[ドラマ]いま、会いにゆきます


いま あいにゆきます / Ima ainiyukimasu
RSS
注意: これはドラマ版。その他メディアのページ: 文学:いま、会いにゆきます / 日本映画:いま、会いにゆきます
ドラマ総合点=平均点x評価数2,315位2,498作品中総合点-5 / 偏差値44.99
2005年ドラマ総合点58位73作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
原作:市川拓司
プロデュース : 伊與田英徳
演出:平野俊一 山室大輔 大岡進
脚本:飯野陽子
日本 開始日:2005/07/03(日) / 終了日:2005/09/18
公式サイト
1. http://www.tbs.co.jp/ima-ai/
7,40144
最近の閲覧数
3002041000
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2006/04/11 / 最終変更者:TCC / 提案者:まつ (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/12/04 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:121(61%) 普通:53(27%) 悪い:24(12%)] / プロバイダ: 30229 ホスト:30220 ブラウザ: 4721
【良い点】
時間が十分あるので、澪が巧を次第に好きになっていくところが丁寧に描かれていること。

【悪い点】
「いま、会いにゆきます」の本当の意味が分かりにくいこと。

【総合評価】
もともとの原作は約400頁あります。映画は約2時間に凝縮されている。ドラマは10回分ですから8時間程度。
原作を読まれた方はわかると思いますが、400頁あっても主な登場人物は澪、巧、佑司の3人。原作にしかないエピソードをどれほど加えても、とてもドラマ10回分には届きません。

苦肉の策で、ドラマオリジナルのキャラクターを加えました。澪の両親、ケーキ屋の夫婦、職場の永瀬さんも澪や巧と同級生という設定に変えて、エピソードを作りやすくしています。2話から8話はほとんどドラマオリジナルのエピソードです。9話と10話が原作や映画にある本来のストーリーです。

ドラマオリジナルのストーリーで澪が巧を次第に好きになっていくところが丁寧に描いたのはよかったと思います。反面、少々間延びしていますので、退屈した人も多いでしょう。9話と10話で物語は佳境に入るのですが、少々遅すぎた。特に10話は「飛ばしたなあ」という感じを受けました。

「いま、会いにゆきます」は澪が現世に残した夫や息子に言った言葉ではありません。タイトル自体が「物語の伏線」で10話の最後の20分で明らかになります。映画だと十分な時間ですが、2カ月以上も引っ張っているドラマだとあまりに短い。おまけに重要なセリフが省略されている。
「大丈夫だから、もう大丈夫だから…会いたかった…」がドラマのセリフです。
ここは「大丈夫だから、もう大丈夫だから」の次に
「私とあなたはずーっと一緒なの、そう決められてるのよ…会いたかった…」
と続けてほしかった。映画のセリフのパクリそのものですが、過酷な未来を知りながらも愛おしい存在に会いに行く澪の決断を示せたのに・・・

物語を少々コミカルに描いたのは、連続テレビドラマの性格上、仕方ないと思います。ただ、澪の強い思いはしっかり伝えてほしかった。
評価は「とても良い」にしたかったのですが、最後の詰めが甘いので少々辛めですが「良い」にします。

2009/07/30 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:75(74%) 普通:3(3%) 悪い:24(24%)] / プロバイダ: 16966 ホスト:16875 ブラウザ: 5941
【良い点】
ない

【悪い点】
多すぎてかけない

【総合評価】
「小説ヒットして映画もヒットしたから今度はドラマだ!」

なんていう考えがそもそも間違っている。
中にはヒットした例もあるかもしれないが、これは見事に失敗してしまった作品だってことは小学生でも分かるだろう。

映画版のイメージを見事にぶち壊してくれたことに敬意をこめて評価は最悪です。

2007/06/28 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:171(65%) 普通:29(11%) 悪い:62(24%)] / プロバイダ: 19847 ホスト:19737 ブラウザ: 7105(携帯)
視聴率からわかるように微妙な作品でした。
ミムラさん、成宮くんは共に小説のイメージに近くて良かったです。
配役はドラマの方が良かったと思いました。
この作品はドラマには向いてなかったのでは??
中盤くらいからダラダラして、テンポが悪かったです。もし、ドラマ化するなら5、6時間程度で上手くまとめて欲しかったです。

2006/01/14 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:783(60%) 普通:343(26%) 悪い:181(14%)] / プロバイダ: 5366 ホスト:5442 ブラウザ: 3846
映画はヒットしたにも関わらず、ドラマ初回の視聴率は低く、最後は一桁まで落ちてしまった
キャスティングがダメだったのだろう。
話も面白くなかったし・・・

この評価板に投稿する




1. "『邦画〜公開作品〜』史Ⅱ" by 陣兵
... 「雨鱒の川〜ファースト・ラブ〜」 「阿弥陀堂だより」 「嵐を呼ぶ男シリーズ」 「ある殺し屋」 「暗殺」 「暗室」 「アンドロメディア」 「アンフェアthe movie」 「イエローキッド」 「生きる」 「IZO」 「板尾創路の脱獄王」 「緯度0大作戦」 「稲村ジェーン」 「いま会いゆきます」 「芋川 ...
記事日時:2011/06/20 [表示省略記事有(読む)]
2. 評価作品500個カウントダウン! Part I by Merci
... 相手役・ギルバート・ブライス=結構好き ・なぜか子供の頃からマリラ感情移入して読んでいた作品 020:小説「あしたぶたの日ぶたじかん」=普通 ・好きな登場人物=特になし ・嫌いな登場人物=特になし ・主人公・則安=まあ好き ・典型的な楽しんだ者勝ちな気がする作品 021:小説「いま会いゆきます」=普通 ...
記事日時:2010/07/23
3. 今日の一言。〜新聞を読んで〜 by オルタフォース
... でいると何かが鈍りそうなので、一言。 今日の北海道新聞のTV欄、「狙ってるな」と思ったことがある。 HBC(北海道放送・TBS系)で夜9時から春の映画スペシャル「いま会いゆきます」が放送される。 これに対し、HTB(北海道テレビ放送・テレビ朝日系)が、日曜洋画劇場の「DENGEKI‐電撃-」に対して付けたキャッチフレーズは、 “いま、殴りゆきます ...
記事日時:2006/04/16

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはドラマ版。その他メディアのページ: 文学:いま、会いにゆきます / 日本映画:いま、会いにゆきます
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ