[ドラマ]今日から俺は!!: 2019/01/16 うりこ


きょうからおれは / Kyou kara ore wa!!
RSS
ドラマ総合点=平均点x評価数248位2,515作品中総合点9 / 偏差値54.71
2018年ドラマ総合点1位82作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/01/16 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:23(74%) 普通:2(6%) 悪い:6(19%)] / プロバイダ: 983 ホスト:718 ブラウザ: 9177
【良い点】
・OP
ライブハウスのような場所で出演者達が歌って演奏しているという演出が面白い。

・橋本環奈の顔芸
この子は最近テレビでよく見る芸能人の中でも顔の造形のバランスが完璧と言っていいほどの真の美少女だと思うのですが
そういう子がこういう面白い顔をするのはギャップがあっていいですね。
白目向いて威嚇するところなんて爆笑ですよ。過剰なぶりっ子設定も突き抜けていて逆に笑える。

・基本コミカルなストーリー
笑えるシーンが多く基本軽いノリで見ることができる。
特に主人公のおちゃらけた感じが良かった。
また今井も非常に味のある良いキャラだった。
終盤は暴力シーンが多くなったが時々清涼剤のように挟まれるギャグで緊張が緩和されて良かった。

・人物設定
☆三橋
「卑怯」というおよそ主人公につけないであろう属性をあえてつけるセンスが良いですね。
そして確かに卑怯なのに不快に感じさせないバランスも良い。
普段のおちゃらけたキャラでそのあたりを緩和しているのでしょう。

☆伊藤
馬鹿みたいに真っ直ぐで主人公とは真逆の性格というのは主人公の親友ポジとしては王道でわかりやすい。
京子とバカップリぶりも罪がなく微笑ましかった。

☆今井
3枚目キャラとして非常にいい味を出していた。
やはり7話が印象深い。今井が憎めない愛すべき馬鹿だというのがよくわかる面白い話だった。

☆相良
悪役らしく外道で良かった。

・役者の演技
三橋役の加来賢人は「Nのために」で知ったがそのときは地味な印象しかなかった。
だが今回の演技は非常に良かったと思う。
特におちゃらけたときの演技が良い。
三橋という人物に愛着が沸いてくる味のある演技だった。彼の演技もこのドラマの人気に一役買ったと思う。
また今井役や相良役の演技もその人物にそれぞれ合ったいい演技だった。
それからゲストになるが5話の東京から来たヤンキーのリーダー役の演技もいい意味で印象に残った。

【悪い点】
・教師たちのシーン
面白いやりとりもそこそこあるのだけど冗長に感じる部分も多かった。
担任役のムロツヨシはほかの教師たちと群れていないときのほうが面白かったです。

・清野菜名の演技力
この女優さんはこのドラマで初めて知りましたがあまりにも学芸会では・・・
それともわざとああいう演技をしてたのでしょうか。
でも慣れてくるとそれも味に思えてきて気にならなくなった。

【総合評価】
原作未読。最初番宣で見たときは今や化石と言っても過言でないヤンキーを題材にしたドラマなんて今更需要ないだろうと思った。
家族が見ていたので横からチラチラとは見ていたが私自身いわゆる「ヤンキー」という人種が昔からあまり好きではなかったこともあり、
ドラマが終盤になるまであまり興味はわかなかった。
しかしこのドラマが小学生に人気だという情報をネットで見て興味が沸き、真面目に見てみようかなという気になった。
1話から真面目に見てみるとなるほど確かに悪くない。登場人物にそれぞれ魅力があるし、いい意味でくだらないおかしさがある。
昭和が舞台という時代設定も懐かしく感じる部分がある。
個人的に好きだった話は5話。東京のおしゃれなツッパリたちとのやりとりはいつもの話と違って印象に残った。
最後に三橋の小賢しい悪知恵で復讐するのは面白かったし、東京のツッパリのリーダー的存在の男が実は優等生だったのも意外で良かった。
全体としては中盤までの肩肘張らずに見れる話も終盤のシリアス展開も飽きることなく楽しく見れた。
琴線に触れるほどの話はなかったが娯楽として十分楽しめたので評価は良いで。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ