[ドラマ]巷説百物語〜狐 者 異〜


こうせつひゃくものがたり こ わ い / Kosetsu Hyakumonogatari Ko Wa I
RSS
ドラマ総合点=平均点x評価数1,207位2,294作品中総合点1 / 偏差値49.09
2005年ドラマ総合点38位72作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定2.00(とても良い)1
声優・俳優2.00(とても良い)1
映像1.00(良い)1
音楽1.00(良い)1
ストーリー1.00(良い)1
悲しい100%1人/1人中
道徳心&モラル100%1人/1人中
怖い100%1人/1人中
友情100%1人/1人中
考えさせられた100%1人/1人中
もっと見る
属性投票する
●スタッフ
原作:京極夏彦
製作:濱野隆石野憲助水野純一郎
監督:堤幸彦

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:2005/03/27(日) 20:00-21:52 WOWOW
4,62211
最近の閲覧数
20000068686868
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2018/07/13 / 最終変更者:霧の童話 / 提案者:霧の童話 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/07/13 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:700(51%) 普通:378(28%) 悪い:293(21%)] / プロバイダ: 19155 ホスト:19278 ブラウザ: 5171
京極夏彦氏の代表作たる『巷説百物語シリーズ』を実写映像化したスペシャルドラマにして、堤幸彦監督が初めて手掛けた時代劇という特筆性を持つ作品ですが、実は本作以前に田辺誠一氏主演でドラマ化されており事実上、本作は「2度目のドラマ化」に該当する模様です。
尤も、田辺版や『京極夏彦 巷説百物語』名義で映像化されたアニメ版、果ては原作小説すら未見の自分にとって、本作が『巷説百物語』初体験なんですけどね。
其れ故、原作既読者や京極ファンの方からすれば頓珍漢なレビューと化してるやも知れませんが、「ド素人の戯言」と割り切って頂けると幸いに存じますw

かの『翔べ ! 必殺うらごろし』を彷彿とさせる「時代劇」と「怪奇幻想譚」との融合、主人公・小股潜りの又市と同心・田所真兵衛とが繰り広げる「追いかけっこ」に集約された『ルパン三世』テイストの導入、市井の人々の象徴たる戯作者・山岡百介の視点を通して描かれる又市ら「無宿人」の生き様、『TRICK』『ケイゾク』ばりに小気味良く飛び出すユーモアの数々…てな具合に見どころは満載なんですが、取り分け面白味を感じたのは「小悪党が魑魅魍魎の仕業に『見せ掛けて』真の悪党を仕置きする」という点ですね。
ぶっちゃけ、本作に於ける「怪異譚」は主人公チームが世間を欺く為の「与太話」に過ぎず、原作小説やアニメ版でも同一設定なのかは分かりかねますが、『必殺シリーズ』よりも寧ろ『ザ・ハングマン』に近い此の仕置きスタイルに因って、裁かれる悪党が「心まで物の怪と化している」事が浮き彫りと成るので、世間的に「物の怪」扱いで屠られる末路も含めて人間性を喪失したド外道への「天誅」としては効果的と言えるでしょう。

飄々とした振る舞いで周囲を煙に巻きつつ、時おり見せる眼光の鋭さ其のままに物事の核心を見抜く又市・「インキンタムシ持ち」「登場シーンの大半が立小便姿」「ホモ属性」と下ネタ設定の塊ながら、人生の裏表を知り尽くしたかの如き含蓄の有る言葉も口にする事触れの治平・「女」の色香と「少女」のあどけなさを併せ持ち、実質的な「主役」として物語を牽引する山猫廻しのおぎん・まんま「銭形警部」のノリで己の「正義」を貫こうとする熱血同心の田所・彼ら「無宿人」に翻弄されつつも、何時しか其の生き様にシンパシーを寄せていく傍観者たる百介…俳優諸氏の好演と相俟って主人公チームのキャラも立っており、息抜きコメディにしろシリアスな討論にしろ、彼らの遣り取りをボーっと眺めているだけでも相応に楽しめましたね。

とは言え、約2時間近い尺に於いて中盤辺りで真犯人が主人公チームに早々と捕縛され、残り40分を使って事の真相や世間を欺く手口の解説、及び真犯人の仕置き法へと費やすバランスの悪い構成を執っているモンだから、クライマックスに近づくに連れてテンポが悪くなるという事態を招いちゃってるンですよね。核心部分に言及する関係上やむを得ないとは言え、説明台詞の応酬を延々40分近く聞かされるのは流石に辟易させられますわ。
事件解決後の長屋の日常風景だけでも9分ほど無駄に費やしてると書けば、本作が如何に冗長なのかお分かり頂けるでしょうか ?

諸要素の面白さと濃ゆい個性を放つメインキャラのお陰で基本的には楽しめたものの、構成配分ミスで生じた後半の間怠さが響いて評価は「良い」止まりです。
個人的には本作を鑑賞するまで、「狐者異」なる妖怪や「奴(やつがれ)」という一人称が存在している事を知りませんでした…(汗

この評価板に投稿する



2018/07/13 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 19155 ホスト:19278 ブラウザ: 5171 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事友情/可笑しく笑える/楽しい/面白い/格好良い/悲しい/怖い/びっくり/考えさせられた/道徳心&モラル 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

結果が得られませんでした。

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ