[ドラマ]ロングラブレター〜漂流教室〜


ろんぐらぶれたーひょうりゅうきょうしつ / LONG LOVRLETTER Hyoryu Kyoshitsu
RSS
ドラマ総合点=平均点x評価数175位2,498作品中総合点13 / 偏差値57.42
ドラマ平均点142位295作品中平均点0.72=良い/18評価
2002年ドラマ総合点10位54作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
放送:フジテレビ系列、毎週水曜21時(第一回と最終回のみ69分に拡大)
原作:楳図かずお【漂流教室】
脚本:大森美香
演出:水田成英:武内英樹:木村達昭
日本 開始日:2002/01/09(水) / 終了日:2002/03/20
24,4041818
最近の閲覧数
3621415820
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/05/03 / 最終変更者:kunku / 提案者:羽幌炭鉱 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/10/22 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:16(84%) 普通:0(0%) 悪い:3(16%)] / プロバイダ: 4405 ホスト:4425 ブラウザ: 9135
【良い点】
だいぶ、忘れてしまいましたが、面白かったです。窪塚君、山p、常盤さんは、よく覚えてる・・・とても、不思議な話で、いつ助かるのかな、助かんないのかなと思いながら見ていました。

【悪い点】

無し
【総合評価】
面白い・・・よい

2011/04/07 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:376(36%) 普通:206(20%) 悪い:474(45%)] / プロバイダ: 15735 ホスト:15615 ブラウザ: 3465(携帯)
【良い点】
・常盤演ずる女教師。絶望的な状況の中でも希望を信じて頑張る姿勢に好感が持てた。
・主題歌。明るい中にもどこか切なさを感じさせる曲調がgoo。
・スリリングな展開ばかりで飽きが来ない。
・関谷。場にそぐわないキャラクターが逆に良かった(笑)テーマ暗めだし…
【悪い点】
・ラスト。「この時代で生きてゆこう」という窪塚の悲しい決意と共に彼らは永久に未来に取り残される。元々彼らは荒廃した未来を変えるために現代から送られた「種」な訳で、そう考えるとこの結末は妥当と言えるでしょうが…自分だったら絶対嫌だ。飢えや暴力以前に退屈で死ぬ(苦笑)
・裏切り、暴力、強欲といった人間の負の部分。
・頼れる人ばかりが死んでいく。
・バラ珍の音楽を乱用しすぎ。
【総合評価】
悲しいけど良いお話でした。評価は「良い」で!

2010/07/01 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 4153 ホスト:4101 ブラウザ: 5718
あの漫画をドラマ化するぐらいだからと思っていたら意外とライトで見ることが出来ました。
変更点:主人公が「浅見」という新米教師と花屋さん。(この時点で高松君脇役です、高校生になってしまったし)
頭が良かった優等生が中学校のおさげの女の子になっていた。
関谷も女教師(ただしかなり無責任でいい加減で、おかしい!しかし作者は「女関谷いいねぇ」と気に入っていたそうです)
原作では出てきた「ユウちゃん」(原作唯一の生還者)は無し!
大友がまともだった。
あゆみをかくまっていた人間がいた(原作と違って人類がまだほんの少し生き残っていた)
関谷の首を原作では次元と切り離された殺人鬼の手が絞めたが、ドラマでは現代のほうのクラスメイトの女のこの手が偶然に次元の穴に繋がっていて知らずに絞めてしまった。
しかし悲しいことも、原作どうりに仲間が災害やいろんなアクシデントで死んで行く中とうとうヒロインの花屋さんまで。未来人をにらみつける浅見が悲しそうでした。
何故かあゆみと大友の距離が近づくし、最終的にはタイムパラドックスを利用して過去に未来から手紙を贈りこの事態を無くす事にしますが、カプセルが途中で壊れ手紙はバラバラに、しかし手紙の紙片に気がついた過去の浅見がヒロインに本当の自分の気持ちを打ち明けたので未来が変わったようです、それはED後の砂漠が一気に緑の草原になったことでも明らか、あの手紙こそが「ロングラブレター」だったんですね。
花屋のヒロインを慕うおすし屋さんや、高松君の恋人が携帯を何度もかけるなど切ないシーンも(高松君も彼女に何度も通じると信じてかけていた)。
山下達郎さんの主題歌も明るい感じでよかったです。原作よりこっちのほうが好きですね。

2009/11/03 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:494(44%) 普通:197(18%) 悪い:428(38%)] / プロバイダ: 7763 ホスト:7450 ブラウザ: 8718
絶望の淵に立たされた人たちの心理描写などがよく出ていた
いろいろもがいた結果、最後はここから変えていこうと決意して終了

良かったと思うけど、その後が気になる

2009/09/24 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 16585 ホスト:16472 ブラウザ: 10315
このドラマは、「漂流教室」という漫画が原作らしいが読んではいない。

まず、いつも通りの日常が始まる。最初は単なる平凡学園物だが、突然学校があとかもなく消え、生徒と教師数人が行方不明(死亡)ということになったが。彼らは、未来にタイムスリップした。ドラえもんがいない、人類の手によって滅んだ世界に。

そこから、過酷なサバイバルが始まる。突然放り出された崩壊した未来というジャングルで。恋愛とは違う、愛と哀と恐ろしい本性がむき出しになる。さらに、化け物になった新人類に、汚染された水に裏切る仲間。人の本性や自然環境について訴えてくるドラマ。中々の良作だが、そこまで見たいと思う程でもない作品。

2008/10/27 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:442(63%) 普通:152(22%) 悪い:103(15%)] / プロバイダ: 2339 ホスト:2336 ブラウザ: 6342
これは、なかなかの衝撃作だと思います。

ある日突然学校ごと、分けの分からないところに飛ばされてしまう分けですが、
その中で、当然全体としての秩序は乱れるわけで、自分勝手にやってみたりいろいろするけれども、なんとかみんなまとまっていきます。

必死に帰る方法をさがしますが、その中でここは未来の世界だと言うことを知ります。

世界の崩壊を防ぐため、少年達送った一通の手紙。

なかなか面白かったです。

2008/09/07 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:376(77%) 普通:18(4%) 悪い:92(19%)] / プロバイダ: 6590 ホスト:6559 ブラウザ: 6342
有名な楳図作品の「漂流教室」をベースにした TVドラマ。
初回や最終回を拡張時間で放映したり、当時でも豪華なキャスト(現在ならさらに途方も無いですが)を揃えた点でもフジが気合入れていましたねぇ。
内容は原作とは赴きが異なり 設定のみでしょうか?超常的な存在などは居ませんが 極限状態における 醜い人間同士の争いなどは健在です。
そこで 信頼や愛情などを育むのは 正にテレビドラマらしい変更点ですね。常盤と窪塚の演技は 難のあるシナリオを上手く昇華出来るほどの熱演でした。
ただ 主題歌の山下達郎は 爽やか過ぎて主題とはかけ離れているような、、、シナリオも緊迫感や状況説明が少なく不満が多いですね、、、ラストも微妙。

評価は、、、、どうだろう、、、難しいですが「悪い」で。俳優陣の熱演は良いのですが、いかせんシナリオが中途半端。個人的評価ですが再放送は見ないでしょうね。

2008/03/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:9(82%) 普通:0(0%) 悪い:2(18%)] / プロバイダ: 22574 ホスト:22543 ブラウザ: 5234
今では絶対考えられないメンバーが揃ったドラマです。
窪塚洋介、常盤貴子がメインで、山下智久、山田孝之、妻夫木聡、水川あさみ、鈴木えみ、香里奈など考えられないですね。

話の内容も考えられない状況だけど、今の現状を考えさせられる感じの内容です。
ところどころいい事言ってるなぁっていうセリフがあったけれど、やっぱり緊迫感が全くなかったのが残念です。

評価は「良い」にしました。

2007/02/16 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:14(88%) 普通:1(6%) 悪い:1(6%)] / プロバイダ: 34156 ホスト:34069 ブラウザ: 4753(携帯)
ドラマの中ではかなり上位の作品だと思います。
まず、出演陣の方々がなかなかよかったと思います。
毎週この作品を見ては泣いていました。
ドラマでこれほど泣いた作品は最初で最後かもしれません。
最後はハッピーエンドとはいきませんでしたがかなりよかったです。
また、ドラマの主題歌である山下達郎さんのラブランド、アイランドも最高によかったです。

2006/12/17 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3324(33%) 普通:3510(35%) 悪い:3272(32%)] / プロバイダ: 8376 ホスト:8446 ブラウザ: 4184
あのSF作家楳図かずお氏の名作を現代風にアレンジしたドラマ版
でしたな。結構原作とは異なる点が多かったようで。
出演者は当時絶頂だった窪塚くんや常盤貴子氏のコンビの
周りに今では主役張っても全然おかしくない山田孝之くんや山下智久くん、
妻夫木聡氏等(まあ、最初の人は隠し子騒動で男を下げてしまったけど。)
結構豪華で、さほど悲壮感や緊迫感がなかったのも
彼らの配役による所も大きかったのかもしれませんな。

ラストは・・・・・・・・・・
ハッピーエンドとは言い難かったけど、「まあ、それもありですかな。」
というのが第一印象でしたかな。出演俳優陣には全体的にそれほどの
思い入れはないけど、山下達郎氏の主題歌は良かったと思います。
まあ、変更された設定とかはさほど気にはならなかったし、
駄作・凡作ではなかったけど、再放送された時にビデオ録音してでも
見てみたいかと問われれば、イエスとは言い難いので、評価は
「普通」ですかな。

2006/07/28 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:171(65%) 普通:29(11%) 悪い:62(24%)] / プロバイダ: 11456 ホスト:11739 ブラウザ: 6287
最初に「漂流教室」をやるって知った時、ホラー系かなあって思ったけど楳図さんのとは全然違ってビックリしました。
もし自分がああいう状況になったとしたら・・・と考えると怖くなります。
あたり一面砂漠。食料は少しだけ・・・・食料の争いは見ていて悲しくなりますね。
確か誰だったか覚えてないですけどすごく脇役がかっこよかったような・・・・

常盤貴子さんは特別綺麗とは思いませんがドラマの中で輝く人だなと思いました。

もう少しラストの終わり方が良かったら「最高」をつけたのですが・・・・

2006/03/16 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:409(58%) 普通:211(30%) 悪い:87(12%)] / プロバイダ: 3491 ホスト:3393 ブラウザ: 5237
かなりキャラクターや人間関係が原作とはかけ離れた設定になっていましたね。本来は、SF怪奇パニック物というような作風の原作マンガから、ドラマのタイトルどおり、ちょっとラブストーリーみたいな感じになっていましたね。グッとくだけた感じになって万人に受け入れられるストーリーになった・・・のかなあ?(笑)

原作を知っている人には確かに微妙かも知れません。
最終回も、なんかパッとしませんでしたしね。ナンだったんだろう、あれ・・・含みを持たせて、はっきりと見せずになんとなくあやふやな感じで終わる、という形式は、よっぽど上手く台本がこなれていないと、尻切れトンボみたいになっちゃって不満が残ってしまう物ですが、このドラマもやっぱりそんな印象が残っちゃいましたね。

2006/01/26 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:111(63%) 普通:27(15%) 悪い:39(22%)] / プロバイダ: 2176 ホスト:2125 ブラウザ: 5234
原作の影響から視聴してみましたが・・・。う〜ん、かなり微妙。

まず全体的に山がないのが痛いです。続きも特に気にならないです(中国語もどきを話す奴が出てきたところだけは気になった)。
ラストもかなり微妙。原作では、ストーリー部分ではラストだけが気に入らなかったのでそこが変わってくれていることを期待していましたが、確かに変わってはいましたがとても期待通りとは言えず、最初は訳がわかりませんでした。
原作のエピソードもいろいろアレンジされつつ導入されてはいますが、原作にあった「惹きつけるような力」が失われてしまっており、なんか緊迫感というか、迫力というようなものが欠けている感があります。
これは演技のせいではない気がするので、だとしたら脚本のせいかなとも思うのですが、完全にそうとも言い切れないのが何とも不思議なところです。
なんか「それぞれの材料は良いのに、見事なまでに歯車が噛み合っていない」といった感じです。

個人的には、購入はおろかレンタルするのも微妙な気がします。未視聴で興味がある方は再放送するまで待った方が良いかもしれません。

あと、キャストは現在では考えられないほど豪華です。今やったら出演料いくらかかるんだ・・・。

2006/01/21 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 8345 ホスト:8526 ブラウザ: 6213
極限下に陥った人間が何をするか・・・・という部分はあんまり緊迫感が活かされていなかった様に思います。どう見ても絶望的な状況の中でも、そこまで悲壮な感じを受けないのは常盤と窪塚がそこまでネガティブな設定ではなかったせいだろうかと。また今だからこそ言えますが、すっかり主役級を任されるようになった山下、妻夫木、山田などの脇役での出演陣も豪華でしたね。

食糧を巡る人間関係は見てて痛々しいものがありましたね。
特にある先生がその食糧の実権を握って、一部の生徒を操っていた場面なんかはまさにそうでした。
別に凄く生々しい描写ではないんですけど、やはり痛々しい。
でもすぐにその先生はいじめられていたコギャル風の生徒に簡単にノされてしまうので、それが体感できたのも一瞬でしたけど(笑)
常盤貴子の役の先生時代のあだ名が「マッシュ」だったんですが、不覚にもちょっと笑ってしまいました。
コギャル風の彼女もマッシュの名を聞いたとたん、感情が憧れに向きましたから、先生時代は相当なやり手だったんでしょうね。

ラストはそういう結末か・・・・という感じでした。
原作を知らないので、自分としては普通に現代に帰れるものだと思ってましたから。
なので少し驚いた記憶があります。

2006/01/20 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:43(61%) 普通:0(0%) 悪い:27(39%)] / プロバイダ: 6886 ホスト:6685 ブラウザ: 6342
前置きで、「ロングラヴレター」と書いてありますが、何故「漂流教室」なんでしょう?
最終回近くで、誰が残るか帰るか、話題になりましたが、結局パラレルワールド?みたいな、
手紙の欠片が、漂流されていないパラレルワールド主人公に渡る・・。
あんまり書きたくないが、CGもお粗末だし作り方にも問題ありました。
まぁ、今のままでは、消えた高校に産業廃棄物捨て場になるのは、うなずけるが、
あまりにもお粗末なドラマでした。

もっと読む

「これ面白いのだけど、何度も再放送しすぎだと思うねフジは。1年に一回は見てる気がする・・最終回 最後どう...」 by まつ


次のページを読む

この評価板に投稿する





作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ