[ドラマ]特捜最前線


とくそうさいぜんせん / Tokusou Saizensen (Special Crime Investigation Front)
  • 涙流した
  • 道徳心&モラル
  • 考えさせられた
  • びっくり
  • 勉強になった
  • 熱血
  • 勇気貰った
  • 悲しい
  • 怖い
  • 格好良い
  • 感動
  • 面白い
RSS
ドラマ総合点=平均点x評価数55位2,581作品中総合点31 / 偏差値70.23
ドラマ平均点40位293作品中平均点1.82=とても良い/17評価
1977年ドラマ総合点1位27作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優3.00(最高)3
ストーリー2.67(最高)3
キャラ・設定2.33(とても良い)3
音楽2.00(とても良い)3
映像1.33(良い)3
涙流した100%3人/3人中
道徳心&モラル100%3人/3人中
考えさせられた100%3人/3人中
びっくり100%3人/3人中
勉強になった100%3人/3人中
もっと見る
属性投票する
●スタッフ
プロデューサー:斉藤頼照深沢道尚武居勝彦阿部征司東一盛高橋正樹五十嵐文郎浅香真哉
脚本:長坂秀佳塙五郎藤井邦夫佐藤五月阿井文瓶宮下隼一大野武雄石松愛弘竹山洋押川國秋横山保朗本田英郎江連卓大原清秀橋本綾松本功峯尾基三井口信吾広井由美子今村文人大川タケシ大野靖子須崎勝弥茶田才宗方寿郎山田隆司亜槍文代池田雄一佐藤肇武末勝野波静雄桃井章八幡史朗山田正人古田求秋谷薫荒木芳久有馬泉江里明大久保昌一良高久進永井竜一長谷川公之林強生林誠人矢島正雄吉田義昭 原案:岸牧子谷口義正小久保英治小久保昌治葛西裕會川昇永井道子野口小春 音楽:木下忠司
撮影:西山誠林七郎藤本茂工藤矩雄 照明:吉岡伝吉石垣敏雄斉藤久竹田勝美 録音:織本道雄長井幹夫橋本泰夫上出栄二郎
日本 開始日:1977/04/06(水) 22:00-22:54 テレビ朝日 第1〜435話までの放送枠 / 終了日:1985/10/02
[開始日詳細]
1985年10月10日放送分の第436話から1987年3月26日放送の最終回まで、
毎週木曜日21:00〜21:54に時間帯移動。
※ この日付情報部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
オープニング動画 (2個)
特捜最前線 (昭和52年)
作曲:木下忠司 [ファン登録]
[もっと見る]
22,4381817
最近の閲覧数
2261512454
1人の方がこの作品がドラマとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2019/07/08 / 最終変更者:霧の童話 / その他更新者: ジャンボーグQ / 管理人さん / TCC / 提案者:k sato (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/11/12 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:283(58%) 普通:107(22%) 悪い:98(20%)] / プロバイダ: 19667 ホスト:19744 ブラウザ: 11270
テレビ朝日系第一黄金時代の立役者
【良い点】
・太陽にほえろ!へのアンチテーゼを目指し描いた
・特捜部の構成員も脆さを持つ普通の人間として書いた
・Gメン′75と同様、鬱展開やバッドエンドも多く考えさせられた
・安易な殉職を回避した
・開始当時マストバイ8局しかなかったNET→テレビ朝日の飛躍の功労作となった
【残念な点】
・ニュースステーション導入で時間帯移動を余儀なくされ、放送終了の遠因となった
【悪い点】
・長く続き過ぎた為、様々な破綻が起きた
【総合評価】
当時弱小局だったNET→テレビ朝日が他局作品と違う個性で勝負した名作で、Gメンに勝るとも劣らないハードボイルドの世界は今も白眉の作品です。
放送末期の時間帯移動を減点して評価は【とても良い】にします。

2017/05/31 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:788(51%) 普通:440(28%) 悪い:321(21%)] / プロバイダ: 24541 ホスト:24621 ブラウザ: 5171
市民生活を脅かす愉快犯的なものから国家を震撼させる大規模犯罪に至るまで、あらゆる事件に介入出来る権限を持つ「特命課」こと特殊命令捜査課に集うエリート刑事達の活躍と、被害者・加害者の区別無く事件に携わった関係者達(特命課の刑事達も例外に非ず)が背負う悲哀に満ちた生き様を並行して描破する、現実志向型刑事ドラマの代表作にして頂点すら極めた感の有る傑作。
藤岡弘や誠直也らをはじめとする特撮番組を経験した俳優諸氏が多数出演している事も有り、専ら彼ら目当てでチャンネルを合わせるのがリアルタイムや再放送などで『特捜』に触れていた世代に共通する視聴動機だと思うンですが、銃撃戦もカーアクションも少ない地味な展開や、救いの無い結末が半ばデフォルトと化している陰鬱な内容に面喰らいつつ、気が付けば其れがクセに成っている…という因果な流れも、或る意味で『特捜』世代が体験する「通過儀礼」と言えるでしょうw

本作最大の魅力は、生い立ちや家庭事情など其々に複雑なバックボーンを抱えた特命課の面々が、様々な事件を介して曝け出す内面の「脆さ」に有るでしょうね。
息子達から「父親失格」の烙印を押されている橘警部や、エリート家系の「落ち零れ」としてのコンプレックスを内に秘めた桜井警部補、刑事としての存在意義と家族への想いとの間で葛藤する船村老刑事といった面々はもとより、特命課を仕切る神代警視正までもが「司令塔」らしからぬミスを犯して部下からの反感を買い、挙句の果てには愛娘を死に追い遣ってしまう…エリート設定とは裏腹の人間臭い「弱さ」を強調された彼らが生の感情を剥き出しにして絡み合う図式は、俳優陣のテンションが高い熱演振りも相俟って非常に見応えが有りました。若手へと居丈高に咬ましていたベテランの説教が、別エピソードでベテラン自身へと跳ね返ってくる構図なんざ『特捜』では普通ですからね。

もう1つの特徴と言えば貧困層や国家ぐるみの隠蔽工作の裏で泣き寝入りするしかない人々など、社会的弱者の目線で描かれる辛辣な問題提起が多い事でしょうね。例え主犯を検挙しても根本的な解決までには至らず、裁判の行方如何では被害者達が更なる悲劇に見舞われる可能性も否定出来ないので、本編では描かれる事の無い「その後」を思うと暗澹たる気分にさせられる事が多々有りました。真実を明らかにして少しでも被害者に報いる事が、特命課の刑事達に出来る唯一の慰めにして彼らの「限界」でもあるというシビアな構図は、見応えこそ有れど矢張り精神的にキツイですね。
尤も、劇場版クラスのスケールで展開する一大娯楽編や「視聴者への挑戦」という形で描かれる本格推理劇、果ては夏場に成ると必ず挿入されるホラー( ? )編のように、ヘヴィさ一辺倒では無い「遊び心」もキチンと兼ね備えている所が、10年の長きに亘って本作が視聴者から支持され続けていた要因にも成っている訳ですが。毎回の如く社会の暗部を見せ付けられると、流石に人間不信に陥っちゃうもんねw

シナリオ的には長坂秀佳 & 塙五郎ら2名のメインライター担当回が突出した面白さを誇っている上に、ハズレ回も極めて少なかった印象が有りますね。
「核爆弾」「スパイ衛星」と、本来なら『特捜』のカラーとは相反するであろう荒唐無稽な要素ですら、雰囲気を壊す事無くドラマへと巧妙に組み込む長坂氏の手腕には脱帽させられたし、一歩引いた視点から登場人物へのアプローチを試みる塙氏の掘り下げ方(取り分け、船村刑事に関して)には幾度と無く感銘を受けました。現在でも再放送時に録画したVHSやDVDを観返す機会が有りますが、自然と両氏の脚本回に特化してリピート回数を増やしてるような気はしますね。

難点は、ラスト2〜3分間際に成って「急転直下 ! 」といった趣で慌しく事件が解決してしまうパターンが割と多かった事や、ロングランの弊害で初期設定との齟齬が頻繁に見受けられた事、船村 & 吉野の後任として加入した時田 & 犬飼のキャラクターが弱く印象薄だった事、『ニュースステーション』開始の影響で放送時間が午後9時台へと繰り上げられた事に因り作風が若干マイルドに成った事…と言ったところでしょうか。
尤も、『特捜』の象徴的存在とも言える船村 & 吉野の後釜を担わせるのは、時田 & 犬飼コンビでなくとも荷が重すぎたような…(汗

ともあれ、「カッコ良さ優先」で刑事ドラマを楽しんでいたガキンチョに、初めて「物語の何たるか」を知らしめてくれた番組ゆえ、数多の同類ジャンルの中でも思い入れや影響力はひと際強いですね…つか、そのクセして未だに全話コンプリートを果たしてないのは、仮にもファンとしてどうよ ?
個人的には最初期の6人に橘 & 紅林を加えた8名が、自分にとっての「特命課ベストメンバー」ですね。

2014/05/12 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 6621 ホスト:6548 ブラウザ: 5171
【良い点】
再放送世代ですが、これを超えるリアルな刑事ドラマなんて無いと断言できます。
泣き寝入りを強いられる性犯罪被害者側の苦痛と立場、加害者に対するどうしようもない復讐心と復讐に対する自己の葛藤。そうした複雑な心理をリアルに描写していた話もあった。演じる大滝秀治さんの「法で裁かないといけない」、自分の人生を捨ててはいけないという意味の言葉は、私にとって一つの救いとなった。
実際その回の感情移入はハンパナイ感じだった記憶がある。BGMも凄かった。
自分も実際に性犯罪被害者の一人だから、この作品は単に“社会派"と軽々しい枠に収まらない。総合的には質が良いドラマでした。

【総合評価】

2013/02/05 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:53(55%) 普通:9(9%) 悪い:35(36%)] / プロバイダ: 10861 ホスト:10938 ブラウザ: 5345
子供のころよく見ていました。
西部警察のような派手なアクションはないけど
感動させられる話が多くて好きでした。

[推薦数:1] 2012/02/07 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:218(78%) 普通:32(11%) 悪い:30(11%)] / プロバイダ: 34416 ホスト:34274 ブラウザ: 3876
)
本作はだいぶ以前の記憶になるが 、 毎週欠かさずに視聴していたものだ 。
敢えてトップスターを使わず 、 脇役級の渋い役者ばかりを揃えた地味な作品であり 、 「 太陽に ・・・・・ 」 や 「 Gメン ・・・・・ 」 などとはかなり作品のスタンスが異なる 。
いわゆる追跡アクションやピストルドンパチのような刑事物定番の描写は少なく 、しかし犯罪背景や心理 、 それに担当刑事の内面に鋭く迫った秀作だった 。
特に大滝秀司さんや誠直也さん 、 横光克彦さんの担当回が印象深い 。
チリアーノの歌うエンディング曲も視聴後の余韻 ・・・・・ 一種のやるせなさとでも言おうか 、そんな気持ちを十分に味あわせてくれる名曲であった 。
放送終了後もう20数年経つが 、いまだに本作を超える刑事ドラマは見ていない 。

2010/10/06 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:670(88%) 普通:60(8%) 悪い:33(4%)] / プロバイダ: 48699 ホスト:48599 ブラウザ: 3876
特捜最前線
【良い点】
ちょっと暗めの雰囲気が良い
地味だけど、面白い話
OPとED

【悪い点】
長いシリーズなので、話の当たり外れもそれなりにある

【総合評価】
出てくる刑事が変わるのでどれが良かったか?と簡単には答えられないですけど。やっぱり大滝秀二は居て欲しいですね。

派手なドンパチとかほとんど無いです。西部警察と逆みたいな。事件が面白いです。都会の中で小さく生きてる人間とかにスポットを当てた話がちょこちょこあります。被害者加害者共に日陰者そんな人達が主人公になる場合が多いです。時代劇の様な人情物の多いです。

後出てくる刑事達が良い意味で平凡な魅力を持った人達です。キャラとしては太陽にほえろとは逆のタイプですね。

石原刑事ものも良いのですが、逆を行くような良さがあります。私の好みも大きいと思います。例外的に、仮面ライダーの人がアクション系で派手な立ち回りが多いですね。ちょっと規模の大きな事件ではしっかり活躍するのでバランス取れています。

良く覚えている話で、好きだった話が(228話,通り魔・あの日に帰りたい!)この作品です。田舎から出てきて都会に孤独に生きる人間の犯罪と言うのがなんとなく印象に残っています。

2009/10/13 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:28(39%) 普通:7(10%) 悪い:36(51%)] / プロバイダ: 8856 ホスト:9152 ブラウザ: 10286
レンタルされていたので見てみました。
西部警察や太陽にほえろのような派手なアクションや銃撃戦がない分地味なイメージはありましたが、1時間とは思えないほど、どっしりずっしりした重厚で深いストーリーと心理描写、リアルさにひきこまれ、画面に食いつくようにして見てしまいました。こんな面白くてすごいドラマがあったんだな、という感じです。刑事ドラマというより、刑事が主人公のヒューマンドラマみたいでした。今同じクオリティのものを製作するのは、ほぼ不可能だと思うくらいです。
刑事役の俳優たちは皆さん魅力的な方ばかりですが、とくに叶刑事に目がいってしまいました(イケメンというだけでなく、「掌紋300202!」でのラストの迫真の表情が圧巻でした。レギュラー加入前にゲストで出ていた、「六法全書を抱えた狼!」の極悪人ぶりもまたすごかったです)。
出来ることなら全部見てみたいと思えました。ちょっと前までCSで放送されていたようですが、ぜひもう一度やってほしいです。

[推薦数:2] 2009/07/14 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1371(76%) 普通:305(17%) 悪い:124(7%)] / プロバイダ: 54175 ホスト:53964 ブラウザ: 11010
77〜87年に放映された刑事ドラマ。東京総合ビル33階の一室に置かれた警視庁“特命捜査課"に所属する刑事たちが現実問題に悩まされながらもいろんな事件に携わっていく姿を描いたリアリティー溢れるアクションストーリードラマ。

本作品はNET(10ch)系で警察ものだった「特別機動捜査隊」の後を受けて製作されたもので、現実的な人間社会と問題に触れた厳しい現状を主体にした社会派ストーリードラマである。本作品が放映された時期は刑事ものの全盛期で、同時期に放映されていた、人情的な熱血ドラマの「太陽にほえろ」と犯罪組織の陰謀に対抗するハードボイルド的ストーリーの「 Gメン'75」と比べると、その中間的な位置に存在するもので、従って我々がニュースや新聞でよく扱われる事件をよりリアリティーなドラマにしたもの。であるからして内容的には他の作品と比べると派手なアクションや行動シーンが少ない分、重々しく描いた事件後も救いようのないような現実的なドラマを主流としており、被害者も報われない感じのドロドロとした展開が特徴で、派手でスッキリした内容が好きな人には向かないものでしょう。他の作品と比べると勧善懲悪を語っていなく、厳しい現代社会でどうにもならないという状況下の中で起こる事件を取り扱うという実に重々しいものですけど、そこが本作品の持ち味ではないかと思います。事件が終わればすべて円満解決なんていう軽い感じにしていなくて、むしろ人はいろんな厳しく悲しい出来事に出会うのは宿命で、そういう中で正義とは何か、悪とは何かを見出して真実を求めていくということを教えているところが他にない魅力を引き出していると思うんですね。

またこれらを演じているキャストもいいです。レギュラーも初期の`二谷英明'`藤岡弘'`荒木しげる'`誠直也'`西田敏行'`大滝秀治'、以降`本郷功次郎'`横光克彦'`長門裕之'`岡田英次'`桜木健一'`三ツ木清隆'`夏夕介'`五代高之'`渡辺裕之'`蟹江敬三'`関谷ますみ'で、ゲストにも`小林昭二'`西田健'`岸田森'`佐々木剛'`宮内洋'`速水亮'`伴大介'`高城淳一'`大場久美子'等、で本作品のメインライターが`長坂秀佳'でナレーターが`森山周一郎'`中江真司'とほとんどが特撮出身者。巷では《特撮最前線》と噂されてたようですが、まさにその通りです。当時の特撮番組はかなり重厚なドラマを主体としてましたから、そこで培われた技量を本作品で生かせたのだと思います。フィクションだけれどもリアリティーさを引き出させるには出演者の演出こそが重要ですからね。

本作品は確かに人間社会をテーマにしており、現実味を出した重苦しさもあるかもしれませんが、そういう中で非情さを描いているところがなかなかよかったと思います。好きな特撮からの出演者も多かったし、ストーリーもスリリングがあって面白かったし、刑事ドラマとしては上出来なものだと思いますから評価は【最高!】です。10年という放映期間は「太陽にほえろ」に次ぐものですが、内容的にも決して劣るものではありません。最近ではこういうシリアスな作品があまりみられなくなりましたから、それ故本作品は今でも人気が高いのかもしれませんね。

2009/06/30 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:39(67%) 普通:10(17%) 悪い:9(16%)] / プロバイダ: 41029 ホスト:40979 ブラウザ: 4925
なんか刑事ドラマの中ではこれが一番いいなあと思ってます。
『太陽にほえろ!』よりも地味だけど、大人の刑事ドラマらしかったですね。
ヘリコプターで患者に輸血をもっていく話や全編裁判所で展開する話など、刑事ドラマでありながら殺人事件→捜査→犯人逮捕のワンパターンばかりではなかったのも良いです。
特撮出身の俳優が多くて格好良いうえに『太陽〜』や『西部警察』よりも優しそうな感じの俳優さんばかりで好印象です。
欠点は主役の神代警視正の話が桜井刑事などの話よりも少ないこと。そのせいかこのドラマの俳優といえば二谷英明さんよりも藤岡弘さんのイメージの方が強い。
また『Gメン75』と違って女性警察官はあまり目立たなかったのも残念。高杉幹子婦警はいい女だったんですけどね。
刑事ドラマの中では「最高」の部類に入りますが、放送が10年とちょっと長かったことを考えて「とても良い」です。

2009/01/12 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:430(56%) 普通:224(29%) 悪い:111(15%)] / プロバイダ: 25881 ホスト:26185 ブラウザ: 8455
特撮最前線じゃなく、特捜最前線ですな。

【良い点】

私はこう言ったリアリティーな、ドロドロ感も含めて地味な捜査の話し方が好きです。

西○警察や太○にほえろの様な派手さありませんが、予算だけかけたB級並みのストーリー作品よりドラマ性を優先します。

なんでライダー1号だけが私服なのか疑問ですが(汗)。

【悪い点】

てか、やっぱ特撮最前線でしょ? コレって?

ライダー1号を筆頭にアカレンジャー、ストロンガー、猪八戒(西遊記)、そう言えば本郷功次郎さんも大魔神とか出てたっけ? 大体、神代警視正から言ってマイティージャックの隊長やし。

てか、東映製作に託けてゲストも凄い、神代の娘の恋人役にライダー2号、んでその娘も殺されてしまうんですが、犯人はキカイダー。

でストロンガーが殉職の後釜にヒューマン=スカイゼル。 で今度はアカレンジャーが殉職で後釜は高速エスパー=白獅子仮面。最終的には2代目バルイーグルまで出てきました(汗)。

そう言えば「津上刑事(ストロンガー)の遺言」と言うエピソードで殉職後の津上の遣り掛けの事件を特命課で捜査するんですが・・・・・犯人は何とタイタンの浜田さん。「遊んでんのか!? 東映!!!!!!」

そう言えば、おやっさん、V3、X、ZXも犯人で出てたな(汗)。

【総合評価】

実際 濃ゆ過ぎるキャストだったから楽しめた作品ですね。久々の「最高」で!!
[共感]
2009/01/12 こういう分かる人にしか分からないネタ遊びをスタッフがやってくれるのは楽しいです。 by 十傑集

2008/10/02 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 6733 ホスト:6719 ブラウザ: 4184
アカレンジャーや仮面ライダー一号が出ていた・・・もとい、藤岡弘、氏や誠直也氏等特撮主演経験者の出演していた刑事ドラマですな。

いわゆる勧善懲悪のドラマではなく、派手なドンパチをやらかすわけでもなく、かなあり地味で暗いお話ですなあ。

家族を捨てて逃亡生活を続けていた男の話とか、救いの無い悲しい話とかねえ。

それにしても、藤岡弘、氏はどんな役を演じても大差ない気がしますなあ。質実剛健って言葉がしっくり来ますねこの桜井さんも。いや、それが彼のキャラなんですけど。

2007/03/10 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 4733 ホスト:4651 ブラウザ: 6187
【良い点】落としの船村、変装の橘、空飛ぶ紅林、熱い吉野、クールな叶、ガサ入れの時田、聞き込みの杉、
心優しい津上、豚の高杉、グラマラスな幹子、クビを懸ける桜井、理想の上司・神代。何れ劣らぬ 猛者揃い。

【悪い点】現在更正し二時間物の常連である、北村総一郎(署長)、島田順司(課長)、小林稔時(亀さん)
達の悪辣非道ぶり。西田健のストーカー、小林昭二+田口計による殺人タッグの極悪コンビ。

【総合評価】大衆に迎合する太陽や西部が、子供騙しのコンテンツ成らば、東映+テレビ朝日+日産自動車の コラボレーションはまさに、ハードボイルドG-men75熱い心を強い意志で包んだ人間達と、
双璧を成します。死と憎悪が渦巻く都会と言う名の罪人達と、絶える事なき犯罪にひたすら挑み
続ける時、多くを語らない心優しき戦士達、彼等特捜最前線!

2006/11/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:792(58%) 普通:431(31%) 悪い:147(11%)] / プロバイダ: 18384 ホスト:18446 ブラウザ: 6287
自分よりも、親が観ていたような気がします。
結構印象的というか、テーマ曲などは覚えているのですが、内容の方まで語る自信はありません。

若い刑事もいたと思うのですが…… 「 太陽にほえろ ! 」 や、 「 Gメン '75 」 ほどの思い入れはなく、
刑事の名前もちょっと出てこないです、すいません。
ボス ( 課長 ? ) は、二谷英明さんですね。シブイ〜。

2005/09/03 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:155(82%) 普通:9(5%) 悪い:26(14%)] / プロバイダ: 30983 ホスト:30974 ブラウザ: 5832
子供の頃だったので、22時からの放送だった本ドラマを観るのは大変だった。
子供は早く寝ろ、と親がうるさかったので。
だから最初の頃のシリーズは観れてないのですよ。
「大人向けの刑事もの」といった感じで良かったなあ。

途中シリーズからレギュラーとなった叶刑事役の夏夕介が特にお気に入りでした。
とても人間臭いところのある刑事で、実直で優しい人物だった。
夏夕介の演技が自然な感じでうまかったのだなあ。

エンディングも良かったけど、オープニングも良かった。
印象的だったオープニング最後のナレーション部分、私の記憶では...
「愛と死と、憎悪が渦巻くメカニカルタウン。非情な犯罪捜査に挑む心優しき戦士たち。彼ら特捜最前線」
だったと思う。カッコよく決まっていたなあ。

2004/09/22 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:493(71%) 普通:140(20%) 悪い:60(9%)] / プロバイダ: 4969 ホスト:4734 ブラウザ: 3646
子供の頃見てたんだけど、当時はあまり好きじゃなかった。
大人になった今なら良さが解るとおもうのだが・・。

もっと読む

「な、懐かしい〜何年も前になってしまいますが、再放送で見ていました。見ていた当時は作品全体から醸し出さ...」 by Miz and Joe


次のページを読む

この評価板に投稿する



2018/01/03 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 19667 ホスト:19744 ブラウザ: 11304 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/涙流した/格好良い/悲しい/怖い/びっくり/考えさせられた/勉強になった/勇気貰った/道徳心&モラル 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. 論客活動5周年突破ッ ! by 霧の童話
... B級タイトル」に偏っている難儀な性分の為、 昨年辺りから意識的に「超メジャー級作品」への評価を行なう事を個人的テーマに掲げているあたくしですが、 昨年の4周年報告から1年が過ぎた現時点で該当する作品をピックアップしてみると… 『銀河鉄道999(劇場版)』『ブレードランナー』『そして誰もいなくなった』『特捜最前線』『八つ墓 ...
記事日時:2017/09/06 [表示省略記事有(読む)]
2. 女性活躍相と聞いて by クラシ
... 関谷ますみは最後だけ見られた 一瞬エッと思ったが西田敏行の妹の役なのであんな感じになるのも当然かなーと思い直した 先週だったか青汁のcmで誠直也が出てたので観てたら奥さんとして「早川さん」という人が紹介されてて ンッ?ベルスターに似てると思ったらやはり早川絵美だったわけで WIKIPEDIAを信用するなら特捜最前線で共演した ...
記事日時:2014/09/03
3. 訃報 荒木しげるさん死去 by Mr.KN
... 特撮ファンの自分にとって辛いかぎりですが、14日の午後5時2分に俳優の荒木しげるさんが肺炎のため63歳で亡くなられたそうです(この事に関しては善さんの日記を見て初めて知りました)。 荒木さんといえば「仮面ライダーストロンガー」の城茂/仮面ライダーストロンガーや「超神ビビューン」の月村圭/超神ビビューン、そしてこちらはあまり詳しくは知らないものの「特捜最前線」といった ...
記事日時:2012/04/15
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ