[ドラマ]結婚に一番近くて遠い女


けっこんにいちばんちかくてとおいおんな / Kekkon ni ichiban chikakute tooi onna
  • 道徳心&モラル
RSS
ドラマ総合点=平均点x評価数2,238位2,390作品中総合点-6 / 偏差値44.38
2015年ドラマ総合点104位111作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像-0.50(普通)2
音楽-1.00(悪い)2
声優・俳優-2.00(とても悪い)2
キャラ・設定-3.00(最悪)2
ストーリー-3.00(最悪)2
道徳心&モラル100%2人/2人中
考えさせられた50%1人/2人中
びっくり50%1人/2人中
セクシー0%0人/2人中
可愛い0%0人/2人中
もっと見る
属性投票する
演出:星田良子
チーフプロデューサー:伊藤響
プロデューサー:高明希大森美孝
脚本:塩塚夢
日本 開始日:2015/03/06(金) 21:00-22:54 日本テレビ
公式サイト
1. http://www.ntv.co.jp/chikakutetooi/
Twitter公式
1. https://twitter.com/chikakutetooi
1,50422
最近の閲覧数
1200000003
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/03/21 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2015/03/22 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3078(33%) 普通:3202(34%) 悪い:3025(33%)] / プロバイダ: 3970 ホスト:3880 ブラウザ: 7870
美人とは言えない容姿でいつも恋愛のチャンスをつかみ損ね、自身の結婚よりも
他人の結婚をサポートする道を選んだ主人公でしたが、「遊川和彦(脚本監修担当)は
最近一体どうしたんだ?もう『問題作メーカー』認定せざるを得ないのか?」
これが本金曜ロードSHOW特別ドラマ11作目に対する第一感想でしたね。

「最高のおもてなし」でも・・・・だったイモトアヤコ氏演ずる主人公、彼女は
彼女なりに一生懸命でそれ故に突っ走りガチでもあったのは分かりますが、「女は
所詮中身よりも見た目なのか?」「女が幸福になれるか否かは生まれた時から既に
決まっていたのか?」等、折角ウエディングプランナーの視点からの人間ドラマを
描こうとしても、テーマからして陳腐で手垢がついていたその時点で既に微妙な
ムードでしたね。いや、それだけならまだ良かった。

主人公その人も、実は整形手術していた友人の女の子(確かに心が綺麗だとは言い難かったひねた
キャラでそうなってしまったのも無理ない所もあったけど)や、経営危機で美人だったけど、
家が金持ちだった事共々鼻にかけていた後輩の姉ちゃんと結婚しそうになった経営者の兄ちゃん(配役は城田優氏)
に対する説教とか他人の事情も表面的でしか理解しようともしなかったくせに短絡的に綺麗事とかも連発して
過剰に説教していたのが鼻につきました。何だか「あたしは恋愛とか今まで全くついてなかった
28年(と170日程度)の人生を送ってきたけど、だからこそ誰よりも一生懸命に他人の幸福も真剣に考えてやってんだ
それを他人が理解するのは当然の義務なんだ」なオーラがくどかったんですよね・・・・・・・・・・・・・
まあ別に近年のアニメや映画、ドラマでは本作に限った事では全然無かったけど、
自分の「薄っぺらい正義」に只管酔っていた感じで、奥ゆかしさとかとは全く無縁なダメ主人公でしたよね。

しかし友人と結婚予定だった相手の男も、ハゲ(生え際がかなり後退していた)だった
のなんて、「ここ笑うべき所だったのか?」で、整形していた友人が隠していた「秘密」
との釣り合いが取れてなかった感じでしたが、経営者の兄ちゃんもですね。そういうのに
辟易していただけ、まだ良識的な面もあったという事だったのでしょうが、彼だって
結婚式を主人公に妨害、滅茶苦茶にされた被害者だったはずなのに、これじゃあ
自分達の体裁しか考えてなかったつまらない俗物。で、それに怒った娘に金巻き上げ
られて経営危機は収束、新たに前向きな決意が示されていたのも無視できなかった
けど、娘もそのまま会社に残る・・・・・・・とご都合主義的。前作の「DR.ナース
エイド」もそうだったけど、「底の浅い『主人公絶対主義』」に陥ってしまった様では
共感なんか出来るはずがありません。

遊川和彦氏と言えば、柴咲コウ氏や東山紀之氏等出演の某連続ドラマも特に最終回の
展開には賛否両論(どちらかと言えば否定的な意見の方が目立つか)な様ですが、
結局この人はもう変に奇をてらう事とかしか出来ないのだろうか?特に近年はそうしない
ともうなかなか視聴率が取れないというのもある。そういう意味では氏はニーズを
今日まで掴み続けている(作風に対する個人的な好悪とは別に)とも言え、前述のドラマ
も柴咲氏等俳優陣の演技等評判良かったし、それ以外にも勿論中には見ていて普通に
面白かった作品も何作かありましたが、その「限界」も痛感させられた様でしたね。
イモト氏も、別に彼女じゃなければ務まらなかったほどの個性を発揮させていたわけ
でもなかったですが、もうこのような脚本とかなら、無理して特別ドラマ枠なんて
続けなくても良いのでは?です。それならもっと取り上げ、放送すべき番組とかいくら
でもあるんじゃないのかでもありますが、評価はその特別ドラマ枠最初のそれでもある「最悪」とします。

[推薦数:1] 2015/03/21 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6819(87%) 普通:575(7%) 悪い:420(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:21940 ブラウザ: 1975(携帯)
この前、地上波で放送されていたので視聴してみましたが、結婚式場で働いている独身女性を主人公に結婚の価値観等を描いた作品でした。

冒頭から主人公の生い立ちについて回想で語られていましたが、主人公その人が自らの容姿ゆえに失恋を繰り返していたことやそんな自分を温かく支えてくれた母親が亡くなってしまったり、なにげに重いバックボーンを抱えていたようでしたが、それにしても高校ならともかく、いくらなんでもイモトに中学生の役からさせたのはさすがに違和感有りまくりで、これなら子役にさせた方が良かったんじゃないかと思います。

そして、このあとの怒涛の展開でしたね。主人公の学生時代の友達と再会して、整形していたみたいですが、なんか妙に感じ悪いなという印象で過去の自分の容姿ゆえのコンプレックスへの反動なのでしょうけれども、それにしても短絡的な言動が多すぎで、そんな彼女に対して結婚相手の男は「心が綺麗だから」という理由を挙げていましたが、一体どこが?と一瞬耳を疑いたくなるほどでした。

他の登場人物の心境や価値観とかもストーリーが進むごとにコロコロと都合良く変えられている印象で、その掘り下げは不十分。

クライマックスでは主人公が式場に飛び入り参加して説教をしていたのにはろくに人生経験をしておらず、ましてや独身の分際で何を偉そうにもっともらしいことを言っているんだとはっきりいって説得力は皆無でした。

何よりも主人公の職場で働いている従業員や上司を含めて独身ばかりというのもおかしな話でせめて既婚者の登場人物がいればまた違っていたでしょうが、最後まで一体何をしたかったのか判然としない作品でした。

評価は「最悪」とさせていただきます。

この評価板に投稿する



2015/03/22 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 3970 ホスト:3880 ブラウザ: 7870 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事考えさせられた/道徳心&モラル 
ストーリー最悪(-3 pnt)
キャラ・設定最悪(-3 pnt)
映像悪い(-1 pnt)
声優・俳優とても悪い(-2 pnt)
音楽とても悪い(-2 pnt)

もっと見る

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ