[ドラマ]一瞬の風になれ


いっしゅんのかぜになれ / Isshun no kaze ni nare
RSS
注意: これはドラマ版。その他メディアのページ: 漫画:一瞬の風になれ / 文学:一瞬の風になれ
ドラマ総合点=平均点x評価数2,359位2,515作品中総合点-6 / 偏差値44.31
2008年ドラマ総合点101位113作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定-1.00(悪い)1
映像-1.00(悪い)1
音楽-2.00(とても悪い)1
声優・俳優-2.00(とても悪い)1
ストーリー-2.00(とても悪い)1
悲しい100%1人/1人中
道徳心&モラル100%1人/1人中
考えさせられた100%1人/1人中
びっくり100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
原作著者:佐藤多佳子

【キャスト】
神谷新二:内博貴
日本 開始日:2008/02/25(月) / 終了日:2008/02/28
11,08555
最近の閲覧数
3011000323
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2008/03/12 / 最終変更者:あっちゃん / 提案者:あっちゃん (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2014/07/20 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3418(33%) 普通:3579(35%) 悪い:3332(32%)] / プロバイダ: 1096 ホスト:859 ブラウザ: 7465
【良い点】

●実は、自身も怪我を押して無理して大会に出場して残念な結果となってしまった過去
があった、顧問役のウッチャンの熱演でしたね。いつも通りエネルギッシュで若々しい
雰囲気があった山下真司氏も良かったです。

【悪い点】

●陸上競技で走るシーンの見せ方が凡庸。とうとう最後までタイトル通り風になっていた
ようには見える走り方とかにはなっていませんでしたが、演出面でもっと工夫が
必要だった所でしょう。

●元々サッカーやってた主人公と負傷してしまった兄貴との「兄弟の絆」や、
その兄貴の不幸を目にしても切れる事の無かった「陸上の絆」等特に第二話でしたね。
涙目浮かべて感情を露にする等非常にクドさが鼻につきました。脚本も悪かったけど、
主役の内博貴氏らジャニタレ面々はそうした感情の起伏等演じ分けが下手でした。

●ヒロインもですね。まあ配役の福田沙紀氏は後輩達の方がもっとゴリ押し露骨ですが、
存在感が今ひとつ弱くて、別にいてもいなくてもそんなには大きく変わらなかった
でしょう。

●その他に、ロッカーの着替えシーンでいきなり部員の兄ちゃんのパンツがアップで
映し出されていたシーンあったけど、これファンの方でも萌えたのだろうか?
そういう所でBL描写しなくて良いです。

●NEWSが歌った主題歌も凡庸な歌で、「太陽のナミダ」とかには及びませんでした。

【総合評価】

原作は知らないけど、原作者もやっぱこのドラマの制作には不満持っていたみたい
ですね。しかし、実際放送されたこのドラマ版を見る限りでは、そうした不満に
誠実に対応したとは思えないクオリティでした。これでウッチャンの頑張りがなければ
もっと目も当てられない出来となっていたでしょう。

今度は赤西仁氏や山Pと共に一般人とトラブル起こしたらしい錦戸亮氏が、下手すれば
同じような道を歩みそう(まあ事務所が必死こいて揉み消すのだろうけど)で、内氏には
今後も引き続き事務所のバックも活かして俳優としても歌手としても頑張っていただきたいとも
改めて思いましたが、「看板倒れ」してしまった凡作以下のクオリティでした。
評価は「とても悪い」です。

2008/09/24 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 37841 ホスト:37625 ブラウザ: 5237
これは仕方がないですよねぇ〜。原作のあの大量の感覚的な描写を映像化するのは難しいだろうし、ましてやそれを内容と共に4夜連続という短い尺の中に収めるなんて尚更でしょう。
原作とのギャップがあり、私はこれはこれで好きでした。
しかし、鷲谷高校と仙波まで敵っぽく描いたのはどうかなと思う。原作では友達としての一面もあって良かったのに・・。
挿入歌もあんなにいらない

2008/07/26 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7(58%) 普通:1(8%) 悪い:4(33%)] / プロバイダ: 18595 ホスト:18550 ブラウザ: 8090
動画サイトでちらっと見ただけだけども原作ファンからするとこれは無いんじゃないって言うか…正直裏切られたなと思った。
脚本もだいぶ変わってるし主演のジャニタレは演技下手だし走るシーンも主要登場人物は見るからに遅そうでフォームも不細工だし見ていてしらける。
全部見てないからあんまり色々言えないけども全体に漂ういかにも青春してますよ的な妙な空気も非常に気持ちが悪かった。
そもそも主演や主題歌がジャニーズって時点で期待薄だったが想像以上に薄っぺらくて番組そのものが企画物に見えてしまい、スタッフがどこまで本気でこの原作を良い映像作品に仕上げようと思っていたのか疑いたくなってしまう。
個人的にもうこの原作は安易に映画化とかして欲しくないし見たくもないが、もし仮に今後別の形で映像化するとしたならばTBSの土8のルーキーズをやっていた枠でやってくれるなら観たいなと思う。
ドラマ版ルーキーズは想像以上に良かったしあのクオリティで連ドラの長さなら面白い物になりそうだと思う。
たぶん無理だろうけど万が一実現したとしたら興味あるな。

2008/04/22 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 52119 ホスト:52007 ブラウザ: 5234
【総合評価】
これって、小説でもあるんですよね!!すごいですね!!
漫画にもなってるんですかねぇ??

2008/04/20 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:44(44%) 普通:28(28%) 悪い:28(28%)] / プロバイダ: 13985 ホスト:13621 ブラウザ: 4184
2008年2月25日〜28日に四夜連続で放送されたスペシャルドラマ

【良い点】
特に無し

【悪い点】
ノリが昭和の大映ドラマみたいなスポコンドラマ。
福田沙紀ってこんなに演技下手だった?

【総合評価】
見所は少なく、メッセージ性も希薄。
見るだけ時間の無駄な凡作。

この評価板に投稿する



2014/07/20 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 1096 ホスト:859 ブラウザ: 7465 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事悲しい/びっくり/考えさせられた/道徳心&モラル 
ストーリーとても悪い(-2 pnt)
キャラ・設定悪い(-1 pnt)
映像悪い(-1 pnt)
声優・俳優とても悪い(-2 pnt)
音楽とても悪い(-2 pnt)

1. "人気漫画家作品特集{SEASON1〜6}" by 陣兵
... てる」(連載中)。 155.【浜田ブリトニー先生】 「パギャル!」(連載中)。 156.【岡田有希先生】 「百々咲高校1年C組 猫祭くん」、「発掘!マガジン野郎!!」、「ああっ!0発屋!!」(連載中)他。 157.【安田剛士先生】 「Over Drive」、「一瞬なれ」(佐藤多佳子 ...
記事日時:2010/11/13 [表示省略記事有(読む)]
2. 一瞬なれ…?? by 哭鳴
... から4夜にわたってフジテレビ系列で放送される『ドラマスペシャル 一瞬なれ』というドラマ舞台となる高校。実は私妹が通っている高校で撮影されたらしい。 ふ〜ん…としか言えないけどね…。でもまぁ、自分も知っている高校だから、妙親近感が沸いてきます。 そしてその高校、ドラマ舞台らしく(?)陸上は盛んらしいとこと。 ...
記事日時:2008/02/25
3. 本屋大賞2007受賞作『『一瞬なれ』』を読んだが by Yam.
... 伝わってくるが、表面的な気がしてしまう。うまいんだけれどなんかね。それから自分知っていることから類推すると現状とは乖離している気もする。っていうは主人公お兄さんがサッカー天才でジュビロ磐田入団するんだけれど、そこで既述されている磐田ってが2003年くらいまで磐田って感じなんだよな。まあ去年くらいまではそういう思っている人 ...
記事日時:2007/04/16
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはドラマ版。その他メディアのページ: 漫画:一瞬の風になれ / 文学:一瞬の風になれ
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ