[ドラマ]貫太ですッ!


かんたですっ / I'm Kanta!
RSS
ドラマ総合点=平均点x評価数1,868位2,499作品中総合点-1 / 偏差値47.76
2003年ドラマ総合点49位61作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

まっすぐに力強く、本気で生きる伊達貫太と彼をとりまく人々がおりなす“熱血ホームドラマ"。朝の連続ドラマ小説「あぐり」や「すずらん」の脚本を手掛けた清水有生氏が初めて昼帯ドラマに書き下ろすオリジナル作品。
伊達貫太が住んでいる、湘南海岸沿いの新聞販売店。街のメッセンジャーとして、厳格な父親と心配性の母親、個性的な仲間たちと配達に精を出す毎日。そんな貫太の憧れでもあり、恩人でもあった先輩・進藤正史が、家族を残し、借金を抱えて失踪。貫太は残された先輩の妻・あゆみや4人の子供たちのために必死に尽くそうとするが……。
泣き笑いの人情話をベースに、人間同士の絆を求めて、本音でぶつかり合って生きていく人々の姿を描きます。(公式サイト紹介文より)
製作:東海テレビ:テレパック
放送:フジテレビ系列
脚本:清水有生 音楽:小西真理 プロデューサー:市野直親(東海テレビ):沼田通嗣(テレパック)
演出:奥村正彦 藤尾隆 淡野健
日本 開始日:2003/06/30(月) / 終了日:2003/09/26
公式サイト
1. http://www.fujitv.co.jp/b_hp/kanta/index.html
4,35811
最近の閲覧数
2111100200
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2008/01/15 / 最終変更者:TCC / 提案者:羽幌炭鉱 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2006/08/10 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:787(45%) 普通:474(27%) 悪い:488(28%)] / プロバイダ: 16112 ホスト:16020 ブラウザ: 4487
東海テレビの13時半の昼ドラのひとつだが、基本的に夏休みのファミリー向けの印象か、普段の「人の皮被った珍獣奇獣連中のドロドロ泥仕合」系列ではなく、ホームドラマっぽい感じの作りになっている作品。
基本的には新聞店の熱血はいった次男坊の伊達貫太(だてかんた)が両親や仲間達と新聞配達に頑張っていたところに彼の尊敬する憧れの先輩であり恩人でもある元・甲子園球児の進藤の家族を預かることとなり、其処から悪戦苦闘の日々となるという感じのもの。
基本的に簡太は熱血漢で悪い奴でない事はわかるのだが、どこか悪い意味で熱血と言うところも見られてしまうタイプでもあり、それ故に周囲にかなり迷惑をかけている困った一面もあったりと、やや引く場面もあった。また、ホームドラマと言う割には進藤の家族をめぐる話とか新聞店の借金絡みの話だとか辛気臭い話が出てきてはご都合主義的に解決してしまうどっちらけ感たっぷりな話なんかもあって、素直に楽しめる作品とは言いがたかった。
個人的に記憶に残るのは進藤の妻である渡辺梓の存在と、他の作品では悪役が多い一条俊が珍しく善人役で出演していた事か。前者は不器用でうだつの上がらない人間に落ちぶれていた夫とは逆に水商売とか色々な仕事をしながらも品のかけたところも無く一生懸命子供たちを育てようとしていた姿はまさに尊敬に値する人であり、いずれ亡くなってしまう役どころとはいえた委譲したのが惜しいと思わせた。後者は【仮面ライダー龍騎】のガイこと芝浦を演じていたりと基本的に悪役が多い役者である一条俊が真面目な好青年と言うあたりにとても珍しさを感じさせた。不思議な事に違和感は無かったが…。

しかしこの作品のご都合主義とか色々鼻についた(特に借金絡みの話で母方の親のお陰で借金がなくなった話には「こんなに上手くいくわけないだろう」と思わせた)りしたので、「悪い」とさせてもらった。

この評価板に投稿する





作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ