[ドラマ]北条時宗


ほうじょうときむね / Hojo Tokimune
RSS
注意: これはドラマ版。その他メディアのページ: 漫画:北条時宗
ドラマ総合点=平均点x評価数2,272位2,439作品中総合点-6 / 偏差値44.39
ドラマ平均点210位293作品中平均点-0.33=普通/18評価
2001年ドラマ総合点43位44作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定0.50(良い)2
映像0.50(良い)2
声優・俳優0.50(良い)2
音楽0.00(普通)2
ストーリー0.00(普通)2
セクシー0%0人/2人中
可愛い0%0人/2人中
熱血0%0人/2人中
勇気貰った0%0人/2人中
涙流した0%0人/2人中
もっと見る
属性投票する
■ STAFF ■
時代考証:奥富敬之 杉山正明 製作:NHK 演出:吉村芳之 吉川邦夫 脚本: 井上由美子 ナレーション:十朱幸代 原作:高橋克彦 ( 「 時宗 」 )
風俗考証:二木謙一

日本 開始日:2001/01/07(日) 20:00-20:45 NHK総合 / 終了日:2001/12/09
18,6652118
最近の閲覧数
1110010010
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2011/12/15 / 最終変更者:カトル / その他更新者: シューゴ / 羽幌炭鉱 / TCC / 提案者:nack (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2015/10/11 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(12%) 普通:3(38%) 悪い:4(50%)] / プロバイダ: 15848 ホスト:15992 ブラウザ: 3461(携帯)
・・・(´・ω・`)鎌倉時代を現代的な価値観で書くなんて。。。
これOK出した人はNHK・日本放送協会の誰?これで本当に視聴率の支持が受け入れられると思っていたのですか? 最悪以外つけよう無いでしょう。
お兄ちゃんはどうやって日本とモンゴルを渡り続けられたの?金はどうしたの? どっから調達してたの?マルコポーロさんは何処で日本語を学んだのでしょう?(´Д`) 史上最低の大河ドラマですね。
酷評されまくりのこの作品の後の利家とまつや武蔵や新撰組よりこっちの方がある意味問題では?明らかに死んだはずの人物が霊になったからかどう考えても絶対に不可能な行動を取れる取る。それより何よりまだ戦国時代や江戸時代には今とは量の差があったとしても幾ばくのヒューマニズムだってあったかもしれない。この作品はその300年前の鎌倉時代ですよ。鎌倉時代の北条時宗に綺麗な台詞や人権をしゃべさせるなんて。。。 呆れて物が言えないわ。
最後の台詞がこの作品のおかしさを引っくるめて物語っていると思います。
時宗「人を殺すな」(´Д`)(´Д`)(´Д`)
鎌倉時代に「人を殺すな」(´Д`)(´Д`)(´Д`)(´Д`)(´Д`)(´Д`) 戦国時代や江戸時代ならともかく鎌倉時代に「人を殺すな」(´Д`)(´Д`)(´Д`)(´Д`)(´Д`)(´Д`) (´Д`)(´Д`)(´Д`)(´Д`)
史上最低の大河 評価「最悪」

2013/12/17 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2218(50%) 普通:1112(25%) 悪い:1113(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 9950
【良い点】
俳優陣の存在感はありました。
また室内でのやり取りの際に、この時期にはワイド化していた画面を生かして
アングルを回転させて人物を際立たせているのが上手い。

元寇との戦闘シーンは迫力がありました。

【悪い点】
良いキャストが多かっただけに主演の和泉元彌にイマイチ感が目立ったような…。

【総合評価】
確かNYテロのあった年の作品ですね。久しぶりに気合の入った大河を創ろうとする気概は
あったと思うのですが、それを上手く出し切れなかったようにも感じました。

鎌倉幕府が題材という事で、この時に既に20年以上前の作品になっていた「草燃える」を意識していたようです。
前半では主人公の父・時頼が政子に言及し史実以上に御家人同士の内部抗争が強調されているのもこのため。
また兄・時輔に関して生存説を採用して時宗と対になる形で動かしたのも
「草燃える」の北条義時と、その親友であるオリキャラ伊東祐之の関係の再来を狙ったものでしょう。

ただテロ事件が影響したのか、当時の大河の風潮に逆らえなかったのか、
そもそも演じる和泉元彌が駄目なのか(笑)主人公を魅力的に描くには至らなかった印象。
前半での内部抗争の最中、一人綺麗事を言っている時宗は完全に浮いてしまっていますし、
後半の執権職に就いてからも「生来の優しさを押し殺して非情に徹しようとする」キャラは肯定・否定が別れそう。
自分も中間職〜下っ端キャラなら、むしろストライクゾーンなのですが最高権力握っておいてそれは
「主人公、苦しんでいます。同情してください」と言っているように感じてキャラが安易に見えてしまう。
結局、前半で圧倒的存在感を出していた渡辺謙演じる父の時頼には遠く及ばず、
後半で怨嗟の念を抑えて接してくる兄の時輔にも人間的深みで負けてしまったように思います。

私的には容易な感情移入を許さぬ凄み、内面の苦悩は死後に判明するぐらいが大河主人公としてはベストでしょうか。
評価が難しい作品ですが周囲の脇キャラは良かったので「普通」で。

2012/05/20 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:8(80%) 普通:2(20%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 35983 ホスト:35769 ブラウザ: 1967(携帯)
私が初めてまともに見た大河です。当時は小学1年生だったので、同時多発テロの影響うんぬんを知らなかったからかもしれませんが、非常に面白かったです。ドロドロ系は嫌いではないので。でも時輔をクローズアップし過ぎていたのは少し問題かも。

2009/11/26 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:360(55%) 普通:0(0%) 悪い:290(45%)] / プロバイダ: 53383 ホスト:53175 ブラウザ: 6770
【良い点】
鎌倉時代を取り上げた設定は斬新で良かったのですが・・・

【悪い点】
何故か時宗と母親違いの兄、時輔ばかりがやけにクローズアップされている感が否めず、面白みに欠けた。

【総合評価】

元軍の襲来を受けた時代と言う、今までに無いであろう設定は新鮮味があり、それなりにいい所に目を付けたな、と思いましたし、当時のモンゴルの王であったフビライ(チンギス・ハンの孫にあたる人物)が出てきたのも、目新しくて良かったのですが・・・
内容がダメでしたね。どうも時宗とその母親違いの兄である時輔のことばかりに話が来てしまっているようにしか感じられなかったような気が・・・・これは時宗を語るのにそれほど必要だったのかな、と・・・・
あと作中で父、時頼が確か「時輔を殺せ」などど言っていた部分にもおかしいものを感じましたし・・・
全体的に今ひとつの大河ドラマだったのは確かです。

[推薦数:1] 2009/11/26 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:268(51%) 普通:86(17%) 悪い:167(32%)] / プロバイダ: 28815 ホスト:28922 ブラウザ: 9739
【良い点】

マイナーな時代である鎌倉時代を取り上げた点。
モンゴルの風景を映像化した点。
時輔と祥子の兄夫婦の絆には感動しました。
あと、時輔の母・讃岐局を演じた篠原涼子さんの演技力が高いことがわかったのが収穫だったかな。

【悪い点】

・・・ドロドロしすぎ。
後味が悪く、主人公がイラつく存在でしかありません。

個人的には、歴史ドキュメンタリーではなく大河「ドラマ」なので、フィクション設定はありだと思います。
が、それを生かしているかが最大の問題です。

原作と言うか原案小説の「時宗」を読みましたが、確かに、二月騒動で討伐された兄・時輔を生存させています(生存説はあるらしいですが)。
ただ、「時宗」では蒙古襲来という困難に北条一族全体で立ち向かうという意義があってこその生存でした。
必要以上に兄弟のドロドロ対決を描いてどうするんだ、と思いましたね。
しかも、時輔が時宗を憎んでいるならともかく、時輔は極力自分を抑えていましたから、時宗の方が嫌な奴に見えました。
最後は政敵の女の言葉を信じて、時輔を討伐するって・・・どれだけ愚か者なんだ時宗。
時輔との確執だけでなく、北条家親戚との権力争いも、史実以上にドロドロに描いていますし
(実際には病死している人を、ことごとく殺害エピソードに持ち込んでいるようです)。

結局、ドロドロなだけで、何が言いたいのかが全く分からないドラマでした。

【総合評価】

平頼綱は評価が高いし、確かに演技も上手かったと思いましたが、気持ち悪くて苦手でしたねぇ・・・(演技が上手いので悪い点とは言いづらいですが)。
おかげで、北村一輝さんがずっと苦手でした(それが解消できたのは『天地人』の意義かも・・・映像としての完成度はこっちの方が高いけど)。
また、時宗の父・北条時頼も、庶子とは言え実の息子であり、立場もわきまえている時輔殺害を時宗に命じるなど、酷い人物だと思いました(渡辺謙さんは熱演でしたけどね)。

とにかく、人の描き方が酷過ぎる上、主演の演技力がイマイチだったのが輪をかけていました。
上記2人の言動も、時宗が魅力的であったなら、説得力があったと思います。

評価は「最悪」。
時宗以外の人物が哀れ過ぎました(時宗には全く同情出来ん)。
そして、無駄に殺伐としているので、プラスの感情が湧かないのが致命的です。
まだ、時代錯誤であってもホームドラマ大河の方が不愉快にならない分、マシだと思います。

2007/08/22 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:54(56%) 普通:10(10%) 悪い:32(33%)] / プロバイダ: 48622 ホスト:48438 ブラウザ: 8090
言われてみると、確かに日本側を美化しすぎかな〜という気はします。
こういう視点が偏ってしまうというのは、歴史的にはよくないことですよね。
そういう意味では、歴史モノとしてはあまり見れないかもしれません。

個人的には松浦水軍の連中がかっこよかったな〜と。
元軍に襲撃を受け、壊滅状態にあったところへ救援にきた藤竜也さんには痺れました。

ただ、日本襲撃の際に亡くなった元軍の兵士さんもいらっしゃるわけで…そういうところも丁寧に描けばよかったとは思いますけどね。

あと、気になったのは時宗が砂浜を馬で駆けていき、海の彼方を見ながら蒙古のことを考えるというシーン。
地理的に鎌倉から臨む海というのは太平洋じゃないですか?
大陸は真逆ですよね。
ドラマだからしょうがないのかな。


総評ですが、ドラマとしては『良い』くらい。
歴史モノとしては『悪い』くらい。
差し引きで『普通』としたいところですが、ただ、この場合は伝統ある大河ドラマな訳で…歴史ものとしての性格が強いために悪いという方向になってしまいますが、藤竜也さんや北大路欣也さんなどの名優の演技はとても評価できることも確かなんですよね。

まぁ、だからといって甘くはせず、ちょっと厳しめに『悪い』としておきます。

2006/04/30 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 33223 ホスト:33285 ブラウザ: 4314
モンゴルの覇者となったクビライ・カァンも決して根っからの極悪人ではなく、世界を統一して文化的経済的交流を広げたいような趣旨の発言もしてましたっけねこのドラマでは。
史実とは異なり、幕府に対して謀反を起こした時宗の兄時輔が生き延び、モンゴルにまで渡ると言うのはちとやりすぎな気もしましたが、まあドラマですからな。

時宗がモンゴルの使者を斬り捨て、徹底抗戦の構えを見せたのは幕府と言う組織の性質上やむを得ない部分もあるでしょうな。所詮軍事力で朝廷から政治の実権を横取りしているに過ぎないのですから、外敵に対して低姿勢では支配力を失うわけです。

そうそう、北村氏演じる平頼綱が不気味で良かったですねえ。彼は、自分を引き立ててくれた時宗には絶対的といえるほどの忠誠心を抱いていますが、暗殺に手を染めていた自分の後ろ暗い過去を知る安達安盛を敵視し、次第に時宗の寵愛を良いことに幕府内での権力を強めていきました。

そんな彼も、日蓮にだけは勝てませんでした。日蓮を斬ろうとしましたが、伝説にあるように落雷が起こり、彼の命を奪うことは出来ませんでした。
奥田氏の演技も鬼気迫るものがありました。

[推薦数:1] 2006/03/12 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:409(58%) 普通:211(30%) 悪い:87(12%)] / プロバイダ: 3432 ホスト:3554 ブラウザ: 5237
北条時宗を21世紀の人権主義者として描いているトンデモ大河ドラマですね。はっきりと駄作だと思います。

当時、産経新聞の社説でもボロクソに批判されていましたし、かなりの視聴者からも呆れた批判の声が上がりましたが、私もその一人です。

そもそも北条時宗を和泉元彌にやらせたのはとてつもないミスキャストではないかと思います。
外見のイメージだけならともかく、体がひ弱だったというのと精神がひ弱だったというのは全然違うと思いますね。

それにしても、現代のうすら寒いヒューマニズムに凝り固まったセリフを鎌倉時代の北条時宗に言わせるなんて、製作者の正気を疑いたくなりますね。左翼のプロパガンタドラマか!?と疑りたくなりました。

フィクションだからといって、無制限に何をやってもいいというわけではないと思います。
やはり、一定の良識は守らなければならないでしょう。

大河ドラマに現代の政治的な思想を持ち込んでしまった事は、はっきり非難されなければならないでしょう。
商業目的にドラマを利用するような製作者はもちろん許せませんが、政治目的にドラマを利用するような製作者はよりたちが悪い、下の下というべきでしょう。

2006/02/05 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3167(33%) 普通:3340(35%) 悪い:3117(32%)] / プロバイダ: 32360 ホスト:32128 ブラウザ: 4184
>>634さん

>坊主の口車に乗って政治を乱すなど、かつての称徳天皇や、後の徳川綱吉と同じ土俵に立っている人物が北条時宗その人

遅レスでありますが・・・・・・・・・・・
某は肯定派だけど、仰る事はよく分かります。634さんの列挙された北条時宗にせよ、称徳天皇にせよ、
徳川綱吉にせよ、もう既に前の時代から悪い種が芽生えてきたわけですが。称徳天皇については
父親の聖武天皇からして凡君でしたが、彼女もろくな政治力も無いくせに権勢欲
だけは一人前で別に可笑しくもなんとも無い、道鏡を退ける提案(操り人形にしていた藤原仲麻呂が
そうさせたのだけど)をした淳仁天皇を追放し、坊さんをますますのさばらせ、
極め付きは彼に代わる天武天皇系の跡継ぎ候補の皇族を差し置いて道鏡を天皇にしようとして、
それを阻止した有能な役人、和気清麻呂を追放してしまったのだから、もう救いようが無かったですね。
15世紀中盤まで長く尾を引いた南北朝の動乱の原因を作った後嵯峨天皇と並ぶ愚帝だと思います。
後嵯峨天皇と言えば、吹越満氏演ずる、皇族将軍で皇子の宗尊親王が小悪党の企みを秘めて、幕府転覆を
試みて、失敗、出家して京に送り返されてしまいましたが、その際中途半端に髪をそった姿で何やら
わけも分からず叫んでいた場面が強烈でしたね・・・・・・・・・・・

北条時宗について言えば、彼の時代にはすでにに御家人のためのはずだった鎌倉幕府が
北条氏の為の幕府に変質してしまったのですが、前半の権力闘争の描写は生々しく、
秀逸だったと思います。時頼の「鎌倉には魔物がすんでおる。」は
名言でしたね。どうでもいいけど、フビライ・ハーン役の俳優さん、武田鉄矢氏に似ていた
ような・・・・・・・・・・・・

2006/01/26 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:273(36%) 普通:254(34%) 悪い:229(30%)] / プロバイダ: 2456 ホスト:2220 ブラウザ: 4487
元寇があったあたりだけは見てた記憶があります。
他のところは記憶がないので多分見てないんじゃないかな。
まあまあよかったと思います。

2006/01/21 悪いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(40%) 普通:0(0%) 悪い:3(60%)] / プロバイダ: 20651 ホスト:20642 ブラウザ: 5234
前投稿したけど、やっぱり考え方を変える。
テロがあったから脚本を書きかえたんか。脚本家の井上由美子さん。
時宗を筆頭に、登場人物を美化しすぎでした。
こんなヒューマニズムも、言葉もこの時代に存在するはず無い。
後、この時代に国際的すぎる。

鎌倉時代に人を殺すなという言葉にこの作品の物凄さが凝縮されていた。

2006/01/17 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:0(0%) 悪い:2(100%)] / プロバイダ: 7734 ホスト:7496 ブラウザ: 4184
モンゴル軍との戦闘シーン、時頼を演じた渡辺謙の演技などは良かったが後半の話の展開に辟易してしまった。二月騒動で死んだはずの兄時輔を生きていることにしたこと、幕府が元のフビライの要求を受け入れなかったことをあたかも日本が悪いような視点で書かれていたことが気になった。他にも細かいことだが後半長老役の北条時広が時宗の死の時には既に死んでいるのにもかかわらず生きていたことなど史実とかなりの開きがあったように思われる。最近の大河全てに言えることだが時代考証と史実との齟齬をきちんと確認してほしい。

2005/12/17 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2029(50%) 普通:785(19%) 悪い:1252(31%)] / プロバイダ: 13217 ホスト:13038 ブラウザ: 5234
一方的な日本美化、蒙古悪を強調しただけの駄作。
そもそも北条時宗自身が後世に悪い種を産み落とした人物というイメージが強いし、「日本を守るために」というのはアメリカの低俗な戦争映画と大差ない事を示している。

肉親と離れてまでも、敵に回してまでも国を守るというのは軍国主義正当化のような感じがするし、本作は良い役者達を採用していても、人物と時代は完全にミスキャストといえそう。
ただでさえ好感が持てない時宗をより好感を持てないキャラにした和泉元彌もどこか端臭かったし、当時の日本事情の歴史の闇を探ると、時宗よりも、前線で敵と戦った人々のドラマでも書いた方が良かったと思う。

相手の言い分も聞かないで、一方的に悪と決めつける事自体、「政治家のする事か!!」と思うし(この当時の執権が独裁者だから仕方がないにしても)、坊主の口車に乗って政治を乱すなど、かつての称徳天皇や、後の徳川綱吉と同じ土俵に立っている人物が北条時宗その人だと既に証明されている。
アンチヒーローのドラマとして創るにしても、出来は良いとは言い難い。

本作は創る素材からして既に間違えていた作品。そして、その間違いは今でも続いているのがNHKのドラマ事情だと言えるのかも知れない。

2005/05/31 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:787(45%) 普通:474(27%) 悪い:488(28%)] / プロバイダ: 32154 ホスト:32096 ブラウザ: 4487
持ってきたテーマは良質。志は「利家とまつ」とかよりずっと高い。
しかし和泉もとやは座ってるだけならとも書くといった印象。それに
西田ひかるは…。子役から西田ひかるへと変わった瞬間は脱力感しか
感じられなかった。そしてスキャンダルで出鼻をくじかれた大河とし
てのほうが記憶に残ってしまう。まあ、「武蔵」よりはずっとマシだ
が。

伊藤四朗とか北村一輝はいい仕事をしていたが、一番良い仕事をして
いたのは渡辺謙。北条時頼のキャラが一番記憶に残っている。

[推薦数:1] 2005/02/08 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 29540 ホスト:29485 ブラウザ: 3873
あの2001年米国同時多発テロで世界が混沌としている時、この大河を見て「元こう」は
大変な日本の転換期であったと考えるようになりました。
世界を征服し、多国籍の大帝国を作り上げたこの「蒙古」は当時世界史の主役でした。
世界史はここから始まると言う方もおられます。
この大帝国が、何も知らず眠りこけていた後進国「日本」に攻めてきたのがこの「元こう」だったのです。
この元こうが我が国にカルチャーショックを与え、眠りから目覚めさせ、我が国の近代へのスタートが始まったのです。
この後50年後、鎌倉幕府は消滅し、その後ただ存在しているだけの室町幕府を経て、
応仁の乱、戦国時代へと時代は移っていきます。その苦難の時代を乗り越えて、徳川幕府が出来、近代への
プロローグが始まるのです。

2001年のあのテロ以降、フセイン政権がまず倒壊し、地球の近代化がスタートしました。
これからも地球の近代化は加速して進んでいく事でしょう。でもそれは決して平淡な道のりではありません。
100年は少なくともかかる。少なくとも私たちの生きている間はありえません。
いや、100年では絶対無理か・・・ 2、300年?! 下手をするとそれ以上かもしれないな・・・
でも私は信じます。それは今も混乱もしてるけど・・・
100年、いや200年後には戦争なんかしない平和な星になっているとね・・・
長い文章すいませんでした。

最後に、日本国民の英雄「北条時宗」に敬意を表したいと思います。だってもしあなたがしっかりしなければ、今ごろ日本は、「中華人民共和国日本省」になっているでしょうから・・・
人には人間として生きる権利があるように、国家にも国家として生きる権利があります。これは右翼でもなんでも
ありません。
日本、そして日本人を守る為何も分からぬ年から総理大臣になり、戦い、死んでいった時宗の名を私たち日本人は
祖国ある限り永久に忘れてはいけません。彼が例えどんな性格の人物であったにせよ、それは紛れもない史実なので
しょうから・・・

もっと読む

「「毛利元就」以降の大河ドラマ作品の中では一番の出来だったのではないかと。前半は渡辺謙氏演ずる北条時頼...」 by TCC


次のページを読む

この評価板に投稿する



2016/04/11 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 44658 ホスト:44516 ブラウザ: 10128 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. 生存報告 by 破壊大帝
... タブをミュートにして↓こっちを聴きながら見たらメチャクチャ熱くなりました。 http://www.youtube.com/watch?v=F-3O7yoHyP4 もっと和風系ロックのゲームBGMがいいかなとも思いましたが、 長さがほぼピッタリなのと元軍のイメージなら真・三國無双の曲でもそう外れてないかなと…。 正直、北条時宗の大河ドラマはファンタジー ...
記事日時:2014/05/27
video video
2. 扱いの良さにツッコんでしまう脇役さん by Merci
... なと (上記の笠松正吉ほど極端ではないにしても、キャラクター性を守ることを選択された人物だと思います)。 とにかく、全キャラの残念なところが描かれている作品だけに、「いい奴」モードで終わらせてもらえたというのは、超優遇されたと言っていい気がしている今日この頃。 【北条時輔@ドラマ「北条時宗」】 同じく ...
記事日時:2014/04/06 [表示省略記事有(読む)]
3. "『龍馬伝』絶賛放送中…今までNHKで放送された大河ドラマを振り返ってみる" by 陣兵
... 【"94年】 「花の乱」。 【"95年】 「八代将軍吉宗」。 【"96年】 「秀吉」。 【"97年】 「毛利元就」。 【"98年】 「徳川慶喜」。 【"99年】 「元禄繚乱」。 【"00年】 「葵徳川三代」。 【"01年】 「北条時宗」。 【 ...
記事日時:2010/08/08
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはドラマ版。その他メディアのページ: 漫画:北条時宗
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ