[ドラマ]陽炎の辻2 〜居眠り磐音 江戸双紙〜


かげろうのつじつーいねむりいわねえどぞうし / KAGEROUNO TSUJI 2
RSS
ドラマ総合点=平均点x評価数1,784位2,582作品中総合点0 / 偏差値48.48
2008年ドラマ総合点76位114作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

金兵衛長屋に武左衛門の一家が越してくる。呉服屋が盗賊「黒頭巾」に襲われ、磐音は前に出会った吉祥天の親方が関係していると推測する。吉祥天はかつて黒頭巾を統率していたが、手下が暴走して凶悪な盗賊になったのを抑えられず、磐音の手を借りようとしていたのだ。磐音と吉祥天は黒頭巾が狙いをつけている店の近くで待ち構えていて、盗賊と対決し、一味を与力の笹塚孫一に引き渡す…。
スタッフ

原作:佐伯泰英
脚本:尾西兼一 阿部美佳
日本 開始日:2008/09/06(土) / 終了日:2009/08/08
公式サイト
1. 陽炎の辻2 〜居眠り磐音 江戸双紙〜 | NHK土曜時代劇
5,40222
最近の閲覧数
1013032011
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/06/29 / 最終変更者:永田 / 提案者:宇宙刑事ジャンギャバン (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2013/04/13 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2325(50%) 普通:1166(25%) 悪い:1167(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 12343
先日までのBS再放送の感想。
前作の内容は作中キャラの語り以上には知らないので、やや印象がずれている可能性もあります。

所謂、朝ドラ要素を組み込んだ時代劇。
1話30分というのは気楽に観れる反面、単発では物足りない。
染物職人修行を希望したおそでの顛末などは次の回まで及んでしまう。
しかし全体を通してみると、長屋住人達のエピソード、今津屋絡みの話、
主人公である坂崎自身に直接関わる物語の三筋が並行して描かれた纏まった内容。

キャラも魅力的でした。役者崩れで悪事を働く男の居場所を突き止めようとして
先走った幸吉を坂崎が助け出した際に、彼をひっぱたく場面。
温厚で誠実な彼ですが決して「情」を垂れ流しているだけの主人公ではないのが好印象でした。

そんな坂崎も自身の問題に対してストイック過ぎて優柔不断のきらいが出てくるのに対して
お調子者ながら男の本音をぶつけてくる竹村、若さゆえの真直ぐさを持つ品川。
彼らの気持ちを嬉しく思う磐音…、男の友情とはいいものです。
(ヒロイン関係に関してはノーコメントで)

主演の山本耕史氏の殺陣の切れもかなり良かった。評価は「良い」で。

2009/06/22 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:268(51%) 普通:86(17%) 悪い:167(32%)] / プロバイダ: 1328 ホスト:1089 ブラウザ: 7322
見始めたのが2からなので、こちらに入れます。

【良い点】

主人公・坂崎磐音の温厚な人物像が新鮮ですね。
最初「居眠り」というから、一件呑気なキャラクターなのかと思ったら、
静かな間合いからついたと言うのが面白かったです。
周囲の人物も個性が豊かでいいですね。

【悪い点】

30分のせいか、展開が速過ぎる面があります。
用心棒仲間2人や、奉行所メンバーなどが生かし切れていない時がありますし。

2で最も残念だったのは、元婚約者・奈緒の扱いでした。
磐音がおこんに対する気持ちを固めてから奈緒を突き放す展開だったので、奈緒があまりに不憫に思えました。
3で、奈緒がちゃんと幸せになっていることがわかるのですが、あくまでも「2」の評価だと、後味が悪かったです。
私があんまりおこんを好きになれないこともあるかもしれません。

【総合評価】

基本的には磐音のキャラクターは好きですし、面白い作品なんですけど。
最終回での奈緒の扱いがあまりにも後味が悪く、もやもやしたものが残ってしまったので、どうしてもいい評価はつけづらいです。
申し訳ありませんが、「悪い」とさせていただきます。
なお、すぐに3が作られたので、合わせてみるとフォローがなされていることは書き添えておきます。
[共感]
2019/03/11 おこんのキャラは確かに、かなり酷い。 by 十傑集

この評価板に投稿する




1. 2008年ドラマ視聴率平均ランキング by かなめ
... は相棒、科捜研などと対照的にシーズンごとに数字が落ち込んでいる。しかし、それでも初回最低最終回最高ラスフレ推移だったは評価できるポイント。 だいすき!と鞍馬天狗は枠最後ドラマでもある。どちらも平均二桁と、有終の美を飾った作品と言える。 41.七人女弁護士 10.96 42.陽炎2居眠り 江戸双紙〜 10. ...
記事日時:2009/01/13

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ