[ドラマ]東京ラブストーリー


とうきょうらぶすとーりー / Tokyo Love Story
  • 涙流した
  • びっくり
  • 面白い
RSS
注意: これはドラマ版。その他メディアのページ: 漫画:東京ラブストーリー
ドラマ総合点=平均点x評価数63位2,350作品中総合点28 / 偏差値67.27
ドラマ平均点99位292作品中平均点1.17=良い/24評価
1991年ドラマ総合点1位19作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽1.80(とても良い)5
キャラ・設定1.60(とても良い)5
声優・俳優1.60(とても良い)5
ストーリー0.80(良い)5
映像0.60(良い)5
涙流した60%3人/5人中
びっくり40%2人/5人中
面白い40%2人/5人中
悲しい20%1人/5人中
美しい20%1人/5人中
もっと見る
属性投票する
放送:フジテレビ系列
演出: 永山耕三 本間欧彦 プロデュース: 大多亮 企画: 山田良明
原作: 柴門ふみ(ビッグコミックスピリッツ連載/小学館) 脚本: 坂元裕二 音楽: 日向敏文
演出:長山耕三
日本 開始日:1991/01/17(木) / 終了日:1991/03/18
オープニング動画 (1個)
ラブ・ストーリーは突然に
歌:小田和正 [ファン登録]
43,1002524
最近の閲覧数
2222212410
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2009/02/06 / 最終変更者:管理人さん / その他更新者: ELT / 羽幌炭鉱 / TCC / 提案者:もろっち (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/12/29 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2988(33%) 普通:3108(34%) 悪い:2950(33%)] / プロバイダ: 6908 ホスト:6505 ブラウザ: 8289
近年も旦那さんの作品共々度々実写化されてますが、柴門ふみ氏の代表作を一つ挙げろ
と言われれば、この東京ラブストーリーを挙げる人は今も多いでしょうね。おそらく・・・・・・・・・・
話はトレンディテイスト含みの三角関係とか凄い意外性があったほどではなかったですが、
リカは他にもだれか聞いていたかもしれないのに完治にアレを誘った事もあった等
随分ハッキリものを言う女性でしたが、日本人にはあまりいないタイプだっただけに彼女に惹かれた人達が
おそらく女性を中心に多くいたのも理解できます。逆に完治が好きだったもう一人の女性だった
さとみは随分嫌われちゃっていたらしいですが、彼女も、そういう職業の人だって必要だから
存在するのに実家がラブホテルなだけでいじめを受けていた過去を抱えてもいた可哀想な人
だったのですから。(こういうムラ社会的な根性とは日本人はさっさと決別すべきだと強く信じて
疑わないですが)

最近また再放送されて、平均視聴率も何とか2ケタはクリアしたスーツも、絶対この東京ラブストーリーを
意識しただろでもあって、小田和正氏のラブストーリーは永遠にも間違いなく名曲ではありますが、
まあ良くも悪くも当時のバブル景気とかの世相を反映した恋愛ドラマな感じでしたね。
評価は「普通」で。

2016/11/18 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2157(58%) 普通:743(20%) 悪い:832(22%)] / プロバイダ: 24962 ホスト:24925 ブラウザ: 9081
月9の代表作にあたる作品なんですかね。元々は漫画が原作だったというのは調べて初めて知ったくらいなんで原作未読でしたけど、見てみたら普通にビミョーな作品というか、これは悪い意味でも当時の人間しか楽しめないだろうと思いました…。
技術の差とか携帯の登場とかが世界観を崩したわけでもなく、「イライラする登場人物ばっかりの、明らかに破綻する恋愛の悲劇を描くために、あからさまなフラグや陳腐な設定をばらまく」という風に物語が進むのが古臭いというよりあざとくて、それが辛いです。破滅へ向かっていく面白さに関しては、この辺の時期に登場した野島伸司の方がまだ上手いとさえ思います。
とにかく結末が見え見えなテンポの悪さがキツいので、手探りなリアルタイムで「先が気になる」と思いながら見ないと多分つまらない内容だと思います。

まあ、まず語っておきたいのは、思わず吹き出すような台詞の連続ですよね。多分元々、コミカルな台詞ともいえるんですけど、「ピポパ、ガチャ、プルルルルル……」とか「ずっちいな〜」とか笑わされます。あの「ずっちいな〜」のくだりはラストでも活かされる場面になるのに、もう時代の中で許されないノリになっちゃったうえ、なんか時代を考慮してもキツいレベル…。
なんだかんだと、小粋な台詞みたいなのは一通り失敗してスベリ芸みたいになってしまっているのは笑えるんですが、設定レベルでも笑えちゃうくらい陳腐だったのが後半になるにつれ笑えないくらい陳腐になっていくのが余計に視聴意欲を削ぎましたね。
当時流行っていたトレンディ要素が三上に、優柔不断で平凡な男みたいな要素がカンチにあったわけですが、彼らの「親友」として出て来る具体的なエピソードとか思い出語りとかも陳腐の極みみたいなもんで…。
あんまり昔からの友人という設定に説得力が出るような場面もないし、回想シーンひとつ用意されなかったので最後まで彼らの友情はイマイチ伝わってこないままでした。
演出もあんまり上手いと感じるものがなく、基本的に登場人物が何かしらの強いショックを受けたシーンで『ラブ・ストーリーは突然に』が流れて終わり…みたいな場面が多すぎて、却って印象に残るところとかあんまりなかったです。

あとは、登場人物の魅力のなさとかも全体で感じてしまいました。これは、多分作品のファンでも、「イライラする」っていう人も相当多いと思います。
主人公のリカですが、見ていると「一途だけど可哀想な子」みたいな感じであるものの、やっぱり愛情の押し付け感は強いですからね。その重さにカンチがついていけなくなるわけですけど、彼女はやっぱり、どう見ても「痛い人」でしかない。
台詞回しは全員が痛い感じだったからまだ気にならないんですけど、人前で「カンチー!」とか叫んで結構身勝手な行為まで繰り返すキャラクターが到底年齢相応と思えず、やっぱり高校生ならともかく社会人モノでは寒気が…(当時のアメリカ帰りの帰国子女のイメージがこんな感じなのか…)。
ストレートなのは確かにせよ、場所を選ばずにカンチとイチャイチャしてきて、まじめなカンチがかなり嫌な顔をしてあしらっても、「私は言えるよ…叫べるよ…」みたいに一方的に好意を押し付けてくるタイプなんでだいたい齟齬が生まれるのは仕方ないでしょう。
それに加えて、リカの場合は「元気だけど実は無理して強がっているだけの一途なキャラ」のゴリ押し感が強い作風・演出は余計にキツいです。
彼女を最後がまるで「カンチの優柔不断に振り回され、いつも不幸で可哀想な終わり方をするヒロイン」として描かれるのはどうなのかなと。結構な頻度で、この主人公の「悲劇」で見せようとするのはあざとすぎるとも思います。カンチとかこれのせいで血の通った人間に見えない死。

まあ、もう一人の主人公であるカンチも相当なもんで、彼含めてカンチとリカはある意味でお互いさまですよね。
リカはまだ演出が嫌っていうのもあるけど、カンチの方は純粋にイライラしました。「なんでそこでそんな事をする!?」、「折角事態が好転したのになんで気移りするかな…」とか何度も思った気がします。まあ、ここは基本的に織田裕二の優柔不断演技がリアルすぎたのも悪い意味でも不快感の原因なのかもしれません。
何せ、「えっ」とか「あっ」とか「いや」とかそういう言葉から会話を始めますからね…。目も合わせないし、あんまり良い印象ないです。今作も機嫌悪そうな顔してる描写がたびたび出てきましたし…(リカが公私ずっと近くにいたらそりゃイライラするだろうけど)。
一応、織田裕二は誠実に演じながらも、多分内心カンチというキャラに或る程度不満は持ってたのかとは思います。『踊る大捜査線』でもみんなで『東京ラブストーリー』を見ている中、「はっきりしない男っすね」とか言って白けさせるシーンありましたけど、やっぱりこれは演じてても何かしら思いそうですわ(笑)。たぶん織田裕二の事だからアドリブっぽいなと思いますし。まあ、あれをここまで憎たらしい感じにできるのは役者の鑑ともいえるのかもしれませんね。

だいたい中盤以降のトラブルは、カンチや三上の気移りが一通りの問題の原因。女は大抵良くも悪くも一途で「悲劇的」に描かれている為、全ての問題が彼ら二人に収束しているので、やっぱり現実的には一番責められるのは彼らでしょう。いくら女性陣がアレでも、この二人にあんなコロコロと気移りする性格がなければ話はあそこまで酷い方向には行かなかったと思います。
二人それぞれ、あれだけ色々あった挙句にほぼ同情とか惑わされるとかに近い形で、これまた「悲劇」で男を誘うタイプの女に惹かれて、それぞれそっちと結婚しちゃうんですよね。なんか素直にハッピーエンドだと思えませんでした。せめて全員、「傷」を負って誰ともくっつかずに終わったほうがいいし、それこそカンチと三上すらも引き裂かれて終わっていいんじゃないかという気さえします。
望まぬ相手との結婚をさせられるお姫様という陳腐設定の申し子・尚子やら、三上にフラれてカンチに色目使ったとしか思えない関口やら、こんなのとくっつくエンディングでいいのかよと。
カンチにしても、途中であからさまに大きな言葉でリカへの愛を叫び続けたのも明らかに「破綻」のフラグだったし、あの辺がやっぱりあざとすぎて冷めてしまいました。もはや予定調和感しかなかったです。
どう見ても、「最終的に二人の生活が破綻するところから逆算されたフラグがばらまかれている」以上の何者でもない中盤ストーリーとかただ見ててダルいだけでした。
しかも、先に書いたストーリー、演出の陳腐さってここでも感じる事で、はっきり言って別にドラマ以外では「ここで始まったから陳腐なわけではない」でもないんですよね。それこそ夏目漱石の小説でも「恋愛」は描かれて来ただけに、もっとうまい演出を模索できたんじゃないかとさえ思います。

おそらく、以前見た漫画の『アイズ』のいつきはこのリカの引用なのかな?あちらの方がしっかり人間関係を描いていたように思いますし、あっちは素直に「可哀相」と思えるくらい細部がしっかり描かれていたと感じました。
「失恋の痛み」や「後味の悪さ」は大抵の恋愛ドラマや恋愛漫画で感じるものですけど、ここまで押し付けがましいと逆に何も感じないという例でした。
評価は「とても悪い」です。

2016/05/07 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:220(66%) 普通:60(18%) 悪い:53(16%)] / プロバイダ: 1389 ホスト:1596 ブラウザ: 10454
月9が最も輝いていた頃の名作
【良い点】
・出演者、脚本、演出のバランスが取れていた
・カンヂとリカやサブキャラがとの心理描写
【悪い点】
・特になし
【総合評価】
フジテレビ月9ドラマが最も輝いていた頃の作品で、昨今の安易な漫画原作のドラマは本作品を見習って欲しい所で、評価は無条件に【最高】です。

2012/11/08 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:45(45%) 普通:19(19%) 悪い:35(35%)] / プロバイダ: 16392 ホスト:16268 ブラウザ: 10169
初めて見たのは20年近く前の再放送。今回初めてBSフジで通して観た。
ドラマの内容よりもまず懐かしさが先に立った。OPに流れる何台も並んでいる緑の公衆電話から吐き出されるテレフォンカードやシンボリックな建物がレインボーブリッジでもなく東京タワーであったりとノスタルジーをとても掻き立てられた。

内容としては昔はリカの思いを受け止めない永尾に不満をもって観ていたが年を経て見直してみると奔放で正直にぶつかってくるリカは強く惹かれても寄り添い難く、仮に付き合い続けても関口のアプローチに関係なくどの道長続きしそうにない。
もう一つのカップルである三上と関口も念願の彼女をモノにしても真摯に接さない三上に関口が愛想をつかし、元から好意を寄せている永尾に走るのも当たり前で極めて順当な結果の物語だった。

小田和正がラブソングを歌い続ける迷いをふっきって作ったと言われる「ラブ・ストーリーは突然に」やリカのテーマなど音楽は凄くいい。

普通の評価にしようと思ったが風情のある愛媛でロケをした最終話が良かったのでひとつ上の評価で。

[推薦数:1] 2009/11/10 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:728(64%) 普通:178(16%) 悪い:225(20%)] / プロバイダ: 7920 ホスト:7935 ブラウザ: 8451
【良い点】
(今思えばですけど)恋愛感の違いによるすれ違いという印象ですね。

【悪い点】
まだ「メモリーズオフ」をはじめとするゲームをプレイするよりもず〜っと以前に
視聴したドラマ故、異なる価値観のキャラ全てに好感を抱けなかったものです
(ゲームをプレイ後、改めて視聴した場合、おそらくは感想が変るかもしれ
ませんが)。

特に受け入れがたかったのは、リカの「お互いに嘘だけは言わない」
みたいな考えの押し付けでしたね。
もちろん嘘を言わないですむのならば、それに越したことはないのですが、
嘘を全く言えなくなると、コミュニケーションが滞ることにつながります。
正直疲れます。
私がカンチならば、即刻リカに別れを告げたでしょう。
そのこともあって、ラストの「リカの電車内で泣くシーン」は
正直カワイソウと思いませんでした。

【総合評価】
【悪い】とします。
期待外れなドラマではあったが、【とても悪い】ほどではなかった感じです。

2009/08/31 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:268(51%) 普通:86(17%) 悪い:167(32%)] / プロバイダ: 28815 ホスト:28922 ブラウザ: 9739
【良い点】

主題歌の切なさと、ヒロイン・リカの秘めた寂しさがよく合っていました。
鈴木保奈美さんは特別好きな女優さんではなかったけど、リカのキャラクターはかわいかったです。

【悪い点】

さとみのキャラクターを、もうちょっと女性に好かれるタイプに出来なかったのでしょうか。
有森也実さんは決して嫌いではない女優さんなんですが、このさとみ役がかなり尾を引いた印象です。
男性から見ると、さとみに行くのはわかるという声は、しばしば聞きますが・・・。
原作だと、確かにリカがちょっと鬱陶しい印象だったので、わからなくもない感じだったかな
(その代わり、全員が私からすると共感できないキャラクターになっていましたが)。
リカを相対的にインパクトを強め過ぎたのでは、と思います。

【総合評価】

「踊る大捜査線」で、カンチを演じた織田裕二さんの青島が、カンチのことを「ハッキリしない男」と評したとか(笑)。
男性でも、人によったらリカエンドを選択する人はいるのかもしれませんね。
ハッピーエンドでなかったからこそ、インパクトが強かった作品なのかもしれません。
それでも、さとみのそれまでを思うと、ちょっと後味が悪かったですね。
もうちょっと、さとみの長所を出していた方が良かったと思います。
評価は「普通」で。
[共感]
2013/10/27 >青島が、カンチのことを「ハッキリしない男」と評したとか(笑)。 初期のSPであるんですね〜。放火犯から押収したビデオを皆でチェック(?)している中に本作があって周囲が泣いている時に一人、青島が冷めたツッコミをいれる場面は爆笑モノ。 by 十傑集

2009/04/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:360(55%) 普通:0(0%) 悪い:290(45%)] / プロバイダ: 1957 ホスト:1629 ブラウザ: 6652
【良い点】
ラブストーリーとしての完成度はとても高かったですね。

【悪い点】
鈴木氏演じた赤名リカは、明るく嫌味は無かったけど言動や行動が超ストレートでおまけに強引過ぎて近くにいたらその強引さにかなり引いてしまうキャラクターだったことでしょうか。

ラブストーリーとしては、とても完成度の高い作品だったと思います。いささか優柔不断なカンチと自由奔放(でも強引)な赤名リカをはじめとして人物の個性も立っていたし・・・
あまりドラマは見ない私ですが、このドラマは見ていた記憶があります。(レンタルビデオショップで借りたことも)
放映していた当時、友達は赤名リカは最高だ、と言っていましたが、私は彼女にはかなり引きました。確かに彼女は明るく元気で裏表が無い(これは周囲にもぱっと見て好印象だろう)ですが、恐ろしいぐらいに強引で、一緒にいるとかなり恥ずかしい女でした。「カンチー」と言ってベタベタ彼にくっつくわ、公衆の面前で「〇〇〇〇しよー(〇の中に3〜4文字程度)」と言うわ、上司と不倫したことに対しても隠さず堂々と話すわ、ちょっと品性を疑ってしまうものがありました。明るいから嫌味はないですし、自由奔放に生きていることが彼女の持ち味なんですけどね・・・
最終的にはリカではなく、さとみさんと一緒になりました(当時さとみさんは反発をかったとか)が、決してバッドエンドではなかったと思います。リカはいろいろな意味で恐ろしく強引な性格なので実際につきあうとなるとちょっとどうかな?ふりまわされそうだな・・・と思ってしまいますし、これではカンチが逃げたのも当然だろうということで、私としては納得がいきますので。

2008/05/05 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:69(70%) 普通:10(10%) 悪い:20(20%)] / プロバイダ: 18003 ホスト:17823 ブラウザ: 2218(携帯)
小学生の時に見たわりには印象強く残っているドラマ。
まず小田和正の『ラブストーリーは突然に』がたまらなく良いですね。

そして終始有森也美(ドラマでの名前忘れました)にイラッとしてました。
リカの邪魔すんな!おいカンチ何ゆさぶられてんだ!と。

そして最後もリカがアメリカに行った隙にカンチと有森がくっつきバッドエンドテイストに…
まぁリカの気丈な性格のおかげで後味の悪さも残らなかったのが評価に最高を付けたポイントですかね。

これ系のドラマをほぼ見ない自分が唯一このジャンルで楽しめたドラマでした。

2007/04/02 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:192(88%) 普通:27(12%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 2093 ホスト:2162 ブラウザ: 6287
愛媛県人として、あの駅が使われたことは、かなりうれしいことでした!!いまだに、一般人がハンカチくくっているのをよくみます!!伊予鉄の何度か使われたし…。

というより、最終話は感動です!!涙でてきてしまいました!!名作と呼ぶにふさわしい内容だったと思います!!

2006/07/09 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2014(50%) 普通:780(19%) 悪い:1248(31%)] / プロバイダ: 20686 ホスト:20695 ブラウザ: 5234
原作を知っていたので見たのだけど、原作もそれ程好感度が得られなかったし、かといって酷い作品という印象も受けなかったし、その意味ではあまり自分的には面白くない作品でした。
あまりラブストーリーとか、恋人達や友人達の葛藤や確執という作風が好きになれなかったというのもありますが、原作者の作品自体にも好感とか、好印象はあまり感じられず、それでも悪いとか、大嫌いという作風でもなかった故に本作には思い入れが浮かばなかったです。

メロドラマやトレンディドラマとしてのインパクトや知名度の方があった感がありますが、私には本作というと、原作漫画といったイメージがあります。
その原作漫画故に、本作はどうかというと、やはり原作漫画と同じく、それ程好きにはなれない、かといってキライでもないという作風でした。

鈴木保奈美のキャラはあっていた感じだったのですが、それでも、原作のイメージ故か、凄く好きになった作品ではなく、それで酷い駄作だとも思いませんでしたが、あまりこういったトレンディドラマに対しては醒めた目だったので、好感度や好印象、そして悪印象とも無縁でした。

トレンディドラマやメロドラマというものに、あまり関心がなかったし、当時からひねくれていたせいか、「こんな恋愛ないじゃん。それに、演者もプライベートでは何やってんのか?」と、かなり自分で屈折していたのだと、今更ながら思い返しました。

自分的にはそれほどという具合だったので、可もなく不可もなくという具合です。

2006/03/11 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:409(58%) 普通:211(30%) 悪い:87(12%)] / プロバイダ: 3550 ホスト:3441 ブラウザ: 5237
少なくとも主題歌はとても良かったと思います。内容もまあまあ面白かったと思います。

しかし、ハッピーエンドが好きな私にはあまり好ましくないエンディングで終わってしまったラブストーリーですね。それがちょっと残念。

彼女の愛は重たすぎるって、それって結構なことだと思うんですけどねえ。ダメになっちゃったのは、どっちかというとリカじゃなくて、カンチの方に問題があったと思うんですけどね。はっきり包容力不足でしょう。
まあリカも結構クセのある女性だったとは思いますけど。
なんにしても終わり方は気に喰わなかったですけど、ドラマとしては結構いい出来だったんだと思います。

しかし、私は、このドラマのキャラクターには誰一人として、共感を得られませんでしたね。
好感の持てるキャラクターが一人もいませんでした。

ドラマとしてはまとまっていたと思いますけど、キャラクターがことごとく自分だけが一番かわいいエゴイストだらけというドラマってまったく嫌なもんですね。
それが鼻についてしょうがありませんでした。まあそういう風に描いているんでしょうから、
仕方ないですし、キャラへの嫌悪感をドラマの評価に反映させようとは思いませんけど・・・

[推薦数:1] 2005/10/01 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(60%) 普通:0(0%) 悪い:2(40%)] / プロバイダ: 54223 ホスト:54206 ブラウザ: 5234
これをリアルタイムで見たときは、子供だったので、
素直に何も考えずに見て、単純にリカかわいそう。
カンチひどい。さとみ嫌い。って思ってたけど、
大人になってから、再放送を何度か見るうちに
これじゃあカンチはリカにはなびかない当然。
リカの考え…結局あの上司(名前忘れた。)を
忘れるためにカンチを利用したっぽい所(リカ自身に悪意はないみたいだが)
などが、リカを主人公として感情移入ができないし、イライラする。
基本的にこの人の作品の恋愛感は私とは合わない。
結局いつも自分だけが大事で、相手の事を考えない。
最終的にしっぺ返しは来るが、
本人は多少の痛手だけで基本的には一人で生きて行けます系な人なので
ちょっとも反省っていうか振り返ることもしない。

とにかくまぁ私にはいまいちです。
でもこれだけ印象的に残っているということは名作なのか?

2005/08/20 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:787(45%) 普通:474(27%) 悪い:488(28%)] / プロバイダ: 26060 ホスト:25757 ブラウザ: 4487
社会現象にまでなったトレンディドラマの傑作。この頃の
月9は名実共にCXドラマ枠の王者だった。

この頃は中学生だったが、あまり流行に関心のない人間で
ものめりこんでいるというのは流石。

役者では今はもう引退しただろう鈴木保奈美のリカや織田
裕二のカンチ、そして有森也美や江口洋介に西岡徳馬、殆
どどうでもいい役で中山秀征がいたな(確か同僚役)。
今でも最終回は記憶に残っている。保奈美ことリカの涙は…。

再放送のときにもCMが放たれたのが今でも記憶に残る。

2005/08/18 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 32756 ホスト:32731 ブラウザ: 2771(携帯)
私ゎ17歳なんで、リァルタィムでみたんぢゃなくて1年くらぃ前再放送で初めて観たんですけどまぢはまりました(*≧∀≦)y゛古い作品なのにかぇって新鮮でした。話もょくできてると思うし、鈴木保奈美さんと織田裕二さんゎ演技が上手だと思いました(o^―^o)てかリカかゎぃすぎ!!最近のドラマゃ映画ゎ人の死とかにふれて泣かせるのが多いですケド、これゎ純粋に恋愛ドラマで、私ゎ初めて死に関係ないドラマで泣いちゃいました(T^T)これがせつなぃって気持ちなのかな?なんて思っちゃいました(vωv*)これゎ本当に名作だと思います。ぁと、セリフ一言一言がインパクト大ですょね(*^―゜)ノ私ゎ知らぬ間にセリフ覚えてました(笑)ぁっ、クラスの子に貸したらクラスの子もはまってしまぃ、セリフ覚えてるところの再現したりしちゃぃました(≧ω≦)ほんと東ラブゎ世代を越えて愛されるドラマだと思います∠(*^∀^*)o

2005/06/16 悪いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 47039 ホスト:47030 ブラウザ: 4184
約束した男が、他の女といちゃいちゃして四時間も遅れてきても待っていた(いや待ってくれる)女って・・・・。

なんかものごつい男にとって理想な女っぽい。こんなことする男の方も男として恥ずかしくないか。

もっと読む

「トレンディドラマ史上の最高傑作、って言うか日本ドラマ史上最高傑作。これだけ見る者を引き付けるドラマも...」 by 佐々成政


次のページを読む

この評価板に投稿する



2016/05/09 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 1389 ホスト:1596 ブラウザ: 10454 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/涙流した/ロマンチックな気分/美しい/考えさせられた 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る
1. サクラクエスト 感想#10 by エスパー
... 現在進行形で婚活中の視聴者には更にグサっていたんじゃなかろうか。 きっとぼくも今週の回を思い返すような日が来るのだろうね。 そういや昔学校へ行こうでもこういったお見合い企画あったなあ。 (ググったら正式名称は「ドラマみたいな恋したい」「ロングバケーション」だった。 「だぜ」とかが出てくる「東京ラブストーリー」という企画の ...
記事日時:2017/06/09 [表示省略記事有(読む)]
2. 今年はスピリッツが一味違う! by かぷ
... もちょっと気になるところです さらには「最終兵器彼女」などで知られる「高橋しん」さんはヤンマガで「雪にツバサ」の連載が終わったばかりだというのに 出版社移籍までして「かなたかける」の連載をスタートさせていて 「くーねるまるた」「忘却のサチコ」など箸休めに良い小粒なものも揃っていますし この間は「東京ラブストーリー」の25年 ...
記事日時:2016/01/27
3. 学校へ行こう by ざくろ石
... 今でも日本と中国の元号とアメリカ歴代大統領は今でも空で歌える。 co慶應はちょっと前にyoutubeで見つけてまだやってるって知ってたけど、軟式グローブがまだ活動中とは知らなかった 笑 途中から見たからわかんないけど、いっつも一番手で出てたアンコザカンクルーとか、紙芝居黒人ラッパー、いつもネタ噛んじゃってたおじさんとかは出てきたのかな? 東京ラブストーリーの方は男性 ...
記事日時:2015/11/03
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはドラマ版。その他メディアのページ: 漫画:東京ラブストーリー
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ