[ドラマ]仕事人アヘン戦争へ行く 翔べ!熱気球よ香港へ


しごとにんあへんせんそうへいくとべねっききゅうよほんこんへ / Shigotonin Opium War he Iku Tobe!Nekkikyuu yo Hong Kong he
RSS
ドラマ総合点=平均点x評価数2,000位2,579作品中総合点-1 / 偏差値47.78
1983年ドラマ総合点21位24作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

必殺スペシャル第4弾。
仕事人達が香港に渡りアヘン密輸を行う悪徳貿易商人と戦う。
監督:松野宏軌
脚本:吉田剛
音楽:平尾昌晃


※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:1983/12/30(金) 21:00-22:48 テレビ朝日
2,84711
最近の閲覧数
3110002100
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2011/04/26 / 最終変更者:十傑集 / 提案者:十傑集 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2011/05/30 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2319(50%) 普通:1165(25%) 悪い:1166(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 6425
【良い点】
この時には故人となっていた沖雅也氏演じる棺桶の錠のフィルム出演。

最後の一万両がフイとなって主水ガックリ、背後で秀&勇次が呆れている場面はコントとしては笑える部類。

【悪い点】
後半のトンでも展開。(前半からして清国の娘が江戸まで仕事人を探しにくるとかで並程度のストーリーですが)
平賀源内が仕事人に加わり彼が作った熱気球で主水が長崎に引っ張って行かれ、さらにナポレオンが仲間にとか無茶苦茶。
また別行動の秀達のストーリーもおりくとお北の師弟対決に人質扱いのお民坊を絡ませるとか、
「夜が遅かったら父上に怒られる」とか言っている順之助(裏稼業なんかやめてしまえ!)が長崎留学を強制されて現地で合流とか
若年視聴者層向けに無理に出しているキャラを強引に関わらせている感が強いです。
特に秀の「子供を殺そうとしたんだぞ!」という台詞は裏稼業を隠しながら子供を手元に置いている
自分に一番責任があるという事を自覚しないロリコンヒーローぶりが悪い意味で泣けてきます。

【総合評価】
仕事人SPにおいて 「仕事人大集合」(「Ⅲ」の一話に該当)と「第七騎兵隊」(「Ⅴ」の一話に該当)の中間にあたる作品。
ネタ路線の暴走に拍車がかかっていくのが、よく解ります。

この評価板に投稿する





作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ