[ドラマ]必殺剣劇人


ひっさつ けんげきにん / Hissatsu Kengekinin
RSS
ドラマ総合点=平均点x評価数1,100位2,579作品中総合点2 / 偏差値49.89
1987年ドラマ総合点10位21作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.00(良い)1
映像0.00(普通)1
声優・俳優0.00(普通)1
ストーリー0.00(普通)1
音楽-1.00(悪い)1
友情100%1人/1人中
楽しい100%1人/1人中
面白い100%1人/1人中
可笑しく笑える100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

前作(『必殺シリーズ』)『必殺仕事人V・風雲竜虎編』最終回で、江戸城から1万両という高額の小判が盗まれる事件が発生。その半分は、江戸の市井の人々にばらまかれた。
それから数年後。小判をばらまいた3人の義賊-賭け場で駒札配りをするカルタの綾太郎、若き町火消し・早縄の清次、「すたすた踊り」を舞い踊る願人坊主・すたすたの松坊主。この3人のもとへ、共通の恋人であるお百の一人娘・お七が現れた。八丈島で生まれ育った自由奔放な彼女は、江戸に渦巻く非道な悪に率直過ぎる怒りを表す。3人は、お七のために、かつての衣装を引っ張り出し、「幻の世直し三人組」として、一杯飲み屋の女将・お歌が仕事料の代わりとして、「三途の川の渡し賃」六文を渡す。

※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
監督:石原興他 製作:松竹 全8話
出演
カルタの綾太郎:近藤正臣 早縄の清次:田中健 すたすたの松坊主:あおい輝彦 お七:工藤夕貴 お歌:二宮さよ子 中村主水:藤田まこと(最終回のみ) 他
※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:1987/08/07(金) 22:00-23:00 朝日放送 必殺シリーズ29作目 / 終了日:1987/09/25 後年シリーズの再開を除けばシリーズ最終作
4,70655
最近の閲覧数
2010021200
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2010/02/19 / 最終変更者:ジャンボーグQ / 提案者:ジャンボーグQ (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2014/09/02 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2319(50%) 普通:1165(25%) 悪い:1166(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 5173
これは所謂、脱力系?
殺陣シーンまでのストーリーは必殺系BGMを流して比較的オーソドックスながら
殺陣になった途端に「がんばれゴエモン」に流用できそうなBGMに早変わり。
主人公達は元・盗賊な訳だしスタッフとしても、その路線を狙っていたのでしょうが。

ただ自分はストーリーで中心にきた、お七がどうにも好きになれませんでした。
反抗期の不良娘の延長的キャラで工藤由貴の蓮っ葉な演技が拍車をかけて時代劇ヒロインとして浮いている。
特に酷いと思ったのが第7話。
彼女の実父らしき男が現れ金に困っているというので、お七は綾太郎達に何とかしてくれと頼み込む。
そこで三人が渋っていると「あたしの本当の父親に父ちゃん達は嫉妬してるんだ!」とむくれて飛び出してしまう。
外で「五百両なんて簡単に用意できるわけないのに。父ちゃん達に酷い事を言っちゃった」と後悔するならともかく
お金を用意してくれない限り、絶対に機嫌を直してやらないという態度。
育ててくれた相手への感謝も何もあったものじゃありません。
三人はお七を甘やかして駄々をこね続ければ玩具を買ってもらえると思い込む子供のままにしてしまったらしい。

殺陣シーンも三人の戦い方が必殺シリーズとして、どうこうというより
合間にお七がきゃあきゃあ騒いでいるカットが挿入されるので一時代劇作品としてテンションだだ下がり。
「仕事人」の順之介や「仕切人」のステゾーもアイドル系俳優のキャラで嫌でしたが
まだ脇にいたのに対して本作のお七は中心にいるのでウンザリしました。評価は「最悪」で。

2010/02/09 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 13686 ホスト:14043 ブラウザ: 6793
一言、中村主水が最終回で登場したのはこの作品の世界観と従来の裏稼業としての
世界観を鏡の裏表として対比して見せたかったんだろうが、中村主水が他の時代劇
と変わりない普通の時代劇ヒーローとなった仕事人シリーズ以降であっては、
彼が何を言おうと立ち位置がこの作品の主人公達と変わらず、必殺シリーズを
締め括る作品として全ての作品を対象化するには不十分だったと思う。

まあ、唯の時代劇のパロディー作品としてなら面白かったけれども。

2010/02/07 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 3868 ホスト:3816 ブラウザ: 5718
【良い点】
内容が、あまり暗さを感じさせないため結構爽快な内容に仕上がっている。
剣劇3人組の衣装とカエルときめ台詞!(ただし主水さんは面白くなかったようですが)
おしちちゃんの性格と3人を見るときのはしゃぎっぷりが良い!
おしちちゃんのセリフ「夢見たい!カモノハシみたい!」(どういう意味?)
3人とも無責任ではなく自分の娘(本当は誰が実の父なんだろう?)であるおしちちゃんを見守るパパさんぶりがいい。
物語の前の前口上が良い「ゲゲゲの鬼太郎・桃太郎」(ここで笑ってしまった!)
【悪い点】
必殺は暗殺のようなイメージなのでちと派手すぎましたかね。上でも述べましたが最終回で主水さんがカンカンになって乗り込んできたときには「こりゃ、まずいかな?」と思いましたから。
大地震で折角苦労して手に入れたお金と仕事道具がパーになってしまった。
【総合評価】
個人的には、大好きな内容でしたちゃんと悪党は倒しているし、3人が3人ともちゃんとおしちちゃんに父親として接しているところにとても好感が持てました。
たった8話で終わったのは悲しいですね。それにしても中村一家は最後の挨拶まで擦るなど抜け目がないなぁ。

2009/08/04 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:93(76%) 普通:11(9%) 悪い:18(15%)] / プロバイダ: 13611 ホスト:13603 ブラウザ: 10588
【良い点】
必殺シリーズ特有の悪ノリの頂点と言える作品だが、しかし本気で作りこんでいるが故に佳作にまで仕上がっている

【悪い点】
上記の美点を最終回で全て台無しにしてしまった

【総合評価】
しつこいが最終回で全て台無し、単なるセルフパロディーに終始してしまった不遇の作品。
終わり良ければ全て良し、の真逆。
最終回さえ視聴しなければ凄く楽しい作品だよ♪

2008/12/18 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:430(56%) 普通:224(29%) 悪い:111(15%)] / プロバイダ: 25881 ホスト:26185 ブラウザ: 8090
ちょいと、クラブW杯の休憩に書くかな.....

【良い点】

まあ、際物「必殺シリーズ」の最たるものでしょう。

重い気分で今まで地道に殺しを遣って来た先代「必殺シリーズ」の殺し屋たちがバカバカしく成ってしまう様で哀れです(苦笑)。

一緒に観ていた親が「これってウルトラマンとか仮面ライダー(子供番組って事)と変わんないじゃないの?」って言うぐらいバカバカしかったです。

で最終回で中村主水がゲストなんですが.....主水が「おめえ達のふざけた殺しを見てると腹立って来やがるぜ!」と言うセリフは視聴者を代弁しておりましたなあ。

で足ピアノ野郎(近藤、主役)が「中村さん....あんたは古い!」と全否定!

忍んで殺すと言うより変装(仮装)して堂々と殺してた剣劇人に感涙です。

【悪い点】

まあ、シリーズ最終作なんですが何やっても視聴率が回復しないので思いっきり開き直って(フザケて)創った作品としか思えません。

もはや「必殺」の「ひ」の字もないぐらい原型を留めていません(大汗)。

【総合評価】

いや......まあ、もう一回観たいです。間違っても「必殺シリーズ」とは思いませんが(汗)........「良い」!

この評価板に投稿する



2010/09/28 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 3743 ホスト:3757 ブラウザ: 7253 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事友情/可笑しく笑える/楽しい/面白い 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽悪い(-1 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ