[ドラマ]とんび(2013年TBS版)


Tonbi 2013 TBS
  • 熱血
RSS
注意: これはドラマ版。その他メディアのページ: 文学:とんび
ドラマ総合点=平均点x評価数461位2,632作品中総合点5 / 偏差値52.04
2013年ドラマ総合点10位125作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽1.00(良い)2
声優・俳優1.00(良い)2
ストーリー1.00(良い)2
映像0.50(良い)2
キャラ・設定0.00(普通)2
熱血100%2人/2人中
道徳心&モラル50%1人/2人中
考えさせられた50%1人/2人中
楽しい50%1人/2人中
格好良い50%1人/2人中
もっと見る
属性投票する
[スタッフ]
原作:重松清
脚本:森下佳子
プロデュース:石丸彰彦
日本 開始日:2013/01/13(日) 21:00-21:54 TBS / 終了日:2013/03/17
公式サイト
1. http://www.tbs.co.jp/TONBI/
2,69444
最近の閲覧数
1000010002
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/01/23 / 最終変更者:永田 / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/04/16 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3702(33%) 普通:3936(35%) 悪い:3568(32%)] / プロバイダ: 29292 ホスト:29168 ブラウザ: 5213
某会合の・・・・・・でもあった広島県が舞台だった様ですが・・・・・・・・

立派な代表作と言えるであろう「JIN」以来の日曜劇場での出演だったらしい、内野聖陽氏
の熱演は、氏の役者としてのまた「別の顔」が垣間見られた程の密度の濃いパフォーマン
スでした。また、福山雅治氏の主題歌も、味があって、何か落ち込んだりした時に聞いて
見れば勇気づけられる様なものがあったかもしれません。ここ数年の歌ではトップクラス
の名曲なのでは?です。

しかし、頑固、不器用かつ直情的で、手が早かった事もありながらも近親者に対する愛情
で職場の後輩に対する気配りも欠かせなかったりと、キャラ自体は一昔前の日本を舞台とした
ドラマや映画等でよく見られた親父像の典型みたいで、何か凄く新鮮味があったとかではなかったです。

確かに、その内野氏演ずる安男の親子愛は息子に対する旭にも伝わっていった。
旭は旭で、会社の先輩の姉ちゃんの息子を子供同然に面倒見て、過去と現代の出来事
を並行(前者の方がメインな感じでしたが)して描きながら、最後は・・・・・・
だったのですが、まさに「血は争えない」でしたよね。しかし。

一方でやや底が浅かった話も見られました。旭の存在自体が原因で、前述の先輩の姉ちゃ
ん、由美の息子の健介が他の保育園児と喧嘩になった話、旭自身も過去に・・・・・
だったのですが・・・・・・

確かにあのような状況で感情的になるなと言うのは酷な要求というものだったでしょう。
しかし、たかが歳が一つか二つ違うだけで上級生が下級生をロボットの様に従わせるのは
絶対おかしいし、ましてや別にプロの選手みたいにそれで食っているわけでもなかったの
に体罰なんかするのもなおおかしい事でしたが、別に旭を退部させてもそういう学校での、
体育会系の悪い体質が改善されるわけでもないと言うか、既に腐ったミカンを除去するよりも
そのミカンを腐られているものを駆除する方こそが根本的な解決策なのに。

健介と喧嘩した子の親も、旭が体罰やった後輩部員の兄ちゃんの親も、特に前者は林泰文氏って
最近こういう嫌な脇役も目立たないか?(子役時代の彼は好きでしたけどね)でもありますが、
ステレオタイプ的な嫌なクレーマー(まあモンスターペアレンツとかもっと酷い連中もいますが)でかつ、
健介&由美の開き直りも安男の啖呵も思ったほどカタルシスなかったとあっては尚更興ざめだったし、
あざとくも感じられました。同じ脚本担当で、佐藤健氏が今度は主演だった天皇の料理番でも
GHQの将校が主人公ら日本人を散々見下していたシーンとか見られましたけど、悪い意味で重なり合う
ものがあったと言うか、こういう所はもっと面白おかしくも描けたはずなのではでしたね。
ここらはこの脚本担当の悪癖だったでしょう。

一方でまた、健介はちゃんと後輩部員の兄ちゃんと和解して、レギュラーのポジ得る
のにも成功した。柄本明氏演ずる住職の爺さんの死も薄っぺらいお涙頂戴の押しつけ
にはなっていなかったけど、この時点で「確かに『伝えなかった事』は一貫していて、
ブレてはいなかったけど、手放しで絶賛するべきなのともこれ違うなあ。」でした。
「わたしを離さないで」は視聴率振るわなかった様で、来年の井伊直虎も、さあどうかなあ・・・・ですが、評価は「普通」です。

2013/03/23 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2210(57%) 普通:775(20%) 悪い:861(22%)] / プロバイダ: 36042 ホスト:36054 ブラウザ: 5386
父と子のドラマ…っていうことで、まあわかりやすいけど結構面白かったドラマです。
大きな山場がないっていうか、息子の結婚っていう山場っぽいところもあるんだけど、それはあんまり盛り上げてなかった感じがありますね。
なんというか、盛り上がってるはずなんだけど、年齢差とかバツイチ子持ちとかが大きな障害になってないので。
終盤にかけての盛り上がりはイマイチだったけど、佐藤健が演じる主人公の回想はだいたい良かったと思います。
幼少期から今に至るまで、互いに支え合ってる父と子…っていう感じがかなり良かったと思います。
母を失くして以来、二人で暮らしてきた長い長い時間、暖かいストーリーで結構面白かった。

父と母のなれ初めみたいな部分も結構良かったんですよね。
だからこそ、あそこでの母親の死は衝撃的だったし、それから先は二人で作った子を大事に育てて行こうとしているのが非常に良い光景に見えました。

途中の話で、佐藤健が「仮面ライダーの人形ありませんか?」って店員に聞くシーンがありましたが、これは「お前だろ!」ってツッコまずにはいられませんでしたね。
製作者も狙ってやっていたんでしょうか…?(笑)
「仮面ライダーBLACK RX以来しばらくやってないんですよ。またやってほしいんですけどね」って店員が答えるシーンも印象的でした。店員はどう見てもライダーオタですね。
作中での時代設定もこの台詞でよくわかったんですが、確かウルトラマンダイナの人形はでかでかと飾られてたんですよね。
1997年くらいが作中での時代設定なんでしょうが、確かにライダーは放送されてないけど、人形は普通に売ってた気がします。
クウガが放送される前も、結構人形を買ってましたから…。
まあ、もはや粗探しレベルの発見ですけど。

いまいち盛り上がりはなかったけど、個人的にはのんびりと楽しめたドラマ。
感動作にする気はあまりない…っていうか、とにかくただ暖かい気持ちにすることだけを目的としているんでしょう。
出演者を泣かせまくって、視聴者を泣かせようという魂胆もなし。むしろ、物足りないくらいですが、それでも「良い」くらいですね。

2013/03/22 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:171(61%) 普通:46(16%) 悪い:64(23%)] / プロバイダ: 18589 ホスト:18685 ブラウザ: 5345
おもしろいですね!
主人公のキャラがいいと思います。
親の極道を貫く感じも勉強になります。

2013/03/22 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 754 ホスト:462 ブラウザ: 10156
【良い点】
・演技
・話

【悪い点】
・特になし

【総合評価】
久々に、重厚感あるドラマを見た気がします。とにかく、毎回泣かせていただきました。親子愛がある人には是非見てもらいたいです。

この評価板に投稿する



2016/04/16 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 29292 ホスト:29168 ブラウザ: 5213 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/考えさせられた/道徳心&モラル 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定悪い(-1 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. ちゃっぷい野鳥観察の続き by 634
... *0.75;}"> 油揚げさらうのがいます。 =window_width){this.width=window_width*0.96;}}else if(window_width && this.width>window_width*0.75){this.width=window_width*0.75;}"> トビ Milvus migran 脊椎動物門 鳥網 タカ目 タカ科 「とんび」とも呼ば ...
記事日時:2016/03/12
2. BEST OF 2014 by えぼだいのひらき
... は少ないので、「今年」でくくるのは ちょっと難しいので、パスです。 映画は・・・日常がこちゃこちゃ忙しくて映画館まで足を運べず、新作は観ていません(泣)。 因みに、再放送の中では、 「男子高校生の日常」「超電磁ロボ コン・バトラーV」「天体戦士サンレッド」「日常」 「うぬぼれ刑事」「タンブリング」「とんび」 「宇宙 ...
記事日時:2014/12/31
3. 『NHK(日本引きこもり協会)へようこそ』な週末。土曜ドラマ『とんび』の再放送を視聴。堤真一凄し。 by 青い羊
... TV番組を対象とする「モンテカルロTV祭」でゴールドニンフ賞(ドラマ)部門最優秀賞を受賞した作品。 http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/123526.html その名は『とんび』。 http://www.nhk.or.jp/dodra/dodrasp/index2011.html#d5 NHKのドラマで同賞受賞は『大地の子』、『蝉しぐれ』以来 ...
記事日時:2012/10/14
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはドラマ版。その他メディアのページ: 文学:とんび
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ