[ドラマ]足尾から来た女


あしきからきたおんな / The woman from Asio
  • 考えさせられた
  • 勉強になった
RSS
ドラマ総合点=平均点x評価数591位2,513作品中総合点4 / 偏差値51.22
2014年ドラマ総合点11位105作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
ストーリー1.50(とても良い)4
キャラ・設定1.25(良い)4
声優・俳優1.25(良い)4
映像1.00(良い)4
音楽1.00(良い)4
考えさせられた75%3人/4人中
勉強になった50%2人/4人中
勇気貰った25%1人/4人中
悲しい25%1人/4人中
美しい25%1人/4人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

明治時代末期に栃木県の足尾銅山で起こった日本初の公害・足尾鉱毒事件の解決策として、明治政府は谷中村を遊水池とする事を決定、村民を強制的に立ち退かせて、廃村にしてしまう。

村で生まれ育った新田サチは、先頭に立って事件の解決に奔走した田中正造の仲介で東京へ出て、社会運動家の福田英子宅で家政婦として働くことになる。

サチは、石川三四郎や幸徳秋水ら社会主義者たち、さらに石川啄木や与謝野晶子など多彩な人物と交わる中で成長していく。

※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
脚本:池端俊策
制作統括:高橋練
演出:田中正


※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:2014/01/18(土) 21:00-22:13 NHK / 終了日:2014/01/25
公式サイト
1. http://www.nhk.or.jp/dodra/ashio/index.html
2,93833
最近の閲覧数
1102010000
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/12/21 / 最終変更者:TCC / 提案者:TCC (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/04/21 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3357(33%) 普通:3557(35%) 悪い:3314(32%)] / プロバイダ: 6908 ホスト:6505 ブラウザ: 8323
作品当時の明治末期日本、富国強兵政策が功を奏して列強の仲間入りを果たしたかと思いきや、足尾鉱毒事件等社会不安も高まり、社会主義運動及びそれらを取り締まらんとする政府や警察等権力との軋轢を抱える等重苦しい雰囲気に支配されていました。

本作の主人公、新田サチもそうした政府や企業等「富国強兵至上主義」の犠牲者で、故郷を出て、福田英子の家政婦兼警察のスパイとして働く事を余儀なくされ、そのハザマでの葛藤も「心情察するにあまりある」でしたが、尾野真千子氏の、いかにも素朴な田舎人らしい訛り喋りが絶妙でしたね。田中正造役の柄本明氏にも負けない熱演を見せておられ、役者として熟練の域に達しつつある事を認識いたしました。終盤國村隼氏演ずる原敬(元内務大臣にして、元足尾銅山副社長)に直訴するも、「俺、もう関係ないし。知りま千円〜」なんてあしらわれていたけど、後に平民宰相だなんて持て囃された彼でさえこのような事勿れ主義で、足尾銅山事件はまた、同じ栃木県でもあるけど、現代の塩谷町の産業廃棄物最終処分場問題(実際この町にも数回行ったけど、反対の看板がいくつも立てられていたのも目にした事がある)等ともいくらかは重なり合うものも感じられましたね。

しかし、一部キャストですね。福田英子も、もっと恰幅良かったはずでは?と言うか、やや美化されていたきらいもありましたが、石川三四郎もですね。些細な事でいじやけてサチをアレしようとしていじやけた英子に水ぶっかけられてましたけど、北村有起哉氏もイメージ違うと言うか、大物感がなくて、男を必要以上に悪く描いていたようにも見えてあざとかったですね。与謝野晶子役の原沙知絵氏もまた然りでした。

正造らを裏切り形となってしまったサチの兄の行いも、頭ごなしで非難できるものではなかったし、石川啄木が理想と現実のギャップに苦しんでいた姿も見られながらも、最後はサチの前向きな姿が示されてましたが、一部キャストがミスキャストだった事がやや惜しかったです。評価は「良い」寄りの「普通」で。

2015/11/24 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7(58%) 普通:1(8%) 悪い:4(33%)] / プロバイダ: 8183 ホスト:8372 ブラウザ: 10316
【良い点】
①足尾銅山鉱毒事件という近代日本の負の側面を、被害を受けた谷中村村民、田中正造、村民に賛同する福田英子、石川三四郎、幸徳秋水、堺利彦、石川琢木ら知識人といった被害者側の人々の内面を描く形で取り上げた。
福島第一原発事故での福島県民、東日本大震災での岩手、宮城両県民、米軍基地問題での沖縄県民のように地方の弱者を国策のために見殺しにしてきたことへの批判が各地で出てきた現在の日本において、大いに意義のある作品だと思った。
②①で挙げた被害者側の人々全てを強くぶれない人物として描くのではなく、事件への糾弾を徹底できず栃木県側に加担してしまったり、村を出ていってしまったり、女遊びに入り浸ったりしてしまうといった弱さなども併せて描いた。これによって作品にリアリティが生まれた。
③主人公の新田サチが、無学な谷中村の貧農の娘だったのが、鉱毒で母を亡くしたのを機に上京して福田英子ら知識人と出会ったり、石川琢木との恋愛を通じて、次第に向学心が芽生え自立していくまでの内面の変化の過程が、警察への情報提供に渋々協力してしまうことへの葛藤も交えて、実に丁寧に描かれていた。また、サチを演じた尾野真千子の演技もとても素晴らしかった。
④伏線の貼り付けと回収がしっかりなされていた。特に、冒頭で田中正造からもらった渡良瀬川の石を、サチが最後の方で、足尾銅山を経営していた古河鉱業の副社長で内務大臣だった原敬にぶつける形で回収したのは見事だった。

【悪い点】
東京の場面のロケは北海道開拓村でしたと思われるが、東京にしては道幅が広く、路面電車の線路両脇に街路樹があったり、家が密集していなかったりしていたのは残念だった。空地の部分にCGで家を描くなどして工夫してほしかった。

【総合評価】
本作を観ると、地方の弱者を国策のために犠牲にし、それによる被害者が出ても、まともに対応しようともない日本政府の体質が、明治以来一貫して変わっていないことを改めて感じずにはいられない。それだけでも高く評価するのに十分値するし、内容的にも非常に丁寧に作られているので、「最高」と評価する。

[推薦数:1] 2014/01/29 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2270(50%) 普通:1141(25%) 悪い:1139(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 9950
【良い点】
前編。正に庶民視点の近代ドラマ。
国の繁栄の犠牲になったサチの両親や日露戦争を通じて体制側に寄った兄など、
主人公のサチを中心に史実の人物やオリキャラが当時の時代を象徴した絶妙な位置に配されています。
そして右も左も分らなかったサチが次第に視野を広げ自分の意思を持っていく様を
主演の尾野真千子は台詞を最小限に留めて表現していました。

日下部警部に情報をリークする場面など他のドラマなら悪役と端役のやり取りになる場面。
警部役の松重豊も限られた尺で昨年の大河よりも存在感を出していたし、
部下役の尾上寛之も朝ドラでオノマチと共演した時とは正反対の役回りを演じており
目元に愛嬌があるだけに逆に脇役ながら印象に残りました。

【悪い点】
後編。
石川啄木との色恋沙汰など話が足尾鉱毒事件から離れてしまった感は否めません。
このため終盤に原敬に石を投げつける場面がとっつけた感じになってしまいました。
石川のキャラは上辺は華やかでも内面はボロボロという国の状態を示していたのかもしれませんが。

オノマチと玄覺悠子の再共演もここまでくれば…という感じも。
人気俳優さんの付き人や影のような役回りになってしまう人の気持ちってどうなのでしょう。

【総合評価】
「坂の上の雲」の裏面ともいうべき近代ドラマ。同時に現在の日本が抱える原発及び福島問題に絡め
知識を得て視野を広げる事は時に見たく無いものまで見えてしまうことを描きながら、
それで直、前に踏み出す事の大切さを主人公サキを通じてテーマとして示していく。

ただ前編で描く事の大半を描いてしまって後半は間延びしてしまった感は否めません。
これは2時間弱程度のスペシャルに纏めるか、逆にサキが田中正造や福田英子と共に行動していく様を
長尺ドラマとしてじっくり描いていくかのどちらかでやった方が良かったかも。
題材や出演者が良かっただけに構成が惜しまれる作品でした。「とても良い」よりの「良い」で。

この評価板に投稿する



2019/04/21 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 6908 ホスト:6505 ブラウザ: 8323 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ