズが多い点です。
再放送が半端なく多い点です。
水谷さんがキリッとされている点です。
杉下さんの正義感が話のラスト辺り(犯人に問い詰める)のシーンに
良く出ている点です。(迫力あります冷静な役柄だけに)
【総合評価】
警察=組織であることが如実に表されて
いると思いいますね。
寺脇さん及川さん成宮さんと代々女性
に人気がある俳優さんが水谷さん扮する杉下さん
の相棒役で番組を多くの女性に視聴して欲しいという
心配りが良くわかります。
杉下さんの相棒役に女性の刑事さんも
いたらなと思う時あります。

2013/03/23 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:66(77%) 普通:14(16%) 悪い:6(7%)] / プロバイダ: 40262 ホスト:40349 ブラウザ: 6290
わたしはドラマはあまり見ない方なのですが、この作品は再放送があるとたまに見ています。

ジャンルの性質上、殺人事件ものが多いのは仕方ないですが
毎回、犯人の意外性やストーリーにやられますね。
あと登場人物も個性的なのでその点も印象に残りました。

評価は「良い」

2013/03/22 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:171(61%) 普通:46(16%) 悪い:64(23%)] / プロバイダ: 18589 ホスト:18685 ブラウザ: 5345
【良い点】
ストーリーは良いと思います。
最後に杉下さんが犯人に喝をいれるところで「すげーこというなぁ」とたまに思ってしまいます(笑)

【悪い点】
神戸短くね?まぁ流れからそうせざるを得なかったでしょうが・・・
相変わらず特命係は嫌われてますねぇ。もう少し味方を作って欲しいものです。

【総合評価】
更なる事件の解決に期待しています。

2013/03/02 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:917(59%) 普通:345(22%) 悪い:288(19%)] / プロバイダ: 23122 ホスト:23164 ブラウザ: 5345
【良い点】
・右京と亀山
【悪い点】
・だいたいの刑事物にいえるけど長くやってると飽きてきます・・・あと亀山じゃなくなったのも嫌でした。
【総合評価】
うーん・・・評価は良いで。

2013/01/11 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2183(58%) 普通:756(20%) 悪い:847(22%)] / プロバイダ: 25514 ホスト:25733 ブラウザ: 5829
新相棒のカイトくんは熱血タイプだけど、亀山くんとはどこか違いますよね。
カイトくんはお坊ちゃまなところがあり、とにかく未熟さが押し出されてる感じがします。
若者の成長を描いていくんでしょうね。ただ、父親関連の話が終わったらそのまま出てこなくなりそうな予感もあって少し心配。
亀山はとにかく体力勝負な熱さで、神部くんはエリート気質な感じでしたが、カイトくんは「右京に比べて未熟」という点で共通していながら、なんか二人とはまた違う感じがする。
他の人物も伊丹や米沢のように個性的で、好感が持ちやすい。

しかし、人がコロコロ降板するのは、昭和のドラマじみてますね。
それも海外に行くとか、急に決まったような降板が多く、だいたい水谷豊と関係が悪くなってやめるパターンですし…。
一度降板した相棒キャラが再登場することはもう絶対にないと思うし、その辺りが残念ですよね。
もし、亀山や神部の再登場って言ったら、結構視聴率が上がるんじゃないでしょうか?
あまり映画館に足を運ぶことはないけど、もし亀山や神部が劇場版に出るなら見に行くでしょうし。
東映はこういう出演者不仲の作品多いですよね…。

カイトくんはいつまで持つんでしょうか…と不吉なことをちょっと考える時もありますが、実際心配ですね。
あとは、劇場版で官房長官の小野田が死んだのが残念でした。あれも何かあったんでしょうか?

もっと読む

「【良い点】・ストーリー・登場人物・安定した雰囲気・基本的に一話完結型・2時間モノの長編、二週連続回の...」 by 筑後守


次のページを読む

この評価板に投稿する



2016/09/13 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 47448 ホスト:47315 ブラウザ: 10602 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/格好良い 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. キャプテン翼 感想#35 by エスパー
... も狙ってみたらどうだと言われて望む所だと言われたらこれだよ! 早速のフラグ回収は原作連載当時は多くの読者を驚かせたのではないかと反応が気になります。 今週なかなかゴールに入らない矢先にこの意外な展開、高杉くん贔屓目で見たくなったなー。 センターバックとして翼くんをしっかり見て気遣ってくれるとか岬くんに代わる相棒みてーだ ...
記事日時:2018/12/05 [表示省略記事有(読む)]
2. 君の心に 印はあるか? by 伏魔の剣
... が造り上げていた新帝国ギア。似ているようで対照的な組織の戦いを一通り描いた後、滅んだ星の負の遺産がやって来るという構図が面白いです。 このキャラクターの凄まじい所は、 役者の失踪 で急遽作ったと思われる設定を更に膨らませつつ、強烈な個性を持たせている事。 高性能ながら自己の意思は持たず、終わった戦いを続ける為に相棒のバルジオンを探し回り ...
記事日時:2018/12/02
3. 【終了するMiiverseでの、自分の書き込みのウェブ魚拓、インドアメディアコンテンツからの思考盗聴や、その作品中の描写や歌詞の by juelan
... …この船はアームを一番奥までぐいぐい移動して倒れてから取ると取りやすいです。つまり…この台は氷で滑りやすい台なので船を運びつつ、巻物地図かな?を落としていく台です。巻物は氷台にゆるゆるで、はさまってるので船を運びさえすればすぐ抜けていきます。 あとは奥のテトラ彼女ははゼルダの伝説風のタクトでのリンクの旅の相棒です。を取る ...
記事日時:2017/11/07
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはドラマ版。その他メディアのページ: 漫画:相棒-たった二人の特命係- / 文学:相棒 警視庁ふたりだけの特命係
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ