[ドラマ]西部警察(シリーズ)


せいぶけいさつ / Seibu Keisatsu
  • びっくり
  • 熱血
  • 格好良い
  • 面白い
  • 勇気貰った
RSS
ドラマ総合点=平均点x評価数47位2,413作品中総合点35 / 偏差値72.24
ドラマ平均点115位293作品中平均点1.00=良い/35評価
1979年ドラマ総合点1位24作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.89(とても良い)9
映像1.67(とても良い)9
音楽1.56(とても良い)9
キャラ・設定1.00(良い)9
ストーリー0.44(普通)9
びっくり89%8人/9人中
熱血78%7人/9人中
格好良い78%7人/9人中
面白い67%6人/9人中
勇気貰った44%4人/9人中
もっと見る
属性投票する
全236話 制作:石原プロ テレビ朝日
製作:石原裕次郎 企画:小林正彦 高橋正樹 プロデューサー:石野憲助 星裕夫
脚本:永原秀一 柏原寛司 峯尾基三 宮下隼一 新井光 和久田正明 日暮裕一 那須真知子 杉村のぼる 浅井達也 大野武雄 永海秀国 平野靖司 駒田博之 宮田雪
監督:渡辺拓也 澤田幸弘 小澤啓一 村川透 長谷部安春 宮越澄 西村潔 荻原達 辻理 原隆仁
日本 開始日:1979/10/14(日) / 終了日:1984/10/22
[開始日詳細]
IDシリーズ名放送開始日放送終了日
1『西部警察』1979/10/141982/04/18
2『西部警察 PART-Ⅱ』1982/05/301983/03/20
3『西部警察 PART-Ⅲ』1983/04/031984/10/22
オープニング動画 (2個)
西部警察メインテーマ西部警察メインテーマ
作曲:宇都宮安重 [補記] [ファン登録]
[もっと見る]
73,7234735
最近の閲覧数
5682231335
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2017/05/25 / 最終変更者:霧の童話 / その他更新者: S・N / 曲がり角のアイツ / 羽幌炭鉱 / ラマンチャ / 提案者:宝家義頼 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/04/14 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:223(61%) 普通:61(17%) 悪い:83(23%)] / プロバイダ: 10078 ホスト:9926 ブラウザ: 10196
どうせ特殊車両をたくさん出すのなら、パート1で全部ズバーッと出してほしかった。
(後のレスキューポリスで例えるならエクシードラフトまで全部。
さすがに車内で変身武装しろとまでは云いませんから (笑) )
マシンXからスーパーZ、サファリ、KATANA(バイク)、赤いRSが3台と、実に盛り沢山ではありませんでしたか。

のっけから戦車が出てきたり、毎回ド派手に爆発したり車が飛んでいったり、一目で分かるステレオタイプの凶悪犯たちにはゲラゲラ笑っていたなぁ‥‥‥‥‥‥

DVD出るの遅すぎ、マジで。 再放送で見て終わったとき「もう逢えないんだ」とばかり思っていたよ。
当時は携帯でネットどころかVHSで商品化にすらなっていなかったんだから。

2018/02/10 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:250(62%) 普通:77(19%) 悪い:74(18%)] / プロバイダ: 19667 ホスト:19744 ブラウザ: 11311
石原プロの名作
【良い点】
・当時マストバイネット局が9局しか無かったテレビ朝日で放送し、ドラえもん、あばれはっちゃく、スーパー戦隊、ガンダム、ザ・ハングマン、クイズヒントでピント、百万円クイズハンターと共にテレビ朝日第一黄金時代の飛躍の功労作となった。
・徹底したアクションシーン
・当時の日産自動車の新車のプロモーションを兼ねた特殊車両の活躍
・第一・二話「無防備都市」のスケールのデカいアクションと最終回「大門死す!男達よ永遠に!」の展開は今も語り草
・笛吹川旅情?でのまさかの山梨ロケ
・殉職者が少なかった
【良い点にして悪い点】
・大都会PART2&3の様な犯人射殺は減ったが相手が凶悪犯ばかりで、知能犯との頭脳戦ももっと欲しかった
・PART2&3で全国縦断ロケを敢行するも、後始末で地元自治体から苦情が出た
【残念な点】
・全国縦断ロケで83年10月開局予定だった新潟がハブられ、当時の山形の有力者の手で山形ロケとなったものの、全国ロケの名作となった(83年当時はYBC山形放送が日本テレビとのクロスネットで、93年から山形テレビがテレビ朝日マストバイネットとなった)
・表現規制等で今では同様の作品が作れない
【悪い点】
・荒唐無稽なストーリー展開も多かった
・地方出張時に事件が起きたらどうする?
【総合評価】
昭和50年代を代表するアクション刑事ドラマで、アクションドラマの一つの到達点と言え、テレビ朝日第一黄金時代の飛躍に貢献し、実際放送期間中にマストバイネット局が3局増えました。
また、マシンXを始めサファリ、スーパーZ、RSシリーズ等の特殊車両も特撮化しない程度に上手く導入し、大活躍を見せました。
当時は楽しめたので評価は【最高】にします。

[推薦数:1] 2015/10/16 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6893(87%) 普通:586(7%) 悪い:425(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:22105 ブラウザ: 1975(携帯)
思えば幼少期に再放送されていたのをたびたび視聴していたものでしたが、刑事ドラマというよりは完全に活劇物といった印象でしたね。

とにかく、まるで特撮作品ばりに爆発シーンとかが毎回の頻度で目白押しでしたが、しかもその爆発もしっかり火薬をふんだんに使った大爆発ということもあり、結構お金をかけているなあということが容易に伝わってきたものでした。

また、ロケ地もいわゆる一点のみに集中するわけではなくて日本全国幅広くロケーションをやっていたなという印象でしたが、特に印象的だったのはやはり、自分の生まれ育った地元である愛知県だったでしょうか。

事件の現場にステーキのあさくまが舞台になっていたのにはびっくりさせられたものでしたが、最初まさかなとなんかの見間違えかと思いきや店内がもろ自分が見慣れていたそれで、おそらく愛知県出身の舘ひろしとの縁もあってかなと思いますが、地元民にはたまらないものがあったでしょう。

おそらくそれ以外にも地元民に知る人ぞ知る場所があったんじゃなかろうかと思いますが、ドラマの舞台となった店にもいずれ聖地巡礼で行ってみたいものですね。

評価ですが、「とても良い」とさせていただきます。

2014/12/28 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:43(68%) 普通:1(2%) 悪い:19(30%)] / プロバイダ: 4405 ホスト:4372 ブラウザ: 5171
私はこの「西部警察」の再放送を見た事あるが、その時のシーンで大門軍団の面々が1人の犯人を
容赦無く集団リンチにしてて袋叩きにしてた、あんまり見ていて気分の良いシーンじゃなかった。
もちろん犯人も凶悪犯だと言う事は解っているが、正直ヤクザ映画でも見ているかと錯覚した。
バトル漫画やアクション映画は好きな方なんだけど、どうも西部警察は悪と戦う警察というより
悪人を冷酷非情な暴力で葬る私刑執行人たちだと思えた。

そして内容が馬鹿馬鹿すぎる。5年にわたり荒唐無稽で、下らない子供だましを毎週日曜の夜8時に繰り広げていた。
拳銃をバカスカ乱射して、犯罪者たちを虐殺し全国各地で大暴れする「大門軍団」。犯罪捜査は暴力的で荒っぽく人権無視でも気にしない。
いったい誰がこんなもん作ったのかという疑問を持つことすら許さないような、ウルトラ警備隊やスーパー戦隊物も凌ぐ装備の特殊車両を所持。

大門軍団の、殴る、蹴るなどの暴力行為はどう見てもやりすぎだと思う。現実だったら社会問題になり、戦時中の軍隊か
ヤクザの世界を思わせる。実に不愉快だ。大門軍団の皆さんよ。あなた達は犯罪者とはいえ、同じ人間を暴力で痛めつけて楽しいですか?
罪を憎んで人を憎まず、孔子の言葉を知らないのか?日本は法治国家であり、司法で裁かれる以上、私刑を下す奴は
法を無視した犯罪者と、同レベルでしかないのだ。暴力で人を踏みにじる奴は、自分よりもっと大きな暴力で潰されるだけだと思う。

次に激闘の末、取り押さえるにも、もう抵抗せずに堪忍した犯人に対しても暴力を加えている。
見ていると、そのうちこれが当たり前な気がしてしまうので、そーいうときは麻痺してきた証拠で、バイオレンス要素抜群すぎる。
こんな事ばかり言っているが、私は犯罪者との戦いに力を使う事は、NGとは言わない。
だが一方的に拷問に近いまでのやりすぎは甘受すべきではないと思う。

このドラマ・・警察という設定を外してみると、極道モノとも思えるくらい過激なシーンの連続です。
部長刑事がグラサンしてショットガンぶっ放す刑事ドラマなんざ、後にも先にもこの作品だけだと思う。

2014/03/16 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:223(61%) 普通:61(17%) 悪い:83(23%)] / プロバイダ: 45203 ホスト:45032 ブラウザ: 10198
再放送で全パート見ていました。

【良い点】

爆発・爆発・大爆発。 車いったい何台壊したのやら。 全部、本当にやっていたところがスゴい。 毎回、興奮したよ。大笑いしたよ。

それと、パート2・3のOPで白バイこけてるけど絶対ワザとだよな( 笑 )

・「女子供は引っ込んでろ!」オーラ全開の大門軍団( 笑 )

◎マシンX・サファリ(水圧消防車)・黄金のスーパーZ・赤いRZシリーズといった、数々のスーパーマシン。後のレスキューポリスかよ( 笑 )

◎レギュラーキャストが豪華だった。

◎毎回、最後に流れる、裕次郎の歌。心に染みていた。

○パート2からの静岡県から始まった、全国縦断ロケまでやっていたことに驚き。

◎ゲストも豪華だった。故・勝新太郎、松本伊代など。

◎二ノ宮・初代係長。本作のオアシス的存在。 何度も癒されてきた。この人だけは人格者・非暴力・「逮捕」という如何にも警官らしいことをやってくれた。

○悪人が分かり易すぎる( 笑 )

【悪い点】

●刑事であるまじき行為を連発している。 悪に容赦無さ過ぎ。 取調室で暴行加え過ぎ。 相手が女性の場合は髪を引っ張る。
全国縦断ロケ・山形県で、競馬場を爆破したのは流石に限度を超えていた。
悪に対しては一方的で、理由も聞かず、説得もせず、話に耳も貸さず、逮捕せず必ずSATSUGAI。
(しかもノーリスク。実際に起きたら社会問題・裁判沙汰です。)

ボクが中学生の頃、社会科の先生から、警察官が刑事ドラマのようなことは絶対に真似してはいけないことを教わった。

【まとめ。】

良さも悪さも目立っていたので、「普通」。

SATSUJIN上等ーー! オレたちゃ無敵の大門軍団様だぜーー!的な作品です。

[推薦数:1] 2013/03/17 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1002(76%) 普通:225(17%) 悪い:98(7%)] / プロバイダ: 8623 ホスト:8584 ブラウザ: 9466
79〜84年に放映された刑事ドラマ。`警視庁西部警察署捜査課'の“大門部長刑事"を中心とした“大門軍団"の刑事たちと、それを見守る“木暮課長"が凶悪犯罪に立ち向かう姿を描く。

『大都会part3』から1年、本格刑事ドラマとして新たに製作されたのが本作品で、派手なアクションやカースタンドを主体とした本格アクションドラマとして仕上がっています。銃撃戦を初め、パトカーによるカーアクションも然る事ながら、装甲車を初め、リアルなガンファイト・爆発・カーチェイス・特殊装備を搭載した覆面パトカー・全国縦断ロケーション等、それまでのヒューマニズムなドラマから一線を臥した本格バトルアクションスタイルにした刑事ドラマの最高峰に行き着いた作品ともいうべきでしょう。

渡哲也演じる捜査課の“大門部長刑事"は冷静かつ寡黙でニヒルなクールガイで、ダンディズムの塊みたいなスタイルが非常にインパクトがあり、頼り甲斐のある兄貴という風貌が最高でした。最後という場面での一撃での締めは非常にスリリングで効果覿面でしたね。石原裕次郎演じる“木暮課長"は親分肌のボスって感じで貫禄ありましたね。舘ひろし・寺尾聰・藤岡重慶・苅谷俊介・三浦友和・柴俊夫・石原良純・五代高之・加納竜・峰竜太・小林昭二たちの演じた刑事たちもそれぞれに個性と張りがあって印象的でしたね。

ストーリーは警視庁西部警察署捜査課が中心となって、大都会に潜む犯罪を追いながら陰謀を暴いていくといったものですが、事件解決までの葛藤を派手なアクションを交えながら展開するというもので、事件解決に本格的な本格アクションが主体となってました。いくらフィクションとはいえ、戦車・装甲車を登場させたり、数えきれないものパトカーや車を破壊したりと、ここまでやった作品は映画にもないでしょう。それだけに伝説の作品としていまだに語り継がれる本格アクションドラマとなっていますし、今でも最高峰に位置する作品だと思いますので、評価は【最高!】です。派手なアクションシーンの数々こそが、この作品に対するスタッフの意気込みが大きかったことを意味してると感じます。それだけに今でも根強い人気を保っているんでしょう。

2012/10/10 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:722(51%) 普通:387(27%) 悪い:302(21%)] / プロバイダ: 10658 ホスト:10523 ブラウザ: 8916
いい意味での荒唐無稽さや、凶悪犯相手に繰り広げる文字通りの「バトル」がもたらすカタルシスなども含め、個人的には刑事ドラマというよりも特撮ヒーローの延長線上にある作品と割り切って観てましたね。マシンXなどの特殊車両の存在なんかはモロにヒーローもののノリですしw

全国縦断ロケや殉職回といったイベント話に代表されるド派手なビジュアルのインパクトが強烈すぎる反面、それら以外の通常エピソードで印象に残っているものが極端に少なかったという、「ドラマ」としては致命的な弱点を抱えていた事もあって個人的にはあまり思い入れが無いのですが、全編通じて勢いとノリでぶっちぎった本作が一定の世代に根強い支持を得ているというのも頷けます。
反面、後年の石原プロモーション作品は本作のテイストを何処まで継承し、かつ脱却するかという問題に直面し、迷走を繰り返す事になる訳ですが…。

納得出来なかった事として生意気ながらも可愛げのあった大門妹(漫画家)が、『PARTⅡ』以降は地味で拙い演技の大門妹(保母さん)に変更になったのは何気にデカいマイナス要素でした。女優の都合とはいえ、刑事ドラマにパラレル設定を導入するのは流石に勘弁して欲しいです。

2012/04/14 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 34218 ホスト:34327 ブラウザ: 5345
【良い点】
個性あふれる登場人物
それを演じる名役者達
大門団長の最期のセリフ
名エピソードが多い
【悪い点】
なし
【総合評価】
刑事ドラマの真骨頂!!

最高で

2012/01/08 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(50%) 普通:2(33%) 悪い:1(17%)] / プロバイダ: 25700 ホスト:25873 ブラウザ: 7310
【良い点】
どのシーンもかっこいい

【悪い点】
ないです!

【総合評価】

最近の変なドラマより面白かったです。評価は良いで。

2009/02/03 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:70(66%) 普通:17(16%) 悪い:19(18%)] / プロバイダ: 2442 ホスト:2328 ブラウザ: 4926
【良い点】登場人物(パート1)、車(パート2と3)が最高。
寺尾聡さんの渋さ、刈谷俊介さんの漢臭さ、庄司永健さんの癒し、前期スカイラインRSの存在は特に光ってます。

【悪い点】パート2以降の配役は好感が持てませんでした。
今となっては稀少なセドリック等が爆破されたり、クラッシュで潰されるのはもったいないです(笑)

【総合評価】これ以上の刑事ドラマはまず有り得ないでしょう。また再放送して欲しいです。
特にパート1のリキ殉職の話で大泣きしました。

2007/07/02 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:52(62%) 普通:14(17%) 悪い:18(21%)] / プロバイダ: 2636 ホスト:2736 ブラウザ: 3874
戦車が出てきた。度肝抜かれました・・・ 舘さんがかっこよっかった

[推薦数:1] 2007/06/20 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:61(46%) 普通:46(35%) 悪い:25(19%)] / プロバイダ: 14103 ホスト:14416 ブラウザ: 5234
いつぞや再放送されていたのを見ましたが、車だろうが建造物だろうが爆破しまくりの展開に圧倒された記憶があります。この頃のドラマってのはこんなに元気だったんですね!今じゃ改造車で走っちゃアカンとかいう理由で仮面ライダーのバイクもCGで済まさなきゃならないとか言われてる時代です。

内容は…これはもう警察と言うより軍隊ですね。やるかやられるかの世界。悪に敢然と立ち向かう姿勢は十二分に伝わってきます!質問の数より飛んでくるゲンコツの数のほうがはるかに多い取調べシーンは思わず悪役に感情移入しちゃいましたよ。ドラマを通じてのメッセージはさしずめ「石原軍団による男賛歌」ってとこでしょうか。男なら戦って死ねと言わんばかりの展開です。

勧善懲悪の分かりやすい活劇なのでストーリーには見るべきところはないけど、ドラマ作りのバイタリティだけは見習いたいものです。なお、だいぶ前にスペシャルドラマで復活してましたが爆薬も車も当時のものとは比較にならず、一言で言うとチンケでした。

[推薦数:1] 2007/06/18 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:399(95%) 普通:11(3%) 悪い:12(3%)] / プロバイダ: 18003 ホスト:17728 ブラウザ: 4620(携帯)
西部警察は従来の刑事ドラマよりもアクションが派手なためにドラマの方は薄っぺらいというイメージを持たれがちですが、大門軍団の歴代刑事達が殉職する話は「太陽にほえろ!」の殉職シーンほど注目はされなくとも、結構泣ける話はあったと思います。

特にPARTⅡ〜Ⅲで三浦友和さんが演じた沖田刑事は、過去に事件で腰に受けた銃弾の古傷が原因で余命半年、もしくは1年と初登場時から宣告されていたため、1年後のPARTⅢではその病状が悪化し、余命最期の前日に事件を解決した後、その翌日に辞表を出して吹雪の雪山に沖田刑事が消えていくシーンは切なすぎて泣けるほどでした。

それ以外の刑事ではリキこと松田刑事の殉職も、大門達に爆弾が仕掛けられている事を教えた直後に犯人に蜂の巣状態で銃撃されて殉職していましたが、リキが殉職した後の大門軍団の刑事達の反応を見ているとやはりこちらも悲しい最期でした(最終回では大門も同様に壮絶な死を遂げてしまいましたが)。

それでもアクション面に関しては言うまでもないほどの内容でしたが、犯人との銃撃戦や素手での格闘は凄かったのと、建物や車両の爆発やカースタントなどに至ってはハリウッド映画にも対抗出来そうなほどの迫力だと感じました。

こういった勧善懲悪物の刑事ドラマは規制の厳しい今の時代ではなかなか放送されませんが、いずれは連ドラでも見てみたいです。

評価はもちろん「最高!」で。

2006/11/22 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:63(52%) 普通:23(19%) 悪い:34(28%)] / プロバイダ: 49279 ホスト:49183 ブラウザ: 5234
好き嫌いで言えば、まんざら嫌いでもないこの作品ですが、決していい作品だとは思いません。

何故か壊れると必ず爆発するパトカー、無闇に数だけは多いパトカー、常識的に考えておかしすぎるほどの超凶悪犯の多さ・・・。インパクトは強烈ですね・・・。ストレス発散にはなります。

確かに、この作品の最大の欠点は、作品を通して何ら観る者に伝えるものがないということでしょう。そしてそれは明白です。しかし、これはあえてそのような方法を取ったという側面もあるようです。すなわち、犯人が思想を持つと西部警察はそれを取り締まる思想警察になってしまうため、故意にそういう部分を排除していたとのことだとか。しかし私は、それは極端すぎると思います。別に政治的思想を持つ者だけが凶悪犯罪を起こすわけではないし(というかそのような事例はほとんどない)、刑事犯罪を起こすに至った犯人の動機、理由までも思想として扱うのだとすればもはや話にならないです。それはただ、爆発系アクションを撮りたいがための石原プロの言いがかりでしょう。

とはいえ、何の考えもなしに見る分につけては、派手な爆発も、華があってまんざらでもありません。

[推薦数:1] 2006/08/31 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2764(60%) 普通:775(17%) 悪い:1082(23%)] / プロバイダ: 14816 ホスト:14877 ブラウザ: 5234
作品を通して視聴者に強く何かを訴える事は無く、
派手な銃撃戦も娯楽性で香港映画に大きく負ける。

制作者の独善的な姿勢が鼻について自分には受け付けませんでした。

もっと読む

「人間模様を描こうとした刑事モノから、アクションや格好付けに走る刑事モノへの転換期が、この西部警察あた...」 by たお


次のページを読む

この評価板に投稿する



2018/02/17 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 19667 ホスト:19744 ブラウザ: 11311 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/友情/面白い/格好良い/怖い/びっくり/考えさせられた/勉強になった/勇気貰った/道徳心&モラル 
ストーリー悪い(-1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像最高(+3 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. 意外というか意外じゃないというか by ミルナ-
西部警察」OPと「ガルパン」の動画が割と嵌ってる。登場キャラは正反対だけどねw 厳つい野郎キャラとアニメの可愛い女子キャラ。
記事日時:2018/08/07 [表示省略記事有(読む)]
2. 俳優::石原裕次郎30周忌に寄せて by 無限堂
... いましたが、映画産業の斜陽化に伴い、テレビに活躍の舞台が移り、東宝製作・太陽にほえろ!のボスこと藤堂係長を始め倉本聰原作・石原プロモーション製作の大都会では倉本氏が原作だった無印は新聞記者を、石原プロ完全オリジナルとなった2&3では病院の医師を演じ、渡哲也さん演じる黒岩部長刑事を陰で支え、昭和50年代の名作・西部警察では渡哲也 ...
記事日時:2017/07/27
3. ハッカドール 感想#11 by エスパー
... !」◆ ★★★★☆ 「声優警察? あれだろ? 専門家めいた奴が細かい所まで揚げ足取りするやつ。 艦これアニメの弓道警察からナントカ警察とかいうあほくさいの出てきたよな。 そもそも声優の警察って一体なんなんだそれは。プロでないやつが指導とか片腹痛いゾ」 と思っておりましたが正確には西部警察を詰って声優 ...
記事日時:2015/12/13
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ