[ドラマ]女王の教室: 2019/01/20 うりこ


じょうおうのきょうしつ / Queen classroom
  • 考えさせられた
  • 怖い
  • びっくり
  • 悲しい
  • 道徳心&モラル
RSS
ドラマ総合点=平均点x評価数2,509位2,514作品中総合点-91 / 偏差値-14.62
ドラマ平均点229位293作品中平均点-0.72=悪い/126評価
2005年ドラマ総合点73位73作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
[推薦数:1] 2019/01/20 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:23(74%) 普通:2(6%) 悪い:6(19%)] / プロバイダ: 983 ホスト:718 ブラウザ: 9177
【良い点】
・自分がずっと思っていたことがテーマになっていたこと
子供の自殺の報道を見るにつけ、苦境に立たされても解決策として自殺を選ばない胆力を身に付けさせる教育はできないものだろうかとずっと思っていた。
このドラマのテーマは私が思っていたことにかっちりはまっていて興味深かった。
大人になっても現実は理不尽なことだらけ。
それに立ち向かうための教育という着眼点は今まで見たことなかったので私にとってはかゆいところに手の届く内容で非常に楽しめました。

・ED
本編の雰囲気とはかけ離れた明るいダンスが良かった。
天海祐希は当然宝塚でダンスもやっていたんでしょうがハツラツと踊っていましたね。

【悪い点】
・真矢の有能ぶりが非現実的な点
こんな風に先生がいつでも生徒一人一人を見守っていて、いざというときには助けることができるなんてことは現実ではあり得ません。
ドラマとして見るには爽快感はありますが、実際の問題解決としては現実的ではないので
良いテーマを扱っているのにちょっとある種のファンタジーのようになっているのがもったいない気がする。

【総合評価】
良い点で書いたように私の思っていたことにガッチリテーマがはまっていたので大変興味深く、最初から最後まで短期間で一気に見ました。
昨今教育の現場では教師の暴力は一切アウトということになっています。
真矢がかつての赴任先で生徒にしたことが正解なのかどうなのか、今の社会はそれを議論することすら許されない。
そのわりに他者に暴力を奮った生徒への対処や処罰はどうするべきなのかという点においては曖昧になっていると思う。
クビを覚悟で生徒と本気で向き合った真矢のやり方は本当に悪いことなのか、いろいろと考えさせられる。
真矢のやり方がすべて正しいとは思わないが問題提起としては非常に良かったと思う。
教育の現場では知識の習得や学力の向上だけでなく、自分の頭で考える力、辛い現実と向き合う力、そういうものも身につけさせるべきだ改めて思わされた。
最後に「いい加減目覚めないさいよ」はインパクトのある面白い台詞で良かったです。あと夏帆が可愛かったw
ほかの方の評価が低いようで意外なのですが個人的にはかなり楽しめたので評価はとても良いで。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ