[ドラマ]月の恋人〜Moon Lovers〜


つきのこいびと / Moon Lovers
RSS
ドラマ総合点=平均点x評価数2,328位2,430作品中総合点-9 / 偏差値42.31
2010年ドラマ総合点98位100作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定0.00(普通)1
映像0.00(普通)1
音楽0.00(普通)1
声優・俳優0.00(普通)1
ストーリー-1.00(悪い)1
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
涙流した0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

こだわりを大切にする家具店から始め続々と店舗数を増やし、今や葉月蓮介率いるインテリア専門メーカーは国内No.1シェアの大手家具会社にも迫ろうという勢いだ。順風満帆だったはずの彼の前途にいくつかの問題が発生する。時を同じくしてある中国人女性と出会い、そのころから彼の人生は大きく揺さぶられ始める。葉月蓮介と同窓生で以来ずっと共に仕事をしてきた男勝りなインテリアデザイナー二宮真絵美。資産家の娘にして容姿端麗で人気モデルというすべてを手にしている女、大貫柚月はさまざまな自分の欲求を満たすために葉月蓮介にねらいを定めていた。

葉月蓮介を中心に全く違う場で生きていたはずの3人の女性との間に愛が交錯し始めるのだった。
プロデューサー:後藤博幸村瀬 健
演出:西谷 弘

[キャスト]
日本 開始日:2010/05/10(月) 21:00- フジテレビ
公式サイト
1. http://www.fujitv.co.jp/getsukoi/index.html
6,09344
最近の閲覧数
3011000000
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2010/05/09 / 最終変更者:管理人さん / 提案者:管理人さん (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2015/02/14 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3144(33%) 普通:3316(35%) 悪い:3090(32%)] / プロバイダ: 3970 ホスト:3880 ブラウザ: 7899
藤木直人氏等と共演されていた某ドラマもそうでしたが、「キムタク、今度は一味
違った役柄で新境地開拓か?」と思わせるものも前半はいくつかありました。
しかし、結局はほぼ予想通りの展開にもなってしまった凡作でしたね。

俳優陣の演技は全体的には決して悪くありませんでした。基本ポジティブだけど、
どこかつかみどころもない好演を披露された篠原涼子氏や、適度のテンションの
高さで一定以上の存在感を見せたのは流石な竹中直人氏、そして頼りないけど、
親近感も持てた名個性派の温水洋一氏とかは特に良かったと思います。

しかし、概して脚本がパワー不足で、そんな俳優陣の足を引っ張っていたのが
歯がゆかったと言うか。かっての蓮介(キムタク)同様自分の地位や会社の利益とかの
為には手段を選ばなかったが、彼の恋敵としてもビジネスのライバルとしても今一つ
中途半端だった風見(松田弟)、その会社を乗っ取っていた風見ともグルになっていた
けど、やはりキレ者っぷりよりも娘の我儘に振り回された面の方がどちらかと言えば
印象に残った大貫(長塚京三氏)、人気カリスマモデルだったかと思えば、仕事減少で
転落しかかっていた彼の娘、柚月(北川景子氏)、二宮(篠原涼子氏)のアシスタント
だったが、巨人時代の広沢克己氏(名前を蓮介に覚えてもらえない)みたいでもあった
前原(濱田岳氏)ETC・・・・・・・・・と配役俳優の演技とかみ合ってない中途半端
な役柄も目立ちました。彼らも脚本次第ではもっと面白く活かせていたはずです。

中途半端と言えば、会社乗っ取り劇にも風見ら同様関わっていた、二宮・柚月と
並ぶヒロインだった中国人・シュウメイの友人、ミンも食わせ者でしたが、シュウメイ
も一度こいつの顔をビンタでもしてやれば良かったのにとも思いましたね。そして
終盤は椅子のデザイン等のセンスを蓮介と風見が競う事になりましたが、蓮介が
ヒロイン達の間でウロウロしていたような、何だか煮えきらなさも残った面も
ありました。確かにあの椅子のデザインは彼女達の中でも付き合いが長かった
二宮と、解任された後一緒になった事とかがきっかけだった心境の変化を表して
いて、実際こういう椅子があったら買って家なり職場なりで使ってみたいなあとも
思えましたが、イマイチ説得力に欠けたのも否めなかったでしょう。

その他久保田利伸氏担当のED曲も普通に良曲だったし、キムタク主演ドラマとしては
ワーストクラスの低視聴率に沈みながらも、そこまで酷くなかったとも思いますが、
「高価な玩具を次々と買い与えられたのは良いが、その使い方を100パー理解しない
まま片づけちゃった子供みたいなドラマ」だったかもしれません。勿体なかった
ですね。評価は「悪い」寄りの「普通」で。

2010/07/06 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:268(51%) 普通:86(17%) 悪い:167(32%)] / プロバイダ: 5877 ホスト:5727 ブラウザ: 9739
最終回を見て、怒りを通り越して笑ってしまいました。

【良い点】

主題歌とロケ地風景。

【悪い点】

恋愛ドラマなのに、主人公の心理が意味不明な点。
元々、私は恋愛ドラマが好きではなくて、この話でも恋愛物のお約束がごとく仕事より恋愛重視の描き方でした。
・・・が、その恋愛パートでも、主人公が何を考えているかわかりませんでした。
社長の座を追われて、昔馴染みのデザイナーのところに転がり込んでみたり。
デザイナーに「お前に甘えてた」と言って出て行ったかと思うと、社長令嬢に「作業場あるだろ、別荘貸してくれ」と言ってみたり
(令嬢には『あたしが必要なんじゃなくて、別荘使いたかっただけなんだ』と言われる・・・けど使う)。
コンペやることになったら、「甘えてた」発言がなかったかのようにデザイナーに助け求めたり。
その作業は当然、全部令嬢の別荘で行ったり。
みんながいない間に別荘内で元恋人のモデルとセツナイドラマを展開したり(デザイナーは雨の中外に席を外すし)。
令嬢が戻ってきて「モデルのにおいがする」と窓を開けようとすると、我が物顔で「開けないでくれ」と言ったり(誰の家だと)。
デザイナーの告白を受けてもモデルに会いに空港に行き、数日後にデザイナーの前に現れて「そばにいろ」と言ったり(早!)。
・・・何を考えているのだかさっぱりわかりません。
好き嫌い以前に(いや、不誠実に感じるから嫌いなんですが)、理解不能。
まだ、序盤の「成功のために手段を選ばない」方がキャラとしてわかります。

【総合評価】

キムタクは好きじゃないし、演技も上手くないと思います。
篠原涼子さんは好きですけど、今回は役と台詞回しが、ちょっと合っていなかったように思います。
北川景子は苦手だし、役のキャラも好きになれなかったですし。
リン・チーリンは美人だけどキムタク相手にはデカ過ぎるし、小柄で演技の上手い女優さんが中国には他にもっといるだろうと思いました。
松田翔太は頑張っていたけれど、篠原涼子さん演じる真絵美に好意を持ち、キムタクのライバル役をするには若過ぎる。
・・・などの諸々が些細なことに思えるほどに、脚本が酷すぎました。
過去のいわゆる「キムタクドラマ」と比較しても、主人公のぶれない強さってものが全く感じられません。
評価は「最悪」。

・・・ライバルの風見が乗っ取りの悪役みたいに描かれているけど、主人公の方が何だかなぁ・・・。

2010/07/06 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 29382 ホスト:29391 ブラウザ: 7765(携帯)
何だかなぁ…。

【良い点】
・役者
・主題歌
【悪い点】
・脚本
・演出
・雰囲気

【感想】
詰まらなかったなぁ…よく全話見たと自分で思う。
恋愛モノ自体詰まらないのだが、「キムタクの恋愛モノ」は倍詰まらない。
特にこの作品は詰まらなかった。
「華麗なる一族」や「武士の一分」で素晴らしい演技を見せた木村拓哉さんに、過去の作品と似た様な恋愛モノ、役をやらせた製作者の気が知れない。
視聴率狙いだろうか。
内容がもう薄っぺらで、正直吐き気がした。
まあ、「何を伝えたいのか解らない」と言う、恋愛モノのベタに染まっていた事を考えると、この作品は純粋な恋愛モノなのかも知れないが、だからこそ詰まらない。
そして主演はキムタク……。
評価は【最悪】。

2010/06/10 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:106(43%) 普通:14(6%) 悪い:124(51%)] / プロバイダ: 19697 ホスト:19730 ブラウザ: 12273
一言でいえば『視聴者を舐めるな』これに尽きます。

設定も「社長が貧乏人と恋に落ちる」というのはオードリー・ヘップバーンやジャッキー・チェンが主演の映画であったし、現在では小学校低学年でも思いつくレベルの内容。この時点で、完全に脚本の手抜き感がプンプン感じます。

こんな有りがちシナリオの所為で折角の現在が旬の上海でロケを行う必要性が全く皆無ですし、社長という設定を生かし切れているかといえば答えはNo。
忙しいはずの社長のくせにプライベートのシーンばかりを見せられるし、ヒロインの3人の女との「無駄な」絡みが多すぎる所為でリアリティが全く伝わってこない。
ヒロインの一人のモデルの社長令嬢が「まんまステレオタイプのわがままお嬢様」で典型的な「嫌われキャラ」ときているのもやっちまったなーという感じが強いです。

キムタク、上海ロケという話題性だけでドラマ制作をしている感は拭えないですし、脇を固めている役者も「無駄に豪華」という悪循環・・・。

この作品に大々的なテーマや視聴者に訴えたいことが在ればまだ救いはあるのですが、
ただの餌捲きドラマにそんなものはあるはずもないですし、多くの良識ある視聴者もそれを理解しているということも視聴率が物語っています。
(第1話の22.4%を記録するも第2話では19.2、第3話では15.6%まで下落)

キムタク云々よりもこのドラマを担当した脚本は
「自分が思ったストーリーを役者に演じさせる」のではなく、
「キムタクによるキムタクの為のストーリー」を作ってしまったことが問題であり、完全にキムタクに媚びていることがはっきりとわかるドラマでした。

まだ放送中ですが、ドラマとしても作品としても評価する基準にすら達していない作品であると確信しています。
少なくともこの作品に携わった脚本家は2度とドラマ製作に関わらないで欲しい。

この評価板に投稿する



2015/02/14 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 3970 ホスト:3880 ブラウザ: 7899 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー悪い(-1 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

1. 友情実話伝説-Part2〓陣兵専学生活編〓-第791話(1441話)「ビジュアル表現-その5〜6…〓プレ卒業制作〓[その22]-」 by 陣兵
... 、1274、1288、1304、1382、1384、1392、1395、1402、1406、1411、1414、1421〜1422話参照)指示もと、「 プレ卒業制作 」をした。 終了カットは 122枚中/27枚 、残り 95枚 。 授業中、昨日( "10年5月10日 )から始まった 木村拓哉さん主演 新月9ドラマ「 恋人Moon Lovers ...
記事日時:2011/09/15 [表示省略記事有(読む)]
2. 2010年ドラマ視聴率ランキング by かなめ
... ・「ハンチョウ」、「科捜研女」などシリーズドラマは対象内 ・深夜枠はテレ朝もののみ対象内 にします。それを踏まえた上でどうぞ。 色分けはテレビ局ごとに分けてあります。 *1 17.57 臨場(4月期) *2 17.05 フリーター、家を買う。(10月期) *3 16.76 恋人Moon Lovers ...
記事日時:2010/12/24 [表示省略記事有(読む)]
3. 2010年春ドラマ整備完了(まだ開始日不明2作品以外) by 管理人さん
... 完了しました。 PC版リスト 携帯版リスト なお、4月に開始するという情報は発表されていますが、その日付がまだ不明2作品 警視庁失踪人捜査課 http://shissou.asahi.co.jp/ 女帝 薫子 http://www.tv-asahi.co.jp/jotei-kaoruko/ 恋人Moon Lovers〜 は登録されていません。 ...
記事日時:2010/03/22

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ