[ドラマ]向井荒太の動物日記 愛犬ロシナンテの災難


むかいあらたのどうぶつにっき あいけんろしなんてのさいなん / Mukai Arata no Doubutsu Nikki Aiken Roshinante no Sainan
RSS
ドラマ総合点=平均点x評価数94位2,440作品中総合点21 / 偏差値62.86
ドラマ平均点92位293作品中平均点1.24=良い/17評価
2001年ドラマ総合点4位44作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

サブタイトル
1 ペットホテル開業99匹大脱走!!
2 空飛ぶオウムが死んだ
3 猛牛大騒動!!命の誕生
脚本:吉田智子 福田卓郎 福田千津子
プロデュース:池田健司 中沢晋
チーフプロデューサー:佐藤敦
演出:大谷太郎 細野英延
日本 開始日:2001/01/13(土) / 終了日:2001/03/17
20,7812117
最近の閲覧数
3127111614
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2010/05/30 / 最終変更者:kunku / その他更新者: ELT / 提案者:猫玉 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/12/29 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3175(33%) 普通:3348(35%) 悪い:3128(32%)] / プロバイダ: 6908 ホスト:6505 ブラウザ: 8289
今や相方と違ってあまり見かけない印象がある(主に大阪で活動しているのだろうけど)ホンコン氏も
出ていましたが・・・・・・・・・・
ナレーションだけでなく、ロシナンテの声も担当していた故・細川俊之氏でしたが、イメージより
美声だったのでそこは笑えました。しかし、主人公とそのロシナンテが色々遭遇した災難とかは
思ったほどそうでもなかったです。ヒロインポジの安倍なつみ氏も、当時のモーニング娘の
中心メンバーだった事は否定しようのない事実ではありましたが、演技はそれほど上手いわけでも
なかったし。最終話は剛氏となつみ氏それぞれの仲間も数名以上ゲスト出演した等豪華で、
キンキの主題歌も数多い名曲の一つでしたが、まあキンキが出ていたドラマ、もっと良かったのも
いくつもあったし、評価は「普通」で。

2010/10/11 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 823 ホスト:861 ブラウザ: 6425
【良い点】
荒太の虚弱ぶり(ロシナンテにも引っ張られてしまうというか引きずられてしまう)
荒太とロシナンテの出会い。
ロシナンテがナレーションをするため犬の目線で物語が進行して面白い。
先生たちや、生徒たちのドタバタ。(ほんこんが凄い!)
樹木さん扮する保健婦さん(この人は面白い!)
最終回の荒太とロシナンテの一人と一匹の静かなシーン。
たまに差し込まれるアニメ(全部ロシナンテ)
寮の人達。
ヒロイン
ロシナンテの中の人と(しかも着ぐるみ姿!)荒太役の堂本剛のEDの掛け合い。

【悪い点】
どんなに頑張っても助けられない動物と向かい合い悩む荒太。
犬の解剖をしなくてはならないのだが荒太は快く思わず、犬を放そうとするのですが犬は手術室に行くのがコースと教え込まれているのでそれにショックを受けてしまいます。
旅行先のサル騒動で荒太が知った現実。
行方不明になった荒太を探しに行って大怪我を追ったロシナンテ。

【総合評価】
荒太は自分なりに動物たちやロシナンテに向かい合っているので偽善っぽさもちっとも感じることなく、いろいろ考えることが多いながらもひきつけられてみていました。
一時的なロシナンテとの別れがありましたが、彼が荒太のもとに戻ってきたとき何故か本気で泣いてしまいました。良いドラマでした。

2008/04/14 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:396(79%) 普通:63(12%) 悪い:45(9%)] / プロバイダ: 29382 ホスト:29405 ブラウザ: 7783(携帯)
動物のドクターになるために主人公荒太と犬のロシナンテの絆を描いた作品でしたが毎回毎回いい感じで話が展開していくので毎週楽しみに見れました。

内容も人間と動物というテーマでしたが考えさせられる内容も多くシリアスな話も多かったですが主人公の荒太の性格やキャラクターが面白く安心して見れました。

評価はとても良いで。

2006/05/19 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:14(54%) 普通:5(19%) 悪い:7(27%)] / プロバイダ: 265 ホスト:251 ブラウザ: 5145
このドラマのロケ地地元からもとても近く、知っている場所が多く良く印象に残っています。
それだけに、いい場所でいいドラマチックな展開をして頂いて感謝しています。
今の動物界では、助かりそうで助からず、このドラマのような事が有り、とてもペットと人との絆をつよく考えさせられるいい話で構成されていると思います。
出演者もなかなか良かったです。この頃までの日テレのドラマは、好きでした。特にロシナンテがいい味出してました。

2005/11/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:155(88%) 普通:13(7%) 悪い:9(5%)] / プロバイダ: 51803 ホスト:51824 ブラウザ: 5237
動物モノテーマのドラマで好きな部類でした。
見てた頃は特に説教臭さも感じなかったので気楽に見てました。

自分的に印象に残ったのは人里に慣れた猿が最後には死んでしまう話。
いつもぽや〜んとしてる荒太の台詞が考えさせられるものだったと思います。
主題歌も気に入りましたw

2005/11/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:160(56%) 普通:36(13%) 悪い:88(31%)] / プロバイダ: 37856 ホスト:37921 ブラウザ: 3874
人間のペットに対する意識みたいなモンをテーマにしてるせいか多少説教臭さも感じるが、減点にするほどでもない。
しっかし細川氏のロシナンテのナレーションは笑ったなァ〜。ちょっと嵌まり過ぎだよアレは・・・・。
問題があったとすれば安倍なつみをヒロイン役にしたことか。ミスキャストだよな、どー見ても。「ボクの背中には羽根がある」は確かに名曲。

2005/08/07 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 12160 ホスト:12114 ブラウザ: 5234
すばらしい!の一言につきます。5話以降くらいから出てくる荒太の涙の訴え、一言一言がズシッときました。動物をただ可愛がるのは時として残酷であること、命の尊さ、そしてその尊い命を救う為、又犠牲になる命があること、大切な事を沢山教えてくれました。7歳の娘が、隣で号泣しているのを見た時、本当に見てよかった、また、現代の子供たちに一人でも多く見てもらいたい、と心からおもいました。最後に、あの荒太の優しさ、あたたかさ、ポエ〜ンとしているようで、でも、しっかりとした芯の強さをあそこまで表現しきった堂本剛クンにアッパレ!!

2005/06/09 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:787(45%) 普通:474(27%) 悪い:488(28%)] / プロバイダ: 23322 ホスト:23228 ブラウザ: 4487
この時間帯のドラマにしてはけっこういい出来だった。北村総一郎と
根津甚八の教師陣やロシナンテの声を当てていた細川俊之なんかは格
別だった。安倍なつみは存在意義は皆無だったが。

しかし実はけっこう動物絡みできつい話が多かったし考えさせる話も
多かったが、もう一度みたいとは思わせない作品だった記憶がある。
やはりキツさが記憶に残るからか(そのキツ派がこの作品の味であり
重要な構成要素であるので否定する気はさらさらないが)。子犬の生
体解剖の話は流石にショッキングだった…。

堂本剛の演技は…安倍なつみよりはマシかもしれないが、どうも肯定
できないような…。

2004/12/10 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:145(67%) 普通:25(12%) 悪い:47(22%)] / プロバイダ: 1262 ホスト:892 ブラウザ: 4925
自分の中で一番考えさせられ、そして泣いたのが、サルの話。
下手に餌付けされてしまった野生のサルが人里に降りてきてしまうようになり、
頭の固い猟師達が駆除しようといきり立つ・・・荒太達は急いで可愛がっていた小ザルの「すず」を
探しにいくのだが、無情にも響く銃声・・・荒太が駆けつけるとそこにはお腹から血を
流すすずの姿が・・・そして息を引き取るすずを抱きしめ荒太が言ったセリフ

『被害者はだれなんだ』

う〜ん考えさせられますね。というかこの時涙ボロボロで考えられなかったんですが(見られない様に
家族から隠れてたし)・・・
元はと言えば、人間が餌付けをしてしまったために起こった問題。
だが、サル達を放っておくと里は荒れ放題に・・・そのためには「駆除」しかないのか・・・と。
何とか自分なりに方法を考えてみたのですが、思いつきません・・・
どこかの国がやってた「他の住処へ放す」という方法も莫大な資金がかかるし・・・
今もたまに考える事がありますが、やっぱり思いつきません。
この時は自分の無力さに腹が立ってしまいました。人間のせいなのにどうして犠牲になるのが動物達なんだろう・・・

ところで、最近ニュースでサルに迷惑する村の特集やってたんですが、その村では
サルを観光名物にしようと餌付けをし、飼いならしたまではよかったのだが、
資金の問題もあり、途中で餌付けを怠ってしまったために、野生化してしまった。
そして里に降りてくるようになり、人間にも危害を加えるようになってしまった。
そこでも出された結論は「駆除」。若いサルを中心ということ・・・・
(僕もそういう野生動物がいる観光地行った事があるんですが、餌をやるなという警告が足りないと思い
ます。)普通に観光客餌やってるし。「少しくらいならいいや」とでも思ってんでしょうか?

人間の動物、自然界に対しての、考えの浅はかさが生んだ過ち・・・
自然界と触れ合い、生きていくには、それなりの覚悟、そして知識が必要だと言うことを心に留めておこう。
このドラマのお話、そしてこのニュースを見て思いました。

駄文失礼しました。

2004/12/06 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:493(71%) 普通:140(20%) 悪い:60(9%)] / プロバイダ: 4969 ホスト:4869 ブラウザ: 3646
ペットの癒しといえば、2話目の話はペットロスのおばさんの話でしたね、
ペットのオウムを可愛がっていて・・、荒太がオウムを籠から出したら外へ
飛び去って・・、オウムはカラスに食われてその一生を終えるけれど、オウ
ムはおばさんの事を愛してるって言ったのが最後の言葉で、食われたけど大
空を羽ばたけたのは幸せだったんじゃないかという・・。
ペットは飼い主を愛していたし、飼い主もペットを愛していたけれど、同時
にペットの方は大空を羽ばたきたいと思っていたという・・。
放さなければオウムは死なずに済んだけれど、籠の中で大空を知らずに一生
を過ごしただろうという・・。
考えてみれば、このオウムは死んだけれど不幸ではなかったのかもしれない
と・・。
誰が悪いって訳じゃないけれど考えないといけない事を語っていた作品だと
思うんですが。

2004/12/06 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:111(70%) 普通:16(10%) 悪い:32(20%)] / プロバイダ: 4603 ホスト:4652 ブラウザ: 4483
EDで剛くんと細川さんとのやり取りが結構面白かったです。
まさか細川さんがああいう役を引き受けるとは思わなかったので意外性がありました。
本編ではロシナンテがペットの気持ちを代弁しているかのようなナレーションや、人間とペットとの関係を諷刺していると思われる話など、いろいろ考えさせられるドラマだったと思います。
ただ、見ていてどうしても辛くなることが多かったですね。
人間の身勝手によって犠牲になる動物たちの描写が多かったので…
主人公・荒太のたどたどしい喋り方や、優しいけれど何処か抜けている様な性格など、最初は違和感がありましたが、見ているうちにほのぼのとした雰囲気が出てきたので、キャラ作りは上手く行っていたと思います。
だけどそのほのぼの感によって尚更動物たちが犠牲になるシーンの辛さが際立ってしまうんですよね。
命の尊さや、人間の勝手によって動物たちが苦しめられている現実は確かにあるということを考える材料としては良いかもしれませんが、「可愛いペットに癒されたい」人には向いてないかも…見た後でもっと苦しくなりそうだから。

2004/12/02 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:493(71%) 普通:140(20%) 悪い:60(9%)] / プロバイダ: 4969 ホスト:4674 ブラウザ: 3646
感動云々以前に合う合わないという点がある作品だと思うんですが。
感情移入していたキャラが動物とはいえ必ず死ぬ作品ですから。
まあ、途中から見てたんですがよもや主人公が世話した牛が献体解剖
されるとは夢にも思わなかったし。
以来、欠かさず見て再放送で録画したんですが・・。

2004/12/01 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:56(43%) 普通:19(15%) 悪い:54(42%)] / プロバイダ: 11528 ホスト:11402 ブラウザ: 3875
話は言われてる程感動しませんでした。
というか話の内容のどうこうより堂本が演じてる主人公のキャラがウザすぎ。
見ててイライラする。

2004/12/01 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:94(48%) 普通:90(46%) 悪い:13(7%)] / プロバイダ: 18753 ホスト:18503 ブラウザ: 4184
剛君がやっていたキャラが好きで(のほほんとしてるのが)毎週見てました。
どの回だったかは忘れてしまいましたが、荒太とロシナンテが、頑張ってトラックを
引く姿にはとても感動を覚えました。
あとEDでの剛君と細川さんのやりとりがいつもても面白かったです。

2004/11/26 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:144(81%) 普通:9(5%) 悪い:25(14%)] / プロバイダ: 33118 ホスト:33031 ブラウザ: 4184
荒太が「チビ」って名づけたビーグルの話で、めっちゃ泣いたのを思い出しました。
僕らの知らない所で、あんな一生を送る動物達がいるんですね…。切ないです。
人と動物の繋がりって大切なんだなぁと思わせられるドラマでした。
能天気な主人公に、時々ツッコミを入れるロシナンテが可愛かったなぁ。

それにしても、この主人公…ホントにいい人だな。(何も考えてないだけ?)
保健所に連れてかれそうな犬を見て、「それ、僕の犬です」なんて普通の人には絶対言えないだろうな…。

もっと読む

「はじめはとても面白く見ていられました。結構ほのぼのしていましたし。ただ子犬が検体解剖されるという回か...」 by 若鶏カレー


次のページを読む

この評価板に投稿する





作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ