[ドラマ]警官の血


けいかんのち / Keikan no chi
RSS
ドラマ総合点=平均点x評価数2,019位2,579作品中総合点-1 / 偏差値47.78
2007年ドラマ総合点61位97作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

TV朝日開局50周年記念ドラマスペシャル
平成21年2月7日、8日の二夜連続放送。
第2次世界大戦の日本敗戦後から平成に至るまでの60年に及び、ある事件を追い求める親子3代を描いたミステリー。
◆スタッフ
制作:佐々木 譲 「警官の血」(新潮社)
監督:鶴橋 康夫
脚本:鶴橋 康夫
日本 開始日:2007/02/07(水) テレビ朝日 開始日から二夜連続放送 / 終了日:2007/02/08
6,83711
最近の閲覧数
1000022010
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/11/09 / 最終変更者:永田 / 提案者:てけとう (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2009/02/14 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:114(72%) 普通:0(0%) 悪い:45(28%)] / プロバイダ: 34710 ホスト:34608 ブラウザ: 2983(携帯)
平成21年2月7、8日に二夜連続、およそ五時間のTV朝日開局50周年記念ドラマ。

まず目につくのが豪華俳優人で、それも演技には定評の俳優ばかりで
なるほど記念ドラマとしての力の入れようが半端ではないことが伝わってくる。
また、ストーリーは公安やら学生運動やら、赤軍やら警察内部の嫌らしい権力構造やら
結構ヘヴィーでシリアスなので一般受けは余り良くないような内容ながら、豪華俳優陣のおかげで見させる効果がかなりあったのではないかと思う。

演出では特に五重塔の炎上シーンには迫力があり、普通のドラマでは味わえないと納得できるものがあった。

ただ惜しいのが、この作品には五時間の枠では少な過ぎるということだ。

CMに行く前のスポンサー会社が流れる画面でも本編を流すという不親切な行為に対する単純な不満もあるのだが
原作未読でも、足りないのではないかと感じた部分がある。
特に足りないと感じたのが、清二と民雄の残された妻の有り様がほぼ描かれないことで、息子と父を繋ぐものが今ひとつ薄くなったことと
三代目和也のアイデンティティを形作る描写が少ないために早瀬の闇と対決するシーンに盛り上がりに欠けるということ
(和也の少年時代だけでは不十分)

元々長編小説を映画化や一発ドラマ化することは難しいのは解っているが
あそこまでやるなら最後までやって欲しかったという、惜しい気持ちでいっぱいになった。
そういう意味で悪い。

この評価板に投稿する




1. 『絶叫学級』 1時間目 『悪魔ゲーム』感想 by みずたでぜんまい
... 「じゃあ」と、にこやかに交番を後にする。男性が去った後、警官が美緒を気遣う。 「大丈夫?1人で帰れる?」「あ・・・はい・・・」「気を付けて 帰るんだよ。最近、隣町で不審者が出たらしいからね」「はあ・・・」 大金を手にした興奮冷めやらぬ美緒は、やや上の空で警官忠告を受けると ...
記事日時:2016/04/12
2. 2011年10月期アニメ感想(3)[月・火]10/19まで by ctu19811201
... 国では「霊=死んだ」ではないようですね。「生体→霊→死」という過程を辿るでしょうか。あるいは「成仏」という概念もあるかなと。 オチとして個性ある占い師と絡めつつ、実は父親が来ていましたっていうところは良かったです。 (4話) 無実罪をきせられた青年亡霊が車で暴走するが、警官オカマ ...
記事日時:2011/10/20

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ