[ドラマ]仮面劇場(1978年TBS放送)


かめんげきじょう / Kamen gekijou
RSS
この作品は「横溝正史シリーズII(1978年 TBS放送)」のシリーズに所属します。
ドラマ総合点=平均点x評価数2,097位2,515作品中総合点-2 / 偏差値47.09
1978年ドラマ総合点29位31作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽1.00(良い)1
映像0.00(普通)1
声優・俳優0.00(普通)1
ストーリー-2.00(とても悪い)1
キャラ・設定-3.00(最悪)1
悲しい100%1人/1人中
道徳心&モラル100%1人/1人中
怖い100%1人/1人中
考えさせられた100%1人/1人中
びっくり100%1人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

僕、金田一耕助です。

久方ぶりの四国旅行を楽しんでの帰りに、美しい未亡人・大道寺綾子と知り合いました。
また、それは生きたまま水葬霊にされた美少年・虹之助との出逢いにも成ったのです。
そして、この2人に関りあったばかりに、またしても血生臭い連続殺人事件に巻き込まれてしまいました…。
全4回
原作:横溝正史
企画:毎日放送/角川春樹事務所
制作:東宝/毎日放送

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:1978/09/16(土) 22:00-22:55 毎日放送 / 終了日:1978/10/07
2,56711
最近の閲覧数
1111220123
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2016/06/24 / 最終変更者:霧の童話 / 提案者:ウクレレ (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
[推薦数:1] 2016/06/24 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:761(51%) 普通:417(28%) 悪い:314(21%)] / プロバイダ: 19135 ホスト:19280 ブラウザ: 5171
第2期『横溝正史シリーズ』の8作目にラインナップされたタイトルで、2作目の『真珠郎』同様「由利麟太郎シリーズ」の一編を原作に据え、由利探偵を金田一耕助に置き換えるアレンジが施されてますが、「ミステリアスな美少年が物語の鍵を握る」という点に於いても何気に共通してますね。
ちなみに、今回も原作者たる横溝正史氏の承諾を得て改変を加えた旨のクレジットが、各話のラストに用意されてます。

前述したように『真珠郎』との共通点が多い本作ですが、「叶わぬ想いに悶々とする金田一耕助の恋模様」「ヒロイン・大道寺綾子と謎の男・志賀恭三とが織り成すオトナの恋愛劇」「犯人も含めると最終的に10名( ! )もの犠牲者が出るボディカウント・ムービー的な展開」といった諸要素を強調する事で変化を付けるのと同時に、視聴者の興味を惹き付けようという狙いは窺えます。
…が、その出来映えはアレンジの利かせ具合が絶妙だった『真珠郎』の足元にも及ばぬ、『横溝正史シリーズ』最底辺の「駄作」と断じて良いモノでした。

先ず第1の問題点として、高嶺の花たる綾子に恋焦がれた反動ですっかり腑抜けと化した金田一の「迷探偵」振りが挙げられます。綾子に疑惑が及ぶと「あんな美しい女性が殺人なんか犯す筈が無いッ ! 」てな単なる「思い込み」で一蹴し、それでも根拠を求められると「僕が金田一耕助だからですよッ ! 」と逆ギレする始末。ぶっちゃけ、第2期シリーズの金田一は「ちょい待て ! 」とツッコミを入れたくなるぐらい、方向性のズレた推論を展開する事がよく有るンですが、今回ほどの醜態を目の当たりにしたのは初めてのような気がします。幾ら色恋沙汰に現を抜かしてるとはいえ、流石に此のザマでは原作を提供した横溝氏もブチ切れるンじゃあないでしょうか ?

次に、金田一の恋愛対象たるヒロイン・大道寺綾子のキャラ付けですね。「重複障害者」という不幸な境遇に同情したとは言え、周囲の意見に耳も貸さず半ば意固地に成って美少年・虹之助を擁護する姿からは、「憐憫の情」よりも自身の優しさに対する「ナルシシズム」が窺えて、個人的には全く受け付けませんでした。なんつーか、「弱者に慈愛の精神を施す私って女神じゃね ? 」とでも言いたげな偽善臭さが鼻に付いてね。その浅はかさが、結果的に10名もの犠牲者を出す事にも繋がってるので、彼女「だけ」がハッピーエンドを迎える幕引きには大いに疑問を感じます。

無駄に多過ぎる犠牲者数も「全4話」という放送期間を維持する為のものに過ぎず、真犯人が殺す必然性の無い人間まで手に掛けた理由を「(単に)邪魔臭いから」の一言で処理した顛末には、暫し開いた口が塞がりませんでした。ズルズル引き延ばした結果がコレ ?
高圧的 & 権威的にして何かと金田一を敵視する「箱根警察」の無能な面々も煩わしいだけで、ヤツらの登場シーンでは不快指数が急上昇する有様。或る意味、現実の警察の傲慢さをリアルに描写してると言えなくも無いンですが…せめて、等々力警部のような愛嬌が有ればナンボかマシだったんですけどね。その意味では、今回ほど日和警部の存在に安心感を覚えた事は無かったですw

次から次へと犠牲者が出るにも関らず、凡庸にして退屈な展開と誰1人感情移入出来ないキャラクターの魅力不足が祟り、全4話を観終えるのがひたすら苦痛でした。『横溝正史シリーズ』を鑑賞してきた中で、ここまでの悪印象を抱いた作品は本作が初めてですね。

この評価板に投稿する



2016/06/24 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 19135 ホスト:19280 ブラウザ: 5171 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事悲しい/怖い/びっくり/考えさせられた/道徳心&モラル 
ストーリーとても悪い(-2 pnt)
キャラ・設定最悪(-3 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

1. 8人の金田一耕助の放送日程が「よし!わかった!」 by ウクレレ
... 』『本陣』で決まりかな? 15日と22日はそれぞれ4回と5回ですが、 5回のは他に『笛』と『八つ墓村』しかないんで、どっちが15日でどっちが22日かまではわかりませんけど、この2作は決まりでしょう。 あとは4回のですけど『三つ首塔』『獄門島』『仮面舞踏会』『仮面劇場』のどれか ...
記事日時:2018/11/06 [表示省略記事有(読む)]
2. 「君のパンティを・・・俺にくれ!」劇場版「HK/変態仮面」ついに公開ッ! by カイネル・ドゥ・ラファティ
... 書店に私がいたときのことです。 実写版「変態仮面」のPVが流れているのを耳にしました。 そう・・・ 世界のためなんだ。君のパンティを 俺にくれ。 瞬時にしてインパクトを受けた、この名(迷)言! 笑いをこらえるのが滅茶苦茶きつかったです(笑)。 これがそのPVです。 【ニコニコ動画】 『HK ...
記事日時:2013/04/13
video video

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ